佐藤信太郎。 佐藤 信太郎:パソナグループで夢を抱き行動する

佐藤信太郎「The Origin of Tokyo」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

佐藤信太郎

略歴 [ ] に、父・、母・茂世の長男として生まれた。 を経て、・18期(同期にはがいる)において、在学中はほぼ満点に近い成績(海軍兵学校時代は平均97. 5点)を残した(いずれも首席)ため、と共に「海軍始まって以来の秀才」と称される(ただし、海軍兵学校36期の卒業順位は、192人中2番で成績は優等とされている場合がある。 これは、卒業順位1位がとされているからで、実質的には首席である)。 よりフランス駐在、軍令部参謀、のには日本海軍を代表して参加する。 同年には首席、翌年には「」、翌年再び軍令部参謀、常設軍事諮問委員会に帝国海軍代表、全権委員随員、海軍省教育局第一課長と順調に昇進、国際派で、勤務が長かった。 海軍大学校教頭を経て、には海軍中将・(同年11月15日 - 翌1939年11月15日)となるが、翌年軍令部出仕の後、身体が弱かったこともありにはを余儀なくされる。 上述のように稀に見る秀才だったとされるが、後に政界で活躍する弟2人と比較して政治との関わりは薄く、海軍では軍令畑を長く務め、中将で退役した。 自身東大の優等生であったは、「頭の良さから言うと兄の市郎、私、弟の栄作の順だが、政治力から言うと栄作、私、市郎と逆になる」と述べている。 (1940年4月29日)。 引退後のに『海軍五十年史』を執筆した。 この本は、佐藤市郎が参加した1927年のジュネーブ海軍軍縮会議(「壽府三国会議秘録」)、の(「倫敦会議抜き書」)の二つの覚え書きを元にした回想録である。 さらに2001年、信太郎の編による『父、佐藤市郎が書き遺した軍縮会議秘録』が文芸社から出版された。 長女はの次男でのと結婚した。 栄典・授章・授賞 [ ]• (明治43年) -•

次の

佐藤系図

佐藤信太郎

略歴 [ ] に、父・、母・茂世の長男として生まれた。 を経て、・18期(同期にはがいる)において、在学中はほぼ満点に近い成績(海軍兵学校時代は平均97. 5点)を残した(いずれも首席)ため、と共に「海軍始まって以来の秀才」と称される(ただし、海軍兵学校36期の卒業順位は、192人中2番で成績は優等とされている場合がある。 これは、卒業順位1位がとされているからで、実質的には首席である)。 よりフランス駐在、軍令部参謀、のには日本海軍を代表して参加する。 同年には首席、翌年には「」、翌年再び軍令部参謀、常設軍事諮問委員会に帝国海軍代表、全権委員随員、海軍省教育局第一課長と順調に昇進、国際派で、勤務が長かった。 海軍大学校教頭を経て、には海軍中将・(同年11月15日 - 翌1939年11月15日)となるが、翌年軍令部出仕の後、身体が弱かったこともありにはを余儀なくされる。 上述のように稀に見る秀才だったとされるが、後に政界で活躍する弟2人と比較して政治との関わりは薄く、海軍では軍令畑を長く務め、中将で退役した。 自身東大の優等生であったは、「頭の良さから言うと兄の市郎、私、弟の栄作の順だが、政治力から言うと栄作、私、市郎と逆になる」と述べている。 (1940年4月29日)。 引退後のに『海軍五十年史』を執筆した。 この本は、佐藤市郎が参加した1927年のジュネーブ海軍軍縮会議(「壽府三国会議秘録」)、の(「倫敦会議抜き書」)の二つの覚え書きを元にした回想録である。 さらに2001年、信太郎の編による『父、佐藤市郎が書き遺した軍縮会議秘録』が文芸社から出版された。 長女はの次男でのと結婚した。 栄典・授章・授賞 [ ]• (明治43年) -•

次の

Geography

佐藤信太郎

プロフィール 前職では、システム開発およびソフトウェア開発を19年、人事総務分野で17年間勤務。 定年退職後に、自身の経験を活せる場として 「エルダーシャイン」1期生として、2019年4月にパソナグループに入社。 新卒採用者と同様の入社式・新人研修期間を経て、株式会社パソナジョブサポートに配属。 経営企画部にて、人事・勤労等に従事。 人材ビジネスもシステム構築もわかる即戦力として、多方面で活躍している。 定年退職後のキャリアチェンジ、勇気を持ってチャレンジ 前職を定年退職したあとも、仕事を通じて社会とつながっていたい、成長し続けていたい、との思いがありました。 そのときに「エルダーシャイン」の募集を知り、この制度の目的と考え方に大いに賛同しました。 人材ビジネスは未知の世界でしたが、自分なりに、長年の職務経験を活かせるチャンスだと、勇気を持ってキャリアチェンジをしました。 入社後の研修では、身だしなみやカラーコーディネート、歩き方など学び、自分自身の意識がリセットされる良い機会となりました。 新しいフィールドでいろいろなことにチャレンジし、活躍して行きたいとワクワクしながら働いています。 長年の経験が活きる「水を得た魚」 私は経理や法務のエキスパートではありません。 しかし、これまでの経験を通して培ってきた判断力・調整力・適応能力が活かせる職場に配属してもらって、「水を得た魚」のように働いています。 ちょうど、働き方改革関連法の施行を機に勤怠管理システムのバージョンアップを図っており、私の技術的な知見を使ってアドバイスをさせていただくとともに実際にシステム構築をしております。 ひとまわり以上も若いみなさんと同じ目的のためにいっしょに働くためには、「謙虚さ」と「果敢さ」が大切だと思い日々心掛けています。 気力・体力・知力を維持して、生涯現役 ひと昔前とは違い、現代のシニア層は元気な方々がたくさんいらっしゃいます。 気力・体力・知力の続く限り、仕事だけでなく「生涯現役」を目指して、これからも社会に貢献し続けることができればと思っています。 ライフワークとして、たくさんの神社仏閣を参拝して御朱印を集めながら体力を維持しつつ、神社やお寺の歴史に思いをはせ知力を維持しています。 ご自分の可能性を試したいというお気持ちの強い方は、ぜひ「エルダーシャイン」として輝いていただきたいと思います。

次の