日曜日よりの使者 歌詞。 PUFFY 日曜日よりの使者 歌詞&動画視聴

PUFFY 日曜日よりの使者 歌詞&動画視聴

日曜日よりの使者 歌詞

あいつはもう…、いつも適当な嘘をついて、その場を切り抜けてるよな… っていう場合、基本的には批判の目を向けているはずです。 ところが、この曲では、プラスの意味で使っています。 「適当な嘘をついて その場を切り抜け」れば、「誰一人傷つけない」ことができるんですって。 僕は、初めて聞いた時にすごく関心しました。 その通りだと思います。 本気の言葉って、大なり小なり誰かを傷つけるんですよね。 本気の言葉は、誰かを傷つける 僕は、掛け値なしに本気の議論が好きです。 命を削ってするような議論が好きです。 親しい友人と話す時、人生について語ることが多いです。 そしてそんな時、相手を傷つけることもあるし、僕が傷つくこともあります。 本気度が高ければ高い程、言葉は誰かに刺さってしまうのです。 この記事は僕の「本気の言葉」が詰まってました。 「安定志向を胸に抱いて、やりたいことやれないのって損だよ」という記事でした。 でも、この記事は結果として人を傷つけました。 まあ入ってみて止められたら出ようぜ こういう軽口って、誰も傷つかなくていいですよね。 少しも疲れないし、厳しい毎日の中の癒やしになってくれる。 たまに「適当な嘘」に浸かるのも良いんだぜ 「日曜日よりの使者」は、曲が生まれたエピソードも有名です。 ハイロウズのボーカル、甲本ヒロトが自殺を考えていた時に、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」がテレビから流れてきて、大笑いして自殺を思いとどまった。 その時に書いたのが、日曜日よりの使者である。 というものです。 真偽は明らかではありませんが、いずれにせよ日曜日よりの使者のメッセージははっきりしています。 「本気の言葉」に疲れたら、たまに「適当な嘘」で癒やされてもいいんだよ そんなメッセージが込められています。 自殺を考えていたヒロトが、ガキの使いやあらへんで(適当な嘘)に救われたように、時には適当な嘘の中で癒やされても良いはずです。 人生について考えすぎて、本気の言葉に疲れた時、あなたも適当な嘘を楽しみましょう。 それが、心のために良いことです。 僕は本気の言葉が好きですけど、疲れた時は適当な嘘に癒やされています。 「適当な嘘」っぽい記事 ちなみに、今回の内容を書くにあたって、僕のブログで一番適当な嘘っぽい記事は何かな?と探してみました。 これでした。 びっくりするほど、 なんの毒にも薬にもならない内容ですが、きっとこういうのが適当な嘘なのでしょう。 意識高いブログを巡回してる人とか、疲れてる人は是非ご覧ください。

次の

ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者 歌詞

日曜日よりの使者 歌詞

THE HIGH-LOWSはTHE BLUE HEARTS解散後に、ボーカルの甲本ヒロトとギターの真島昌利を中心に結成されたバンドです。 1995年にTHE BLUE HEARTSが解散し、ギターのマーシーこと真島昌利は新バンドを始めようと、メンバーを探していました。 THE BLUE HEARTS時代から親交のあったドラマーの大島賢治、ベーシストの調先人、そしてキーボードプレイヤーの白井幹夫に声をかけます。 あとはボーカルですが中々見つからず、THE BLUE HEARTS を辞めて暇そうにしていた 真島談 甲本ヒロトを誘って、メンバーが揃います。 これがTHE HIGH-LOWS結成の経緯です。 そんなTHE HIGH-LOWSの楽曲として、多くに人がすぐに思い浮かぶのが、今回のテーマ『日曜日よりの使者』ではないでしょうか? この楽曲は結成した1995年にリリースされたファーストアルバム『THE HIGH-LOWS』に収録されているナンバーで、その後シングル『スーパーソニックジェットボーイ』のカップリング曲として、さらに2004年に22枚目のシングルとしてもリリースされています。 このように3回も世にリリースされている程、『日曜日よりの使者』はキャッチーで、人々の心を掴んで離さない名曲であるといえます。 ホンダのキャンペーンCMソングや、テレビドラマ『彼女が死んじゃった〜』の挿入歌などたくさんのタイアップがつき、多くの人の耳に触れていました。 その中でも『ダウンダウンのごっつええ感じ』で使用されていた印象が強い人が多いのではないでしょうか。 実は、この楽曲はダウンタウン、特に松本人志と関わりが深い、と言われています。 松っちゃんこと松本人志とハイロウズ?と思われる方もいるかも知れませんね。 その辺りについて、次の項目で、歌詞を検証しながら見ていきましょう。

次の

「日曜日よりの使者」から学ぶ、人を傷つけないということ

日曜日よりの使者 歌詞

あいつはもう…、いつも適当な嘘をついて、その場を切り抜けてるよな… っていう場合、基本的には批判の目を向けているはずです。 ところが、この曲では、プラスの意味で使っています。 「適当な嘘をついて その場を切り抜け」れば、「誰一人傷つけない」ことができるんですって。 僕は、初めて聞いた時にすごく関心しました。 その通りだと思います。 本気の言葉って、大なり小なり誰かを傷つけるんですよね。 本気の言葉は、誰かを傷つける 僕は、掛け値なしに本気の議論が好きです。 命を削ってするような議論が好きです。 親しい友人と話す時、人生について語ることが多いです。 そしてそんな時、相手を傷つけることもあるし、僕が傷つくこともあります。 本気度が高ければ高い程、言葉は誰かに刺さってしまうのです。 この記事は僕の「本気の言葉」が詰まってました。 「安定志向を胸に抱いて、やりたいことやれないのって損だよ」という記事でした。 でも、この記事は結果として人を傷つけました。 まあ入ってみて止められたら出ようぜ こういう軽口って、誰も傷つかなくていいですよね。 少しも疲れないし、厳しい毎日の中の癒やしになってくれる。 たまに「適当な嘘」に浸かるのも良いんだぜ 「日曜日よりの使者」は、曲が生まれたエピソードも有名です。 ハイロウズのボーカル、甲本ヒロトが自殺を考えていた時に、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」がテレビから流れてきて、大笑いして自殺を思いとどまった。 その時に書いたのが、日曜日よりの使者である。 というものです。 真偽は明らかではありませんが、いずれにせよ日曜日よりの使者のメッセージははっきりしています。 「本気の言葉」に疲れたら、たまに「適当な嘘」で癒やされてもいいんだよ そんなメッセージが込められています。 自殺を考えていたヒロトが、ガキの使いやあらへんで(適当な嘘)に救われたように、時には適当な嘘の中で癒やされても良いはずです。 人生について考えすぎて、本気の言葉に疲れた時、あなたも適当な嘘を楽しみましょう。 それが、心のために良いことです。 僕は本気の言葉が好きですけど、疲れた時は適当な嘘に癒やされています。 「適当な嘘」っぽい記事 ちなみに、今回の内容を書くにあたって、僕のブログで一番適当な嘘っぽい記事は何かな?と探してみました。 これでした。 びっくりするほど、 なんの毒にも薬にもならない内容ですが、きっとこういうのが適当な嘘なのでしょう。 意識高いブログを巡回してる人とか、疲れてる人は是非ご覧ください。

次の