荒 ぶる 季節 の 女 ども よ 菅原。 アニメ化『荒ぶる季節の乙女どもよ。』全巻ネタバレ!JKが真剣に性談義?

漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』ネタバレあり感想・考察!性に振り回せる少女達を上品に綴る岡田麿里さんの表現力!

荒 ぶる 季節 の 女 ども よ 菅原

友人の結婚式があった。 僕は高校時代バスケ部だったのだが、バスケ部の仲間内では最後となる結婚式だった。 残り物には福があるとはよくいったもので、彼はモデルさながらの年下のCA(キャビンアテンダント)と結婚をした。 僕ら元バスケ部連中が集められた披露宴の席は、めでたい席であるにも関わらずいつもの飲み席のように下ネタを繰り広げていた。 男どもは、ひとたびスイッチが入ると飽きることなく永遠と下ネタを言っている。 しかし、10代、20代の頃のただただ隠語を並べた下ネタとは違い、30代ともなれば下ネタにも品が出てくるのは、年の功といっていいのだろうか。 今回ご紹介したい『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』は、見方を変えれば下ネタのオンパレードだ。 ただ、そこにある下ネタには品があり、30代の僕らが飲みの席で繰り広げられるそれに近い。 だから、この歳になっても『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』は読んでいて心地がいいのだ。 和紗たちは文芸部に所属する女子5人。 部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。 net 原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央による漫画作品で文芸部に所属する5人の女子高生が「性」に振り回され、悩む様子が描かれています。 思春期真っ盛りの少女達の心の中をコミカル、時々シリアスに描いています。 「品のある下ネタ」を定義づけておこう 披露宴会場の新婦側はもちろんほとんどがCAで、CAだから綺麗なのか、綺麗だからCAなのか分からないが、綺麗な女性ばかりだった。 元バスケ部友人A:「お前、どの子がタイプだよ。 あそこ、みんなCAだろ?」 新郎の彼以外、僕ら側の人間は皆既婚者なのでだからどうするわけでもないのだが、「どの子がタイプ談義」は毎度のこと行われる。 僕:「あの子だな。 紺色の服を着た子。 25,6ってとこだろ」 僕はそう答えた。 すると友人Aは怪しげな笑みを浮かべてこう言った。 元バスケ部友人A:「そんなあの子も夜は過激かもしれねぇぜ」 僕:「どういうこと?」 僕はあっ、下ネタだなと思い、謎解きをしながら聞き返す。 元バスケ部友人A:「あの航空会社のCAだろうが! Lを付けてみれば分かるだろ」 もうこれ以上はココには書けない 笑 こんな会話もあった。 1卓だけ元バスケ部だけの席ではなく、新郎の大学時代の友人と同席の席があり、僕はその席にいた。 一緒になった新郎の友人3人が皆男だったことに僕らは少し落胆したが、彼らを僕らの土俵に上げるにはものの数分もかからなかった。 元バスケ部友人B:「仕事は何を」 僕ら側から社交辞令の一言を交わす。 大学の友人:「システムエンジニアです」 大学の友人の1人がそう答えた。 SEは徹夜が多いと聞くけど、そういうことか? とも思った。 彼はまた繰り返し言う。 元バスケ部友人B:「昼間はSE。 夜はそれにバツがつくんですよね?」 相手に伝わらなさ過ぎたのか、どうにか自分の土俵に持っていこうとしたのか、友人Bは自分でタネ明かししてました 笑 男どもは単純なもので、これで同じ釜の飯を食ったかのように打ち解けてゆくものなのです。 つい小一時間前に会ったばかりなのに、十数年来の友人だったかの如くこの円卓も大いに下ネタで盛り上がりました。 話は披露宴会場に入る前に戻る。 挙式を終え、全員写真を撮ろうという時の話だ。 100名近い列席者がいたため、列席者は階段を使いながらカメラに収まるようにと整列を式場関係者に指示された。 元バスケ部友人C:「おい、あの子見えそうだぞ」 友人Cが言う。 彼の言う方向を見ると、階段へ誘導された女の子が膝上20㎝ほどのミニスカートのドレス姿だった。 そして、もう一人が言う。 元バスケ部友人D:「あれはイナバだ。 俺はもうすでにチェック済みだ」 名前ではない。 これは列席者で密集した中で僕らの品位を保つべく使われた比喩であることはすぐ分かった。 なんとなく嫌な予感はしたが、それでも僕らはあのミニスカートと太腿との間に全神経を注いでいた。 やはり「イナバ」だった。 僕らは落胆と爆笑で崩れ落ちた。 さて、これまで紹介した下ネタに品があるかどうかは個人差があると思う。 しかし、ここでは直球でない相手に想像させる下ネタを「品のある下ネタ」と定義付け、『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』の下ネタの魅力をご紹介したいと思う。 そして、その伏線は見事なまでに華麗に「エロス回収」され、僕らの飲みの席を上回る笑いを提供している。 下のホワイトボードを見てほしい。 『荒乙』1巻の終盤である。 』1巻191頁 この意味不明な言葉がリストアップされた経緯を説明しておく必要があるだろう。 僕はこのホワイトボードに挙げられた言葉にこそ、『荒乙』の品の良さが詰め込まれているように思った。 なので、『荒乙』の下ネタの品を語るにはこのホワイトボードを見てもらうのが手っ取り早い。 作中では一つ一つ「その心は」と代用の言葉たちに解説されてはいなかった。 仕方がない、ここは僕が代わりに一つ一つ解説を加えてみるしかない。 「アンダー・ザ・C」の解説 A:キス B:ディープキス C:お触り D:本番 あのABCの線引きはどこかで取り決めがあったわけでもなく、どういうわけか若者の間で伝承されていくアレ。 Cの下。 そういうことだ。 ディズニーの名作『リトル・マーメイド』の楽曲とかけている辺りが何とも言えずセンスがいい。 「種まき」の解説 野良仕事に例えるパターン。 その心は…生を生み出す行為といったところだろう。 僕ら元バスケ部の中には未だに色々な「畑」に「種まき」をしている輩がいる。 彼を引き合いに出すのは忍びない。 というのも、大学在学中にいわゆるできちゃった婚をし、つい最近離婚をしたからだ。 しかし、彼の性春は今まさに謳歌し、女子大生と合コンをしては「種まき」をしまくっていると聞く。 「イナバ」と言ったのは他でもない彼だ。 「性戦」の解説 結婚式での僕ら醜態を見ていたければお分かりいただけると思うが、僕ら男どもは常に女どもを性戦に持ち込みたいと思っている。 これは僕らだけに限ったことでない、全世界の男どもは頭の中はこの戦のことばかり考えている。 と思う。 ところが、『荒乙』を読むと性戦への暴走は男ども特有のものではなかったと思わざるをえない。 未だ半信半疑であるが、原作 岡田麿里先生・作画 絵本奈央先生の女性タッグで描いているのだからそうなのだろう。 要するに、この戦は世界大戦なのである。 「性戦」とはなかなか深い代用語を考えたものじゃないか。 元の意味する物体が分からない人もいる思うので補足しておこう。 相手の動きを封じ込める武具及び捕具。 U字形の金具に2-3メートルの柄がついており、金具の部分で相手の首や腕などを壁や地面に押しつけて捕らえる。 [Wikipediaより] 僕も実物は見たことがないが、僕ら元バスケ部にはさすまたを実際に使うであろう警察官もいる。 「サックス・シックス・ソックス」の解説 「いっぱい」の「い」を「お」に替えて言ってみぃ! よく小学生の頃そんなことを言っていた。 「スックス」の「ス」を「セ」に替えて言ってみぃ! と飲み会で使えるネタを思いつく。 僕ら(「僕ら」としておく)は小学生の頃と何ら変わっていないということだろうか。 実にTHE文芸部なワードだ。 ちょっと待って! ホワイトボードにはないじゃない? と思うかもしれないが、取消線が引かれている部分がそれだ。 ここに至るくだりは思わず吹き出してしまった。 なぜ取消線が引かれているのかは、ぜひ本編を読んでいただければと思う。 「 荒ぶる乙女の言い換え方」で代用の余韻に浸ることができるぞ。 これら代用の言葉の余韻に浸りたい方は、Twitterのハッシュタグ「 荒ぶる乙女の言い換え方」で続きが見れる。 続きといっても、読者が考えた言い換えではある。 そこに集まった言い換えを眺めていると思わずクスっ笑ってしまうのは僕だけでないと信じたい。 まとめ 「 えすいばつ」 文芸部らしい素晴らしい別名に決定がなされた。 『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』はこの《えすいばつ》に翻弄される乙女どもの物語なのである。 朝まで華麗なる下ネタトークのキャッチボールで腹筋は崩壊されること間違いない。 荒ぶる季節の乙女どもよ。 を全話読むには 関連する記事• 2019. 22 今回は人気ライトノベル『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のコミカライズ版を紹介します。 コミカライズ版とは思えないほどクオ[…]• 2018. 02 あなたは過去に戻りたいと思ったことはありますか? 主人公が何かの拍子で突然過去に戻ってしまう、いわゆるタイムスリップものは漫画に限らずアニメや小説など[…]• 2018. 30 皆様は『ランウェイで笑って』という作品をご存知でしょうか。 猪ノ谷言葉による作品で『マンガ大賞』にノミネートもされており、今絶対に読むべき作品の一つで[…]• 2018. 01 最近、恋愛はされてますか? 出会いが少ないからできていないという方や、定期的に連絡している人はいるけれども付き合っているのかはわからないという方、中に[…].

次の

漫画「荒ぶる季節の乙女どもよ」ネタバレ!性に翻弄される高校生の青春物語|電書ボックス

荒 ぶる 季節 の 女 ども よ 菅原

原作者ご自身が、一番、この作品で「狙っていた展開へ行かず、そのまま終わってしまった」ということに消化不良気味だったようなコメントがラストに掲載されておりました。 実際の予定では、少年誌で連載するには難しいと思われる、よりつっこんだ「エロ」を盛り込みたかったということでしたが、この作品においては、和紗たち文芸部メンバーが、爽やかな感じでラストまで走り抜けた、このラストでよかったのではないのかなと思います。 この作品で出せなかったことは、新作で期待したいと思います。 ラストの巻にしては、ひどくあっさり、あっけなく終わった感がありますが、本誌に載らなかった後日のメンバーがあり、本誌に掲載された、アニメ化決定後の声優さんたちの名演技裏話があって、ドタバタ劇で終わってしまったせいなのか・・・・なんか、読後、不思議と最初の巻から読み返したくなる余韻がのこるラストの巻だったと思います。 好みの問題だろうがちょっと後半突拍子も無いと感じてしまった またわざとぼかしているんだろうけど、ラストも不完全燃焼感がある とは言え、好みの範疇ではあるので今まで楽しめたなら買う価値はあると思う 個人的に突拍子も無いと感じたのは、色鬼に繋がる流れ 文学部に入っているような純文学人間だとこれは納得出来るのだろうか ラストは特に本郷ちゃんについてなのだが ストックホルム症候群を狙う程度に好きなのにそんな簡単に諦めるのか 簡単に燃え尽きてしまうんかと感じてしまった 今まで丁寧に書いていてくれていた乙女心が全体的に薄いと思う 自分が男性だと言うこともあるんだろうが、心の動きが理解できなかった 全体として今まで心は荒ぶっていてもそれを丁寧に描写していたと思うのだが 描写まで荒ぶったラストだと感じる 文学的表現としてはこれで完成しているのかも知れないし、ダメだったとは言え無いが 個人的にはあまり好みでは無かった もう一巻くらい続いてくれればなぁと 遂に終わってしまった『あらをと』…最終巻は実に単行本まるまる一冊ぶんを費やしてアニメ版最終話のエピソードをなぞっている いや、逆か。 意味深なエンディング 笑 と描き下ろし ? のエピローグの後に原作者と漫画家さん御二人 そういえば絵本さんの事をずっと秋本さんだとばかり思っていたなぁ があとがきで本作成立までの紆余曲折を短く寄せておられる。 もともとはオカダマ女史発発信て『前のめり』なエロをやってみたかった、との事であったそうな。 こういった御時世ゆえ寧ろ少年誌の方が規制はキビシかったのでは、と推察するがその辺のオトナの事情には触れておられず、あくまでここはよい絵描きさんに出逢い筆はサクサク進んでキャラ達もグイグイ一人歩きして上手く仕上がった作品となりました、的なブナンな御挨拶。 ラストにはオマケでひとはちゃんと強い子のミロせんせ御両人が紹介するアニメアフレコレポートあり、と大マン足の最終巻。 でもさすがに今回はカバー二枚重ねでなかったのはちょっと残念。 オカダマさん、是非次は本格的なエロ…いや、ギャグ物にトライして頂きたい。 単行本発売に先駆けアニメが最終回を迎えましたが、内容自体はほぼ同じでした。 巻末に岡田. 絵本両氏のあとがきとアニメのアフレコレポート漫画が載ってます。 この作品が辿ってきた筋道を考えると、少し落とし所が無難過ぎる気がしないでもないですが、5人のヒロイン達を満遍なく動かし、収まり良く結末まで描き切る手腕は、流石は脚本家・岡田麿里と言うべきでしょうか。 今作のアニメと同時期に同氏脚本の"あの花"が放送されており共に視聴しましたが、1話毎の濃密さは圧倒的に荒乙に軍配でした。 こればかりは主観的な感想ですが。 最近の漫画のなかでは特にユニーク且つ楽しめた作品でした。 岡田麿里先生・絵本奈央先生の次回作にも期待しています。 あと、少年漫画誌にも拘らず、荒乙のような挑戦的な企画・作品を載せる事が出来るマガジン 月刊・別冊共に は良い雑誌だなと改めて感じました。 アニメが面白かったので、漫画も全巻買ってしまいました!とってもエネルギーに溢れた作品で、最後まで楽しませて頂きました! 学園祭後からエンディングに向かうストーリーは賛否あるようですが、自分は全く気にならなかったです、清々しい気持ちのままエンディングを迎えられたので良かったです! 以下、ちょっとネタバレ注意です! 泉君は和紗という絶対的な恋人が居たから菅原氏と付き合わなかったけど、もし菅原氏しか居なかったらどうなっていたのだろう? きっと性的な欲求のまま、菅原氏と存分にえすいばつして、あんなお盛んなお二人ですから、燃えに燃え上がり、その果てで多分その感情を愛だと思ったのでしょう。 しかし、泉君がまた他に性的な魅力を感じる女性と出会ってしまったら、、菅原氏よりも新しい女性に目がいってしまうかもしれない、、 でも、もしかしたらえすいばつによって、菅原氏への愛情が育ち、和紗にも言っていた、姉のような妹のような家族のような愛情が芽生えたのかも。 理性に従って正しい判断をすべきか、本能に従って感情的な判断をすべきなのか、そんな事を考えさせられる作品でした! 「色」というのが重要なキーになる最後の話なので。 そういう意味ではアニメのほうが音もありよかったですね。 まあ漫画は漫画で静止画の綺麗さはありますが。 ついに「恋愛」や「性」に困惑していた文芸部とプラスアルファについての決着がつく巻。 正直書くと、いかにもな青春路線で、適当な理屈つけて終わるんだろうなと思っていたので、この巻の終わりかたは意外でしたし、心動かされました。 人によっては、「このやり方でなんの理解や解決になっているの? 」とか「説明になってなくない?」とかと感じるでしょうが、 私はこの終わりかたは上手いと思いました。 なぜならもっともらしい「言葉」を並べられても、心に響かなかったでしょうから。 この物語の子達も文学部ということで、普通より言葉や知識は豊富でしょう。 でもその「知識」「言葉」だけでは納得できない「衝動」「感覚」「感情」があり、それをつかめないからこその行動だったでしょう。 もっともらしい言葉をならべるだけの「口だけ大臣」から脱却しての「真実」を求める物語。 それは一種の「サトリ」であり、他者の言葉や知識の受け売りではなく、感覚でつかまないといけなかったはず。 だからこそ言葉ではなく、読者一人一人が「感じる」ように投げかけるしめかたったのかもしれません。 そういう感覚を感じとるのに、漫画という媒体は悪くないものでしょう。 カラーで欲しかったと先に書きましたが、答えが人それぞれだからこそ、「色」は自分でみつけないといけないかも知れず、白黒というのは、それはそれで読者に投げかけるにはふさわしいかもしれません。 あのクライマックスの場面はハッとさせられました。 あっという間に荒ぶり駆け抜けた物語を楽しませてもらいました。 ラストのエピソード場面は気持ちよかったです。 S先輩は学校辞めたZさんと仲良くなっているようで、そのあたりの会話とか見てみたいですね。 外伝のようなラノベ出て欲しいです。 Webで知って、テレビアニメも見たので原作も読みました。 悩める思春期女子のタブーにまっすぐぶつかった群像劇は昔の自分と重ねて読めるところもあって、 早く先が気になる!とのめり込めました。 特に教師にちょっかいをかける(?)ひとはちゃんが印象に残りました。 私も昔は同級生より先生に憧れていたので。 自分とは違い「大人」という魔法のフォーカスが掛かるってやつですかね(笑)今思えばなんじゃそりゃって思います。 (笑) 曾根崎先輩とはまた違った暴走や踏ん切りの涙がグッと来るものがありました。 この物語のいいところって、皆頭が良くて人間味がありすぎるところですよね。 掃き溜めの鶴こと新菜ちゃんがいきなり攻める修羅場(?)とそれに対する泉のセリフはかなりキツかったですが、結構な衝動派なのに計算高いところもあって何考えてるかよく分からないけれど、その心の奥底は本当に少女でとても不器用なんだなって感じるたび、彼女を嫌いになりきれませんでした。 掴みきれない人もいるということを切実に現した子だなと思いました。 皆これから大人になるために踏み出した一歩、という形で終わります。 続きを読みたい気持ちもありますが、思春期ものでは綺麗な終わり方だったなと思います。 星を一つ減らした理由は、書き下ろしの後日談がアニメと一緒だったところ。 いやあ、単行本だからセリフありの別内容かと期待していたので、すごく残念でした。 絵本先生の優しくて可愛い絵でもう少し踏み込んだ後日談を見たかったなあ。

次の

アニメ化『荒ぶる季節の乙女どもよ。』全巻ネタバレ!JKが真剣に性談義?

荒 ぶる 季節 の 女 ども よ 菅原

この漫画は別冊少年マガジンにて連載されている恋や性に翻弄される女子高生達の群像劇を描いた漫画。 原作を岡田麿里先生、作画は絵本奈央先生が担当しています。 漫画を彩るメインキャストは文芸部に所属する5人の女子高生。 主人公の和紗、天然おっとりキャラのもーちん、お固い眼鏡女子の曽根崎先輩、官能小説家を目指す本郷先輩、掃き溜めに鶴と称される美少女の菅原。 この5人。 執筆時点では3巻まで配信中。 それぞれが一歩を踏み出す形になっており巻を増すごとに目が離せない展開に。 ネタバレ この漫画は文芸部に所属する5人の女子高生の群像劇。 各々に悩みを持っており、学校生活の日常の中の恋や性に対する壁にぶち当たっていく内容。 ネタバレと言うよりどういった部分が面白いのかをご紹介していきたいと思います。 とにかく性に対して奥手な文芸部の面々 彼女達は男性とお付き合いしたこともなければ男性と大人の関係になったこともない。 そして思春期真っ盛りなのでことある事に脳内では性的思考と結びついてしまいます。 そんな性に翻弄されるキッカケを作ったのが文芸部の掃き溜めに鶴と称される美少女である菅原新菜。 度肝を抜かれる面々。 その日を境にやたらと「性」について意識するようになっていくのです。 意識し始めたらもう止まらない(笑) 日常的な風景もソレに結びついてしまい頭の中は「性」のことだらけ。 異性に対しても意識し始めるようになり、彼女達の中で徐々に恋や性に対する価値観が生まれていきます。 ここのやり取りは最高に笑えます。 特に曽根崎先輩。 それこそが「えすいばつ」です! このやり取りは荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1巻に収録されているので是非、チェックして欲しいです。 性に対して不器用なので勘違いをしたり、失敗もあります。 ただシリアスではなくコメディ的に表現しているので笑わしてくれます。 あと個人的に凄く表情の描き方が上手だと思っています。 表情だけで喜怒哀楽が上手に表現されており、彼女たちが言葉とは裏腹な本当の気持ちを表現できているのではないでしょうか。 もう一つ、この漫画は彼女たちの発する言葉が強い!読んでもらうとわかりますが、胸にグッとくる言葉、妙に脳内に残る言葉がたくさん溢れています。 」は無料で読めるの?.

次の