てっぺん アプリ。 てっぺん

てっぺん

てっぺん アプリ

ユニット同士のリアルタイムバトルからアクティブレスポンスによって突如繰り広げられる、カードゲームならではの思考の応酬。 そしてダイナミックな必殺技が繰り出されるアルティメットカードバトル。 ご利用前に「アプリケーション共通利用規約」に表示されている利用規約を必ずご確認ください。 お客様がダウンロードボタンをクリックされ、本アプリケーションをダウンロードされた場合には、利用規約に同意したものとみなされます。 ゲームシステムが斬新でとても面白いので新規ユーザーが増えて欲しいです。 しかし色々問題点があるのも事実です。 サクラでは決してありませんが、フォローをしつつ改善してほしい点を書いていこうと思います。 逆にカードゲームを始める上では、勝ちやすいデッキとそのメタデッキで環境が回っていくのを楽しむつもりで始めた方が良いとも言えます。 しかし一部改善してほしい部分もあります。 それは後述します。 結論から言えばナーフ対応の遅さを改善してほしいです。 まず新弾が始まって2ヶ月後には新弾が出るという運営をされるのであれば、新弾発表後、特定のリーダーが他のデッキタイプを制限している 一言で言えば強すぎる 場合、1ヶ月程度でナーフしないと意味がありません。 先ほどゲームバランスについてフォローしましたが、前回の「あくび春麗」環境、更にその前の「モリガン」環境等、特定のヒーローが一強である環境があったことは事実だと思います。 カードゲームをやる以上そういった環境も楽しむ思考 一強のヒーローを使いその中でも更に強い構築を目指す、もしくは一強のヒーローに勝てるようなメタデッキを模索する等の楽しみ方 が大事というのは前述の通りですが、運営の対応が遅くては不満が出るのも当然と言えます。 例えば「モリガン」関連のカードをナーフしたのが「あくび」環境が始まって1ヶ月経ったとき、「あくび」関連のナーフをしたのが現在のhaunted by memoriesがリリースされるときでした。 新環境が始まる 始まっている というのに前弾のバランスを考慮してナーフをするのは、必要のない修正をしている可能性が高いと思います。 例えばあくび環境ではモリガンが唯一と言っても良いほどの対抗手段でしたが前弾で暴れていたという事実でナーフされてしまった印象です。 その結果使用デッキが「あくび」に更に傾いてしまったのも事実だと思います。 新弾が始まって1週間である程度環境は固まります。 その時点で突出して勝率、もしくは使用率の高いデッキタイプが存在すれば1〜2週間でナーフ案を考え発表、その後1週間でナーフを実施するというスピード感でやらなければ意味がないと思います。 新規ユーザーを増やすための工夫がない 公式HP、TwitterやYouTube、ゲーム内お知らせ等の宣伝がかなり薄い印象です。 こうした宣伝なくして公式放送の視聴者もとれせん。 視聴者がいなければ世界大会のスポンサーもつきません。 先細るばかりです。 まずは宣伝にリソースを費やすことです。 TEPPENを運営することでキャッシュフローを上げたければユーザーを増やすこと以外にありません。 しかしユーザーを増やしても継続してもらえなければ意味がありません。 以下に続きます。 新規ユーザーに継続してもらうための工夫がない このゲーム何と言ってもかなりルールが難しい部類だと思います。 チュートリアルがYouTubeの動画だけでは不十分だと思います。 ソロプレイ用のストーリーやプラクティス、クロニクル等がゲームの仕様を理解するために使えなくもないですが、この時点で訳がわからず、面白さがわからずやめてしまう人は多いと思います。 まずはcpuと対戦できるチュートリアルを設置することだと思います。 例えばmpについて10秒で3程度たまる、たまったらコストを支払ってユニットを出す。 そしてそのユニットが敵ヒーローに攻撃するまで10秒かかると言った説明を挟みながら、実際にこの部分だけユーザーにプレイしてもらう。 それ以降のチュートリアルではユニット同士の攻撃がどのように処理されるのかも説明できればなお良いし、特にアクティブレスポンスはカードゲーム未経験では発動順の最後から逆順に効果が処理されると言った仕様そのものの意味がわからないと思います。 またプレイ時、死亡時、リベンジ、空戦、俊敏、鈍足、貫通、重貫通、成長、目覚め、メモリー等の効果も一つずつ理解できるようなチュートリアルがあっても良いのではと思います。 その他、細かい仕様 せっかくのカプコンの有名キャラが一同に集っているのですから、カードの説明欄にキャラクターの出典のような、どの作品からのキャラクターなのか等あっても良いのではと思いました。 あとは対戦が始まってから対戦相手の名前とポイントが確認できないので見逃してしまった場合、気になる時はリプレイから確認しなければいけないのも面倒です。 さらに、デッキ編成画面で高速で上から下にスワイプすると巻き戻されてしまいます。 一言で言えばUIが非常にチープです。 長々と書きましたが、検討だけでもしてもらえれば幸いです。 これからもこのゲームが盛り上がっていけるように運営していただきたいという一心です。 宜しくお願いします。 デッキの強さや出すタイミングが悪いとかで負けるのは分かりますが、何も出せずに止まって負けの記録が出されるのは理不尽です。 インターネット環境の悪さってのも敗因に入るんですね?対戦相手のヒーロー見て勝てるか負けるかは、だいたい予想できます ミラー以外 それに、『あのユニットが出たら次はこうするな』って言う次の動きも予測できます。 インターネット環境とは予測できるものですか?もし出来る方がいれば、お会いして教えてもらいたいです。 おそらく無理でしょうが、ランクマッチでもインターネット環境による負けや勝ち、結構ありました。 いままでは目をつぶっていましたが、グランプリで来ると流石に萎えるのでここに書きました。 返答はおそらく運が悪いになると思うので、自分はこのゲームをやめます。 インターネット環境で負ける人は、自分以外にもいます。 それでプレイヤーが減っていくのはもったいない気がします。 どうしようもないことなんですかね?このゲームを数日の間楽しませてもらった立場として申し訳ありませんが。 インターネット環境で負ける人が少なくなることを祈ってます。 ランカーから比べたらですが、 この類の書き込みを行なっている人たちよりは強いと思います。 その上で、この低評価とこのゲームの良い部分と悪い部分を書きます。 以前のレビューを消されたので長文です。 良い点 ゲームシステム、デザイン、音楽 満点では足りないぐらい素晴らしいです。 「時間」とともに溜まっていくMPと攻撃 「時間」をコストにする発想は素晴らしく、 カードゲームにありそうで無かった革命的なシステムだと思います。 また、このゲームは「空間」のとらえかたも重要で、 カードを出す空間、EXポケットの空間も戦略の一部として組み込まれており、似たようなシステムのカードゲームは他にもありますが、 これほど「勝負」の要素に強く組み込んだゲームは 今までに無かったのではないでしょうか? それくらい、画期的なシステムだと言えます。 キャラはCAPCOMのモノなので、文句なしの満点。 上記のシステムを連想させるような話をこしらえて、 世界観の違うキャラクター達を戦わせるバックストーリーもイイ雰囲気です。 個人的にもっとも評価したいのは、音楽です。 既存のテーマ曲を見事とも言えるアレンジをしており、完成度もめちゃくちゃ高い。 特に、殺意の波動に目覚めたリュウのアレンジ曲は、 真の力を追い求めた男が闇落ちしてしまった悲劇を見事に捉えており、オリジナルを超える旋律で、ゲームを忘れて聴き入ってしまいます。 他にも、ジルやウエスカー、エックスの曲も ゲームをやり込んでないと気がつかないフレーズを オリジナル曲に取り込んでいて、完成度が高い。 ジルのテーマ曲に、バイオ3のOPムービーでUBCS隊員たちがヘリから降りてくる短いシーンで流れていた 本当に短いフレーズを ごく自然に組み込んでいたのを聞いたときは鳥肌がたちました。 また、ガチャも良心的です。 確率が厳しいという声もあるみたいですが、 さまざまなゲームで課金してガチャを回してきた経験上、 少ない金額でかなりイイ確率で当たりを引けるようになってます。 またカードを分解してソウルを貯め、 それを新しいカードに引き換えられるので、 無課金の人も、ボーナスをコツコツためつつ、 ソウルを使えば欲しいカードはそんなに苦労せずに手に入りますし、 レアリティの高いデッキも組めます。 (使用キャラを固定して一極集中が必要ですが) 本来であれば、 素晴らしいゲームでもっと流行ってイイと思うのですが、問題点がこれらを上回るくらいの勢いでマイナスです。 一言でまとめてしまえば「理不尽さ」の多いゲームとなっているのが 今の現状です。 運営さんは、これを以下に減らしていくか? ということにもっと力を入れないと、ユーザーはどんどん離れていくでしょう。 1、ゲームバランス 偏りがとにかく酷い。 テストプレイしてるのか? 適当にカードスキルやコストを決めてませんか? と問いたくなるほどです。 たしかに、カードゲームには環境が存在し、ある程度強いデッキやキャラが出てくるのは仕方ないのですが、このゲームは極端に酷い。 「あくび春麗」のときは特に酷かったです。 アプデ後も、「あくび春麗」は こちらが「あくび」しながらでも勝てるくらい弱くなり、 新キャラのゼロがブッ壊れ性能で登場。 ウエスカーの選別、 リュウの真空波動拳を圧倒的に凌駕するAP機能と 「紫」の相手妨害とカード回転力を備えてます。 ほかの色も強力なカードが追加されているので、 まだあくび時代よりはランカーの間でもキャラが分散していますが、 それでもゼロに大きな偏りがみられます。 酷いのは、即死コンボが存在することです。 対抗策があるにはあるのですが、 非常に少なく防ぎようがありません。 こんな状況なので、使用キャラが絞られます。 2、初心者に厳しい 「ランクマッチ戦の意味わかってますか?」 と問いかけたいです。 ほかのランカーと戦いたいときは「フリーマッチ」でイイはずなのに、ランクマッチ戦でも力と経験の差が圧倒的に激しい 相手とマッチングしたりと、ありえないです。 もちろん、TEPPENを目指すには、強い相手と戦うことは通過点なのですが、初心者がこのゲームを始めて、いきなりBやAランクの相手と当たってボコボコにやられたら、それはやる気がなくなります。 こちらもチャンピオンズランクなのに、たまにA5星0とか あきらかに負け続けている相手と当たったりして、 たまに気の毒になります。 また、このゲームはルールが難しく、 上級者がわけのわからないカードを出してきても、 時間制でテキストを読む暇すらなく、 初心者が「このゲーム一筋でやっていく」ぐらいの気概を持ってない限り、理不尽さに呆れて離れていく一方です。 もっと初心者が入りやすい環境と 「理不尽さ」が緩和されない限り、このゲームに未来はありません。 3、回線弱者はお断り 厄介なのは「ラグ」です。 もちろん、オンラインゲームにラグが発生するのは仕方ないですし、このゲームシステムから「時間の使い方」が物凄く「勝敗」に関わってくるので、 運営さん側というよりユーザー側が気をつけないと損をします。 ping値で100を超えるようなネット環境を使っている方は、 このゲームではまず勝てないと思ってください。 上のランクに行けば行くほど、コンマ秒で先にカードを出せるかどうかが、勝負の行方を決める局面が多発しますので、 回線が遅い人は、自分のデバイス上では相手より早く出したつもりでも、相手の方が先に処理されるので、常に後手後手になります。 なので、このゲームの「理不尽さ」を減らすには、 光回線であることは必須かもしれません。 もし、悪い回線環境にいるなら、負ける前提でゲームをしないと ストレスが溜まっていく一方です。 最後に、 低評価レビューをちょこちょこ消したりしているみたいですが、 ユーザーの声にはもっと耳を傾けて改善した方が良いと思います。 正直、楽しんでいるはずのランカーレベルのプレイヤーも 「なんだかな〜」という声が出てるくらいなので、 考えた方がいいと思います。 バランスも、 もっと強くて有名なプレイヤーの人たちにテストサーバーなどでプレイしてもらい、バランスを微調整するなどの工夫をして リリースするようにしないと、古参も愛想つかして離れていくと思います。 なぜ、自分のような古参が低評価をくだすのか? それは、このゲームがもっと改善されて、もっと楽しくなって欲しいからです。 正直、いまの状態ではこのゲームを友達に勧められません。 パズドラ以来の大ヒット作になる要素が 相当詰まっているはずのゲームなのに、なぜヒットしないのか? をもう一度考えていただきたいです。 CAPCOMの遺産を使って、カードゲームを作っていることを もう少し真剣に捉えていただきたいと感じています。

次の

「NMB48の麻雀てっぺんとったんで!」が,iOS/Android向けに本日リリース

てっぺん アプリ

なお, 日本・アジアでも後日配信される予定とのこと。 ヒーローと呼ばれる各キャラクターの重厚な描き下ろしイラストで展開するオリジナルストーリーや,リアルタイムで進行する臨場感と簡単な操作で行える直感的なバトルにより,白熱したバトルを楽しめそうだ。 日本時間の2019年6月24日,Twitchにて多数のストリーマーが タイトル不明の新作ゲームの配信を行っている。 配信を見る限りでは,カプコンのキャラクターが登場する対戦型のデジタルカードゲームで,時間経過で回復するリソースを使って戦う様子が確認できる。 開発元はカプコンかと思われるが,詳細は不明だ。 キーワード:• また,カプコンからも同様の発表が行われている。 プレスリリースによると今回の協業は,同社が保有するグローバルに通用する有力なゲームブランドと,ガンホーのモバイルゲーム分野での卓越したノウハウおよび実績という,両社の強みを生かしたタイトルを企画・開発・運営することで,市場に訴求する良質なコンテンツの投入を目指すものになるとのこと。 『TEPPEN』は、ガンホーとカプコンが強力なタッグを組み、カプコン人気キャラクターたちが多数登場し、リアルタイムバトルからアクティブレスポンスによって突如繰り広げられる、カードゲームならではの思考の応酬、そしてダイナミックな必殺技アクションによって繰り出されるゲームの総合格闘技、アルティメットカードバトルです。 「ヒーロー」と呼ばれる各キャラクターの重厚な描き下ろしイラストで展開するオリジナルストーリーや、リアルタイムで進行する臨場感と簡単操作で行える直感的なバトルにより、新たな世界観と戦略性を持ち合わせた斬新なバトルゲームとなっています。 なお『TEPPEN』は、日本・アジアでも後日配信を予定しております。 世界中の皆様に新たな体験を提供すべく、ガンホーのこれまでヒットタイトルを生み出してきた企画力及びオンラインゲームの開発・運営力、カプコンのオリジナリティあふれるゲームソフト開発力及び世界中で親しまれている強力なIPという両社の強みを活かし、ガンホーとカプコンで共同開発を行ってまいりました。 これまでにない斬新なカードバトルゲームである『TEPPEN』は、グローバルにサービスを提供していくことはもとより、eスポーツイベントの実施も視野に入れており、カプコンの人気キャラクターたちと共に世界のスマートフォンゲーム市場を切り拓いてまいります。 【基本情報】 タイトル: TEPPEN ジャンル: アルティメットカードバトル 対応機種: iOS 10. 0以降/Android6. All Rights Reserved. (C)CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 予告なく変更する場合がございます。 の商標です。 App StoreはApple Inc. のサービスマークです。 運転中や、歩きながらのスマホ操作はやめましょう。 その後予告なしに変更されることがあります。

次の

TEPPENのレビューと序盤攻略

てっぺん アプリ

また、オンライン対戦をプレイすることで、推しメンイベントの推しメン内ランキングが変動します。 ランキング上位になることで、限定カードやコインなどの報酬を獲得しましょう。 初回購入時は1週間のお試し期間内に解約すればお金はかかりません。 登録期間終了の24時間以上前であれば、自動更新を停止できます。 無料お試し期間が残っている間に購読を開始する場合、残りの無料期間は無効になります。 redqueen. 互換性 iOS 10. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の