フレンチトースト 作り方。 フレンチトーストを美味しく作るコツ♪

「フレンチトースト」のパーフェクトレシピ! 5つのポイントで究極のしっとりふわふわ仕上げ

フレンチトースト 作り方

フレンチトーストというのは、牛乳と卵を溶き混ぜた液に食パンやフランスパンをひたし、バターで焼いたものを指します。 ジャーマントーストということもありますね。 好みでメイプルシロップやはちみつをかけたりすることもあります。 アメリカやヨーロッパ・アジアの一部の国などで朝食や軽食、デザートとしてポピュラーな料理。 この記事では、フレンチトーストの基礎知識に加え、食パンのフレンチトースト、フランスパンのフレンチトースト、パンの耳のフレンチトースト、カステラのフレンチトースト、高野豆腐のフレンチトーストにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フレンチトーストの歴史と各国のフレンチトーストについて フレンチトーストときくと、フランスの食べ物という印象がありますが、実はフランスは 発祥の地ではありません。 フレンチトーストは、ヨーロッパのいろいろな国で作られていたという記録が残っていますおり、最古は古代ローマ帝国にまで遡(さかのぼ)ります。 では、フレンチというのはどこからやってきたかというと、1724年にアメリカのニューヨーク州に実在した酒屋の店主「ジョーゼフ・フレンチ」が命名したといわれています。 ちなみにフランスでは、フレンチトーストは「pain perdu」と呼ばれており、日にちが経って食べられなくなった「pain perdu=失われたパン」が卵などで食べられるようになったもの、とされています。 アメリカではよく朝食に食べられており、作り方は日本とほぼ同じですが、シナモンをたっぷりかけるのが特徴。 香港では「西多士(サイトーシー)」と呼ばれており、たくさんの油の中で揚げ、コンデンスミルクとバター、シロップをかけて食べるのが香港流。 フレンチトーストの調理法について フレンチトーストを美味しく作るにはいくつかポイントがあります。 まず、卵液に作る際のポイントは、パンを漬け込む前に、卵液を濾(こ)すこと。 一度濾すことで舌触りが格段によくなります。 次に、長い時間をかけてしっかり卵液にパンを浸すことです。 卵液は少し多い目に作っておき、できれば一晩(8~12時間)程度漬け込むとパンの中心までしっかりと染み込ませることができます。 そして、焼く際のポイントは、蓋をして弱火でじっくり焼くこと。 軽く熱したフライパンにバターを溶かし、弱火~中火で焼きます。 裏返したら蓋をして火を弱めて焼くとよいでしょう。 時間に余裕があれば、パンを乾燥させることをおすすめします。 パンの水分が飛んだところに卵液がしっかり染み込むことができるので、濃厚なフレンチトーストが出来上がりますよ。 シンプルだけれどちょっと贅沢感のある基本のフレンチトーストのレシピです。 卵・牛乳・砂糖を混ぜた卵液に食パンをしっかり漬け、熱したフライパンにバターを溶かして食パンを両面焼きます。 お好みで粉糖・はちみつをかけてくださいね。 朝ごはんのために前の晩からつけておくとトロトロになってとってもおいしいですよ。 サンドイッチは、2枚のパンの間に、ハムやチーズ、野菜など、何かの具材をはさんだもの。 作り方が簡単な上、好きな具材を入れて食べられるので人気があります。 持ち運びも便利なので、お弁当にもよく作られますよね。 具材を考えることで、栄養のバランスのとれたサンドイッチにすることもできます。 大人から子供まで大好きなサンドイッチで、手軽にヘルシーな食事を作ってみませんか? この記事では、サンドイッチの基礎知識に加え、たまごのサンドイッチ、野菜のサンドイッチ、肉のサンドイッチ、魚のサンドイッチ、デザート風のサンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 世界初の発酵パンは古代エジプトで誕生したという説があります。 その後、貿易交流が盛んになり、小麦の産地が拡大すると共にパンの製法も広まっていきました。 そして大きな長方形の箱型の型にいれて焼いた「食パン」が生まれたのです。 日本ではお米の不作が続き、それまでおやつの定番だったパンがお米に代わるものとして定着しました。 この記事では、食パンの基礎知識に加え、ホームベーカリーで作る食パン、食パンで作るグラタン、キッシュ、サンドウィッチ、フレンチトースト、ラスクにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

おいしいフレンチトーストの作り方

フレンチトースト 作り方

美味しいフレンチトーストを食べるために私がしていること パンを漬け込む卵液は、甘さ、バニラ エッセンスの有無などお好みで調整 してください。 ただ、砂糖が多いと焼く時に焦げやすい ので、甘くしたい場合は焼きあがってから シュガーやシロップで甘さを足すと良いでしょう。 それでは、早速ポイントです。 いつもやっている方には当たり前の ことかもしれませんが、ホテルオークラ のレシピには載っていませんでした。 (当たり前過ぎて省略されているのかも…) そのひとつが、 漬け込む前に卵液を漉すこと です。 これだけ? とお思いでしょうが、一度漉すことで仕上がりの 舌触りが格段に滑らかになります。 プリンや茶碗蒸しを作る時にも卵液を漉すのは 大きなポイントになります。 これは多くのレシピにも書かれていますね。 フレンチトーストを食べた時に、卵液が染みこんで いない白い部分があると、がっかりしてしまいます。 (そしてそのガッカリはイラっとに変わるのであった。。 ) 子どもの頃から我が家では金曜や土曜など、 休日前の夜から漬け込んで、学校が休みの 日の朝食にゆったりと頂いていました。 足りないよりは余った方が良いの精神で、 卵液はたっぷり目に用意し、ひと晩(8~12時間) は浸します。 スポンサードリンク そして焼く時のポイントは 蓋をして弱火でじっくり焼く です。 軽く熱したフライパンにバターなどを溶かし、 卵液に浸したパンを入れます。 弱火寄りの中火(これもご家庭の火加減 で異なります)で片面を焼いて裏返したら 蓋をして気持ち火を弱めて焼きます。 使うパンについてですが、食パンの場合は、 縦横十字に4つに切ったものを卵液に浸して います。 こうすることで、 表面積が若干増えて卵液が浸透しやすく、 また食べやすく、焼いた後に切って食べる のに比べると切り口が潰れてしまう率が 低下します。 厚さは4枚切りくらいの厚みがある方が、 ふわとろ感を満喫できます。 フランスパン(バゲット)を使っても、食感に 変化があるフレンチトーストを楽しめます。 写真のようにカットしたものを、更に半分に すると、表面積が増えて、卵液が浸透しやすく、 また、焼き上がりのカリカリ部分が増えます。 (仕上げに表面を焼いてカリっとさせる時には フライパンの蓋は外します) 材料がシンプルなので、パンそのものの味も 仕上がりに影響を与えます。 できれば上質なパンを使うと、より美味しい フレンチトーストになります。 そして… これはあくまで私の好みなのですが、 カットしたパンを、卵液に浸す前に、 空気にさらして(つまり放置して)パンの 水分を飛ばしています。 つまり、 しっとりしたパンではなく、乾いて カサカサになったパンを卵液に浸すのです。 パン自体の水分が少なくなった所に卵液が 入るので、味が濃くなるような気がしてこの 方法を取っています。 画像クリックで詳細をご覧頂けます(Amazon Amazonでの商品画像クリックで、本の中を 覗くこともできます。 (なか見!検索) チラ見してみたところ、 人気店のフレンチトーストレシピが紹介 されていました。 どれも美味しそうで、無性に フレンチトーストが食べたくなりました^^ しかし、 美味しいパンを買うと、どんどん食べてしまって フレンチトーストまでもたない我が家。。。 ^^; まずはフレンチトースト用のパンをキープ するところから始めないとですね^^.

次の

フレンチトーストを美味しく作るコツ♪

フレンチトースト 作り方

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の