ニュー タンタン レシピ。 【レシピ】ニュータンタン焼きそば!幻のメニューの再現に挑戦!

にっぽんの心。ニュータンタンメン (再現レシピ追記)|かなった|note

ニュー タンタン レシピ

卵とじベースの、辛いタンタンメンです。 この辛みの調節を注文時に頼めますが、 誤って辛みを強くすると、かなり効いてきます。 私は、下から1~3番目くらいがおすすめです。 今回は「中辛(3番目の辛さ)」にしてみました。 中辛でも、なかなか辛かったです。 MAXの「めちゃ辛」とか、本気でやばい気がします。 妻は普通(2番目の辛さ)で良さげでしたので、次回はそれにしてみようと思いました。 もちっとした麺で、なかなか食べ応えがあります。 そして、やってくる「ニンニク」のシャワー。 ニンニクを全身に浴びている感じです。 これ、やばいです。 なんだか、自分でもよくわかります。 メニューをみていると、焼飯もおいしそうでした。 メニューをみていると、餃子🥟もおいしそうでした。 頼みすぎました。 空いていたので、店員さんも張り切っていたのか、 間髪入れずに、ドンドンやってまいりました。 ハラが、パンパンになりました。 美味しかったです。 さすがは神奈川のソウルフード。 そして、これでもないくらい、ニンニクのかほりがします。 世間にマスクが広まってくれていて、 これほど良かったと思った日はありませんでした。 今こんなご時世なので、なかなか外出が出来ませんが、 ある程度落ちついて来たら、どこかで足を運んで見ようと思います。 たしか、ニンニクは追加で倍増できた気がします。 一体、どのような世界になるのだろう...。 まだまだ、知らない世界が大きいと思った今日この頃です。 ちなみに、近所にニュータンタンのお店がない場合は、 ポテチでお気軽に夢の世界を体験する事が可能です。

次の

にっぽんの心。ニュータンタンメン (再現レシピ追記)|かなった|note

ニュー タンタン レシピ

目 次• ニュータンタンメンを自宅で作るスープレシピ クックパッドを検索すると、いろいろとこだわった作り方がありますが、材料を揃えるのも大変ですよね。 今回は、少ない材料でも作れる、作り方を紹介します。 材料は少ないけど、結構本格的なお味に仕上がります。 豚ひき肉・・・100g• ニンニク・・・1片~• お酒・・・大匙1• ウェイパー・・・大匙1• 韓国唐辛子 粗引 ・・・大匙1~• 卵・・・1個• 麺・・・1玉 韓国唐辛子は、大匙1でお店の「普通」くらいの辛さです。 お好みで調節してみてくださいね。 作り方• ニンニクは、庖丁で叩いてから、粗いみじん切りにします。 麺を別のお鍋で茹でます。 お鍋に水500ccを入れ、沸騰したらひき肉とお酒を入れます。 ひき肉が固まりにならないように崩して、ニンニクとウェイパーを入れます。 スープのアクを取り、唐辛子を入れます。 最後に、ときほぐした卵を入れれば、スープの出来上がりです。 別茹でした麺の上にかけて、お好みのトッピングをして下さいね。 今回は、生のニラをトッピングしました。 お好みで、ごま油を数滴入れてもいいと思いますが、味がちょっと変わっちゃう感じがしますので、私的にはおすすめしません。 お好みでどうぞ。 スポンサーリンク ニュータンタンメンにおすすめの唐辛子と麺 ニュータンタンメンを作る時に、絶対にこだわって欲しいのが、唐辛子と麺です。 唐辛子は、必ず韓国唐辛子の粗びきを使ってくださいね。 日本の一味唐辛子を使うと、辛くて食べられませんよ。 スーパーで韓国唐辛子を見かけないという方は、私は「カルディ」で購入しましたので、参考にしてみてくださいね。 麺は、必ず太麺です。 普通の中華麺ではダメです! ちゃんぽん麺を使うという方もいるようですが、私がおすすめするのはコレ! 上の「つけ麺専用中華麺」です。 一番、お店の麺に近いかなと思います。 今回、ニンニクはチューブの物を使いました。 チューブのニンニクを使う時は、すりおろしタイプよりも、写真右のみじん切りタイプがおすすめです。 この、唐辛子と麺をこだわると、かなりお店に近い味になります。 ニュータンタンメン自作で辛さやニンニクの量もお好みに 自分で作ると、辛さやニンニクの量も調節できので、いいですよね。 このレシピだと、だいたいお店のメニューの「普通」くらいの辛さですが、初めて食べる人は、見た目に辛そうと思うかもしれません。 唐辛子を少なめにして、味見をしてから唐辛子を追加してた方が安心ですね。 ニンニクの量も調節できますが、ニンニク抜きだと、ニュータンタンではなくなってしまいます。 ニンニク必ず入れて下さいね。

次の

元祖ニュータンタン酒場 川崎東口

ニュー タンタン レシピ

スポンサーリンク 最近、有名ラーメン店とコラボしたカップラーメンが多く販売していますね。 個人的にはセブンイレブンが一番力を入れている模様。 本物のニュータンタンの食レポについてはこちら。 さて、カップラーメン。 ででーん!って感じです。 知っている人は知っている 当たり前 のですが、これ普通の坦々麺とは違い、ラーメンの上にかき玉にニンニクや唐辛子が乗っている。 坦々麺とは完全に別物です。 逆に言うと坦々麺を想像して食べると「なんじゃこりゃ!」になるので注意です。 具材をチェックしてみます。 とき卵の素が目立ちますが、具が少々少ないのではと言うのが第一印象です。 ニュータンタンは表面が麺が見えないほどとき卵が乗っているのが特徴なので、どこまでそれを再現できるか? 期待が高まります。 ちなみに待ち時間は標準的なカップラーメンと同様の3分です。 完成です。 やっぱり麺が見えてしまうのは仕方がないのかな?って感じです。 予想を良い意味で裏切ってくれたのは、唐辛子の量です。 お湯を入れる前の具材ではそこまで目立たなかった唐辛子がいい感じを出してくれてます。 個人的にはとき卵の量をもっと増やしてくれればなぁと思ってしまいました。 期待のハードルが高すぎたのかもしれません。 麺をすくってみます。 ニュータンタンの本物は「え?伸びてる?」って思わせるけれど実はモチモチと言う特徴のある麺なのですが、カップラーメンではそこまで再現されず。 開発工程で麺を再現しようと研究開発していたのかもしれませんが、残念ながら再現できず。 これは大きなマイナスポイントです。 でも、具材とスープは大分再現されています。 ついついスープを飲みたくなってしまうのも本家同様。 結局完飲してしまいました。 ごちそうさまでした。 個人的にはこれはこれでありですが、「ニュータンタン」を名乗るのちょいとなーって感じです。 僕のブログではレビューは書いていないのですが、今回は普通のレビューっぽく書いてみましょう。 でも不味くはない• 唐辛子のアクセントが効いていて良い感じ• ニュータンタン好きの人、見かけたら一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか? では!.

次の