子供 おろす 金額。 子供をおろす場合、費用はいくら?保険適用は?分かりやすく解説します

赤ちゃん おろす 費用 が ない

子供 おろす 金額

妊娠した子供を下ろす費用の理解 妊娠したけれどやむを得ない事情により妊娠した子供を下ろさなければならない方は中絶について自分なりにかなり悩まれた結果だと思います。 苦しんで悩んだ結果、中絶する方向で結論を出されたら、中絶手術をきちんと行うための準備をする必要があります。 中絶手術を行う準備としてまず、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす費用にはいくらのお金が必要なのかについて中絶手術をする前にきちんと理解しておかなければなりません。 中絶にかかるお金の金額をきちんと理解しておきましょう。 中絶費用には健康保険の適用はありません。 社会保険でも国民健康保険でも適用がありません。 ですから妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすために必要な費用の全てのお金を自分で用意しなければなりません。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす金額は妊娠週数で異なる 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす費用は、中絶手術を行うタイミング(妊娠週数)によって異なります。 そこで、ご自分が中絶を行うタイミングが妊娠週数でどのタイミングであるかを知っておく必要があります。 中絶手術のお金の値段は妊娠週数のタイミングで異なることを理解しておきましょう。 また、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすタイミングは、いつでも可能ではありません。 妊娠週数が22週未満までのタイミングで妊娠した子供の赤ちゃんを下ろすかどうかを決めなくてはいけません。 これは、「母体健康法」という法律で、妊娠した子供の赤ちゃんを下ろす中絶手術は、特例(母体を救う方法が中絶手術の他にない場合)を除いて、妊娠22週未満までに制限されているからです。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週未満 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週未満の場合を「妊娠初期」における中絶となります。 多くの方が、妊娠初期にあたるタイミングで中絶手術を行われているようです。 ただ、妊娠週数が12週未満だと、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすかどうかについてかなり早めに決める必要があります。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすという決断は、非常に苦しいと思います。 妊娠した子供の赤ちゃんを産みたくてもどうしても産むことができない事情がある方が中絶を選択されます。 その苦しい決断を妊娠12週未満の短期間で早急に決めることは難しいことです。 ですから、妊娠していることが分かったら早めに妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすかどうかについて相手の方や両親などと相談するようにしましょう。 自分ひとりで決して決めないことが後悔しない決断につながると思います。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠22週未満 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週から妊娠22週未満の場合を「妊娠中期」における中絶となります。 妊娠22週以降は、「妊娠後期」と呼ばれますが、妊娠後期は、妊娠した赤ちゃんをおろすことが原則認められません。 後で説明しますが、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用は、妊娠中期の方が妊娠初期に比べて高くなります。 妊娠初期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用 妊娠初期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用の相場は、だいたい10万円から17万円程度です。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす金額の内訳は、中絶手術を行う前の検査費用が1から2万円程度のお金がかかり、中絶手術が8万円から15万円程度のお金がかかります。 中絶するには10万円以上のまとまったお金が必要となります。 上記金額は、相場ですのであくまで目安としてください。 病院によって5万円以上のお金の差があります。 また、入院しなければならない場合には、入院費として追加費用のお金がかかるので、ご自分が行きたい病院で中絶費用にいくらのお金が必要であるのかを予め確認しておく必要があります。 スポンサーリンク 上述のように、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすために必要な費用の全額が、保険適用になりませんので、自分でまとまったお金を用意する必要があります。 そこで、少しでも中絶費用のお金の負担を軽くするために、中絶手術を行いたい病院に、中絶費用にかかるお金をクレジットカードでの支払いでできるかどうかについて予め確認しておくことをおススメします。 また、中絶費用にかかるお金をクレジットカードでの支払いで対応してもらえる場合には、クレジットカードでの分割払いが可能かどうかについても、予め確認しておくことをおススメします。 中絶費用にかかるお金は10万円以上のまとまったお金が必要となります。 少しでも中絶費用のお金の負担を軽くできるように病院側に相談してみましょう。 妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用 妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用の相場は、だいたい40万円から50万円程度です。 これは、妊娠初期に行われる中絶手術内容と異なり、数日間の入院も必要で、妊娠中期に行われる中絶手術は、出産と同様の費用がかかるためです。 妊娠初期の中絶手術にかかるお金に対して、妊娠中期の中絶手術にかかるお金は4倍から5倍程度になります。 妊娠中期は出産育児一時金の対象になる 妊娠中期は、妊娠初期に比べて、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用が4倍から5倍程度高くなりますが、出産育児一時金の対象となります。 これは、妊娠中期における中絶は、「死産」と扱われるからです。 従って、妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用は、出産育児一時金の金額でほぼ補えることができるので、自分が払うお金はほとんどかからないことになります。 つまり、妊娠中期の中絶手術にかかるお金は、出産育児一時金制度を利用することにより実質的にほぼ無料にすることができます。 中絶手術にかかるお金を実質的に無料するための出産育児一時金の受給方法は、二通りあります。 一つは、手術のお金を自分で自己負担しておいて後で手術のお金を請求して受け取る方法と、中絶手術を行う病院にお金を払ってもらう方法です。 中絶費用のお金を自己負担できない場合には、中絶手術を行う病院にお金を払ってもらう方法を選びましょう。 手術を行う病院で中絶の手術費用を、出産育児一時金を利用したいことを伝えれば、詳しく説明をしてもらえます。 また、手術費用を自己負担しておいて後で手術費用を受け取る場合には、いつごろ手術費用分が振り込まれるかについても聞いておきましょう。 自費で支払う金額は妊娠初期だけ妊娠中期はほぼ実質0円 以上、まとめると、流産にかかる費用は、保険が適用されず、自分で支払う必要があります。 そして、妊娠初期の流産の費用は10万円から17万円程度のお金に対し、妊娠中期の流産の費用は40万円から50万円程度のお金が必要となります。 ただし、妊娠中期の流産にかかるお金は、出産育児一時金がもらえるため、実質的な負担はほぼなしで対応することができます。 つまり、自費で支払う金額は妊娠初期だけで、妊娠中期はほぼ実質0円となります。 お金だけのことを考えると、妊娠初期よりも妊娠中期の方が負担がないですが、妊娠中期の流産の手術は、妊娠初期の手術に比べて、体への負担が大きくなるなどのデメリット(リスク)があります。 ですから、個人的な意見にはなりますが、妊娠中期よりも妊娠初期に流産の手術を行った方が良いのではないかと思います。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすことは誰にとっても難しい決断です。 相手の方や両親などと十分に相談して、悔いのない選択をしましょう。 本記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

親名義の通帳からの預金引き出しはいくらまで可能ですか?

子供 おろす 金額

妊娠した子供を下ろす費用の理解 妊娠したけれどやむを得ない事情により妊娠した子供を下ろさなければならない方は中絶について自分なりにかなり悩まれた結果だと思います。 苦しんで悩んだ結果、中絶する方向で結論を出されたら、中絶手術をきちんと行うための準備をする必要があります。 中絶手術を行う準備としてまず、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす費用にはいくらのお金が必要なのかについて中絶手術をする前にきちんと理解しておかなければなりません。 中絶にかかるお金の金額をきちんと理解しておきましょう。 中絶費用には健康保険の適用はありません。 社会保険でも国民健康保険でも適用がありません。 ですから妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすために必要な費用の全てのお金を自分で用意しなければなりません。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす金額は妊娠週数で異なる 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす費用は、中絶手術を行うタイミング(妊娠週数)によって異なります。 そこで、ご自分が中絶を行うタイミングが妊娠週数でどのタイミングであるかを知っておく必要があります。 中絶手術のお金の値段は妊娠週数のタイミングで異なることを理解しておきましょう。 また、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすタイミングは、いつでも可能ではありません。 妊娠週数が22週未満までのタイミングで妊娠した子供の赤ちゃんを下ろすかどうかを決めなくてはいけません。 これは、「母体健康法」という法律で、妊娠した子供の赤ちゃんを下ろす中絶手術は、特例(母体を救う方法が中絶手術の他にない場合)を除いて、妊娠22週未満までに制限されているからです。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週未満 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週未満の場合を「妊娠初期」における中絶となります。 多くの方が、妊娠初期にあたるタイミングで中絶手術を行われているようです。 ただ、妊娠週数が12週未満だと、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすかどうかについてかなり早めに決める必要があります。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすという決断は、非常に苦しいと思います。 妊娠した子供の赤ちゃんを産みたくてもどうしても産むことができない事情がある方が中絶を選択されます。 その苦しい決断を妊娠12週未満の短期間で早急に決めることは難しいことです。 ですから、妊娠していることが分かったら早めに妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすかどうかについて相手の方や両親などと相談するようにしましょう。 自分ひとりで決して決めないことが後悔しない決断につながると思います。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠22週未満 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週から妊娠22週未満の場合を「妊娠中期」における中絶となります。 妊娠22週以降は、「妊娠後期」と呼ばれますが、妊娠後期は、妊娠した赤ちゃんをおろすことが原則認められません。 後で説明しますが、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用は、妊娠中期の方が妊娠初期に比べて高くなります。 妊娠初期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用 妊娠初期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用の相場は、だいたい10万円から17万円程度です。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす金額の内訳は、中絶手術を行う前の検査費用が1から2万円程度のお金がかかり、中絶手術が8万円から15万円程度のお金がかかります。 中絶するには10万円以上のまとまったお金が必要となります。 上記金額は、相場ですのであくまで目安としてください。 病院によって5万円以上のお金の差があります。 また、入院しなければならない場合には、入院費として追加費用のお金がかかるので、ご自分が行きたい病院で中絶費用にいくらのお金が必要であるのかを予め確認しておく必要があります。 スポンサーリンク 上述のように、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすために必要な費用の全額が、保険適用になりませんので、自分でまとまったお金を用意する必要があります。 そこで、少しでも中絶費用のお金の負担を軽くするために、中絶手術を行いたい病院に、中絶費用にかかるお金をクレジットカードでの支払いでできるかどうかについて予め確認しておくことをおススメします。 また、中絶費用にかかるお金をクレジットカードでの支払いで対応してもらえる場合には、クレジットカードでの分割払いが可能かどうかについても、予め確認しておくことをおススメします。 中絶費用にかかるお金は10万円以上のまとまったお金が必要となります。 少しでも中絶費用のお金の負担を軽くできるように病院側に相談してみましょう。 妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用 妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用の相場は、だいたい40万円から50万円程度です。 これは、妊娠初期に行われる中絶手術内容と異なり、数日間の入院も必要で、妊娠中期に行われる中絶手術は、出産と同様の費用がかかるためです。 妊娠初期の中絶手術にかかるお金に対して、妊娠中期の中絶手術にかかるお金は4倍から5倍程度になります。 妊娠中期は出産育児一時金の対象になる 妊娠中期は、妊娠初期に比べて、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用が4倍から5倍程度高くなりますが、出産育児一時金の対象となります。 これは、妊娠中期における中絶は、「死産」と扱われるからです。 従って、妊娠中期に妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす費用は、出産育児一時金の金額でほぼ補えることができるので、自分が払うお金はほとんどかからないことになります。 つまり、妊娠中期の中絶手術にかかるお金は、出産育児一時金制度を利用することにより実質的にほぼ無料にすることができます。 中絶手術にかかるお金を実質的に無料するための出産育児一時金の受給方法は、二通りあります。 一つは、手術のお金を自分で自己負担しておいて後で手術のお金を請求して受け取る方法と、中絶手術を行う病院にお金を払ってもらう方法です。 中絶費用のお金を自己負担できない場合には、中絶手術を行う病院にお金を払ってもらう方法を選びましょう。 手術を行う病院で中絶の手術費用を、出産育児一時金を利用したいことを伝えれば、詳しく説明をしてもらえます。 また、手術費用を自己負担しておいて後で手術費用を受け取る場合には、いつごろ手術費用分が振り込まれるかについても聞いておきましょう。 自費で支払う金額は妊娠初期だけ妊娠中期はほぼ実質0円 以上、まとめると、流産にかかる費用は、保険が適用されず、自分で支払う必要があります。 そして、妊娠初期の流産の費用は10万円から17万円程度のお金に対し、妊娠中期の流産の費用は40万円から50万円程度のお金が必要となります。 ただし、妊娠中期の流産にかかるお金は、出産育児一時金がもらえるため、実質的な負担はほぼなしで対応することができます。 つまり、自費で支払う金額は妊娠初期だけで、妊娠中期はほぼ実質0円となります。 お金だけのことを考えると、妊娠初期よりも妊娠中期の方が負担がないですが、妊娠中期の流産の手術は、妊娠初期の手術に比べて、体への負担が大きくなるなどのデメリット(リスク)があります。 ですから、個人的な意見にはなりますが、妊娠中期よりも妊娠初期に流産の手術を行った方が良いのではないかと思います。 妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすことは誰にとっても難しい決断です。 相手の方や両親などと十分に相談して、悔いのない選択をしましょう。 本記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

千葉県勝浦市の中小消費者金融|子供おろす費用の分割払いでお金借りるなら【即日OK】

子供 おろす 金額

「赤ちゃんができてしまった」 というのは関係なく、本来赤ちゃんを授かれたのに出産することは出来ないのであれば 子供をおろす(中絶する=人工妊娠中絶)しか方法がありませんがそのようの時に知っておくべき内容をまとめてみましたので参考にしてみてください。 子供を下ろす人工妊娠中絶は初期中絶の妊娠11周目の心音が聞こえる頃(約妊娠3ヶ月)以内程度が中絶の通常の期限• 子供をおとそうと思っているけどお金がない• 堕ろしたくないけど反対されるので中絶しかない• 産むか中絶するか迷っている• 完全に赤ちゃんを下ろす事で話を進めている• 結婚していないので中絶したいと思っている• 産んでも生活していくことが出来ないのでおろそうと思っている あなたの状況に該当するかどうか分かりませんが、何が言いたいかというと 中絶には中絶できるタイムリミット=中絶の期限が有るということです。 そして「 法定中絶期限=妊娠21週と6日」と言うものもあるので、初期中絶の段階(妊娠3ヶ月以内)で中絶の手術をしていないと、中絶の費用も出産の時同様に掛かって来るということは母体へのリスクも同時に増えてきます。 () 要するに妊娠約3ヶ月を期限に親などにも隠せない状況にもなりながら役所などに死産の届け出を出したりする必要まで出てくる必要があります。 このようなどうしようもない状況になる前の早い段階で中絶を一日でも早くした方が日帰りで中絶することも出来ますし、費用面の負担も心労も最小で抑えることが出来るのは言うまでもありません。 子供を下ろす(中絶する)事自体は正直な所、お金はかかりますがお金の問題ではありません。 (分割支払すれば問題ない金額になります、確実に。 )そして彼氏が悪い!彼女が悪い!などと言う慰謝料問題にまで発展してしまうこともありますが、客観的に見てみると分かることですが、それ以上に精神的なダメージや中絶時の体の負担も大きいです。 中絶出術自体は当日退院することは出来ますが全身麻酔をする必要があるので、子供を下ろすに至って病院やクリニックによって対応は違うかもしれませんが、男女双方の同意書に成人してる方のサインが必要なケースが主流です。 どうしても出産を望まないのであれば、この初期妊娠の段階で中絶して子供を下ろす事しかありません。 どうしてもお金がなくても銀行カードローンや大手の消費者金融のローンであれば担保保証人無しで借り入れすることが出来るので親や家族にバレることも迷惑をかけることもなく 分割で返済することが出来るのでこれ以外に方法はありません。 中絶費用が15万円程度としても2年で返済するとしたら毎月の返済額は7474円です。 最長で6年半まで返済期間を持つことが出来ますがそれなら月々は3214円です。 迷っている間に赤ちゃんは大きくなるのでまずは自分が借りれるかどうかまず確認しておく必要があるので家族にバレない正規の大手貸金業者で審査通過出来るかまずは確認しておきましょう。 この妊娠初期のこの時期までに子供を下ろさないと費用面も3倍程度の金額になり、入院などの必要も出てきたり市役所に死産の届け出などをしないといけないので( 戸籍に残ります)少しでも早い段階で中絶をするのであれば一日でも早いほうが良いという意味はこのような事があるからです。 なるべく早い方が保険がきかない手術であるため金銭的にも母体的にも負担がかからないというのが最大のポイントです 妊娠中期になる前の早い段階で子供を下ろすかどうかの判断をすることが何よりも胎児を堕胎するので女性の身体的負担も精神的負担も最小限まで抑えることが出来るので、妊娠安定期まで成長させてしまうまでの1日でも早い段階で中絶することが出来るように資金面での問題など携帯の割賦払い程度の金額です。 中絶すること自体は女性にとっては物凄く身体的にも精神的にもダメージが残る事で生涯忘れることがない事になってしまいます。 そのような大きな問題なので、どうしても産むことが出来ない状況なのであれば男性がこの程度の金額は携帯を解約してでも簡単に返済できる話なので、一日でも早く対応してあげるようにしてください。 北海道・東北 北海道・根室市・釧路市・帯広市・網走市・稚内市・留萌市・旭川市・函館市・室蘭市・札幌市・岩見沢市| 青森県・平川市・つがる市・むつ市・三沢市・十和田市・五所川原市・黒石市・八戸市・弘前市・青森市| 秋田県・鹿角市・湯沢市・能代市・横手市・にかほ市・由利本荘市・北秋田市・大館市・仙北市・大仙市・潟上市・男鹿市・秋田市| 岩手県・二戸市・久慈市・ 陸前高田市・大船渡市・宮古市・釜石市・遠野市・北上市・花巻市・一関市・奥州市・滝沢市・八幡平市・盛岡市| 山形県・鶴岡市・酒田市・長井市・南陽市・米沢市・新庄市・尾花沢市・東根市・天童市・村山市・上山市・寒河江市・山形市| 福島県・会津若松市・喜多方市・いわき市・南相馬市・相馬市・白河市・田村市・須賀川市・郡山市・本宮市・二本松市・伊達市・福島市| 宮城県・仙台市・角田市・白石市・岩沼市・名取市・多賀城市・塩竈市・富谷市・大崎市・東松島市・石巻市・栗原市・登米市・気仙沼市 関東 群馬県・沼田市・桐生市・太田市・館林市・みどり市・高崎市・藤岡市・富岡市・安中市・前橋市・伊勢崎市・渋川市| 栃木県・下野市・那須烏山市・さくら市・那須塩原市・矢板市・大田原市・真岡市・小山市・日光市・鹿沼市・佐野市・栃木市・足利市・宇都宮市| 茨城県・下妻市・桜川市・結城市・坂東市・常総市・筑西市・古河市・くばみらい市・かすみがうら市・稲敷市・守谷市・石岡市・龍ケ崎市・牛久市・取手市・土浦市・つくば市・行方市・鉾田市・潮来市・鹿嶋市・小美玉市・笠間市・水戸市・那珂市・常陸大宮市・北茨城市・高萩市・常陸太田市・ひたちなか市・日立市| 埼玉県・さいたま市・秩父市・行田市・本庄市・東松山市・川越市・所沢市・春日部市 ・朝霞市・鴻巣市・北本市・桶川市・上尾市・戸田市・蕨市・ 川口市| 千葉県・南房総市・袖ケ浦市・富津市・君津市・鴨川市・木更津市・館山市・いすみ市・山武市・勝浦市・茂原市・網白里市東金市・八街市・四街道市・八千代市・習志野市・佐倉市・市原市・千葉市・匝瑳市・銚子市・旭市・香取市・富里市・印西市・白井市・成田市・野田市・流山市・我孫子市・柏市・松戸市・鎌ケ谷市・浦安市・船橋市・市川市| 神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市・南足柄市・小田原市・伊勢原市・秦野市・茅ヶ崎市・平塚市・藤沢市・綾瀬市・座間市・海老名市・大和市・厚木市・三浦市・逗子市・鎌倉市・横須賀市| 東京都・東京23区(港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区) 中部 三重県・熊野市・尾鷲市・志摩市・鳥羽市・伊勢市・松阪市・津市・名張市・伊賀市・亀山市・鈴鹿市・四日市市・桑名市・いなべ市| 岐阜県・下呂市・飛騨市・高山市・土岐市・恵那市・瑞浪市・中津川市・多治見市・郡上市・可児市・美濃加茂市・美濃市・関市海津市・大垣市・本巣市・瑞穂市・山県市・各務原市・羽島市・岐阜市| 静岡県・静岡市・浜松市・菊川市・御前崎市・湖西市・袋井市・掛川市・磐田市・牧之原市・藤枝市・焼津市・島田市・伊豆の国市・伊豆市・下田市・熱海市・伊東市・三島市・裾野市・富士宮市・御殿場市・沼津市・富士市| 愛知県・名古屋市・弥富市・半田市・日進市・長久手市・豊明市・常滑市・東海市・津島市・知多市・瀬戸市小牧市・江南市・清須市・北名古屋市・尾張旭市・大府市・岩倉市・犬山市・稲沢市・あま市・愛西市・春日井市・一宮市 甲信越・北陸 福井県・小浜市・越前市・鯖江市・敦賀市・勝山市・大野市・坂井市・あわら市・福井市| 石川県・珠洲市・羽咋市・輪島市・七尾市・かほく市・能美市・野々市市・加賀市・小松市・白山市・金沢市| 富山県・南砺市・小矢部市・砺波市・氷見市・射水市・高岡市・黒部市・魚津市・滑川市・富山市| 長野県・茅野市・諏訪市・岡谷市・飯田市・駒ヶ根市・伊那市・大町市・安曇野市・塩尻市・松本市・東御市・上田市・小諸市・佐久市・千曲市・須坂市・長野市・中野市・飯山市| 山梨県・中央市・甲州市・上野原市・北杜市・笛吹市・甲斐市・南アルプス市・韮崎市・大月市・山梨市・都留市・富士吉田市・甲府市| 新潟県・新潟市・佐渡市・胎内市・阿賀野市・五泉市・燕市・村上市・新発田市・南魚沼市・魚沼市・見附市・十日町市・加茂市・小千谷市・柏崎市・三条市・長岡市・妙高市・糸魚川市・上越市・新宮市・田辺市・ 御坊市・有田市・橋本市・岩出市 関西 和歌山県・紀の川市・海南市・和歌山市 ・宇陀市・葛城市・香芝市・生駒市・御所市・五條市| 奈良県・奈良市・桜井市・橿原市・天理市・大和郡山市・大和高田市・京丹後市・宮津市・綾部市・舞鶴市・福知山市・南丹市| 滋賀県・高島市・長浜市・彦根市・近江八幡市・東近江市・湖南市・甲賀市・野洲市・栗東市・守山市・草津市・大津市| 京都府・京都市・亀岡市・木津川市・八幡市・城陽市・宇治市・長岡京市・向日市・淡路市・南あわじ市・洲本市・朝来市・養父市・豊岡市| 兵庫県・神戸市・丹波市・篠山市・宍粟市・赤穂市・たつの市・相生市・姫路市・加東市・加西市・小野市・三木市・西脇市・高砂市・加古川市・明石市・三田市・川西市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・西宮市・尼崎市| 大阪府・大阪市・堺市・大阪狭山市・藤井寺・市羽曳野市・松原市・河内長野市・富田林市・柏原市・交野市・四條畷市・門真市・大東市・守口市・阪南市・泉南市・泉佐野市・貝塚市・高石市・和泉市・泉大津市・摂津市・池田市・八尾市・寝屋川市・岸和田市・茨木市・吹田市・東大阪市・枚方市・高槻市・豊中市 中国 山口県・山陽小野田市・周南市・美祢市・柳井市・長門市・光市・岩国市・下松市・防府市・萩市・宇部市・下関市・山口市| 鳥取県・境港市・米子市・倉吉市・鳥取市| 島根県・大田市・益田市・江津市・浜田市・雲南市・出雲市・安来市・松江市| 岡山県・新見市 ・美作市 ・真庭市・高梁市・津山市・浅口市・井原市・笠岡市・赤磐市・瀬戸内市・ 備前市・総社市・倉敷市・玉野市・岡山市| 広島県・庄原市・三次市・府中市・福山市・三原市・尾道市・竹原市・東広島市・安芸高田市・江田島市・呉市・大竹市・廿日市市・広島市 四国 高知県・四万十市・土佐清水市・宿毛市・須崎市・土佐市・香南市・香美市・南国市・高知市・安芸市・室戸市| 愛媛県・西予市・大洲市・八幡浜市・宇和島市・東温市・伊予市・松山市・今治市・西条市・四国中央市・新居浜市| 香川県・高松市・坂出市・丸亀市・善通寺市・観音寺市・三豊市・東かがわ市・さぬき市| 徳島県・三好市・阿南市・阿波市・吉野川市・小松島市・鳴門市・徳島市 九州・沖縄 鹿児島県・奄美市・西之表市・志布志市・曽於市・垂水市・鹿屋市・姶良市・伊佐市・霧島市・出水市・阿久根市・薩摩川内市・南九州市・南さつま市・指宿市・枕崎市・いちき串木野市・日置市・鹿児島市| 宮崎県・宮崎市・えびの市・西都市・串間市・日向市・小林市・日南市・延岡市・都城市| 大分県・大分市・臼杵市・津久見市・由布市・別府市・杵築市・国東市・中津市・豊後高田市・宇佐市・日田市・佐伯市・竹田市・豊後大野市| 佐賀県・佐賀市・多久市・小城市・神埼市・玄海町・鳥栖市・伊万里市・武雄市、鹿島市、嬉野市| 長崎県・長崎市・諫早市・大村市・五島市・対馬市・壱岐市・雲仙市・南島原市・島原市・平戸市・松浦市・西海市| 熊本県・熊本市・合志市・荒尾市・宇土市・玉名市| 福岡・福岡市・久留米市・飯塚市・大牟田市・柳川市・春日市・大野城市・筑紫野市・行橋市・前原市・北九州市| 沖縄県・沖縄市・那覇市・名護市・うるま市.

次の