さ が とこ アプリ。 【textwell】アクション機能で全てのアプリの良いとこどり【7変化】

中国の「化け物級」音声アプリ、素人とプロの「いいとこ取り」で成功

さ が とこ アプリ

ソフト名 どこでもキャビネット Windows版アプリ バージョン 2. exe サイズ 3. 50MB 著作権者 株式会社大塚商会 対応OS Microsoft Windows 8. メモリ• 対応OSのWindows 8. どこでもキャビネットをインストールするには. NET Frameworkのver4. 2以上が必要となります。 インストールされていない場合は、マイクロソフトのページよりインストールしてください。 本アプリは新規インストール用です。 既にインストール済みのお客様はアプリからのバージョンアップ通知、または「最新版の確認」メニューを利用してアップデートしてください。

次の

アプリと関係ないとこで彼氏できたけど一瞬で終わったよ

さ が とこ アプリ

今回は、モバイルアプリ開発のニーズが高まっている中で、注目されているハイブリッドアプリについて紹介していきます。 詳しく説明するためには、モバイルアプリであるWebアプリと、ネイティブアプリの説明が必要になります。 というも、 ハイブリッドアプリは、この2つのアプリが持っている特徴を、良いとこどりしたアプリだからです。 Webアプリ 特徴 Webアプリは、 マルチプラットフォームに対応したWebサイトで、HTML5・JavaScript・CSS3で書かれています。 ユーザーが、アプリを実行するためには、ある特定のURLにアクセスをしなければなりません。 そして、Webブラウザ上で、アプリを実行することになります。 したがって、Webブラウザが提供する機能以上を、利用することはできません。 メリット 既存のシステムを使えるので、 新しいシステムの開発は不要です。 低コストで開発できるという意味でもあります。 そして、配信はサーバーから行われるので、 アップデートは即時に反映されますし、つねに 最新状態のメンテナンス性を保つことができます。 すぐに配信していきたい広告やプロモーションに、適したアプリだといえます。 さらにアプリをインストールする手間もありません。 URLさえあれば、コンテンツを拡散可能です。 デメリット Webアプリは、オフラインで利用することができません。 また、動作環境はブラウザのみに限られるため、カメラ・GPS・マイク・加速度センサー、そしてアドレス帳・QRコードの利用ができません。 そして、実行速度が、ネイティブアプリに比べると遅くなります。 ネイティブアプリ 特徴 ネイティブアプリは、デバイス・OS内で作動します。 開発言語は、Objective-CやJavaScriptなどで、 アプリパッケージ内にコードが書かれています。 したがって、アプリを実行するには、Webブラウザからではなく、端末にアプリのダウンロードが必要です。 ダウンロードについては、「Google Play」や「App Sotre」のようなアプリストアからインストールします。 したがって開発者は、アプリストアの登録が必須です。 メリット ネイティブアプリは、AndroidやiOSなど、特定のプラットフォームに開発されています。 したがって、 それぞれのOS機能を最大限に活用することが可能です。 カメラ・GPS・マイク・加速度センサー、アドレス帳・QRコードなどと連動させることができます。 SNSや天気予報など、日常的に利用するコンテンツに適しています。 そして、 アプリストアを活かした広告やプロモーションを展開できるのも魅力です。 さらには、動作速度が速く、また端末内にプログラムが配置されているため、オフラインでも利用することができます。 デメリット デバイスごとに、開発環境が異なるため、違う言語での開発をしなければなりません。 開発や申請、反映にも時間がかかってきます。 また、メンテナンスについては、更新はユーザーの利用状況次第ですし、開発者はアップロードをする度に、マーケットストアの登録が求められます。 ほかにも検索エンジンで見つけることはできず、流入経路が限られます。 ハイブリッドアプリ 特徴 ハイブリッドアプリは、 iOSやAndroidなど、マルチなOSに対応しながら、ネイティブアプリの機能を持ち合わせているのが、特徴です。 コンテンツは、Webアプリのコードと、ネイティブコード、どちらもが組み込まれています。 利用するためには、アプリをダウンロードして、端末にインストールしなければなりません。 アプリを実働させるのは、アプリ内のブラウザです。 アプリは、アプリストアから見つけることができます。 メリット Webアプリと、ネイティブアプリのメリットが、組み合わさっています。 とくに 開発をする上での魅力は、手間とコストを抑えることができる点。 というのも、既存のWeb技術で、アプリ制作をすすめていくことができます。 プラットフォームを超えたコンテンツを、すべてHTLM5によって作成することが可能です。 それでいて、配信はアプリストア内。 デバイス機能を活かしたネイティブアプリのような動作を実現してくれます。 デメリット ネイティブアプリのように動作は、速くありません。 またデバイスの機能をフルに活用することは難しく、ネイティブアプリのように高度なことはできません。 というのも、新しいアプリのため、Webアプリやネイティブアプリのように、開発がおいついていません。 扱える技術者も、まだ多くありません。 したがって、開発プラットフォームや技術も変わる可能性も考えられます。 活用例 ハイブリッドアプリの特徴から、 コストを抑えてアプリストアでリリースしたいとき、機能をシンプルにして、リリースの時間を急ぎたいとき、実験的にアプリストアで配信してマーケットの様子をみたいとき、などに適したアプリだと考えられます。 ユーザーの反応分析や、アクセス解析もしながら、修正が可能です。 【引用:】 【引用:】 このような特徴を活かしたアプリの実例として、2,000万ダウンロードを達成したレシピ検索アプリ「クックパッド」や、百科事典アプリ「Wikipedia」などがあります。 ほかにも、「PhoneGap」 参照元: というサイトで事例が掲載されています。 しかし、動作速度はネイティブに比べて遅い。 コストを取るか、操作性を取るかで、ネイティブとハイブリッド、どちらで開発するか判断が必要です。 ネイティブアプリのような高度さはない。

次の

【教員向けアプリ】黒板とデジタルのいいとこ取り、Kocri(コクリ)。│教師の本音

さ が とこ アプリ

本日は愛知でアプリ開発をしている「field Walking」さんのインタビュー記事をお送りします。 今年アメリカのAppStoreで総合2位を獲得し、業界で話題になった中毒ゲー「白いとこ歩いたら死亡」の開発者さんです。 とても温厚な方。 「白いとこ歩いたら死亡」について。 「field Walking」について教えてください。 木下: 愛知県の豊橋で2012年から自社アプリをつくって活動しています、2014年の4月に法人化しました。 メンバーは私がプログラミング、グラフィックデザイナー、広報の3人です。 元々はパソコンのゲーム(仲間うちで遊ぶレベル)をつくっていたのですが、「どうせならアプリとして出したほうが面白いのでは」と考えアプリ開発をはじめました。 一番ヒットしたアプリはなんでしょうか? 木下: 圧倒的に「白いとこ歩いたら死亡」のダウンロード数が多いです。 最初はAndroid版が日本で2012年にヒットして、気が緩んで半年くらい遊んでいたんです。 そのあと2013年の12月にiPhone版をだしたところ、今年に入ってなぜかアメリカですごくヒットしました。 「白いとこ歩いたら死亡」のダウンロード数はどのくらいなんですか? 木下: iOSが600万ダウンロード、Androidは400万ダウンロード、累計で1,000万ダウンロードは突破しています。 国でいうと、日本とアメリカで半々くらい(米国のほうがちょっと多い)という状況です。 日本と米国以外はまったくでしたね。 アメリカのAppStoreでは最高何位までいきましたか、1日のマックスのダウンロード数は? 木下: アメリカでは総合2位が最高順位でした。 その日は 米国のみで1日17万ダウンロードくらいされましたね。 日米あわせてダウンロードがマックスになった日は、26万ダウンロードです。 あと感じたことは、米国AppStoreのユーザーレビューは、日本よりも良心的なレビューが多い。 「中毒になった!」「ハマった!」みたいな褒めコメントが、多めだったとおもいます。 最初の企画はどんな感じで出来たのですか。 木下: 当時は大学生だったのですが、電車の中でふと思いついた感じだったかと思います。 言うまでもなく「子どもがタイルを歩きながらする妄想遊び」をゲーム化したものですね。 最初は仲間うちで遊んでいて、予想外に盛り上がったのでアプリとしてリリースしました、 開発期間は3日くらいですね。 「白いところを踏んでしまうとサメに噛まれる」というのは、僕の地元のローカルルールがそれだったからです。 割と今のままだ。 「白いとこ歩いたら死亡」はアメリカでどうして大ヒットしたのでしょうか? 木下: うーん、それがまったくわからないんですよね、結構一気に火がついた感じでした。 幸い、 英語のローカライズ(翻訳)に関しては、当初からやっていました。 よく周りの人に言われるのは「Flappy Bird」がストアから消えたタイミングだったので、ちょうど 「第二のFlappyを探せ!」という雰囲気があり、中毒性の高いゲームに注目が集まっていたということです。 「一日500万円の広告収入がある」と話題になった。 「白いとこ歩いたら死亡」の収益性は、1ダウンロードあたりどのくらいなんですか? 木下: 収益性は1ダウンロードあたり5-7円くらいです。 クローンにパクり、一瞬で増えた「子孫」たち 米国でヒットした時に、やったことはありますか? 木下: 広告を差し替えました。 元々AdLantisをつかっていたのですが、米国の広告の表示率がそこまで良くなかったので、iADに変更しました。 iADにした理由は特にないです、なんとなくアメリカが強そうだったので。 笑 日本と比べてもアメリカの広告単価は、そこまで極端には違わなかったですね、日本よりちょっと劣るというレベルでした。 海外の人たちもこのゲームの設定ってわかるんですか? 木下: あ、それは理解しているみたいですよ。 海外のタイルみたいな場所の写真をアップしている人も見ましたし、この遊びは世界共通なのかもしれません。 「白いとこ歩いたら死亡」がアメリカでヒットした後、パクり(クローン)アプリが一杯でてきましたよね。 木下: たくさん出てきましたね、もちろん嫌ですし複雑な気持ちではありますけど、1日もあればコピーできるシンプルなゲームなので、どうしようもないなと・・・。 ほぼコピーの第一世代、ルールなどがアレンジされた第二世代も登場した。 こうした中毒性の高いゲームアプリだと、すぐ飽きて消してしまう人も多い? 木下: はい、細かくデータをとっているわけではないのですが、1回遊んですぐアンインストールしてしまう人と、中毒になってずっと遊び続ける人の、2パターンに分かれるとは感じます。 ただ、やはりカジュアルゲームの寿命は短いので、3ヶ月も経てば、アクティブユーザーはかなり減ってしまいます。 なので、例え1,000万ダウンロードされたとしても、 半年もたってしまうと、売上は当てにならないレベルにまで落ちてしまうと思います。 「白いとこ歩いたら死亡」がヒットしたことでどんなことが起きましたか? 木下: 英語のメールがすごくたくさん届きましたが、ほぼ迷惑メールフォルダに振り分けられました、そして英語が読めないので、実はほとんどメールを読んでいないので内容はわからないです・・笑 それと、僕はヒットがでるとダラダラしちゃう、そこはデメリットかもしれません。 やっぱり追い込まれた方が、開発スピードなどは確実に上がりますね。 他につくっているアプリで、開発者の参考になりそうなエピソードはありますか? 木下: 懐中電灯のアプリをつくっているのですけれど、AppStoreで累計17回リジェクトされてしまいました。 めげずに審査をだしていたところ、最終的にAppleから電話がかかってきて 「残念だが、このフラッシュライトアプリが審査に通過することはないよ(いい加減にしてね)」という感じで電話をもらいました。 懐中電灯アプリと、効果音を鳴らすだけのサウンドアプリは、AppStoreにあふれすぎているのか、余程オリジナルなアプリでないと審査が通らないようですね。 つまり「平凡なアプリはだしちゃダメ」ということですね。 これは、Appleのガイドラインにもかいてあることですが。 これからアプリ開発者をはじめたいという人にアドバイスするとしたら? 木下: 難しいですね・・・「白いとこ歩いたら死亡」のように何がヒットするかわからない世界ですし、「いいんじゃない、やってみたら?」と言うことしか出来ないですね。 ありのままの自分の感想を話すと、アプリをつくっている時は、やっぱりすごく楽しいです。 ただ、安定がない世界なので常に将来が心配ではあります。 取材協力: 白いとこ歩いたら死亡(、) 編集後記 それにしてもすごい話だ、1DLの収益性5-7円で1000万ダウンロードなので、単純計算で推定5,000万-7,000万円の広告収益ということ。 たぶん日本のアプリ(カジュアルゲーム)でアメリカでここまでダウンロードされたアプリってないですよね。 こういう実例を見ると、英語のローカライズくらいはやっておいたほうが良いよなあと感じます。 さすがにこのパターンは誰にも予想できない。 アプリを英語対応していないばかりに、ものすごい大きなチャンスを逃す可能性は0ではない。

次の