ことわざ検定。 ことわざ検定6級、準6級の難易度や勉強法は?

2/2 漢検2級 審査基準にないのに試験に出る故事・ことわざ [漢字検定] All About

ことわざ検定

漢検2級に出る「故事・ことわざ」 漢検2級で、読み問題、書き問題として過去に出題された「故事・ことわざ」を以下に紹介します。 解答は記事の最後にまとめました。 1.読み問題 次の(1)から(6)までの「」内の漢字の読み方をカタカナで答えなさい。 (1)「虎穴」に入らずんば虎子を得ず (2)「蛍雪」の功を積む (3)心の「琴線」に触れる (4)悪貨は良貨を「駆逐」する (5)人間万事塞「翁」が馬 (6)角を「矯」めて牛を殺す 2.書き問題 次の(1)から(10)までの「」内のカタカナを漢字で答えなさい。 (1)能ある鷹は爪を「カク」す (2)「カッ」しても盗泉の水は飲まず (3)「サイゲツ」人を待たず (4)三つ子の「タマシイ」百まで (5)「カセ」ぐに追いつく貧乏なし (6)覆水「ボン」に帰らず (7)「コウイン」矢のごとし (8)「リョウユウ」並び立たず (9)過ぎたるはなお「オヨ」ばざるがごとし (10)「ギ」を見てせざるは勇無きなり 聞き覚えのある故事・ことわざであれば、答えも導き出しやすいですが、全く知らないものだとすると、勘を頼りに解答するしかないでしょう。 かといって、膨大な数の故事・ことわざを片っ端から覚えるのも労力がかかり過ぎて、効率がよくありません。 故事・ことわざ問題の対策としては、やはり過去問題や市販の問題集に載っているものを拾い集めて、まとめて覚えることをオススメします。 ことわざや四字熟語は一朝一夕で覚えられるものではないですから、日頃の生活の中で、新聞やテレビの中で使われる故事ことわざに意識を向けて、少しずつ覚えていくのもよいでしょう。 以下、問題の解答です。 ・読み問題 (1)コケツ (2)ケイセツ (3)キンセン (4)クチク (5)オウ (6)タ ・書き問題 (1)隠 (2)渇 (3)歳月 (4)魂 (5)稼 (6)盆 (7)光陰 (8)両雄 (9)及 (10)義.

次の

諺能力検定試験

ことわざ検定

平成23年8月7日に開催が予定されている「ことわざ検定」 =こと検。 その「上巻」となる本書は、初級~中級向けのやさしい解説書です。 第1章「ことわざの成り立ち」、第2章「ことわざ辞典」、第3章「練習問題」から成り、多種多様なことざわを学ぶことができます。 ・ことわざそのものをいい表したもの ・動物が出てくることわざ ・ことわざのおもしろさは表現にある ・人の役に立つことわざ ・ことわざの起源 ・ことわざの数 ・ことわざの多様性 ・ことわざはどういう風によばれてきたか ・ことわざと格言 ・ことわざと慣用句 ・同じ意味のことわざ、反対の意味のことわざ ・ことわざは教訓のことば? ・ことわざ検定 練習問題 ・「こと検」とは、古今東西の「ことわざ」「慣用句」 ・「四字熟語」の知識と技能を客観的に量る検定試験です。 ・練習問題 解答 あとがきに代えて 弊社/新刊『ことわざ検定 公式ガイドブック 上巻 4~6級 』におきまして、以下の誤りがありました。 ここにお詫びし、訂正させていただきます。 誤 最後に大切なところを加えて物事を完成させること。 正 最後に大切なところを加えて物事を完成させること。 竜を絵に描いて最後に最も大事な瞳を入れることから。 誤 金を借りる時はニコニコし、返す時はしぶい表情になるということ。 竜を絵に描いて最後に最も大事な瞳を入れることから。 正 金を借りる時はニコニコし、返す時はしぶい表情になるということ。 書籍編集部.

次の

語彙力を高めたい方やことわざが好きな方におすすめ!ことわざ検定について知ろう

ことわざ検定

ことわざ検定とは? ことわざ検定は財団法人ことわざ能力検定協会が主催で行われる民間資格です。 こと検とも呼ばれています。 正級と準級で各1級から10級に分かれています。 準級は事前学習を必要としないクイズ形式で出題され、知識を身につけることを目的とする検定となります。 受験資格はなく、年齢や学歴関係なくどの級からでも受験が可能です。 ことわざ検定の検定級と試験概要 ことわざ検定には正級と準級で各1級から10級に分かれています。 幅広い検定級が用意されているので小学生から大人まで受けれる検定となっています。 各級の難易度レベルと試験概要を下記表にまとめました。 検定級 難易度レベル 試験時間 合格正解率 1級 準1級 大学・一般程度 50分 80%程度 2級 準2級 大学・一般程度 高校卒業・大学・一般程度 50分 70%程度 3級 準3級 高校在学程度 50分 70%程度 4級 準4級 中学卒業程度 50分 70%程度 5級 準5級 中学在学程度 50分 70%程度 6級 準6級 小学校6年生 修了程度 40分 70%程度 7級 準7級 小学校5年生 修了程度 40分 70%程度 8級 準8級 小学校4年生 修了程度 40分 70%程度 9級 準9級 小学校3年生 修了程度 40分 80%程度 10級 準10級 小学校1・2年生 修了程度 40分 80%程度 参考: 試験は全級、記述式となっています。 言葉を使う検定としての強いこだわりから、マークシート方式を採用せずに記述式を採用しています。 ことわざ検定の創作ことわざとは? ことわざ検定では「創作ことわざ」を全ての級で出題されています。 検定開催回ごとに出されるテーマで、自分だけのオリジナル「創作ことわざ」を回答します。 テーマは事前に公式サイトや受験票で確認できるので、試験日までに「創作ことわざ」を作って、試験に臨みましょう。 ことわざ検定の勉強法 のサイトでことわざ検定の教材や関連商品の紹介・販売がされています。 ことわざ検定はスクールや通信教育などはなく、公式ドリルや過去問題集などで独学で勉強をするしかありません。 公式サイトのレベルチェックのための練習問題で自分のレベルを確かめて、レベルにあった公式ドリルや、過去問題集で学習しましょう。 2020年3月29日(日)に開催予定の第23回ことわざ検定の概要 3月29日に開催予定の第23回ことわざ検定の試験概要を下記表にまとめました。 試験日 2020年3月29日(日) 申込み日 2019年12月15日~2020年2月15日 試験会場 東京都:読売医療理工専門学校 大阪府:ユーズツウ会議室 準級試験開始時間 10:00 正級試験開始時間 12:00 参考: ことわざ検定を取得するメリット ことわざを学習することで語彙力や読解力が上がり、コミュニケーション能力も発達します。 営業職の方や接客業の方は高いコミュニケーション能力が必要となります。 学生の方はことわざ検定を入試評価の対象とする公立大学や私立大学もあり、入試のアドバンテージとなります。 ことわざ検定の取得の主なメリットを下記にまとめました。 語彙力・読解力が上がる• 入試評価対象とする大学もある• コミュニケーション能力が上がる などです。 ことわざ検定に挑戦しよう ことわざは昔の人の経験からできているものが多く、ためになることわざを座右の銘にしている方も多くいます。 ことわざ検定は小学生から社会人まで幅広く受験が可能な検定試験です。 親子で受験勉強をすれば、親子のコミュニケーションも増え、ことわざにも強くなり一石二鳥です。 ことわざが好きな方や語彙力を高めたい方はぜひことわざ検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の