ライフ オン マーズ 韓国 キャスト。 ライフ・オン・マーズ(原題)韓国ドラマ、あらすじやキャストは?日本放送決定!

ライフオンマーズ

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト

2020. 85% 英国BBCの名作『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ』のリメイク版。 2018 あらすじ 2018年の連続殺人の容疑者を追っていた刑事ハン・テジュ(チョン・ギョンホ)。 殺人魔を追っている最中に銃で撃たれてしまう、目が覚めた彼の前には1988年の世界が広がっていた…。 夢なのか現実なのか分からない状況のまま、テジュは仁城(インソン)市西部警察署の班長として赴任することになる。 科学的思考なんて皆無のカン・ドンチョル(パク・ソンウン)率いる1988年の刑事たちと共に事件を解決しながら、自分が追っていた連続殺人魔の痕跡を見つけ、失った記憶の秘密に近づくことになるのだが…。 でも、オリジナル以外にヒットしたのはロシア版だけだったので、本国で高視聴率を上げ、BBCオリジナルのディレクターにも称賛されたこの韓国版はとても優秀だと言えます。 そして、主人公の秘密解明までに合計2年もかかったBBC版(原作ライフ・オンマーズとスピンオフ・ドラマのアッシズ・トゥ・アッシズ)に比べ、ストーリーが16話に凝縮されている点は、オリジナルより優れているのではないか、と思えるぐらいです。 ドラマは、主人公が2018年から1988年へタイム・トリップし、どちらが夢でどちらが現実かを究明する線と、1988年に起こる犯罪を捜査する線、という2重構造仕立てで、事件性とミステリー性があり、テンポが速いドラマです。 ドラマを盛り上げていると私が思う点が次の3つ。 1)1988年の再現 前年にやっと軍部の独裁体制が終わり、オリンピックが開催された年を舞台にすることで、年配にはノスタルジアを呼び起こし、若い世代には30年前を知ってもらえるドラマになったと思います。 パワースーツ、走る自動車、看板に至るまで、とてもよく再現されています。 そして、当時起こった事件をストーリーの一部として織り込む事で、1988年がよりリアルに描かれ、現在にも共通する社会問題が提起されています。 それから重要なのが音楽。 韓国語が解らない私は、英語の音楽からしか解釈できませんが、話の内容に合わせた選曲がなされているようです。 勿論当時のヒット曲も。 2)時代の差 警察の捜査の違いと、いかにテクノロジーが進化したかが見られ、逆に当時は何と大変だったかを感じることが出来ます。 30年間に起きた進化は凄いです。 3)配役 出演している俳優さん達は皆、演技が素晴らしいですが、ハン・テジュ役のチョン・ギョンホにとって、このドラマは「当たり」だったように思います。 彼は、多くの映画やドラマに出ているわりに代表作がなく、あまり評価されていないように思えました。 でも今回、台詞が無く、ほぼ無表情なのにもかかわらず、場面から多くの感情が滲み出てきて、とても評価されています。 チョン・ギョンホのファンになれるドラマです。 細部までよく組み立てられたドラマ。 結末をどう解釈するかを考察すると、ネタバレになってしまうので、是非ドラマを見て、考えて頂きたいと思います。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

チョン・ギョンホ プロフィール&出演ドラマ

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト

本作は、数多くのヒット作を産み出してきたケーブルテレビtvNによる大ヒット作です。 2016-2017年放送のドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」が打ち立てた最高視聴率20. 5%を抜いて同局ドラマ歴代1位となりました。 これまで2度にわたり熱愛説が流れたヒョンビンさんとソン・イェジンさんが、映画「ザ・ネゴシエーション」 2018 に続いて再び共演するということで放送開始前から話題を集めることになった作品でもあります。 演出は優れた海外ドラマを見事にリメイクしてきたイ・ジョンヒョ監督、脚本はこれまでに数数の大ヒット作を生み出してきたパク・ジウン脚本家が手掛けています。 主演のソン・イェジンさんは財閥の後継者に指名された矢先、事故により突然北朝鮮で身分を隠して暮らすことになるヒロインを演じ、ヒョンビンさんはそんなヒロインを助ける北朝鮮の将校を演じています。 そのほか ジョンヒョクの兄役でハ・ソクジン スポンサーリンク 愛の不時着【韓国ドラマ】あらすじ 韓国の財閥クイーンズグループの末娘であるユン・セリ(ソンイェジン)は、家族とは距離を置き自ら立ち上げたファッション系事業セリーズチョイスを成功させていました。 一方でセリの兄弟たちは、なんとかして自分がグループの後継者になるべく画策していたのですが、会長である父親が後継者に指名したのはその場にいないセリだったのです。 その時セリは、新製品をテストを自らすべくパラグライダーのフライトスーツを着て山頂にいました。 部下たちの制止も聞かずにパラグライダーで飛び立ったセリでしたが、その時突然竜巻が起こりそれに巻き込まれてしまいました。 しばらくして気が付くとそこは見知らぬ場所で、パラグライダーが木に引っ掛かりセリは宙吊りになっていたのです。 そこにたまたま現れたイケメンの軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に助けを求めたセリでしたが、ジョンヒョクからここは韓国ではなく北朝鮮だということを知らされ・・・。 スポンサーリンク 愛の不時着【韓国ドラマ】みどころ 本作は韓国の財閥女性がパラグライダーでの事故により北朝鮮の地に不時着してしまったことからはじまるドラマです。 ソン・イェジンさん演じるヒロインは、韓国の財閥の末娘でありながらも家族とは距離を置いている人物で、兄弟やその妻たちが後継者を狙い争う中で自らファッション系会社セリーズチョイスを立ち上げ大成功を納めています。 そんな中、財閥の会長である父親から突然後継者に指名されるのですが、その矢先行方不明となってしまいます。 ポイントとなるのは、彼女は無事に元の場所に帰って来て後継者になることが出来るのかということ。 一方、ヒョンビンさんが演じる将校は、元々はピアニストとしてを将来を期待されていたのですが、兄を事故で亡くしたことで軍人となる道を選んだ人物で、一見すると冷淡に見えるものの実は思いやりがあるというキャラクターです。 しかし、彼の家族や生い立ちなどに謎な部分も多く、ドラマの進行と共にそれらが明かされていくことになります。 北朝鮮にいながらも破天荒で明るいセリと、クールで堅苦しいジョンヒョクとの恋愛はもちろん、ジョンヒョクの部下たちや現地の人たちとのコミカルなやり取りや、親交を深めていく様なども描かれていて、韓国とは全く違った北朝鮮での暮らしぶりも本作のみどころとなります。 このドラマは脇役たちのキャラクターが魅力的なのも特徴なのでその点にも注目して欲しいです。 そして、ジョンヒョクの兄が事故死した真相や、ジョンヒョクと対立するチョ・チョルガンの悪巧みの行方なども重要となる他、セリは北朝鮮から韓国に無事帰国出来るのかといったことや、それによって二人の恋愛はどうなるのかという点も見逃せません! スポンサーリンク 愛の不時着【韓国ドラマ】感想・評価 内容を知らずに「愛の不時着」というタイトルを見ただけのイメージでは、昼ドラっぽいなぁとか、愛憎劇なのかなぁといった感想しかなかったんですが、実際にドラマを見てみると北朝鮮を舞台としたコメディ色の強いラブストーリーというものでした。 豪華なキャスト陣や視聴率を塗り替えたなどの華々しさがありながらも、正直タイトルはダサ過ぎますよね! キャストや内容を知らずにタイトルだけ見るとまず見たいとは思えず、これはかなりなマイナスですね。 このドラマはコメディ要素が強いからいいものの冒頭から突っ込みところが多く、これが「トッケビ」の記録を抜いたというのは正直信じられませんでした。 だいたい、北朝鮮を舞台とするといっても本の少しだけだろうと思っていたのですが、ふたを開けてみるとかなりの割合で描かれていて、これは賛否両論あるんじゃないかと心配したほど。 この点に引っ掛かるかどうかで本作を面白く見れるかどうかは分かれますし、ヒロインを若手の女優さんにした方がラブストーリーとしては盛り上がったのではないでしょうか。 ソン・イェジンさんはコメディエンヌとしては抜群だったんですけど、ちょっとオバサンっぽく見えてしまってイマイチグッと来るものがありませんでした。 本作の突っ込みどころを挙げるなら、ファッション系ブランドがスポーツファッションにも参入するからといって、何故パラグライダーなのかは疑問ですし ヒロインの思い入れがあるにしてもニッチ過ぎるでしょ! 、突然の竜巻に巻き込まれて気付いたら北朝鮮だったという展開も、「オズの魔法使い」なのか異世界転生ものなのかというファンタジックな流れですし、とにかく冒頭から疑問だらけなんです。 北朝鮮での生活が思いのほかユルいのも、見ていて本当に北朝鮮が舞台なのかと疑うほどで、この辺りも気になるところでした。 しかし、北朝鮮が舞台でありながらコメディタッチというのはまさかの展開で、当然シリアスな展開になると予想してた分驚かされました。 ヒロインの破天荒さやそれに振り回される軍人たちとのやりとりは想像以上に面白く、ヒロインが兵士たちの弱味を握って脅したり、ご近所のおばさま方とのやりとりはコントの様でしたし、素晴らしい演技力を発揮して周囲をうまく丸め込んでいく様は爽快さすら感じました! そして、韓国ドラマお決まりの財閥の後継者争いもあるんですが、これがありきたりな愛憎劇ではなくコミカルさも盛り込まれているので見ていて飽きませんでした。 ですが、後半にヒロインが韓国に帰ってからの展開は明らかに尻すぼみで、その点はかなりのマイナス要因かと思います。 ただ、北朝鮮でのタンとスンジュンのラブストーリーは面白くなり、メインの二人よりもそちらの方に注目してしまうほどでした!それなのに結末は納得がいかないもので・・・これらは撮影の大幅な遅れやキャストの体調不良などによる影響みたいですね。 全てがスムーズに行っていたら、もっとまとまりのある面白い作品になったと思うと残念ですね。。。 最終回は? ちなみに最終回の結末は、未来への期待を込めたハッピーエンドと呼べるものでした。 これまでの南北問題を扱った様々な作品でも同様のことが描かれていましたが、国家同士では隔たりがあっても人と人の繋がりに国境なんてないんだということを痛感させられました。 まとめ:色々と突っ込みどころはありながらも中盤までの展開はかなり面白く、後半の失速がなければかなりの名作になっていたと思います。 それでも軍人4人組や北朝鮮のおばさま方などの個性的な脇役は非常に面白かったので、コメディドラマとして見ると最高でした! 最後に 本作は高視聴率を叩き出したドラマではありますが、北朝鮮を舞台としそこでロマンチックコメディーを繰り広げたことから、北朝鮮の現実とかけ離れている、あまりに美化され過ぎなどと批判を集めることになった作品でもあります。 北朝鮮の食料問題が深刻といったことや国民統制が厳しいという認識が一般的な中で、韓国ドラマらしい展開や設定を盛り込むのには確かに違和感がありましたが、その点を気にしなければ視聴率に見合うだけのエンタメ作品になっていたと思います! あくまでも架空の物語だとして楽しめば高い評価も納得出来ます。

次の

韓国ドラマ ライフ・オン・マーズ キャスト 相関図

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト

曲がったことが許せず、何を言っても動じず、融通の利かない原理主義者。 その傲慢とも取れる行動に彼を目の敵にしている人は多い。 その性格が災いして、彼は現場から科学分析チームへと飛ばされる。 元婚約者で検事のチョン・ソヒョン(チョン・ヘビン)の頼みで、連続殺人犯を科学的に追いつめ確実な証拠を突き止めるも、証拠が何者かに汚染され証拠として価値のないものに…。 彼さえ黙っていれば犯人を有罪にすることができたが、原理、原則を重んじる彼はその証拠が汚染されていることを裁判で話してしまう。 その一言で無罪放免となった連続殺人犯。 釈放後間もなく犯人はテジュを嘲笑うように、新たな事件を起こす。 自分のせいでまたも被害者を出してしまった。 更にはソヒョンまでも誘拐され、自分の判断を悔やむテジュ。 必死に犯人を追いつめるも、 何者かに銃で撃たれ、更には車にひかれ瀕死の状態に…。 そして、気が付いたとき テジュは30年前の1988年にタイムスリップしてしまっていたのだった。 ハマる。 やと同じ系統のドラマ。 タイムスリップ系。 どちらかと言えば「トンネル」に雰囲気は似た感じだが 今いる世界が現実なのか夢なのか妄想なのか…。 それすらも曖昧なモヤモヤしたドラマだった。 事件の真相も気になるし、何故このような展開になったかも気になって目が離せない。 これは夢か? ドラマでもよくつぶやく一言だが、 私もわけがわからず、 これは夢かとつぶやいてしまう。 2018年から1988年へタイムスリップ。 30年も時代を遡り、携帯はもちろんパソコンすらない時代。 私も一緒に気分は1988年。 不便だわ~ 携帯電話がないって…。 CCBカメラもないって…。 今じゃ当たり前に行っているDNA鑑定もまだ簡単には出来ない時代。 それどころかパソコンすらない。 こんな時代で暮らせない~ 何もかもがもどかしくなる。 そういう疑似体験も感じることができるドラマ😅 チョン・ギョンホssi 華奢で地味な感じだけど ドラマを見始めるととっても魅力的。 に引き続き、 ギョンホssiにどっぷりハマってしまった😍 今回は髪型のせいか、初めはナムグン・ミンssiに見えてしかたなかった。 ギョンホssiって分かってるのに、ナムグン・ミンssiに見える。 スタイルも似てるし、若干浅黒くなってたせいもあるのかな? かと思えば次は カン・ドンウォンssiに見えたり…。 同じ系統のお顔なのかしら😅 このドラマ実は 2006年にイギリスのBBCで制作された 「時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ」ってドラマのリメイク作品なんだって。 時空刑事って確かにピンとくるタイトルだわ。 まだDVDは発売されてないから、邦題は不明。 どういうタイトルになるか楽しみ~ なんだかんだで 終盤まで真相がイマイチ分からない。 やっぱり😑😑😑 やのような 変な終わり方~💢 このもやもやした終わり方なに~ 解釈が欲しいー。 ちゃんとした答えを教えてくれ〜 監督さん〜脚本家さーん。 イギリスの本家本元のドラマを見れば謎はとけるのか? 面白いけど、やっぱりって感じ。 私の勝手な解釈 テジュはあの時死んだんだ。 頭を撃たれて、車でひかれたあの時。 あの状態で生きてるのが不思議だもんな。 意識だけがこの世に残り、父の事件のあったその時代へ。 生きていた時に心の奥底に眠っていた、潜在意識。 生きるために消していた、父の死の真相。 死んでやっと謎を解くことができたのかもしれない。 あの母親との再会した時の違和感。 ゾクゾクっとした感じ。 結局は母のいる時代から去ってしまうテジュ。 生きているとは思えない。 あるいは、テジュは1988年の時点で死んでいたのか? 父とともに… それは無いか。 さすがに😅 最後のエピローグの意味は? 彼は現代に戻って、ヒョンソクが実は生きていることを知ってたはず。 なのにヒョンソクからきた電話の意味は? あー。 誰か解説してくれ〜😭 もやもや イライラ。 韓ドラ好きには馴染みのあるお方かと…。 🎀最近はIUが彼らの曲 (너의 의미)をカバーして チャンワンssiとコラボしている。 はclub DAM. comより.

次の