クレジットカード おすすめ マイル。 マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!【2020年7月版】

マイルが貯まるおすすめの最強クレジットカード6選!高還元率・年会費無料カードを比較!

クレジットカード おすすめ マイル

航空会社が提供するマイレージプログラムは多種多様ですが、日本国内でANAマイルと並んで人気を二分しているのがJALマイル。 日本航空が提供する「JALマイレージプログラム(通称JBM)」で貯まるマイルのことです。 あらかじめJBMの会員になっておくと、JALグループの飛行機に乗った時や、提携先でのショッピングでJALマイルが貯まります。 貯まったJALマイルは、国内・海外航空券や商品券、電子マネーなどに交換可能。 中でも、国内航空券・海外航空券への交換は特にお得なので、それをめざしてコツコツとマイルをためているマイラーと呼ばれる人もたくさんいます。 でも、航空券に交換できるほどのマイルを貯めるのはなかなか大変!何年もかかることもあります。 そこで注目されるのが、クレジットカードを使って、より効率的にJALマイルを貯めるという方法です。 JBMとセットになったクレジットカードや、JBMと提携してポイントをマイルに交換できるクレジットカードを持つことはマイラーへの第一歩とされています。 日常的に便利に使えて、マイルもどんどんたまるクレジットカードはたくさんあるので、じっくり選んで少なくとも1枚は持っていた方がお得ですよ。 先の項目で述べたことと矛盾するようではありますが、還元率が最も高いものが一番マイルを貯めやすいとは限りません。 例えば、100円で1マイル貯まるカードと100円で1. 5マイル貯まるカードがあって、100円で1マイルの方だけ週に1度ポイントが2倍になる日があったとしたら、使う日によっては100円で1マイルのカードの方が貯めやすいかもしれませんよね。 このように還元率と合わせて、ボーナスデーなどでより多くポイントがもらえる日などのサービスがあるかどうかも確認しておくと良いですよ。 このようなチャンスの頻度やその際にどれだけポイントが得られるかなどを細かくチェックして、総合的によりマイルを貯めやすいカードを選んでみてくださいね。 まず最初にご紹介するのは、イオンが発行しているイオンJMBカードです。 こちらは、ショッピング利用で200円ごとに1JALマイルが貯まる便利なカードです。 JALが発行したカードではないため、200円=1マイルから100円=1マイルに変更できるJALショッピングプレミアムへは加入できないので、その点にはご注意を。 しかし、お客様感謝デーなどでWAONのボーナスポイントが貰える機会が多いカードであるため、イオン系列のお店をよく利用する方にとっては大活躍する一枚です。 クレジットカードには珍しく、年会費が無料なのも嬉しいところですね。 国際ブランド MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー WAON 年会費 無料 こちらは通常、1000円ごとに1. 5永久不滅ポイントが貯まるカードなのですが、年会費に加えて一年につき約4000円支払ってSAISON MILE CLUBに登録すると、永久不滅ポイントとJALマイルを両方同時に貯めることができます。 SAISON MILE CLUBに登録した場合は永久不滅ポイントもマイルに交換できるため、換算すると100円で1. 1マイル貯まることになり、還元率がとても高くなりますよ。 このカードのもう一つの売りは、付帯保険が充実していること。 他のカードはカードの契約者のみに保険を掛けられるものが多くなっていますが、こちらのカードは家族にも自動付帯保険を掛けられるので、カードを持てない小さなお子さんも安心です。 iDやQUICPayなどの電子マネー機能も搭載されており、使いやすい一枚と言えるでしょう。 国際ブランド アメリカン・エキスプレス JALマイル還元率 100円につき1. 1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・永久不滅ポイント 付属電子マネー iD・QUICPay 年会費 年10,000円(初年度無料) 電子マネーにお金をチャージする時、「チャージでポイントやマイルをお得に貯められたらいいのに…」と思ったことはありませんか?それを実現したのがこのカード。 こちらのカードはJALとSuicaが提携したもので、空でも陸でもお得にマイルを貯めることを可能にした一枚です。 ショッピングで利用する際にはJALマイルが200円につき1マイル貯まり、Suicaへのオートチャージや切符の購入でビューポイントが貯まります。 ビューポイントは1000円につき6ポイント加算され、JALマイルとして換算すると1000円につき約5マイルが貯められる計算になり、とてもお得ですよ。 JALカードSuicaは普通カードとCLUB-Aカードの二種類あり、CLUB-Aカードは普通カードに比べて付帯保険が充実しているのがメリットです。 国際ブランド JCB JALマイル還元率 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・ビューサンクスポイント 付属電子マネー Suica 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 JALは現在、東急やSuicaなど様々な企業と提携してクレジットカードを発行しています。 そんな提携カードとは一線を画したのがこのJALカード。 JALだけに特化したクレジットカードで、提携カードでは貰えないボーナスマイルをフライトで貰うことができますよ。 ボーナスマイルは、入会後初のフライトで5000マイル、そして毎年初フライト時に2000マイル、その他フライトごとに貰えるフライトマイルが25パーセント増しで貯まります。 お仕事などでJALをよく利用する方にぴったりのカードです。 国際ブランド VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 出張などで飛行機を利用する機会の多い20代の方なら、「JAL CLUB EST」がおすすめ。 何と言ってもこちらには、その他のカードにはない特典が満載です!マイルの有効期限を通常の36カ月から60カ月に延長できるようになっている他、国際線の利用時にもビジネスクラスのチェックインカウンターや自動チェックイン機を利用できますし、国内線のみですが、サクララウンジを年5回まで利用できるのも嬉しいところ。 なお、通常の年会費に+CLUB ESTの年会費がかかるため一見割高にも思えますが、こちらのカードでは「e JALポイント」5,000円相当分が毎年プレゼントされますので、この点もカバーされますね。 上級会員向けのサービスを受けられる大変お得なカードになっていますので、対象となる20歳以上30歳未満の方はぜひご検討されてはいかがでしょう? 国際ブランド MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス JALマイル還元率 100円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 今回栄えある1位に輝いたのは、こちらのTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード。 このクレジットカードは、2位でご紹介した「JALカード TOKYU POINT ClubQ」に電子マネーPASMOを追加したバージョンです。 JALカード TOKYU POINT ClubQの機能に加え、PASMOへのチャージ額200円につき1TOKYUポイントが貯まるので、さらにJALマイルが貯めやすくなっています。 年会費を考慮すると、コストパフォーマンスがとても良く使い勝手の良いクレジットカードです。 東急ハンズや東急百貨店などの東急系列店をよく利用し、公共交通機関もよく利用するという方に一番おすすめのカードですよ! 国際ブランド VISA・MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント 付属電子マネー PASMO 年会費 1000円(初年度無料) 商品名 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO JAL CLUB EST JALカード JALカードSuica セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード イオンJMBカード(JMB WAON一体型) 特徴 PASMOオートチャージでポイントが貯まる 国内線のサクララウンジも年5回まで利用できる! JALに多く乗るならこれが一番 公共交通機関を使う機会が多い方におすすめ 家族の旅行保険もこれ一枚あればOK 年会費無料!WAONポイントとマイルが貯まる便利なカード 国際ブランド VISA・MasterCard MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JCB アメリカン・エキスプレス MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 100円につき1マイル 200円につき1マイル 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 100円につき1. 1マイル 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 - 自動付帯 - - - ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント JALマイル JALマイル JALマイル・ビューサンクスポイント JALマイル・永久不滅ポイント JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー PASMO - - Suica iD・QUICPay WAON 年会費 1000円(初年度無料) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 年10,000円(初年度無料) 無料 商品リンク•

次の

マイルが貯まるおすすめの最強クレジットカード6選!高還元率・年会費無料カードを比較!

クレジットカード おすすめ マイル

「ANAマイルの貯め方? どのクレジットカードがいいの? ブランドはVISA? 」 マイラーを悩ます大問題ですね。 クレジットカードはとにかく種類が多く、その中からANAマイルが貯まる、貯まりやすい、おすすめの1枚を見つけるのは大~変~。 そこで、2020年最新の ANAマイルの貯め方・増やし方とコツを、おすすめクレジットカードと共に紹介します。 ・ANAアメックス新規入会キャンペーンでガッツリ貯める2枚 ・年会費無料クレカでANAマイルを貯める ・通勤、通学(学生)でラクラクANAマイルを貯める ・陸(オカ)マイラー必見!家賃、公共料金、お店での買い物をクレカ払い登録するだけでANAマイルを貯める ・ANAマイルへの交換レートや特典がお得なクレカを貯める ・あなただけに教えるANAマイルの貯め方裏技 などなど、このコツを読めば、あなたも立派な陸マイラーになれますよ! 目次• なかでも搭乗が条件に入っているとキツイですよね。 そこで、条件はクレジットカードの利用額のみのクレカをセレクト! 春は税金、夏は旅行と支払いも多い季節ですので、まとまった支払いが発生します。 大チャンスなんです。 支払いを1枚のカードにまとめたらきっと達成できますよ。 キャンペーンはこちら!ANAアメリカン・エキスプレス・カード一択!! は、マイルが貯めやすいカードでありながら、年会費がお手頃な一枚です。 本会員の 年会費は7,000円(税別)、家族カードは2,500円(税別)と、 ゴールドカードの年会費と比べて4分の1程度のコストに抑えることができます。 キャンペーン内容は、 【アメックスキャンペーン】 入会後3ヶ月間のカード利用条件達成で 最大10,000マイル相当のポイントが貯まります。 ・入会ボーナス:入会するだけで 1,000マイル ・入会後3ヶ月以内にカード利用額1万円: 500ボーナスポイント ・入会後3ヶ月以内にカード利用額10万円: 1,500ボーナスポイント ・入会後3ヶ月以内にカード利用額30万円: 4,000ボーナスポイント ・カード利用30万円で獲得できる通常ポイント: 3,000ボーナスポイント 35,000マイルあれば、特典航空券のローシーズンにハワイにも行けちゃいますよ! この大チャンスを逃す手はありません。 ANAアメックス・ゴールド キャンペーン!本気で貯めるならこの1枚! は、 旅行傷害保険他、各種プロテクションサービスが充実。 本会員の 年会費は31,000円(税別)、家族カードは15,500円(税別)ですが、日常使いで100円=1ポイントの還元があります。 しかもポイントの有効期限は無期限。 だからと言って、闇雲にクレジットカードを選んではいけません。 理由として、クレジットカード1枚で下記のようにANAマイルの貯まり方に違いが出てくるからです。 次の項目では、あなたがANAマイルをがっつり貯められるクレジットカードの選び方を1つずつ紹介していきます。 ANAマイルをがっつり貯められるクレジットカードの選び方とは? 年会費の高すぎるカードはNG!用途に合わないクレジットカード選びは止めましょう マイルを貯める前に、 あなたにはまず用途に合わないクレジットカード選びは止めることをおすすめします。 と言うのも、使わないサービスがあるのに高額な年会費が請求されるからです。 例えば、マイルを貯めるのに優秀な「」があります。 あなたが 国内・海外旅行で航空機を頻繁に利用し、なおかつ アメックスの特典全て利用するなら非常にお得ですが、これらを一切利用しないのでは年会費が高額になります。 そのため、アメックスに限らずマイルを貯められるクレジットカードであっても、サービスや特典が充実しているが高額な年会費を請求されることがあります。 もし利用しないのであれば年会費無料、または少しでも年会費を抑えたクレジットカードをおすすめします。 ANAマイルを直接貯める!便利なクレジットカードも候補に入れましょう ANAマイルだけ貯めたいと言う方には、直接マイルが貯まるクレジットカードがおすすめです。 直接貯められることで、クレジットカードで貯まったポイントをマイルに交換する手間が省けますし、瞬時にどのぐらいマイルが貯まったかを見られるのもメリットです。 例えば「」の場合「マイル自動移行コース」に変更することで、直接マイルが貯まる便利なサービスもあります。 ただし、直接マイルが貯まるクレジットカードは、 他のアイテムやギフトカード等に交換できないデメリットがありますので注意しましょう。 通勤&通学でANAマイルが貯まるクレジットカード選びのコツ! ANAマイルは、航空機への搭乗やショッピングだけでなく「通勤&通学」でもANAマイルを効率よく貯められます。 一例として「」を見ていくと、ショッピングやグルメ等でクレジットカードを利用し貯めたポイント。 そして「東京メトロ」の電車や「メトロポイントPlus加盟店」で貯まるメトロポイントの2種類を用意しています。 クレジットカードのポイントだけでなく、メトロポイントもマイルに交換できるためもし、東京メトロを通勤通学で利用しているなら効率よくマイルが貯まるのです。 もちろん、この他にも交通系クレジットカードでANAマイルが貯まるものもありますので、あなたが通勤・通学で利用している電車やバス等ありましたら、それに適したクレジットカードを選び、効率よくANAマイルを貯めましょう。 anaマイルを貯める+高還元率ポイントを獲得できるクレジットカードは狙い目 ANAマイルが貯まるクレジットカードの中で、ポイント還元率が高いクレジットカードも狙い目です。 理由として、ANAマイルを貯めるために複雑な手段を使わなくても大量にポイントが貯まり、貯まったポイントでANAマイルに限らず幅広いアイテムに交換できるからです。 例として挙げるなら、オリコカードが発行する「」が良いでしょう。 Orico Card THE POINTに限らず、ポイントが高還元率のクレジットカードは多数ありますのでマイルを貯めるなら、高還元率のクレジットカードも狙い目ですよ。 家賃&公共料金で陸マイラーはANAマイルGET!日々の支払いもANAマイルに還元 最近では、家賃や公共料金、通信費用や税金までもクレジットカードで支払える時代です。 もし、これらの支払いを全てクレジットカードにしたら、どのぐらいマイルが貯まるか?例として「」を例にしてシミュレーションしてみましょう。 難しい方法はなく、全ての支払いをクレジットカードにするだけでこれほど多くのANAマイルを貯められますので、あなたも是非試してみましょう。 その上、学生期間中は年会費無料で所有できますので、学生の間にマイルを貯めるならANAカード(学生用)はおすすめの1枚です。 更にANAマイレージモールを経由して楽天市場を利用すれば、なんと「ANAマイル」「楽天スーパーポイント」の二重取りまでできるのです! そのため、ポイント還元率が高いクレジットカードであり、マイルが貯まる1枚を探しているなら、こちらのカードがピッタリですよ。 このカードの特徴は、何と言っても「ヤマダ電機」「クレジットカード」「マイル」この3つのポイント&マイルが貯まることです。 その上、ヤマダ電機で利用すれば「ヤマダポイント」の他にクレジットカードのポイント「永久不滅ポイント」まで貯まるため、簡単にポイント二重取りが可能です。 もちろん、ANA航空機の搭乗でもマイルが貯まりますし継続利用によるボーナスマイルまで用意されていますので、ANAマイルを貯めるなら欠かせないクレジットカードですよ。 理由として「クレジットカードポイント」だけでなく東京メトロやメトロポイントPlus加盟店等で貯まる「メトロポイント」があるからです。 サービスや特典も充実しており、中でも素晴らしいのが海外旅行傷害保険が最高1億円付帯しているところです。 そして、一般のANAカードと同じ特典やサービスも受けられますので、マイルを貯めつつゴールドカードならではの特典を味わえますよ。 anaダイナースカードは、 保有しているだけでステイタスの高さを証明できるカードとして、憧れを持つ人も少なくありません。 年会費「27,000円+税」、入会基準「27歳以上」と、他のカードよりも条件が厳しくなっています。 上質な暮らしを楽しむ本物の大人の皆さんに、オススメの一枚ですよ。 例えば、あなたが東京メトロで通勤しており、ネット通販で良く利用するところが楽天市場だとしましょう。 その場合「」で東京メトロの定期券やPASMOチャージでポイント&メトロポイントを入手。 更に、楽天市場では楽天ANAマイレージクラブカードを利用し、通常ポイントだけでなくキャンペーンを利用して更なるボーナスポイントを入手できます。 これはあくまでも例ですので、あなたが頻繁に利用している交通機関やショッピングモール、またはネット通販があれば、それらに適したクレジットカードを作成して効率よくポイントを貯めていきましょう。 と言うのも、LINE Payカードにクレジットチャージすることでクレジットカードのポイントが貯まり、LINE Payカードで貯まったポイント「メトロポイント」に交換できるからです。 メトロポイントは後ほどマイルに交換できますので、クレジットカードポイント&LINE Payカードのポイントによる二重取りができます。 特にLINE Payカードは2%の還元率を誇り、国際ブランド「JCB」が付帯しているため、使い勝手の非常に良いプリペイドカードです。 そのため、クレジットカードとLINE Payカードの組み合わせ技を覚えておくと、更にマイルを貯められますよ。 飲み会の幹事必見!ぐるリザでこっそりマイルをGET! もし、あなたが友人や恋人との飲み会・食事会を計画する、または会社で開催される飲み会の幹事に決定しましたら「ぐるリザ」を活用してみましょう。 ぐるリザでは、各店舗に「キャッシュバック率」が設定されており、上限金額はありますが最大で利用金額の50%がポイントとして返ってきます。 店舗によって還元率や上限金額が異なるものの、ただ単に予約するよりもお得にマイルを貯められますので、あなたも早速利用してみましょう。 クレジットカードが発行できない!マイルを貯める方法とは? ANA VISAプリペイドカードでマイルを貯める 諸事情でクレジットカードが作れない場合「ANA VISAプリペイドカード」がおすすめです。 年会費無料で所有でき、 1ヶ月の利用金額1,000円につき「5マイル」貯まる優秀なプリぺイドカードです! 更に国際ブランド「VISA」が付帯しているため、国内のみならず海外利用でも申し分ない使い勝手を見せてくれます。 15歳以上から発行できますので、お子様の海外留学や海外旅行に持たせることもできますよ。 LINE Payカードでメトロポイント経由で貯める 同じくプリペイドカードの「LINE Payカード」でもマイルを貯められます。 その後、 メトロポイントをマイルへ交換すれば、クレジットカードがなくてもマイルを貯められるのです。 その上、LINE Payカードはマイルでなくとも楽天スーパーポイントやnanacoポイント等にも交換できる汎用性を持っているため、こちらも使い勝手に申し分ありません。 年会費無料で所有でき、ポイント還元率も2%と高額ですので所有して損が無い1枚です。 nanacoカードでポイントをANAマイルに交換 最後に紹介したい1枚が「nanacoカード」です。 セブンイレブンやイトーヨーカドー等の「セブン&アイHD」またはnanaco加盟店で利用できる電子マネーであり、チャージして利用するとnanacoポイントが貯まります。 そのため、セブン&アイHDの店舗やnanaco加盟店を頻繁に利用しているなら、たとえクレジットカードがなくとも「nanaco」でマイルが貯められますよ。 まとめ 最後になりますが、ANAマイルを貯めるためにはクレジットカードを闇雲に選ばず、あなたのライフスタイルにあったクレジットカード選らびが大切です。 それを知らずにクレジットカードを選ぶと、後ほど大いに後悔することでしょう。 ANAマイルをがっつり貯める際、是非ともこれまで紹介してきたことを参考にあなたも、日々の生活やクレジットカードでマイルを貯めて国内や海外旅行を楽しんでみましょう。 せっかくのマイル旅行を楽しむならホテルサービスも充実させましょう! 他の人より早くチェックインできる 「アーリーチェックイン」や、のんびりゆったりチェックアウトできる 「レイトチェックアウト」で高級ホテルを超漫喫! マイルを貯めるならもってなきゃダメな一枚、SPGアメックスカード。 しかもマイル交換先も多いから航空会社を最後まで選べない人にもオススメですよ。

次の

マイルが貯まるおすすめの最強クレジットカード6選!高還元率・年会費無料カードを比較!

クレジットカード おすすめ マイル

そんな生活に憧れて「陸マイラー(おかマイラー)」を目指すクレジットカード初心者は多いでしょう。 ここでは、陸マイラーを目指す人にぜひつくってほしい、マイルが貯まりやすいおすすめのクレジットカードをご紹介します。 カードを使い倒してマイルを貯めまくって、お得に海外旅行を満喫してください! マイルは航空会社のポイントのこと! マイルとは、簡単にいうと航空会社のポイントです。 飛行機に乗ったり、航空会社系のクレジットカードで決済したりすることで貯まります。 貯まったマイルは無料の航空券と交換したり、航空会社が提供するツアーの代金にあてられたりでき、旅行がお得になります。 特典航空券に交換すれば1マイルは2円以上の価値になる 旅行好きの人の多くがマイルを貯める理由は、貯まったマイルを「特典航空券」に換えるためです。 特典航空券は無料の航空券のことで、渡航先は交換するマイル数に応じて韓国、ハワイ、ニューヨークなどさまざまです。 もちろん、沖縄や北海道といった国内便の航空券とも交換できます。 40,000マイルあれば日本ーハワイを往復できる! 特典航空券をもらうのに必要なマイル数は、航空会社のマイレージプログラムごとに設定されています。 クレジットカードのポイントは1P=1円の価値を持っている場合が多いです。 特典航空券と交換した場合に限り、マイルの価値は1マイル=2円以上になるとされています。 そのため、多くの人がお得な特典航空券に交換する目的でクレジットカードを使ってコツコツとマイルを貯めています。 1つは航空会社系のクレジットカードをつくること。 もう1つはほかのクレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行することです。 航空会社系のクレジットカードとは、JALなら「JALカード」、ANAなら「ANAカード」です。 国際ブランドが付与されているので、幅広いシーンで決済できます。 毎日のショッピングはもちろん、電気・ガス・水道代・通信代といった毎月の固定費支払いなどを1枚のカードに集約すれば、みるみるマイルが貯まります。 では、マイルが貯まる初心者向けクレジットカードの特徴をみていきましょう。 ANAカードのようにポイントからマイルへの移行が必要ありません。 国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選べ、通常200円ごとに1マイル積算(積算率0. 5%)されます(AMEX対応カードもあり)。 マイルに移行しなくても貯まるので、利用しやすいです。 フライトでもマイルが貯まるほか、入会後または毎年最初の搭乗で1,000マイルが積算されます。 ショッピングマイル・プレミアム入会ならマイル積算率が2倍 陸マイラーを目指すなら、マイルの積算率が2倍になる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」(年会費 3,240円)への入会をおすすめします。 100円=1マイルで、マイル積算率は1. 0%になり、貯まるスピードが加速します。 たとえば、12,000〜15,000マイル必要な「東京=沖縄」(往復)の特典航空券は、通常は240万円分のカード利用が必要ですが、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」へ入会すると、120万円分の利用で特典航空券がもらえます(2017年度 JAL国際線 特典航空券 必要マイル早見表)。 JALカード特約店+ショッピングマイル・プレミアム入会でマイル還元率2%! ファミリーマート、ENEOS、大丸、松坂屋といった「JALカード特約店」でショッピングすれば、もっと効率的にマイルが貯まります。 特約店ではもらえるマイルが2倍に増えるため、ショッピングマイル・プレミアムに入会していれば100円で2マイル(積算率2. 0%)もらえます。 (関連記事: ) JALのマイルの有効期限は3年間(36か月後の月末)なので、Eメールやホームページを確認し、せっかく貯まったマイルを失効しないよう注意しましょう。 特約店なら100円=2マイルに! JALカード CLUB-Aゴールドカード 「JALカード CLUB-Aゴールドカード」はJALカードのゴールドカードです。 国際ブランドとしてVisa、Mastercard、JCBが選べます(ほかにAMEX、ダイナースクラブ対応カードもあり)。 入会後の搭乗で5,000マイル、毎年初回搭乗で2,000マイル積算されるほか、フライトの区間に応じて貯まるマイルは通常の25%増です。 さらに、最高1億円の海外旅行傷害保険の付帯、空港ラウンジサービスの利用など、どちらかといえば飛行機の利用頻度が高い人向けのカードです。 ショッピングで貯まるマイルは、「JALカード(普通カード)」でショッピングマイル・プレミアムに入会した場合と同じく100円=1マイル。 ただし、「JAL CLUB-Aゴールドカード」の会員は、3,240円の年会費はかかりません。 ファミリーマート、ENEOS、大丸、松坂屋といったJALカード特約店では、貯まるマイルが2倍になります。 Suicaを使いつつJALマイルも貯めたいならJALカードSuica 「JALカードSuica」はビューカードとの提携クレジットカードです。 JALカードにSuica機能を搭載し、チャージで貯まるビューサンクスポイントをマイルに移行できるカードになります。 Suica利用でマイルを貯めたいという人向けのクレジットカードといえます。 カード利用で貯まるマイル数は「JALカード」と同様です。 特徴的なのは、Suicaへのチャージなど1,000円につき6ポイント貯まるビューサンクスポイントを、600P=1,000マイル(ショッピングマイル・プレミアムに入会)で移行できる点です。 ただし、ショッピングマイル・プレミアムに入会していない場合は、600P=500マイルと、条件が悪くなります。 このほか、JALグループでのフライトや、入会後または毎年最初の搭乗で1,000マイル貯まるといった特典も利用できます。 コツコツANAマイルを貯めるなら、実質有効期限を延ばせるANA VISA 一般カード ANAカードはJALカードと違い、利用に応じて貯まった各クレジットカード会社のポイント(クレカポイント)をマイルに移行する仕組みです。 マイル移行については「その都度申告」と「毎月自動移行」を選べます。 その都度申告でマイルをコツコツ貯めやすい その都度申告にすれば、クレカポイントとして持っている間はそのポイントの有効期限、マイルに移行した後はマイルの有効期限がそれぞれ適用されます。 「クレカポイントの有効期限」+「ANAのマイルの有効期限」となり、マイルの有効期限を実質的に延ばすこともできるので、コツコツとたくさんのマイルを貯めたい人におすすめです。 移行手数料6,480円でマイル積算率1%に 「ANA VISA 一般カード」は国際ブランドをVisa、Mastercardから選べます(ほかにJCB、AMEX対応カードあり)。 クレジットカードの利用で通常1,000円=1P=5マイル(移行手数料無料)貯まります。 積算率は0. 5%ですが、6,480円の移行手数料を払うと1Pで10マイルが付与され、積算率は1. 0%にアップします。 またクレジットカードの入会・継続時には搭乗の有無にかかわらず1,000マイルもらえます。 特典航空券を狙うには、少なくとも往復で1万2000マイル(レギュラーシーズン)必要です。 そのためには、1,000円が10マイル(積算率1. 0%)になる移行手数料の支払いが断然おすすめです。 具体的にどちらがお得か、確認してみましょう。 移行手数料無料のコースであれば、280万円のカード利用が必要ですが、移行手数料を支払うコースであれば140万円と、ハードルは低くなります(ANA国内線特典航空券シーズン・必要マイルチャートより)。 「ANAカードマイルプラス対象店舗」ならマイル積算率が最大2%! さらに、セブン-イレブン、ENEOS、スターバックスなどの「ANAカードマイルプラス対象店舗」で買い物すれば、通常のクレカポイントとは別にANAのマイルが0. 5%〜1. 0%加算され、マイル積算率は最大2. 0%になります。 ANAのマイルの有効期限は3年間(36か月後の月末)です。 (関連記事: ) 条件なしで毎年2,000マイル! 充実したサービスもウリのANA VISA ワイドゴールドカード 「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANA VISA 一般カードがグレードアップしたクレジットカードで、国際ブランドはVisa、Mastercardから選べます(ほかにJCB、AMEX、ダイナースクラブ対応カードあり)。 一般カードで6,480円必要だったマイルへの移行手数料は無料になり、通常のショッピング利用で1. 0%のマイルが貯まります。 さらに、カードの入会・継続時には搭乗の条件なく2,000マイルが獲得できるので、陸マイラーにもメリットが大きいカードです。 このほか、ビジネスクラス専用チェックインの利用、空港ラウンジの利用、さらにはフライトに応じて積算されるマイルが通常の25%増になるなど、ANAを利用する人へのサービスも多く提供されています。 一般カードなのにマイル還元率1. 62%も可能! 手間を惜しまない人はソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB) 東京メトロと提携するのが「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」です。 このクレジットカードは、入会・継続時に1,000マイル、日々の買い物でOki Dokiポイント、メトロの乗車や提携サービスの利用でメトロポイントがそれぞれ貯まるというユニークさがウリです。 Oki Dokiポイント・メトロポイントはANAマイルに移行できるので、マイルが貯まるチャンスに恵まれています。 最大のメリットは、100メトロポイントが90マイルという有利なレートでマイルに移行できる点です。 少し面倒ですが、これなら1. 62%の高マイル還元率が実現できます。 日常生活でマイルを貯めて家族4人でグアム旅行! 陸マイラーとして日常生活でどのぐらいマイルを貯めれば家族で海外旅行に行けるのか、「JALカード(普通カード)」を使ってシミュレーションしてみます。 マイルを貯めるには、2倍のマイルが貯まる「ショッピングマイル・プレミアム」(年会費 3,240円)への入会が欠かせませんので、ここでは入会しているものとしてマイルを積算します。 まずは、月々の光熱費や通信費、医療・生命保険などを口座振替からクレジットカード払いにします。 これだけでも4人家族で6万円として毎月600マイルが積算されます。 年間で7,200マイル貯まりますが、海外旅行に行くためにはもう少しマイルが必要です(最低20,000マイル=グアム)。 次はいままで現金で払っていたスーパー、コンビニ、デパートなどでの利用をクレジットカード払いに切り替えます。 現金払いをカード払いにすると月1,660マイルが先ほどの600マイルに加算され、合計で2,260マイル獲得できます。 イオン、ENEOS、マツモトキヨシ、ファミリーマート、大丸など100円で2マイル貯まるJALカードの特約店は、大いに利用しましょう。 グアムの特典航空券は1人20,000マイルなので家族4人分が手に入ります。 毎月のクレジットカード利用額に換算すると、15万3000円(税別)です。 いろいろな支払いをカード払いに切り替えることで、普段使いでカードを使っているうちに特典航空券がもらえる、というイメージです。 ちなみに、JALの国際線の特典航空券が予約できるのは、出発日の前日より起算して330日前の午前10時から。 繁忙期はすぐ予約でいっぱいなってしまうので、その時間にアクセスできるようにしておきましょう。 陸マイラーを目指す初心者向きなのはJALカード! それでは、航空会社の好みは別として、陸マイラーを目指す初心者はJALカードとANAカードのどちらをつくればよいのでしょうか? 同じマイレージプログラムといっても、マイルの貯まりやすさや特典航空券との交換マイル数などで両社は違います。 どちらを選ぶかは利用者次第ですが、買い物で直接マイルが貯まりポイント移行の手間がいらない、というわかりやすい特徴から、JALカードがおすすめです。 手間を惜しまない人であれば、中・上級者向けですが、マイルの実質有効期限を延ばしたり、還元率をアップさせたりできるANAカードでもよいでしょう。 (関連記事:) 提携先のポイントをマイルに移行する 提携先のクレジットカードで貯まったポイントをマイルに移行して貯める方法もあります。 JCBカードのポイントはJAL・ANAのマイル、三井住友カードのポイントはANAのマイル、NICOSカードのポイントはJALのマイルにそれぞれ交換できます。 また、たくさんの会社が採用している共通ポイントでは、dポイント、Pontaポイントが1P=0. 5マイルの換算レートでJALマイルに移行できます。 一方、ANAのマイルには、楽天スーパーポイント、Tポイント、nanacoポイントから移行できます。 あまり魅力的なレートとはいえませんが「マイルが少し足らない」、「ポイントの使い道がない」といったときに利用するといいでしょう。 マイルが貯まりやすいそのほかのクレジットカード 最後に、「JALカード」や「ANAカード」のほかに、陸マイラーを目指す初心者におすすめしたい高マイル還元率のクレジットカードがありますので、紹介します。 ANAもいいけどJALも捨てがたい…迷ったらセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は通常ショッピングの利用で1,000円=1. 5Pの永久不滅ポイントが貯まります。 貯まったポイントは、ANAマイルとJALマイルのどちらにも交換できます(200ポイント=JAL500マイル、ANA600マイル)。 JALマイルを貯める場合は、「SAISON MILE CLUB」(年会費4,000円+消費税)に入会するとショッピング代金1,000円につきJALマイルが10マイル、自動で貯まります。 マイル積算率は1. 0%です。 さらに優遇ポイントとして、2,000円で1Pの永久不滅ポイントも同時に貯まるので、これもマイルに移行すれば最大1. 125%のJALマイル積算率となります。 JALマイルが貯まりやすく、もちろん通常のゴールドカードとしてカードライフも楽しめます。 ANAマイルを貯めるよりお得にANAに乗れる! MileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード 米航空会社のユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカードです。 貯めたマイルは、スターアライアンスの特典航空券へ交換できますが、おすすめはANA国内特典航空券への交換です。 マイルはカードを利用するたびに期限が伸び、毎年500マイルのプレゼントもあります。

次の