大統領 選挙 2020。 2020年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙

米国大統領選挙の仕組みを解説。2020年大注目の選挙戦を理解しよう

大統領 選挙 2020

米国大統領選挙は4年に一度行われ、米国の政治を担うリーダーを決める一大政治イベントです。 スポーツ以外の様々な賭けを取り扱うでも、もちろん大注目の賭け項目として取り上げられています。 2020年5月現在、すでにあらゆるブックメーカーで2020年11月3日実施予定の米国大統領選挙のオッズが発表されています。 世界中の注目が集まるその結果、現在の予想状況を早速チェックしちゃいましょう! ヨーロッパで大手のブックメーカー、Betway(ベットウェイ)が発表した最新オッズは以下の通りです。 ご覧の通り、ドナルド・トランプ氏のオッズはマイナスとなっており、大統領選挙の最有力候補であると推測できます。 一方で、オバマ政権の副大統領を務めたジョー・ビデン氏のオッズは他の候補者に比べると非常に低く、2020年大統領選挙ではドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の一騎打ちが予想されるでしょう。 現代の賛否両論大統領のシンボルとも言えるトランプ氏だけに、世界中から注目が集まっています。 ドナルド・トランプ -125(1. 070 ウィリアムヒルでは他の候補者のオッズに加え両者のオッズが分数方式で発表されています。 2016年の大統領選挙はヒラリークリントン氏の当選が確実視されていましたが、最終的にはドナルド・トランプ氏の当選となり、衝撃が走ったことはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。 次期大統領選挙では最有力候補ドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の当選確率はほぼ同率とも言われており、どちらが当選してもおかしくありません。 今後の動向を分析しながら次期大統領選挙でのベッティングに挑みましょう。

次の

【米国大統領選2020】トランプ氏の再選、危ういか

大統領 選挙 2020

支持率の方は引き続きバイデン氏がリードしており、トランプ大統領の支持率は低迷状態です。 トランプ大統領の支持率低下の大きな原因は、新型コロナウイルス感染拡大への対応の悪さでしょう。 経済活動再開を急いだことが、1日に報告される感染者が7万人という、恐ろしい状況に繋がったのだと考えられています。 米国では今、感染の拡大が更に広がっているのです。 ホワイトハウス・コロナウイルス特別調査委員会でリーダーを務める、デボラ・バークス博士は「トランプ政権が、感染症の専門家であるファウチ博士の忠告を無視し、博士が侮辱されたことが非常に残念だ」と、発言しました。 事実、ファウチ博士は、以前から何度もトランプ政権に専門家としての意見や忠告をしてきましたが、トランプ大統領はファウチ博士のアドバイスに従う事はほとんどなく、「ファウチ博士とは、意見が合わない」とまで発言しており、トランプ大統領が博士を尊重していなかったのは事実でしょう。 大切な人や家族を新型コロナウイルス感染で亡くした人々が、「政府が経済活動再開を急いだために、奪われなくていい命が奪われてしまった」と訴えており、政府への不信感は広がるばかりです。 現在、バイデン氏に勝算があるようですが、実は隠れていて本番にしか姿を見せない票というものも、存在しているのです。 「隠れトランプ支持者」たち それは、「隠れトランプ支持者」、又は「隠れトランプ派」と呼ばれている人たちの票です。 トランプ大統領を支持すると公言してはいないが、実は、トランプ大統領を支持している人たちのことを指します。 2016年の大統領選挙選の際にも、隠れトランプ派は存在したと言われています。 選挙直前まで有利とされていたのは、ヒラリー・クリントン氏でした。 勝利がほぼ確実と予測されていたクリントン氏でしたが、トランプ氏に勝つことができませんでした。 この結果を受け、トランプ氏が最後に逆転した理由として、隠れトランプ派の存在が挙げられているのです。 トランプ大統領は、過激な発言、また、国家の大統領とは思えない行動もする人物です。 そんな批判をされることが多いトランプ大統領を支持しているという事実を恥ずかしく思い、他人に隠したいと考える人々がいるのです。 このため、この隠れトランプ派の人たちは、前回の大統領選挙選の世論調査にも回答していなかった可能性が挙げられています。 2016年の選挙後の出口調査では、白人の58%、大学を卒業していない人々の67%が、トランプ氏に投票していました。 また、「ラストベルト」地帯である、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州で、トランプ氏が勝利したことから、白人労働者がトランプ氏を支持していたことも分かっています。 その理由として、政治不満、格差社会、アメリカ経済の衰退が、挙げられています。 宗教と選挙 宗教と選挙は、切っても切れない関係にあります。 なぜでしょう? それは、公約の中身が関係しています。 キリスト教では、人工中絶は殺人と同じと見なされており、神への冒涜という考え方があります。 キリスト教と言っても、その中には様々な宗派が存在していますが、厳格なキリスト教徒であれば、人工中絶に賛成することは絶対にないため、共和党の誰が候補になろうと、どんな政策を掲げようと、共和党以外には、投票しないという人たちが、存在しているのです。 そのため、昔から信仰深いキリスト教徒の人々は、共和党に票を入れる傾向があるのです。 トランプ大統領の政策は気に入らないが、人工中絶を禁止しているので、トランプ大統領に票を入れるという人々が、今も存在しています。 最近、黒人のラッパー歌手が、大統領選挙選への立候補を表明していましたが、彼自身も厳格なキリスト教徒であり、初の選挙集会では、人工中絶について熱く語りました。 彼は以前、トランプ大統領への支持を表明しており、本当の狙いは、自分へ流れる票を少しでも確保し、バイデン氏に流れる票を減らす狙いがあるのではないか?と言われています。 トランプ大統領への支持率が下降傾向にあるため、そのような戦略で、トランプ大統領をサポートする狙いがあるのではないか?と考えられているのです。 黒人の副大統領候補 黒人から圧倒的な支持を持つジョー・バイデン氏が、20日、米副大統領の有力候補に、黒人女性4名が含まれていることを明かしました。 バイデン氏は、副大統領候補には女性を指名する意思があることを以前から公言してきました。 白人警察官が黒人男性を暴行死させた事件をきっかけに、人種差別に対する抗議デモが全米中に広がり、以前にも増して副大統領候補には「黒人女性を」という声が広がっているのです。 これまで有力な候補として名前が挙げられてきた人物は、ハリス上院議員、デミングス下院議員、ボトムス・アトランタ市長、ライス元大統領補佐官、バス下院議員で、いずれも黒人女性です。 バイデン氏は、来月初旬には、副大統領候補を発表する方針を示しており、誰が候補として発表されるのか注目が集まっています。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

2020年米大統領選挙の主な民主党候補者とトランプ大統領への評価

大統領 選挙 2020

米国大統領選挙は4年に一度行われ、米国の政治を担うリーダーを決める一大政治イベントです。 スポーツ以外の様々な賭けを取り扱うでも、もちろん大注目の賭け項目として取り上げられています。 2020年5月現在、すでにあらゆるブックメーカーで2020年11月3日実施予定の米国大統領選挙のオッズが発表されています。 世界中の注目が集まるその結果、現在の予想状況を早速チェックしちゃいましょう! ヨーロッパで大手のブックメーカー、Betway(ベットウェイ)が発表した最新オッズは以下の通りです。 ご覧の通り、ドナルド・トランプ氏のオッズはマイナスとなっており、大統領選挙の最有力候補であると推測できます。 一方で、オバマ政権の副大統領を務めたジョー・ビデン氏のオッズは他の候補者に比べると非常に低く、2020年大統領選挙ではドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の一騎打ちが予想されるでしょう。 現代の賛否両論大統領のシンボルとも言えるトランプ氏だけに、世界中から注目が集まっています。 ドナルド・トランプ -125(1. 070 ウィリアムヒルでは他の候補者のオッズに加え両者のオッズが分数方式で発表されています。 2016年の大統領選挙はヒラリークリントン氏の当選が確実視されていましたが、最終的にはドナルド・トランプ氏の当選となり、衝撃が走ったことはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。 次期大統領選挙では最有力候補ドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の当選確率はほぼ同率とも言われており、どちらが当選してもおかしくありません。 今後の動向を分析しながら次期大統領選挙でのベッティングに挑みましょう。

次の