テリーのワンダーランドレトロ 配合 物質系。 配合

配合レシピ【???系(魔王)】|テリーのワンダーランドレトロ攻略

テリーのワンダーランドレトロ 配合 物質系

・スライム系>> ・ドラゴン系>> ・獣系>> ・鳥系>> ・虫系>> ・植物系>> ・悪魔系>> ・ゾンビ系>> ・物質系>> ・序盤におすすめのモンスター>> ・一日でレベルカンスト>> ・弱モンスターでもクリアできる>> メインシナリオ攻略はこちら こちらではメインシナリオを攻略記事を紹介しています。 ・全扉の攻略はこちら>> ・テリワンに飽きたら>> 特技や道具など各種データはこちら ・ ・ ・ ・??? 系(魔王)モンスターの配合レシピ この章では??? 系モンスターの配合レシピを紹介しました。 他に覚える特技も解説。 とはいえ、ドラクエモンスターズは配合を繰り返せば弱いモンスターであっても強化することが可能なので一つの目安だと思って頂ければ幸いです。 系(魔王)??? 系モンスターの特徴は配合でしか作成できない、状態異常耐性が非常に高いといった特徴がある。 さらにレベルアップに必要な経験値が大量に必要で育てるのに一苦労する。 物語中に作成できてもレベルが上がらず足手まといになることも。 基本的に配合で作成するしかないのだが他系統の上位モンスターが必要なことが多く、それらのモンスターも配合でしか手に入れられないことが多い。 なので??? 系を手に入れるのに一苦労するはずだ。 しかし、パラメーターの伸びは最強クラス。 成長させれば他系統のモンスターを凌駕する能力値になるぞ。 モンスター図鑑を埋めるためにも、本記事を参考に頑張って作成しよう。 「野望の扉」のBossとして登場。 神官のような格好をしているが本当の正体は竜。 配合は??? 系中最も簡単でストーリー攻略中に作れなくもない。 見た目の通りMPの伸びが良く、成長させれば第一線で活躍できるぞ。 系の中でも下位クラスであるのか、耐性は多少弱いほう。 作成する際は「誘いの扉」と「裁きの扉」のBoss「まおうのつかい」を捕まえて素材にしたい。 特技は貧弱なので、ガチで使用するなら強力な特技を継承しているモンスターを配合して作ろう。 ちなみにパラメーターをカンストしたりゅうおうでドラゴラムを使うと、逆に弱体化するのをお忘れなく。 見た目が凶悪な竜へと変貌する。 野望の扉で出現するりゅうおうはドラゴラムでこちらの姿に変身する。 その際はドラゴラムなので配合で作成したりゅうおう(竜型)とは別使用。 ドラゴラムでの変身なので「いてつくはどう」をかけると元の姿に戻ってしまう姿はまさにネタ。 仲間として使用すると、元が強力なしんりゅうと配合して作るので人型のりゅうおうよりも強い。 しんりゅうから「ビッグバン」や「めいそう」などの強力な特技を引き継ぎたいところ。 配合を繰り返せばメインパーティーとして大活躍するぞ。 こいつもりゅうおうの様な神官の姿をしている。 見た目の通り攻撃呪文が得意。 MPや賢さの伸びが良くベギラゴンやイオナズンといった強力な呪文を扱う。 敵として登場した時は破壊の扉のBoss。 「バズウしょうかん」を使い自身の「イオナズン」とバズウの「ジゴスパーク」での波状攻撃でプレイヤーを苦しめる。 配合で作る際は親にメタルキングを使用するので、「ギガデイン」と「ジゴスパーク」をも扱えるようになる。 さらにワイトキングからは「バギクロス」を引き継ぐので、後は「メラゾーマ」と「マヒャド」を他のモンスターから引き継げば「マダンテ」すら覚えさせることができるぞ。 メタルキングを配合するのでHPが低くなる点には注意しておくこと。 破壊神シドー。 破壊神と言うだけありやたら強い。 ゲーム内ではハーゴンを倒した後にもう一度破壊の扉の最深部に行くと戦える。 配合では「ジャミラス」と「ローズバトラー」といった最強クラスのモンスターが必要となる。 特にローズバトラーは作成に??? 系を使用しなければいけないので非常に手間がかかるモンスター。 ジャミラス作成も「アクバー」と「にじくじゃく」が必要で本当に遠回りしてから作らなければならない。 親を用意するまで何度も配合を繰り返すことになるので、シドーを作った時にはかなりの強さになるぞ。 覚える技も「しゃくねつ」「かがやくいき」と強力なものが多く、アクバーからイオナズンを引き継げば「ビッグバン」を自力で思いつくことも可能。 さらにアクバーから「せいしんとういつ」ジャミラスから「ばくれつけん」を引き継げるので、普通のモンスターじゃ生きていられない脅威の8連攻撃も可能。 せいしんとういつを使い、1ターンで4回攻撃のばくれつけんを2発放つコンボ。 計8回攻撃となり、さらにバイキルトで威力を2倍にできるのでテリワン最強の攻撃方法。 自身は魔王だが大魔王ゾーマの配下。 ハーゴンの親であるメタルキングの特技と被っている物が多いのが難点。 とはいえ「やまたのおろち」からばくれつけんを引き継げるのはでかい。 MPの伸びが良いが他のパラメーターは普通といった感じ。 強いバラモスが欲しいならハーゴンとやまたのおろちのレベルを上げてから配合しよう。 テリワンでは支配の扉のBossとして戦うぞ。 序盤はMPが良く伸び、後半はその他の能力がぐんぐん成長していく。 配合に??? 系を使用するうえ、シドー自体がかなり強いのでこれらの能力を引き継いだ強力なゾーマが産まれるぞ。 特技も「ビッグバン」や「ひかりのはどう」といった強力なものを覚える他、親から引き継げる「ジゴスパーク」「ばくれつけん」「せいしんとういつ」「マダンテ」「めいそう」など隙が一切ない。 まじで強いのでおすすめ。 魔族の長ピサロが進化の秘法で変身した姿。 テリワンでは根絶やしの扉のBossとして登場。 配合に「デュラン」と「しんりゅう」を使うので非常に手間のかかるモンスターだ。 というのも、デュランを作成するのにあたってスライム系最強の「ゴールデンスライム」を使用するから。 ゴールデンスライムには物質系最強に「ゴールデンゴーレム」を必要とするのでマジめんどい。 作るのは面倒だが面倒に見合った強さを持っているのも事実。 覚える特技も最強クラスの物が多く、さらに親から「ビッグバン」や「めいそう」を引き継げるので攻撃面は問題なし。 耐性も強く状態異常は完全にシャットアウト。 さらに続編のドラゴンクエスト5の隠しBossとしても登場。 本編のラスボスであるミルドラースを凌ぐ強さでプレイヤーを苦しめた。 テリワンでは眠りの扉のBossとして登場。 デスピサロの強化版といった感じで、覚える特技は全て肉弾戦用。 耐性も強く、能力値はバランス良く成長していくぞ。 特技の「さみだれぎり」「れんぞくこうげき」は忘れさせないようにしたい。 攻撃力がカンストしたらギガスラッシュよりも使い勝手が良くなるからだ。 エスタークからミルドラース、デスタムーアへと派生していくためにも重要なモンスター。 5本編のラスボスなのだが、隠しBossエスタークの圧倒的な存在感によりこいつがエスタークが5のラスボスだと思ったプレイヤーは多いはず。 ミルドラースは見た目通りの魔導士系。 覚える特技も攻撃呪文がメインとなる。 親にごりごりの肉弾系エスタークと鉄壁のゴールデンスライムを使用。 見た目は魔導士なのに「ばくれつけん」で敵を粉砕する姿の方が良く見る気がする。 エスタークから引き継いだ「さみだれぎり」は、低コストなうえに攻撃力がカンストするとギガデインに匹敵する威力になるので必ず引き継ぐこと。 テリワンの本編では登場しないので配合で作りださないとお目にかかれない。 なのに何故デンタザウルスといった雑魚と配合するとできあがるのか不明。 雑魚と配合するからか特技もぱっとしないものが揃っている。 デンタザウルスから引き継げる特技は「すてみ」「とっこう」「がんせきおとし」と微妙すぎるので、ミルドラースから使えるものを引き継ぐこと。 とはいえミルドラースよりは強くなっているのはたしか。 こいつが??? 系に入れてデュランやジャミラスが入れないのが謎。 確かに強いのだが麻痺が効いてしまうのが落とし穴。 素直にデスタムーア第3形態の素材になってもらおう。 ガチで使うのならばバラモスからイオナズンを引き継ぐこと。 簡単に「しゃくねつ」「かがやくいき」「イオナズン」が揃うので「ビッグバン」を思いつくことができる。 「ベホマ」「ザオリク」を覚えたユニコーンを配合した「ダークホーン」を配合すれば回復もいける。 テリワンではじいさんの扉のBossとして登場。 扉のBossとしては最強の強さを誇る。 特にビッグバンが強力で「ベホマズン」がないとあっという間にやられてしまう。 配合がミルドラースとゾーマなので嫌でも超強力なデスタムーアが産まれる。 少し育てればあっという間に全ステータスがカンストするぞ。 覚える特技は最強クラスのものしかない点もポイント。 配合にはデスタムーアと虫系最強の「さそりアーマー」を使用。 耐性はミルドラースよりも強力になっている。 ドラクエ6では肉弾戦を挑んでくるのだが、本作の最強技が「ばくれつけん」である今回も肉弾戦がベスト。 エスタークから大事に引き継いだ「ばくれつけん」をメインに使ってやろう。 ドラクエ6のラストでは顔と手が独立しており、Boss3体を相手にしている状態なので非常に強かった。 ここまでくると全耐性に強く隙がない。 配合も繰り返しているのでレベル1から強力なステータスになっている。 「せいしんとういつ」を覚えるので覚えていない人はここで「ばくれつけん」とセットにしてやろう。 こいつと希少生物の「わたぼう」を配合するとテリワン最強モンスター「ダークドレアム」が産まれる。 「ダークドレアム」を手に入れ図鑑をコンプリートさせるか、今までお世話になった「わたぼう」とさよならを告げるか悩みどころ…。 ドラゴンクエスト6でデスタムーアをボコボコにする隠しイベントがあり当時から強かったが、今回も強い。 強さの理由は全モンスター1位を誇る耐性の強さ。 攻撃力などのパラメーターはスライムでも頑張ればカンストするが、耐性はそうもいかない。 こいつは最初から全耐性に強く配合次第では全体性に対して完全耐性にすることもできる。 全体性に対して完全耐性にするためには、素で完全耐性を持ったモンスターと配合することで可能となる。 わたぼうを失う覚悟があれば作ってみて欲しい。 【おぼえる特技】 ひのいき つめたいいき デイン 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) デスタムーア(第3形態) わたぼう.

次の

【テリワンSP】序盤のおすすめモンスター!優先して入手すべきは?【テリーのワンダーランドSP】

テリーのワンダーランドレトロ 配合 物質系

テリーのワンダーランドとは? 知らない人のためにも軽く説明すると 「主人公のテリーがさらわれた姉を探すためにモンスターマスターとなって旅をする」そんなゲーム。 ドラゴンクエストモンスターズという外伝扱いなシリーズのひとつ。 ゲームのイメージとしてはポケモンのようにモンスターを仲間にして育てて行き旅の扉のボスを倒しながら星降りの大会という大会に勝つことを目指すゲームです。 ポケモンと違うところは配合といってモンスター同士を結婚させて新しいモンスターにするシステムがあること。 「このモンスターとこのモンスターが合体したら何になるんだろ・・・」 このようなワクワクがあったのもあり当時の子供達には大人気でした。 テリーのワンダーランドはモンスターズシリーズの中でも 1番目の作品でありながら1番の名作だと言われています。 GB版はとてもシンプルで何年後でも楽しめる ゲームの進め方がわからなくなると 「めんどくさいし、もういいや」 こんなことになることはありませんか? ニンテンドースイッチにてGB版のテリーのワンダーランドが移植されましたが20年以上経った今でも楽しめました。 その理由はやっぱりシンプルで行き先を見失いにくいからなんだよね。 初代のポケモンに例えるとわかるけど 初代のポケモンは• カビゴンを起こさないと進めない• そのカビゴンを起こすためには笛が必要• 笛を取るにはシルフカンパニーをクリアしないといけない• イワヤマトンネルをクリアするにはフラッシュがいる 無くても行けるけど• かいりきがないと〜 などなど、わりと 「次何すればいいのかわからん・・・」 こんなことになるんですよ。 どんなゲームにも言えることですが 「進め方を知らない人は 詰む可能性」 こんなことがあるんですね あと進め方を知っていたとしても 「あのアイテム取ってくるのめんどくせぇ・・・」 こんなこともあると思う MGS2とかもカードキー取った来たりと同じ所の行ったり来たりでめんどくさいよね。 テリーのワンダーランドは基本的に• 格闘場で勝ち抜く• 旅の扉が解放されるので奥のボスを倒す• 勝てない時は配合や育成 基本的にはこの繰り返しなので行き先を見失いにくいのもあり、やる気を保ちやすいです。 ただし迷いの扉!!! オメーはダメだw お見合いの「テト」の出してくる「ひょうがまじん」の罠www テリーのワンダーランドには• ようがんまじん• ひょうがまじん というモンスターがいます。 この「ようがんまじん」と「 ひょうがまじん」は野生では出てこないレアなモンスターなんですけど ゲーム内で「テト」というマスターが 「ひょうがまじんをお見合いに出すから、なにか君もモンスターをだしてくれよ」 なんて言ってくるんですよ。 ようがんまじんとひょうがまじんの2匹を配合すると 物質系最強の「ゴールデンゴーレム」という物凄く強いモンスターができます。 「序盤で最強のゴールデンゴーレムができるぜ!」 なんてテンション上がりながら「ようがんまじん」をお見合いに出した人は多いのではないだろうか。 子供の頃は騙されましたw このゲーム・・・配合をするときに「血統」と「相手」を選ぶんですね。 血統と相手が逆の場合は全く別のモンスターができます。 「人間ベースのゴリラ」と「ゴリラをベースにした人間」とでは大きく変わると思いますがそんな意味です。 ひょうがまじんを血統にようがんまじんで配合するとゴールデンゴーレムができますが、 ようがんまじんを血統にひょうがまじんと配合をすると・・・ ようがんまじんが生まれますw 要するに「テトにようがんまじんを出しても ゴールデンゴーレムはできずに「ようがんまじん」ができますwww このお見合いの罠に引っかかった人は何人いるかなぁ・・・ GB版は何回セーブデータが消えたことか 僕のソフトのセーブデータが消えやすいのかはわかりませんがGB版のテリーのワンダーランドのセーブデータはめっちゃ消えた思い出があります。 配合のトップであるダークドレアムを作って さらにゴールデンスライムも作っておいたセーブデータがあったときに おばあちゃんに呼ばれてお布団の上に本体を置いて 戻ってきたらセーブデータが消えていたとかもありましたw わかる?プレイ時間でいうと数十時間のセーブデータが頻繁に消えるのよw もう笑うしかなかったね・・・ セーブデータが消えてしまってもゲーム自体がとても楽しかったので 開き直って最初から進めてましたけどねw 関係ないですが「ポケモンの赤 緑 」などを今プレイしても 全然楽しめる自信はあります。 テリーのワンダーランド3Dも相当プレイしました。 名作のリメイクで中古なら800円とか格安で買えるw 3DSのほうはテリーというよりジョーカーに近い ドラゴンクエストモンスターズジョーカーという作品を知っている人しかわからないかもしれませんが 3DSのテリーのワンダーランドは 主人公とストーリーがテリーなだけで システムはまんまジョーカーです 笑 GBの時より、いろいろグレードアップしまくっててシステムも快適だし楽しいには楽しいのですが• 2Dから3D• モンスターごとの成長値追加• 枠システム• スキルシステム• スカウトシステム• ランダムエンカウントから• シンボルエンカウントへの変更などで GB版とは別の作品みたいになってます 笑 GB版では育て方次第では全てのモンスターでステータスMAXなども可能でしたが 3DSのはモンスターのステータスごとに成長値がありはぐれメタルのHP999なども不可能になってます スキルシステムにより 「配合を繰り返しひとつずつ技を継承させれば思い通りの技のモンスターができる」 というのも出来なくなりました しかし枠システムにより新たな戦略や 体感で技などはスキルシステムによるのか 1. 5倍くらいは増えてるかと! モンスターもめっちゃ増えてますし、すれ違い対戦やオンライン対戦と楽しいことばかりです! 【まとめ】GB版の名作は間違いなくテリーのワンダーランド 何年経ってもテリーのワンダーランドはシンプルで楽しめる名作。 3DS版もジョーカーのシステムで 「テリーのワンダーランドのふりしたジョーカー」 になっていますが3DS版も楽しめたことには変わらないですし、徹夜でプレイしてオンライン対戦に熱中してたこともあるぐらい楽しいです。 GB版のドラゴンクエストモンスターズ2のイルとルカもテリーに匹敵するぐらい楽しいのですが イルとルカはストーリーの行き先を見失いやすさが多いのと 「あのアイテムを取ってこないとストーリーが進まない」 このような構成がとても多い為、イルとルカのストーリーは正直めんどくさいです。 クリア後に本格的にやり込める 無数に存在しランダムでフィールドが成形される不思議な鍵のやり込み度に関してはテリーが霞むほど良かったしハマったけどね。 あと関係ないけど• バトルレックスと• グリズリーと• ・ テリーのワンダーランド3Dをスマホに移植したものも出ているのでこれを機会にテリーのワンダーランドをプレイしてみるのもいいかと思いますよ! おわりっ.

次の

旅の扉別出現モンスター一覧〜ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド攻略サイト新生スペクタルコロニー〜

テリーのワンダーランドレトロ 配合 物質系

各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。 Copyright 2013-2020 kanzengenkai. com All Rights Reserved ゲーム攻略タイトル 戦国無双• 三國無双• The Last of Us• バイオハザード• 無双OROCHI• 鬼武者• サイレントヒル• サイコブレイク• 戦国BASARA• ディノクライシス• デビルメイクライ• ドラゴンクエスト• ファイナルファンタジー• その他•

次の