過去の気温。 過去の時間ごとの温度・湿度を知る方法

東京の過去の天気 2020年7月

過去の気温

会津若松・あの日の天気 会津若松・あの日の天気 あの日の天気( )  福島県会津若松市の過去の天気を 1961(S36)年1月1日 から 検索できます。 気象庁ホームページ[地点:若松]データ使用 年別・月別や全データから最高気温・最低気温・最大降水量・最大降雪量、月の平均気温や月間の降水量・降雪量等を調べられます。 検索したい年月日を指定して[天候]や[算出][・・順]ボタンをクリックしてください。 日付をクリックすると別ウインドウでその日と前年・前日・翌日・翌年も登録されていれば表示します。 比較できます。 1 24. 9 30. 8 77 1. 7 北北西 0. 0 -- -- 7. 1 23. 3 28. 1 35. 0 67 2. 0 北北西 -- -- -- 6. 7 22. 7 26. 7 31. 9 77 2. 8 北西 0. 0 -- -- 11. 0 平 均 22. 0 26. 6 32. 1 30. 7 31. 9 降水は合計降水量。 湿度・風速は平均です。 値 は準正常値、 値] は資料不足値です。 1966年以前と2010年10月以降の概況を表示しておりません。 福島県会津若松市・有限会社フィルダイク・システムズ.

次の

滋賀県 東近江の気温、降水量、観測所情報

過去の気温

会津若松・あの日の天気 会津若松・あの日の天気 あの日の天気( )  福島県会津若松市の過去の天気を 1961(S36)年1月1日 から 検索できます。 気象庁ホームページ[地点:若松]データ使用 年別・月別や全データから最高気温・最低気温・最大降水量・最大降雪量、月の平均気温や月間の降水量・降雪量等を調べられます。 検索したい年月日を指定して[天候]や[算出][・・順]ボタンをクリックしてください。 日付をクリックすると別ウインドウでその日と前年・前日・翌日・翌年も登録されていれば表示します。 比較できます。 1 24. 9 30. 8 77 1. 7 北北西 0. 0 -- -- 7. 1 23. 3 28. 1 35. 0 67 2. 0 北北西 -- -- -- 6. 7 22. 7 26. 7 31. 9 77 2. 8 北西 0. 0 -- -- 11. 0 平 均 22. 0 26. 6 32. 1 30. 7 31. 9 降水は合計降水量。 湿度・風速は平均です。 値 は準正常値、 値] は資料不足値です。 1966年以前と2010年10月以降の概況を表示しておりません。 福島県会津若松市・有限会社フィルダイク・システムズ.

次の

世界の過去の気象データ

過去の気温

過去に起こった氷期-間氷期サイクル 大気中のCO 2濃度は人類が化石燃料を燃焼させること以外にも、自然のしくみ(陸上植物や海洋の働きなど)によって大きく変動しうるものです。 たとえば、過去数十万年の間に起こった氷期-間氷期(かんぴょうき)サイクルと同期するようにCO 2などの温室効果ガスの濃度が大きく変化していたという証拠が、南極やグリーンランドの氷床を掘削した氷のサンプル(氷床コア)から得られています。 例として図1に一番最近の氷期(最終氷期)から現在の間氷期に移行する間の南極の気温(の指標)とCO 2濃度およびメタン濃度の詳細な変動を示します [注2]。 この図を見ると、最終氷期からの気温と温室効果ガスの上昇はほぼ同時か、気温の方がやや早いということがわかります。 この現象は、まず気温上昇などの気候変動で温室効果ガスの濃度が変化し、温室効果ガスの変化がさらに気温変動を増幅させたものであると説明されています。 この気温の変化と温室効果ガスの変化について、以下でもう少し詳しく説明していきます。 これは地球の自転軸や公転軌道の周期的な変化に対応しており、ミランコヴィッチサイクルと呼ばれています。 図1の最終氷期の終わりを例にとると、この日射量変化をきっかけとして、北アメリカやヨーロッパを覆っていた氷床面積の減少、海水面の上昇とそれに伴う大気中の塵の減少、さらには陸上植物の分布が変化したことなどが現在の間氷期への移行に寄与したとされていますが、最近の研究によれば、これらの変動に加えてCO 2などの温室効果ガスの影響を考慮に入れないと、氷期-間氷期の気温差を半分程度しか説明できません。 すなわち、過去にも、大気中の温室効果ガスの変動が地球の気候を実際に変えていたことがわかってきたのです。 自然現象として温室効果ガス濃度が変化するしくみが明らかにされつつある 次に、過去に温室効果ガスの濃度が変化したメカニズムですが、そう簡単ではありませんし、未だに「定説」があるとはいい切れません。 ごく大まかには、氷期-間氷期サイクルにおけるCO 2の変動には、南極周辺の海洋が重要な役割を担っていたと考えられています。 一方、メタンは陸上の湿地が主たる放出源ですので、熱帯から北半球にかけての気温や降水量の変動に濃度が影響されます。 図1では最終氷期から現在の間氷期にかけての気候変動が、 Iから IVの四つのステージに分けられています。 CO 2とメタンの変動がそれぞれのステージで違ったふるまいをしているのは、上記のような発生・吸収メカニズムの違いがあるからです。 実はこのような気温上昇のタイミングや温室効果ガスの変動要因の解明は、今でもホットな研究分野で、次々と新しい事実が明らかになっているところです。 日本が南極ドームふじ基地で掘削した氷床コアを極めて詳細に解析した結果、最終氷期のみならずそれ以前の氷期の終わりも気温の上昇が先であったことがわかり、ミランコヴィッチ説を強く支持したことは、これらの議論の中でも大きな貢献でした。 さらにくわしく知りたい人のために• 氷期の炭素循環について知りたいなら: 日本海洋学会編 2001 海と環境. 講談社. 氷期-間氷期の気候変動についてくわしく知りたいなら: ジョン・D・コックス(東郷えりか訳) 2006 異常気象の正体. 河出書房新社. 最も新しい情報: IPCC第5次評価報告書 第1作業部会報告書 第5章「古気候記録からの情報」 Masson-Delmotte, V. , M. Schulz, A. Abe-Ouchi, J. Beer, A. Ganopolski, J. Jansen, K. Lambeck, J. Luterbacher, T. Naish, T. Osborn, B. Otto-Bliesner, T. Quinn, R. Ramesh, M. Rojas, X. Shao and A. Timmermann, 2013: Information from Paleoclimate Archives. In: Climate Change 2013: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Stocker, T. , D. Qin, G. Plattner, M. Tignor, S. Allen, J. Boschung, A. Nauels, Y. Xia, V. Bex and P. Midgley eds. Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA. または のChapter 5 (いずれも英語)• 2007-07-02 2007年6月号に掲載• 2014-03-03 内容を一部更新.

次の