再婚 婿。 韓国ドラマ

山路徹の騒動まとめ!再婚相手や結婚歴は?婿養子の噂とは?

再婚 婿

死別後の再婚禁止期間について パートナーが亡くなった後の再婚ですが、女性は民法によって再婚までの期間が規定されています。 一方、男性には再婚までに期間を空けなければならないという規定はありません。 極端に言ってしまえば、男性は別れを経験してすぐに再婚をすることも可能です。 なぜ女性だけ規定があるのか、その理由を以下の項目で解説していきます。 女性には100日間の再婚禁止期間がある 民法で規定されている再婚までに必要とされる期間は100日、約3ヶ月です。 これは平成28年6月1日に行われた民法改正で規定されたもので、改正前は6ヶ月とかなり長期間の空白が必要とされていました。 なぜ女性だけ再婚までに時間が必要なのでしょうか。 それは女性が男性と違って妊娠する可能性があるからです。 前のパートナーが亡くなった後、すぐに再婚をした女性が妊娠したと仮定しましょう。 生まれた子どもの父親は亡くなった前のパートナーなのか、再婚した新しいパートナーなのか判断いにくいため、再婚禁止期間が規定されているのです。 再婚までに期間が必要ないとみなされる例外的なパターンは2つ。 1つは前のパートナーが亡くなった際に妊娠していなかった時。 もう1つは子どもを産んだ時。 どちらも前のパートナーの子どもを産むという可能性は低く、再婚までの期間を設定する必要がありません。 バツイチ 再婚禁止期間 再婚に踏み切るタイミングはいつ? 法律上、男性は以前のパートナーが亡くなってすぐに再婚できます。 女性は、前のパートナーが亡くなってから100日間(再婚禁止期間)が経過したら再婚できます。 期間が規定されているのは分かりましたが、実際に死別を経験してから再婚に踏み切るまでにどのくらいの期間が必要になるのでしょうか。 調べてみると、 前のパートナーと死別してから約2年で再婚を考え始める人が多いようです。 民法上の規定によるとそれ以前の再婚もできますが、あまり早すぎると世間でタブーとされる風潮があるので、驚かれてしまい良くない印象を与えてしまうことがあります。 そのため、満2年の三回忌や満6年の七回忌を1つの節目とし、再婚に踏み切る人も多いようです。 再婚の前段階として、恋愛期間があります。 再婚と違い、恋愛には法律上の規則はないため、前のパートナーが亡くなってから恋愛をするまでに期間を空ける必要はなく、個人の自由です。 そのタイミングは数ヶ月~数十年と個人差がありますが、1年を目安に恋愛に踏み切る人も多いようです。 死別再婚した際の戸籍について 戸籍は、筆頭者の状況によって対応が変わります。 一般的には夫が筆頭者となるケースが多いので、これに基づいて解説します。 妻(筆頭者以外)が亡くなった場合 筆頭者が男性で妻と死別した場合、亡くなった妻やその間にできた子どもは戸籍に残ったまま。 新しい妻もそこに書き加えられることになります。 記載が残っている状態を避けたいと考えている人は転籍による戸籍の作り直しが必要になるのがポイントです。 夫(筆頭者)が亡くなった場合 筆頭者の男性が亡くなった場合、妻は戸籍に残ったままで、亡くなった夫のみが戸籍から除籍。 このままだと筆頭者の欄が空白となってしまいます。 筆頭者を新しい夫が務めるとともに、新たな戸籍が編成されます。 転籍などの手続きが不必要なのがポイントです。 死別した元パートナーの仏壇や位牌の管理 死別して再婚した場合、普通の再婚と違うのは元パートナーの仏壇や位牌が残っていることです。 前のパートナーの仏壇や位牌の管理はどうすれば良いのでしょうか。 仏壇や位牌の管理は誰かに任せる場合と自分で管理する場合の2つの方法があります。 子供や元配偶者の家族に任せる場合 死別した配偶者との間に子どもがいる場合、仏壇や位牌の管理は子どもに任せるのが良いでしょう。 子どもが幼い場合は成長するまで自分で管理し、将来的に引き継いでもらうための準備をしておくのがおすすめです。 子どもがいない場合、死別した配偶者の親に任せるのも1つ。 親が亡くなった場合は親族がその後を引き継ぐことが多く、1度任せてしまえば再び自分で管理しなければならない状況になる可能性は低くなります。 自分で管理する場合 管理を任せることのできる人がいない場合や、自分で管理をしたいと考えている場合は、再婚相手と話し合い理解を得るようにしましょう。 あなたにとって大切な前のパートナーも再婚相手から見れば赤の他人。 悲しい話ですが、これは事実です。 相談のないまま管理を続けていると再婚相手との関係が悪くなってしまうことがあります。 十分に話し合い、お互いが納得できる方法や基準を設けるようにしましょう。 また、話し合いによって理解を得られたとしてもお墓参りなどの無理強いは禁物。 前のパートナーを大切にするのは悪いことではありませんが、再婚相手を尊重することも忘れないでくださいね。 再婚すると遺族年金がもらえなくなる 配偶者が亡くなった後に再婚を考える時に関係してくるのが遺族年金。 年金加入者が亡くなった時に残った家族に支払われる年金で、対象となる家族が受け取るもの。 遺族年金は亡くなった月の翌月から支給が始まり、偶数月 2・4・6・8・10・12 の15日が支給日で、非課税であるため税金の対象になりません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類の遺族年金があり、それぞれ仕組みや対象など特徴が異なります。 遺族年金を受給するには、住んでいる管轄の年金事務所での手続きが必要です。 再婚(内縁や事実婚も含む)すると受け取れなくなるので注意してください。 遺族基礎年金 受け取りの対象者は配偶者または子ども。 この場合の配偶者には、内縁関係にあった配偶者も対象に含まれます。 1番下の子どもが18歳になった年の3月31日までが支給期間です。 子どもが障害等級1級または2級の場合は該当の年齢が20歳まで引き上げとなります。 子どもがいない人や一定以上の年収がある人は支給を受けることができません。 一定以上の年収があると支給の必要がないと見なされるので、受け取ることができなくなります。 子どもがいない人に対しては、寡婦年金と死亡一時金という2つの救済措置を導入。 寡婦年金が支給されるのは60歳から65歳までの5年間。 死亡一時金は年齢に制限がなく、すぐに支給されますが支給額が少ないというのが注意点です。 遺族厚生年金 受け取りの対象者は、配偶者・子ども・父母・孫・祖父母です。 死亡者に支給される予定だった額の4分の3が支給額として支払われます。 支給期間は対象者によって異なり、30歳以上の妻または子どもがいる時は無制限です。 一方、30歳以下の妻または子どもがいない場合は無制限から5年に制限。 子どもや孫へは18歳になった年の3月31日まで支給されます。 夫・父母・祖父母は60歳から受け取ることができ、期間は無制限です。 まとめ 死別から再婚に踏み切るタイミングには個人差がありますが、再婚に関係する規定は理解しておきたいところ。 遺族年金は年齢や子どもの有無など立場によって支給額が変わるめ、再婚を考える際に重要なポイントとなる要素の1つです。 死別したパートナーと新しいパートナーの両方を尊重しつつ、自分にとってより良い選択をするようにしましょう。

次の

養子縁組届の書き方【記入例付き】婿養子や未成年者、婚姻届との同時提出の方法を解説

再婚 婿

例えばある夫婦が結婚して、夫の苗字(名字)を名乗っている場合について考えてみると、 その後、夫が妻の両親の養子となる場合には、原則的には名字を「 変えない」という選択肢はありません。 (つまり、夫は妻の親の苗字、つまり妻の旧姓に変える必要があり、夫婦同姓を原則とする日本では、この際妻の苗字も旧姓に戻ります) というのも、これについては民法810条にその記載があり、 具体的には 養子は、養親の氏を称する。 ただし、婚姻によって氏を改めた者については、婚姻の際に定めた氏を称すべき間は、この限りでない。 引用元:民法810条 と記載されています。 ただ「ただし、婚姻によって氏を改めた者については、婚姻の際に定めた氏を称すべき間は、この限りでない。 」というところが気になるところだと思いますが、 これはつまり、結婚によって一度苗字が変わっている方であれば、例え誰かの養子になっても、その養親の苗字を名乗る必要はないということを意味しています。 例えば、渡辺幸子さんと鈴木太郎さんが結婚し、夫の鈴木さんの苗字を名乗ることになったとすると、 夫の苗字を選択した場合 結婚前 結婚後 婚約者の女性 渡辺幸子 妻 鈴木幸子 婚約者の男性 鈴木太郎 夫 鈴木太郎 先ほど申し上げましたように、その後夫が妻の親の養子になる場合には、やはり渡辺太郎になる必要があり、 その他、夫が第三者の「佐藤」という方の養子になる場合にも、やはり佐藤太郎になる必要があるのですが、 妻である鈴木幸子さんが佐藤さんの養子になる場合には、妻は結婚によって一度名字が変わっているため、鈴木のままでOKということです。 このように、第三者まで絡んでくるようなケースでは、苗字を変える必要がないケースもあるのですが、基本的に夫が妻の養子になる場合には、苗字を変えないというような方法は普通はありません。 それでも、世帯は1つにすることが可能です。 世帯(住民票)と戸籍の情報は別なので、混同しないようにご注意ください。 例えば「サザエさん」の例ではまさにそうなっていますが、サザエさんの旦那であるマスオさんは婿として妻の実家(磯野家)で暮らしていますが、苗字は磯野ではなくフグ田です。 そのため、フグ田マスオさんと磯野波平さんは 養子縁組をしていないことが分かります。 磯野家 フグ田家 夫 磯野波平(54) 夫 フグ田マスオ(28) 妻 磯野フネ(52) 妻 フグ田サザエ(24) 子 磯野カツオ(11) 子 フグ田タラオ(3) 子 磯野ワカメ(9) ただ、結婚と同時に婿として妻の方の実家に入るのであれば、その際に苗字を変更すれば良いのですが、 婚姻関係を結ぶ際に夫の苗字を選択し、その後夫婦で生活していたところで妻の実家に入ることになった場合には、 養子縁組をする以外には、妻の苗字に変わる方法はありません。 ただ、一度離婚して妻が旧姓に戻り、再婚の際に妻の苗字を選ぶという方法はあります。 通常女性が再婚される場合には100日間の待婚期間が必要となりますが(離婚時に妊娠していない場合、離婚後に出産した場合は必要なし)、同じ方と再婚される場合にはこの待婚期間は必要ありませんので、すぐに再婚の手続きを進めることが出来ます。 この待婚期間は、もしもすぐに再婚された場合に、誰が本当の父親かわからなくなるのを防ぐために適用される法律であり、親が同一であれば適用されません。 参考:民法733条「再婚禁止期間」より なお、同じ人同士で再婚して苗字を変更される場合には、離婚によって妻は新しい戸籍を作ることになり、そして再婚の際夫が妻の戸籍に入籍することによって、妻の旧姓になることが可能となります。 ただし、婚姻関係を結んでいる間は、夫の苗字と妻の苗字のの変更を行うことはできませんのでご注意ください。 スポンサードリンク 養子になるとはどういうことか? 養子になるとは具体的にどういうことかというと、 これは法律的に親子関係になることを言い、養子となった子供は、養親の本当の子供とまったく同じ扱いの子供となります。 そのため、例えば養親には実の子供が2人いて、そこに養子として入った場合には、 他の2人と全く同じ権利を持つため、養親の遺産も3人で均等に相続する権利があります。 また、そういった相続の都合上、何とか子供以外の第三者に遺産を譲りたいがために養子縁組をしたいと考えている方ももしかするといるかもしれませんが、そういった場合はわざわざ養子縁組をせずとも、遺言書を書いておくことで、遺産を第三者に譲り渡すことが可能です。 ちなみに養子になるということは、その養子になった人物にとって養親は実の親ということになりますので、そこで扶養の義務が生まれることになります。 また、もともとの自分の親についてもやはり親子関係は続くので、養子になった人物はその双方に対する扶養義務が生じます。 このように、養子になるということは様々な事柄が絡んでくることなので、単純に苗字を無くさないでほしいということだけでしたら、わざわざ養子になる必要はありません。 その目的のために養子縁組が本当に必要かどうか、まずは相手方を含めよく話し合って決めましょう。 まとめ 今回の記事では、養子縁組をした際の 苗字( 名字)の変更に関する決まりについてまとめました。 基本的に、もしも妻の親と養子縁組をした場合、夫は苗字を変えないという選択はできません。 また、単純に苗字を次の代まで残してほしいというだけなら、ご結婚される際に妻の方の苗字を選択されれば良いだけなので、是非これからご結婚される方などは参考になさってください。 記事中でお話ししましたように、離婚と再婚によって苗字を妻のものに変えることも可能です。 なお、実際に養子縁組をされる方は、その際のメリット、デメリットについて、不明な点があれば税理士や弁護士の方に相談されることをお勧めいたします。 それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

再婚でお婿さんに来てもらうのですが・・〈戸籍について)

再婚 婿

今月30日で東日本大震災から2千日、そして来月11日には5年半を迎える。 身内を亡くした遺族、暮らしを台無しにされた被災者は心の痛みを癒やし、再起を図る長い道のりを歩み続けている。 いつもと様子が違う。 何か言いたそうな顔をしている。 「どうかしたん?」 「いえ、別に」 ぎこちない笑みを浮かべ、言葉を濁す。 山形県酒田市の菊池真智子さん(53)は娘婿(32)を実家に招いていた。 平成26年のお正月のことだ。 娘の歩さんは23年3月11日、嫁ぎ先の宮城県女川町で東日本大震災に遭い、孫の凛ちゃんとともに命を落とした。 結婚して1年半。 歩さんは26歳、凛ちゃんは生後6カ月だった。 お婿さんの不自然な振る舞いを見て、第六感が働いた。 「誰か好きな人でもできたん?」 黙ってうなずく。 頭の中が白くなった。 「へー、どんな人?」 顔がこわばるのを悟られないよう、努めて明るく聞いた。 震災ボランティアで知り合った女性だという。

次の