イー スポーツ カフェ。 eスポーツの大型観覧カフェ「価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar」が渋谷PARCOにオープン

【2020年版】日本全国の「eスポーツカフェ」店舗一覧まとめ

イー スポーツ カフェ

eSportsの練習やトーナメントができる施設が続々誕生しつつあります。 ここではエリア別にどんな施設があるかまとめていきます。 eSports施設とは? eSportsの大会の開催ができる施設が続々誕生中です。 従来のネットカフェの場合、PCはたくさんあるものの基本的には部屋が仕切られています。 またゲームセンターの場合は、置かれているのはアーケードゲームがメインです。 eスポーツ施設の場合、ゲーミングPCが設置されています。 広いスペースでPCが横一列に並べられているようなスタイルが一般的といえます。 北海道・東北のeSports施設 esports STADIUM SAPPORO(札幌)• 電話:011-211-0098 萬屋盛岡店(岩手盛岡) 1時間500円でeスポーツ体験。 人気ゲームをプレイできます。 東京のeSports施設 ルフス(LFS)(池袋) 2018年4月15日、東京・池袋に誕生したeスポーツ施設。 チーム対戦によるトーナメントが開催できるよう、多くのゲーミングPCがずらっと配置されています。 東京都豊島区東池袋1-43-6 D-BOX 地下1階• TEL:03-5396-7402• FAX:03-5396-7403 イースポーツカフェ(新宿) 全80台ものゲーミングPCが設置されています。 e-sports SQUARE(秋葉原) League of Legends Japan Leagueなどが開催される大規模施設です。 他にガンシューティングエリアや70席のカフェエリアが用意されています。 eスポーツエリア施設利用料は、平日278円 税別 、土日祝日324円 税別。 東京都千代田区外神田1-4-6 2階・3階• TEL:03-3257-0005 esports 銀座 studio(銀座) 銀座の「コナミクリエイティブセンター銀座」内に開設予定です。 神奈川のeSports施設 e-SPORTS PLANET in 3rd PLANET横浜本店(神奈川) 料金は1時間遊び放題で、ワンコイン500円~• 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1ノースポート・モール6F• 神奈川県大和市南林間2-8-20小林ビル1FA• 046-283-0600 その他関東のeSports施設 FIGHTERS(栃木県) 栃木県小山市小山駅前の施設でゲーミングPCが15台設置されます。 住所:栃木県小山市中央町3丁目5-20カーサロブレ2F• 石川県金沢市片町1-3-33ドゥーア柿木畠• 電話:076-225-8528 eスポーツ専用スタジアム(新潟県) 主な設備は55インチモニター2台、65インチモニター1台、さらにスタジアム外にもモニタが10台設置されています。 関西のeSports施設 CLAN(大阪府) eSportsやボードゲームで盛り上がれるバーです。 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-8-33アメ村スクエア大阪センタービル3F• 06-6282-7636 カティーナ(大阪府)• 大阪府大阪市北区堂山町15-15鳳城ビル2F• 06-6809-4195 e-sports cafe MK「イースポーツカフェ エムケー」(大阪府)• 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-3-31 八幡筋ギャラクシー1号館地下1階• 電話:06-6575-7830 3DROPS(大阪府) コワーキングスペースに併設というかたちでゲーミングPC席が全8席あります。 大阪府吹田市豊津町1-41タケダビル2 3F ゲームバー京都(京都)• 京都府京都市伏見区納屋町129• 075-585-8111 ゲームカフェ ATTIC(京都) ボードゲームとPCゲームが遊べるカフェです。 1時間500円~。 京都府 京都市北区上賀茂松本町96-4• 075-746-6468 九州のeSports施設 eスタジアム福岡(福岡)• 福岡県福岡市中央区天神4-3-20ノース天神5F• 電話:092-791-5810 ゲーミングハウスとは? eスポーツカフェなどが都度利用・大会利用なのに対し、ゲーミングハウスの場合は宿泊しながらゲーム練習に没頭できる施設となります。 ゲーム版シェアハウスといってもよいでしょう。 関東のゲーミングハウス TOKYOゲーミングシェアハウス(東京) ゲーム専門の共有部や鍵付き個室が完備。 ゲーミングハウス 上板橋(東京) 個室なしのシェアだが、家賃が3. 5万円と格安。 apicode.

次の

スポーツ・アウトドア通販の eSPORTS(イースポーツ)

イー スポーツ カフェ

eスポーツカフェとは?どんなサービス・役割がある? eスポーツカフェとは、その名前の通り、eスポーツに特化したサービスを行なっているカフェ・施設です。 ネットカフェの延長のようなスタイルから、eスポーツ専門施設としてのスタイルなど様々な形態のeスポーツカフェ・施設があります。 ここでは、eスポーツカフェや施設の持つ役割について説明していきます。 大会会場としての役割 eスポーツの大会などの会場にもなるeスポーツカフェや施設があります。 都内だけではなく、大阪や名古屋、福岡にも同様の大会会場としての役割を持つeスポーツカフェ・施設が存在しています。 特徴としては、通常営業時は、個人用ブースとして仕切りが設けてありますが、大会開催時には、ブース席が撤去され、ウォッチングスペースと競技用スペースに仕切られて運営されるスタイルが主流です。 最近OPENしたeスポーツ施設では池袋にある「LFS ルフス 池袋」が有名ですね。 ワンフロアタイプのeスポーツ施設で、eスポーツ大会用のステージを常設し、防音ゲーミングルーム(ボックス型選手席)や、ハイエンドゲームPCを80台備えた最新eスポーツ施設です。 トレーニング場としての役割 eスポーツの大会に向けたトレーニング施設としての役割もあります。 チームスポーツでもあるeスポーツは、ネット上でもトレーニングは可能ですが、直接顔を合わせてトレーニングするのとでは、コンビネーションにも大きな差が出てきます。 トレーニングに特化したeスポーツカフェ・施設は、専用駐車場や、休憩用のカフェ・施設スペースなど、造りそのものも他のeスポーツカフェ・施設とは異なっています。 有名なトレーニング施設型eスポーツカフェ・施設は、神奈川県横浜市にある「e-SPORTS STUDIO」があります。 チームトレーニングに最適な環境でトレーニングをすることが出来ます。 競技以外ではどんな役割がある? eスポーツカフェ・施設はゲームのトレーニングや大会開催の場所とだけが役割ではありません。 ここでは競技関連以外でのeスポーツカフェ・施設の役割に関して説明していきます。 コミュニティーの場所としての役割 オープン型ネットカフェに近い業態のeスポーツカフェがあります。 そういったeスポーツカフェでは、eスポーツの魅力の一つである「コミュニティー」を高める場所としての役割があります。 普段はネットでしかコミュニケーションを取れないようなユーザーのオフ会や、コミュニティーイベントなどが行なわれているeスポーツカフェもあります。 ゲーム実況などのスタジオとしての役割 かなり特殊ではありますが、ゲーム実況を行なうスタジオとしての役割を持っているeスポーツカフェ・施設があります。 撮影用の部屋や、機材、配信用の機材など、ゲーム実況に特化した施設設備が多くあるのが特徴です。 日本eスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設 日本eスポーツの団体とは、eスポーツの認知向上のための一般社団法人などを指します。 日本eスポーツリーグ協会や、日本eスポーツ連合といった団体があり、それぞれがプロライセンスを発行したり、大会を主催したりしています。 ここでは各団体認定のeスポーツカフェ・施設について解説していきます。 団体認定のeスポーツカフェ・施設の役割 団体が認定しているeスポーツカフェ・施設では、通常のeスポーツカフェ・施設と同じような営業形態をとっている所が多いです。 また、eスポーツの各団体主催大会の開催や、eスポーツプロライセンス発行のための認定会などが行なわれる会場でもあります。 現在日本国内にある日本eスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設 現在日本国内にあるeスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設はそれほど多くありません。 有名な団体認定のeスポーツカフェ・施設は、福岡県福岡市博多区にある「iGS ARENA inサイバック博多店」があります。 日本eスポーツ協会の公認施設として開設され、九州地区のeスポーツ発展の聖地としての役割も期待されています。 まとめ eスポーツカフェ・施設は、その目的やサービスによって役割が変わっています。 ネットカフェと違い、eスポーツに特化しているのが唯一の共通項です。 今後日本中がeスポーツの普及に伴って、カフェ・施設の一区画をeスポーツ専用にするなどの業態も増えてきています。 eスポーツ普及や認知度の向上のために、民間企業や、各団体、ユーザーが一体となって活動して欲しいですね。

次の

スポーツ・アウトドア通販の eSPORTS(イースポーツ)

イー スポーツ カフェ

eスポーツカフェとは?どんなサービス・役割がある? eスポーツカフェとは、その名前の通り、eスポーツに特化したサービスを行なっているカフェ・施設です。 ネットカフェの延長のようなスタイルから、eスポーツ専門施設としてのスタイルなど様々な形態のeスポーツカフェ・施設があります。 ここでは、eスポーツカフェや施設の持つ役割について説明していきます。 大会会場としての役割 eスポーツの大会などの会場にもなるeスポーツカフェや施設があります。 都内だけではなく、大阪や名古屋、福岡にも同様の大会会場としての役割を持つeスポーツカフェ・施設が存在しています。 特徴としては、通常営業時は、個人用ブースとして仕切りが設けてありますが、大会開催時には、ブース席が撤去され、ウォッチングスペースと競技用スペースに仕切られて運営されるスタイルが主流です。 最近OPENしたeスポーツ施設では池袋にある「LFS ルフス 池袋」が有名ですね。 ワンフロアタイプのeスポーツ施設で、eスポーツ大会用のステージを常設し、防音ゲーミングルーム(ボックス型選手席)や、ハイエンドゲームPCを80台備えた最新eスポーツ施設です。 トレーニング場としての役割 eスポーツの大会に向けたトレーニング施設としての役割もあります。 チームスポーツでもあるeスポーツは、ネット上でもトレーニングは可能ですが、直接顔を合わせてトレーニングするのとでは、コンビネーションにも大きな差が出てきます。 トレーニングに特化したeスポーツカフェ・施設は、専用駐車場や、休憩用のカフェ・施設スペースなど、造りそのものも他のeスポーツカフェ・施設とは異なっています。 有名なトレーニング施設型eスポーツカフェ・施設は、神奈川県横浜市にある「e-SPORTS STUDIO」があります。 チームトレーニングに最適な環境でトレーニングをすることが出来ます。 競技以外ではどんな役割がある? eスポーツカフェ・施設はゲームのトレーニングや大会開催の場所とだけが役割ではありません。 ここでは競技関連以外でのeスポーツカフェ・施設の役割に関して説明していきます。 コミュニティーの場所としての役割 オープン型ネットカフェに近い業態のeスポーツカフェがあります。 そういったeスポーツカフェでは、eスポーツの魅力の一つである「コミュニティー」を高める場所としての役割があります。 普段はネットでしかコミュニケーションを取れないようなユーザーのオフ会や、コミュニティーイベントなどが行なわれているeスポーツカフェもあります。 ゲーム実況などのスタジオとしての役割 かなり特殊ではありますが、ゲーム実況を行なうスタジオとしての役割を持っているeスポーツカフェ・施設があります。 撮影用の部屋や、機材、配信用の機材など、ゲーム実況に特化した施設設備が多くあるのが特徴です。 日本eスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設 日本eスポーツの団体とは、eスポーツの認知向上のための一般社団法人などを指します。 日本eスポーツリーグ協会や、日本eスポーツ連合といった団体があり、それぞれがプロライセンスを発行したり、大会を主催したりしています。 ここでは各団体認定のeスポーツカフェ・施設について解説していきます。 団体認定のeスポーツカフェ・施設の役割 団体が認定しているeスポーツカフェ・施設では、通常のeスポーツカフェ・施設と同じような営業形態をとっている所が多いです。 また、eスポーツの各団体主催大会の開催や、eスポーツプロライセンス発行のための認定会などが行なわれる会場でもあります。 現在日本国内にある日本eスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設 現在日本国内にあるeスポーツ団体認定のeスポーツカフェ・施設はそれほど多くありません。 有名な団体認定のeスポーツカフェ・施設は、福岡県福岡市博多区にある「iGS ARENA inサイバック博多店」があります。 日本eスポーツ協会の公認施設として開設され、九州地区のeスポーツ発展の聖地としての役割も期待されています。 まとめ eスポーツカフェ・施設は、その目的やサービスによって役割が変わっています。 ネットカフェと違い、eスポーツに特化しているのが唯一の共通項です。 今後日本中がeスポーツの普及に伴って、カフェ・施設の一区画をeスポーツ専用にするなどの業態も増えてきています。 eスポーツ普及や認知度の向上のために、民間企業や、各団体、ユーザーが一体となって活動して欲しいですね。

次の