ディアブロ 3 トロフィー。 【ディアブロ3RoS】第2回 トロフィーコンプしました

[ディアブロ3]初心者でも1週間で行けるトーメント16までの攻略と道のり、シーズン18のパッチ2.6.6以降

ディアブロ 3 トロフィー

こんにちは。 ゲームのセール情報とかみると宝くじ(ス)で一攫千金できないかという夢しか見てないこの頃です。 というのも、3の込み版が欲しいと思っているだけなんですが。 ぶっちゃけ無双8のシーズンパス買う気ないので+1000円程度で買えるといえば買えるのですが。 ガンブレ3は一度本編クリアして手放しているのでちょっと考え中。 とはいえでバランス改善されたというのが気になる。 初期バージョンでやっていたけど敵のHP高すぎてほとんどのマップ30分以上かかるとかちょっとおかしかったし。 あ、いまのところ新作のNewガンブレは買う予定はないです。 あるなしの情報待ちという所で。 正直なところ、3みたいにゲーム1本分みたいな値段のとか出されてもお金出しにくいですし。 さて仕切り直して、本日の更新に関して。 無双8もモンハンもやる気なくなったので、昨年2月に買って中途半端にしていた版3をトロコンしたという話。 普通にゲーム内容を書いているので、ネタバレあります。 以下、続きより。 3、こちら版は追加要素あり版のリーパーオブソウルズ RoS となっております。 ちょっと調べたところ、2014年に版出てたんですね。 というか版の体験版やった記憶あるっていう。 版は無印と、追加シナリオのRoSの2バージョン販売してるみたいですが、 RoSのほうも初期のバージョンで、オンラインアップデートもないようなので、現時点で実装されている新規マップやシーズンとかはできないのだと思われます。 アイテムとかも追加されているので、持っている方は版一択かと。 有料ですが追加コンテンツのネクロマンサーパックとかありますし。 ゲーム内容的には、見下ろし方のアクションゲーム。 強力な武器を拾って敵を圧倒的な火力で吹き飛ばすという感じ。 (ただ純粋に武器を使ったスキルは少ない……。 大抵ピアとかレーザーとかグレネードとか。 武器はドーピングです。 ) 互いにダメージがインフレしていって、後半一撃必殺祭りみたいになっていくのが何とも海外っぽい。 まあ、初期のダメージ量が1桁なのに、高レベルになってくるにつれて、速攻で万、億と跳ね上がっていくっていう。 個人的に、見下ろし視点のアクションゲームは好きですね。 で、そのうえ無双系みたいにあまり考えず、敵をプチプチ倒していく系。 そういった意味では、ナピシュテムあたりのとか結構好きなんですよね。 はやりこみないからクリアして終わるんですが。 前にフリープレイで配信されていたエイリアンネーションかな?そっちもまあ似たような感じでしたが、それは操作システムが微妙に合わなかったなあ。 楽しいけど難易度の跳ね上がり方とか右スティックもグリグリ動かすので、スティック耐久度が不安になってきたのもあってあまりやらなかった感じですが。 3は結構親切じゃないかと。 正直トロフィーコンプするっていうやり方をしたため、やりこみ要素をほとんど触れていないという感じではあるので知ったかぶりになっている可能性も否定できないですが。 まあ日本語がしっかりしているのが第一で。 的にやり直しが効かない要素がまあないです。 レベル70上限なのですが、70超えてからはパラゴンという基礎能力向上の経験値が入るようになりまして。 そのレベルがあがるとステータス振りが行えるのですが、何度でもノーコストで振り直しができたり。 がその場で行えるのは便利ですね。 というのも、この間ヴァンという3にシステムが似ているゲームを買ったのですが、操作感やスキル説明とか階層とか振り直しできなさそうな感じで、あまり進めずに辞めてしまったのですよね。 それを思うと、3は操作感がよいのではないかと。 去年の2月に購入してるので、結構長い間やってたのかなと。 とはいえ、ハードコアモードでやってて事故ってキャラロストしたショックで少しやってない期間とかあったりもしたけど、やり始めたらなんだかんだ数時間やれるので個人的にはツボにはまっているのだと思っています。 最初にロストしたキャラは約13時間半使ってたところから推測すると、多分150時間とか触ってるんじゃないかな。 さて、本題のトロフィーコンプリートについて。 本編の方はストーリーをクリアするだけである程度埋まるかと思っております。 個人的に埋めにくかったのは、 ・徹夜の賜物:すべての所持品スロットに、必要レベル70以上のレジェンダリー・アイテムを装備する ・オールスター:6種類のクラスでレベル70に到達する ・500安打:報酬クトを500回クリアする ・デモリション・ダービー:オブジェクトを連続して50個壊す ・魔法にかけたい気分:すべての所持品スロットに特性変更したアイテムを装備する でしょうか。 ・徹夜の賜物ですが、これはオールスターを取るのを目標にしており、レベル70になった時点で新規キャラを作成したためにLV70のレジェンダリーが全くそろっておらず、最後まで終わらなかった。 ちなみにレジェンダリーとありますが、セット装備でも問題なく取れるかと思います。 自分が取得した時点でエンシェントとレジェンダリーとセットの混合装備でしたので。 ・オールスター。 6種類のクラスというのは、ネクロマンサーを購入していない場合の全クラスになります。 ネクロマンサーを購入している場合は、ネクロも含まれます。 (自分のデータだとがまだ70になってない。 ) ・500安打。 純粋に面倒。 というのも報酬クトは最初にストーリーモードをクリアしてようやく解放されるアドモードに入らないとできないのですが。 (むしろアドモードが本編的な気はしなくもない。 ) アドモードにおいて各章それぞれに5個ずつ設定されるのだけど、クリアしたら一度ゲームを終了しないと再設定されないので、一度にやるとしても25回。 一つのクトも長さがまちまちで1個3分とかで終わるのもあれば、無駄に広いマップを歩くことになり15分以上かかったりすることも。 なので1章30分はかかったりする。 そのため純粋な時間でいえば、これが一番時間かかる。 まあ、報酬クトを達成しないと手に入らないアイテムが合成に必要だったりするのでやりこむなら回る羽目になるのですが。 でも1キャラで達成する必要はなく、ノーマル、ハードコアかかわらず進行状況は共有されるのが救いですね。 ・デモリッションダービー。 さっさと終わらせたかったのですが、何度やっても成功しなかったのでネットで見たやり方をまねた記憶が。 達成したの自体は結構まえのためどこのサイトを参照にしたのか忘れてしまったのですが、1章の墓地で、ウィッチドクターのバウンドしていく何かが持続時間が長く、かつ障害物に向かっていくので何回か試したらギリギリ達成できた気がしております。 ・魔法にかけたい気分。 まあ難しいというより、普通にトロフィーリスト見るまで気づかなかっただけなのですが。 これに関してはアイテムのレアリティは関係なく、特製変更の内容も見ていないので、適当に拾ったレアとかを適当に一回ずつ変更して、それを装備するだけで良かったりするので実は楽。 (自分は気づかずレジェンダリーの特製変更をやってて少し素材無駄にしました。 ) ネクロマンサーコンテンツで追加されたトロフィー。 とりわけ手間なのが多いかなという印象でした。 その中でも文を読んだ感じ面倒だったのがこの3つかな。 特に難易度指定されていないので、すべてノーマルで挑戦しましたが。 ・スン・クルー:自分の操るコマンド・スンで、エリート チャンピオン、レア、ユニーク ・モンスターを500体倒す 従者とゴーレムを外してスンのみにして青いのと金色のに突撃させるだけ。 純粋に数が多いのでスムーズにやるためにノーマルでやるのが安定化と思ってます。 ストーリーモードクリアしつつすべてのエリート狙わせて200くらい増えたかな。 あとはネファリムリフトを周回するくらいか。 ・ボーン・スキュワー:ボーン・スピアで、3秒以内に40体の敵にダメージを与える 5章のエイドリアのステージの虫がいっぱい湧くところ。 一直線に長くて狭い通路まで列をつくらせ、そこに打ち込むだけ。 自分は投擲角度間違えて、少し手間取った。 ある意味自分に対してMPKトレインしてる気分になりましたね。 何気に、3が初プラチナトロフィーだったりします。 そういえば初代もとれそうだったのだけど、MGマスターの腕だけでなかった記憶。 初代のゲームバランスひどくて一人でクリアできないし、多分もう取れないでしょう。 トロフィーコンプしたけど、何一つセット装備のコンプリートとかできてないので、まだまだやりこみ要素は盛りだくさんです。 ただ、どうあっても小さいキャラが敵を吹き飛ばすだけなので人によっては作業感満載となり、微妙と思うかもしれないですね。 まあ、正直なところト以上の難易度目指そうと思っても、効果的なセット装備やレジェンダリー出てこない限り停滞する感じはちょっと感じていますが。 掘っても掘っても出てこないと辛いね。 あ、海外のソフトってなんでハードコアとかあるんだろう。 うちの子4人くらい凍結からのマグマおよびアーケインのコンボで消されたんだけど。 知り合い曰く緊張感がよいとのことだけど。 調子に乗るとデータロストするから、安全圏内探りながらやるから、結構立ち回り変わるのでわからなくはない。 けど消えるのは悲しい。 全然話変わってしまうけど。 MPKってモンスタープレイヤーキルって意味だけど、PKって文字見てマザー2のネスを思い出した。 だとピーケーファイア!とかいってますが、あれのPKだよね?プレイヤーキルじゃないよね?サンダーに関してはそっちでも違和感ないけど。 とか頭の中でよぎりながら文章書いてました。 以上、でした。 sptorion.

次の

『ディアブロ3 エターナルコレクション』購入&感想!4年ぶりのディアブロ3!ネクロマンサー始めました。面白いぞこれは。

ディアブロ 3 トロフィー

プラチナトロフィー、取れちゃった。 私はとにかくいろんなゲームを遊ぶことが好きなので、トロコンはよっぽどじゃないとしないのですが。 なんとディアブロ3は 購入してから一年ほどで取れちゃいました。 買ったの去年のTGSのセールだからね。 なんなら一年ずっと遊んでいた訳ではないし、GR70もクリアしたことないレベル。 じわじわ嬉しくなった!一つのゲームをこんなに長く遊ぶということは無いので、ディアブロはお気に入りゲームになったということでしょう! まぁディアブロを遊んでいる方はご存知かと思いますが、 ディアブロ3のトロコンは遊び方としては序の口なんです。 ゲーム内に「チャレンジ」という実績みたいなのがあるんですが、PS4のトロフィーはこのごくごく一部なんだよね。 未だに見たことないNPCとかクエストとかイベントとかあるので、モンハンの環境生物集めみたいに知らないイベントとかを探しにいこうかな~と思ったよ。 茨の道と聞いたけどね! 他のディアブロ3の記事一覧はこちらから! 最近の投稿• カテゴリー• 2 アーカイブ•

次の

Diablo III Reaper of Souls Ultimate Evil Edition

ディアブロ 3 トロフィー

マンジュヌグ装備 新セット装備を試す 夢の遺産ビルドで周回する間に、ほとんどのセット装備はそろっていました。 マンジュヌグのセットボーナスは以下の通りです。  ̄ー ̄ ニヤリ 了解しました。 早速GR80で試運転してみます。 ! <ビッグ・バッド・ブードゥー>かまして。 事前にのマニトウをまいて!! <魂の歩み>で突っ込む!!いっっけえぇぇぇぇ!! おうぅ、、 思いのほか威力が出ず。 瞬コロされる訳ではないが、圧倒的な火力が出るわけではないし何より打たれ弱い。 ;><) ビルドを完全に生かし切れていない感じがします。 調査+ビルドの再構築 いろいろ調べてみました。 それによりいくつか有益な情報をゲットしました。 1.<魂の波動>はペット扱い!? これは全然知りませんでした。 ペットの攻撃力が<魂の波動>にも加算されるらしいです。 そのため 「ジェラムの仮面」を付けり、レジェンダリージェムの「エンフォーサー」などでペットの攻撃力を上げるのが効果的です。 2.防御面は<魂の歩み>+<生気吸収> 4セットボーナスの<魂の歩み>による防御バフでは足りないみたいですね。 「ラクンバの装身具」と「聖なる採集者」を使った<生気吸収>の防御バフも併用する必要があります。 3.打たれ弱さを「ピラネード」でカバー 上記2点を踏まえてもウィッチドクター自体が打たれ弱いようです。 確かに良く瞬コロされます。 そのため必要になってくるのが <ピラニア>のルーン「ピラネード」です。 地面から水の竜巻を発生させるスキルですが、吹き上がる竜巻に敵が足を取られている間無防備になります。 さらに スキル発動時に辺りの敵を引き寄せる効果があるので、集団で真価を発揮するマンジュヌグビルドと相性が良いです。 マンジュヌグ ビルド 再構築したビルドをもとにグレーター・リフトを周回して、より良い装備を厳選しました。 これでGR100を目指すビルドもあらかた揃い、準備は万端です! 太文字が確定候補の装備 赤文字はエンシェント装備 武器 メインハンド: 聖なる採集者[エメラルド] オフアンド: 手死者の視線 <生気吸収>の防御バフに必要な「 聖なる採集者」と<魂の波動>の攻撃バフのある「 死者の視線」を選択しました。 クールダウン時間減とリソースコスト減のパラメーターに応じて攻撃力と防御力のバフがかかるので、全体的な強化につながります。 もしクリムゾン船長の装備がないよって人は、例えば、 腰:超越のベルト 足:マンジェヌグ装備 アミュレット:旅人の誓約 指輪:コンパス・ローズ カナイ:結束の指輪 とかがオススメです。 装飾品+レジェンダリージェム 首飾り:時の芳香 指輪1: 王家の威光の指輪 指輪2: 無の指輪 レジェンダリージェム1:精霊の守護石 レジェンダリージェム2: 囚われし者の悪夢 レジェンダリージェム3: 絶望せし者の指輪 アミュレットには「 時の芳香」を採用しました。 祠の効果時間が2倍になるのでダンジョンによっては一発逆転が狙えます。 クリムゾン船長の装備を付けるためには「 王家の威光の指輪」が必要になります。 直接装備するのではなくカナイでもOK。 「 無の指輪」は<イナゴの饗宴>の攻撃力バフがあるので必須装備になります。 レジェンダリージェムは攻撃力を上げる意味で「 囚われし者の悪夢」と「 絶望せし者の石」は必須。 最後の一つには防御力を上げるために「 精霊の守護石」を採用しました。 攻撃力をさらに上げたい人は「 エンフォーサー」がオススメです。 カナイ 髪結いの短刀 ジェラムの仮面 超常のベルト <魂の波動>に相性のいい「 髪結いの短刀」と「 ジェラムの仮面」を導入しています。 「 超常のベルト」は<魂の波動>などのマナ消費系スキル使用時にペットの「フェティッシュ・ファント」を召喚します。 最大15体も召喚でき、壁役として重宝します。 またあらゆるスキルのクールダウン時間が1行短縮する) 忍び寄る死(の効果とのダメージ・ボーナス効果が、半永久的に続くようになる) 立ち回り マンジェヌグビルドは一言でいうと近中距離のマジックキャスターといった感じ。 基本は近距離で戦うことで装備のシナジーをフルに効かせることができます。 攻撃面 ・ビッグ・バッド・ブードゥー: ルーンを 「雨乞いの舞い」にしていることでマナが毎秒250ずつ生成されます。 これによりマナを枯渇せずに立ち回ることが可能です。 しかし<ビッグ・バッド・ブードゥー>はクールダウン時間が120秒かかるので常に発動するためには工夫が必要です。 そこでパッシブスキルの「 搾取」を使います。 20ヤード以内で敵を倒すとクールダウン時間が1秒短縮されるので、近距離で敵を倒すことで<ビッグ・バッド・ブードゥー>を平常運転させることが可能になります。 ・イナゴの饗宴: 「 無の指輪」の効果により<イナゴの饗宴>の影響下にある敵にはダメージアップのバフがかかります。 攻撃する前には必ず<イナゴの饗宴>を敵に当てたいところ。 しかし <イナゴの饗宴>は<憑依>と違い射程距離が極端に短いので、<イナゴの饗宴>を使う場合はやはり近距離で戦う必要が出てきます。 防御面 ・生気吸収: 前回の夢の遺産の記事でも書きましたが、「ラクンバの装身具」は防御力を担保するために欠かせない装備になります。 ・魂の歩み: 「魂の歩み」は使用後に自身が完全無敵になり、2秒間敵の妨害をすり抜けることができる最強の高速移動スキルです。 緊急時の回避策として使ってもよいのですが、マンジェヌグビルドの場合は4セットボーナスの 防御バフが期待できるので定期的に使用したの方が安全です。 ムーブのコツ 立ち回りのコツとして、まず敵を発見したらそこに向かって<ピラニア>を使用して敵をかき集めつつ足止めします。 そこへ<魂の歩み>で突っ込んで防御バフをかけつつ近づきます。 足止めされている敵まで近づいたら<生気吸収>と<イナゴの饗宴>を使って各種バフを効かせた後に<魂の波動>で攻撃する、という流れです。 上手いこと敵をピラニアでまとめることが出来れば安全に立ち回れますが、取りこぼしの敵がいたり緊急の際は、敵から距離を取ったり魂の歩みを使うなどしてやりくりしましょう。 リフト・ガーディアンの立ち回り リフト・ガーディアンと対峙する場合は、通常の敵と違い少し距離をとって戦う必要があります。 なぜならリフト・ガーディアンは「ピラネード」による足止めが効かないので、防御力の低いウィッチドクターにとって長時間近距離で戦うのが非常にキツいからです。 また「髪結いの短刀」を使った<魂の波動>は集団に対して効果的ですが、少人数での戦闘には向かず戦闘時間が長くなる傾向があります。 そんな時、足止めとして有効なのが「 超常のベルト」による<フェティッシュ・ファント>です。 最大15体の「フェティッシュ・ファント」がリフト・ガーディアンを取り囲み注意をそらしてくれます。 その間自分は遠目から攻撃し続けて、長くなりがちな戦闘を少しでも安全に立ち回ります。 飛び道具や飛込攻撃だけ注意して、<魂の歩み>を使って回避して死なないことだけ気を付けましょう。 GR100に挑戦 準備は整いました。 いざ GR100にチャレンジです。 開始早々、運の悪いことに 入口にモンスターが群がるダンジョンを引き当ててしまいました。 残り時間1分45秒で結構ギリギリでしたぁ。 別撮りでのGR100の動画を上げておきます。 参考にしていただければ幸いです。

次の