ラストレター レビュー。 ラストレター

ラストレターのレビュー・感想・評価

ラストレター レビュー

裕里の姉の未咲が、亡くなった。 裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。 そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会することに。 勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。 裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。 その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎と未咲、そして裕里の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。 ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく…。 「ラストレター」の解説 『Love Letter』『スワロウテイル』『四月物語』『花とアリス』と数々の名作を世に送り出してきた映画監督・岩井俊二。 初めて出身地である宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。 裕里役を松たか子、鮎美役を広瀬すず、鏡史郎役を福山雅治が演じる。 (作品資料より).

次の

ラストレター

ラストレター レビュー

裕里の姉の未咲が、亡くなった。 裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。 そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会することに。 勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。 裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。 その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎と未咲、そして裕里の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。 ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく…。 「ラストレター」の解説 『Love Letter』『スワロウテイル』『四月物語』『花とアリス』と数々の名作を世に送り出してきた映画監督・岩井俊二。 初めて出身地である宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。 裕里役を松たか子、鮎美役を広瀬すず、鏡史郎役を福山雅治が演じる。 (作品資料より).

次の

6tag.sixdegrees.org:カスタマーレビュー: ラストレター (文春文庫)

ラストレター レビュー

「神木隆之介、高校生に違和感なし!」「雰囲気をガラッと変える演技!森七菜と広瀬すずが素晴らしかった!」「久しぶりに手紙を書きたくなりました!心の底が温かくなる物語!」 上映中【2020年1月17日 金 公開】 『Love Letter』や『スワロウテイル』などの岩井俊二監督が、自身の出身地である宮城を舞台に、手紙の行き違いから始まった2つの世代の男女の恋愛模様と、それぞれの心の再生と成長を描く。 主人公の裕里を演じる松たか子をはじめ、福山雅治、広瀬すず、神木隆之介といった豪華キャストが出演。 また、裕里の娘・颯香と高校生時代の裕里の2役を演じる森七菜が主題歌を担当し、歌手デビューする。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 姉・未咲を亡くした裕里は、葬儀の会場で未咲の娘・鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に遺した手紙の存在を告げられる。 姉の死を伝えるため、同窓会に足を運ぶ裕里。 そこで初恋の相手である鏡史郎と再会した裕里は、姉のふりをして文通を始める。 だが、そのうちの一通が鮎美のもとへ届いてしまったことで、鮎美は母・未咲たち3人の学生時代をひも解き始める。 ずっと観たかったのに、そんなに情報を入れてなかったから 良い意味で裏切られました。 神木隆之介はもちろんだけど、広瀬すずも森七菜もすごいわ… 高校時代の透明感…すごかったよ。 モチーフがとても素敵でした。 中盤まで「綺麗」で終わりかなぁと思ってたんですが、そんなことなくて安心した。 尊いのもこれまた人間。 「カエルノウタ」含め、森七菜さんがとてもよかったです。 順当に、いい映画でした。 夏の緑がとても綺麗だった。 観たばかりなのに、またすぐ観に行ってあの世界にひたりたい。 岩井俊二監督の新作。 家族や恋人の複雑に絡み合う思いが丁寧に描かれている。 1シーンの出演ながら強烈な存在感の豊川悦司が厳しい言葉を放つ。 しかし、人は思い出を糧に生き、そこから再生する。 中年世代の共感を呼びそうなドラマ。 庵野秀明氏の素朴な演技に癒された(笑)。 私は制作アシスタントとして参加しました。 忘れかけていた感情や淡く切なく儚い記憶が一瞬にして蘇ってくるような、どの世代の方が観ても心に残る作品です。 机の中にずっと大切に閉まっている宝物みたいな映画。 最初のカット、1コマ目からこれが岩井俊二だなと感嘆。 これ以上歳を重ねる前に、 今の広瀬すずを美しく残したいという意思を随所に感じる。 そのくせ松たか子も可愛いく撮ってんのなー。 まさに岩井俊二、これに尽きる。 言葉を交わすほどに幾つもの「はずだった」「かもしれなかった」が折り重なっていく。 すでに喪われた未来への鎮魂歌のような映画にあって、岩井俊二の過去作の俳優たちが亡霊のように佇んでいたことが記憶に残る。 見終わってしみじみ素敵なタイトルだと思う。 岩井監督出身の仙台も音楽も美しい。 広瀬すずと森七菜がみずみずしい。 福山くんと松たか子よかった。 トヨエツさすが。 えっ?という方々がご出演。 木内みどりさんに合掌。 LINEやメールに慣れた今だから感じる手紙の温かみ。 ほろっときた映画でした。 中山美穂が意外な役でびっくり。 あの独特の岩井俊二監督の撮り方、やっぱり好きです。 誰かをあんなに深く愛せるって素敵だな。 ラストレター 心の底が温かくなる物語でした。 恋、したいなぁ。 久しぶりに手紙を書きたくなりました。 久方ぶりの岩井俊二の世界。 トヨエツとミポリン出てきたーっ! 手紙を書きたくなりました。 ファンタジーではなく、丁寧に作られた物語でした。 映像もよかった。 小説の世界も覗いて見たいな。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の