メイアン ニコニコ 年齢。 メイリア

バカナンス日南(かなん)の素顔や胸のサイズとは?本名や年齢,大学等のプロフィール!

メイアン ニコニコ 年齢

メイは帰って来た柊吾の元に駆け寄ろうとしていたが、ニアの姿を捉えると表情を凍らせ、柊吾の前に仁王立ち。 デュラも立ち上がってすぐに固まる。 メイは笑みを作ってはいるが、声は氷点下だ。 柊吾は異様な緊張感に内心ビクビクしながら口を開く。 「待て待て、クエストに行ったって妹は作れるもんじゃないぞ」 「言い訳は聞きたくありません。 だから心配だったのに……」 メイは「はぁ~」と深いため息を吐いた。 柊吾はあくまで自分の無実を主張しようとする。 「ちょっと待て! 別に言い訳でもないし、一体なんの心配をしてたんだよ!?」 メイが「むぅ~」と黙ってジト目を柊吾へ向けていると、ニアが柊吾の横に並んだ。 「柊く~ん、この 娘 ( こ )もお嫁さん~?」 柊吾はぎょっとした。 この娘はなんてことを言い出すんだと。 それに、 (「も」ってなんだよ、「も」って。 結婚うんぬんの話は終わったことじゃないのか) 柊吾は冷や汗を掻きながらニアにアイコンタクトを送る。 するとニアは花が咲くようにぱぁっと微笑んだ。 柊吾はガクッと肩を落とす。 「おっ、おおお嫁さん!? な、なんて破廉恥な!」 メイは顔を真っ赤にしながら頬を引きつらせた。 ショックで後ずさっている。 「いやなにがだよ!?」 柊吾は思わず突っ込んだ。 メイのピンク耐性はゼロどころかマイナスか。 それに比べデュラはニアの前に膝を立て、その手の甲に口をつけている。 いつの間にかニアに忠誠を誓っていた。 「お~くるしゅ~ないぞ~」 ニアは楽しそうだ。 「デュ、ラ、さ、ん~~~」 メイの怒りの声が聞こえた途端、デュラはビクッと肩を震わせ、慌てて定位置の壁際に戻り、そっぽを向いた。 「デュラさん、信じていたのに……」 柊吾が苦笑しながらメイに落ち着くよう言うと、彼女は頬を膨らませはしたが一旦気を落ち着かせる。 柊吾は相好を崩しホッと息を吐いた。 「紹介するよ。 彼女はニア。 竜人で龍王の娘だ。 それでニア、こっちの女の子がメイ、アンデットっていう特別な種族の女の子だ」 龍王の娘と聞いて、メイは驚いたように目を見開いた。 当然の反応か。 ニアはアンデットと聞いても特に動じず、ニコニコしながら先ほどの質問を繰り返す。 「よろしく~。 柊くんのお嫁さんじゃないん~?」 「こちらこそよろしくお願いします。 私は妹です」 メイはキッパリと言った。 (だから妹じゃないって言ってるのに……) 柊吾はため息を吐く。 「じゃぁいいや~」 ニアは興味を失ったようにメイから視線を外して室内を見回す。 そして最後に柊吾を至近距離で見つめると、 「柊くん、カッコいい~」 ニアは満面の笑みを浮かべ柊吾の腕に頬ずりしてきた。 柊吾はびっくりして素っ頓狂な声を出す。 「ちょっ、ちょっとニアっ?」 「ぐぬぬぬぬぬ」 メイが忌々しげに眉をしかめ、唸っていた。 そしてメイは、柊吾の腕に押し当てられているニアの豊満な胸を見て、頬を膨らませながらそっぽを向く。 「お兄様は、慎ましやかなのがお好きなんです」 「え~? 父上言ってたよ~? 男は皆、大きなおっぱいが好きだって」 ニアはそう言って両脇から胸を押して強調し、勝ち誇ったような薄笑いを浮かべる。 (待て待て待て待て。 龍のメスに大きな胸とかあるのか!?) 柊吾は内心で突っ込んでいた。 それにしても、いたいけな少女にそんなことを教えるなんて、あの竜とんだエロ親父だ。 「ぐぬぅぅぅ~」 「むふぅぅぅ~」 らちが明かないと思った柊吾は、こっそり二人から離れ、デュラに手伝ってもらいながら戦利品の整理や装備の収納を始めた。 「ふんっ!」 やがてメイはぷんすかしながらそっぽを向いた。 「なあメイ、機嫌直してくれよ」 「別になにもないです」 そう言って口を尖らせる。 拗ねているのが丸分かりだ。 「ニアの言ったことが引っ掛かってるのか?」 当のニアは、能天気に目を輝かせながら、家のアイテムボックスをガサゴソと漁っている。 魚を漁る猫じゃあるまいし…… メイは、ニアが動くたびに揺れる胸に恨みがましい視線を送っている。 相当根に持っているようだ。 「ハナさんもお胸が大きいですもんね!」 メイは急にそんなことを言って口を尖らせた。 柊吾は小さく嘆息すると、メイの両肩を掴み自分の方へ向かせた。 「別に胸がどうこうとか関係ないよ。 メイにはメイの良さがあるじゃないか。 俺は君の上品な立ち振る舞いが好きだし、年齢の分、ハナよりも魅力的だと思うよ」 真剣な表情でそんなことを言った。 メイはみるみる頬を紅潮させる。 「も、もぅお兄様ってば……」 メイは満更でもなさそうに「にへら~」と表情を緩ませ、頬に手を当てている。 そんな二人の元へニアが歩いてきた。 「む?」 メイは警戒心をあらわにする。 しかしニアは、ニコニコと笑ってメイを見つめていた。 「柊くんより~私の方が年上だから、私がお姉さん~。 だから、メイも私の妹~」 ニアはそう言ってメイの頭を撫でた。 「そ、そんなので、私は手なずけられたりなんて……」 いつの間にかメイは気持ちよさそうに目を細めていた。 無邪気なニアに、メイもすっかり毒気を抜かれてしまったようだ。 「むふふ~。 グリプスもこうやると気持ちいいって言ってたの~」 さすがは野生児。 見た目以上にたくましい。 ………………………….

次の

大神ミオの前世(中の人声優)はメイアン?わさびは?タイガーについても

メイアン ニコニコ 年齢

メイアンの年齢や本名などのプロフィール! 名前:メイアン 本名:不明 バレ経験あり 生年月日:1985年9月12日 年齢:2019年で34歳 星座:乙女座 血液型:O型 出身地:埼玉県(東京在住) メイアンさんは2008年から活動を始めたゲーム実況者です。 初めての投稿はFF9で、その後はテイルズやクロノトリガーと言った有名タイトルを中心に実況。 どんなゲームでもプレイする雑食ゲーマーですが、特にRPGを好んでいるようです。 主な活動場所はニコニコ動画で、今のところは他の場所での活動は確認されていません。 またこの時は「メイアン」ではなく「ねーやん」と名乗っていたようですが、 録音環境が悪かったために視聴者には「メイアン」と聞こえていたようです。 次の動画では「もうメイアンでいいや」ということで、その名前が定着したそうです。 メイアンさんはFF7、8、9はプレイしたことがあるようですが、 最初の展開に戸惑っていたので記憶はあまり残っていない模様。 しかし断片的に記憶があるようで、変なシーンを覚えていたりいきなりネタバレしたりと見所は多いです。 そんなメイアンさんのプロフィールについて! メイアンさんは1985年9月12日生まれで、2019年で34歳になります。 本名について、2010年に行われた生放送において、ファンの要望に答えて体操服を着た際に本名が写り込んでしまうというハプニングがあったようですが、名前まではわかりませんでした。 出身について、実況を始めたころは埼玉の実家暮らしであることを話していたことから埼玉出身であることがわかります。 そして現在は引っ越して、東京で一人暮らしをしているようです。 デビュー当時の素顔も気になりますが、当時20代前半だったことを考えると時間の流れを感じます。 突然の失踪に驚いた人もいたようですがゲーム実況界隈では珍しいことでもないので、 いつの間にか話題は風化していきました。 しかし2015年12月19日に行われた生放送でまさかの復活。 「いちはん」さんを加えてこれからは2人でやっていくと発表しました。 しかし、現在はいちはんさんとは疎遠になっているようです。 噂によると、いちはんさんは忙しくて実況活動ができなくなっていき、 精力的に活動したいメイアンさんとズレが生じていたようです。 グループ、コンビ実況にはよくあることだと思いますが、 リアルで仕事があるとどうしてもモチベーションに差が出てきます。 当然それを強要するわけにもいかないし、余裕のない状態で実況しても本人が楽しめなくなると思います。 こればかりは仕方のないことかもしれませんね。 そんなわけでメイアンさんは現在はソロで活動しています。 以上、ゲーム実況者メイアンの記事でした!.

次の

バカナンス日南(かなん)の素顔や胸のサイズとは?本名や年齢,大学等のプロフィール!

メイアン ニコニコ 年齢

メイは帰って来た柊吾の元に駆け寄ろうとしていたが、ニアの姿を捉えると表情を凍らせ、柊吾の前に仁王立ち。 デュラも立ち上がってすぐに固まる。 メイは笑みを作ってはいるが、声は氷点下だ。 柊吾は異様な緊張感に内心ビクビクしながら口を開く。 「待て待て、クエストに行ったって妹は作れるもんじゃないぞ」 「言い訳は聞きたくありません。 だから心配だったのに……」 メイは「はぁ~」と深いため息を吐いた。 柊吾はあくまで自分の無実を主張しようとする。 「ちょっと待て! 別に言い訳でもないし、一体なんの心配をしてたんだよ!?」 メイが「むぅ~」と黙ってジト目を柊吾へ向けていると、ニアが柊吾の横に並んだ。 「柊く~ん、この 娘 ( こ )もお嫁さん~?」 柊吾はぎょっとした。 この娘はなんてことを言い出すんだと。 それに、 (「も」ってなんだよ、「も」って。 結婚うんぬんの話は終わったことじゃないのか) 柊吾は冷や汗を掻きながらニアにアイコンタクトを送る。 するとニアは花が咲くようにぱぁっと微笑んだ。 柊吾はガクッと肩を落とす。 「おっ、おおお嫁さん!? な、なんて破廉恥な!」 メイは顔を真っ赤にしながら頬を引きつらせた。 ショックで後ずさっている。 「いやなにがだよ!?」 柊吾は思わず突っ込んだ。 メイのピンク耐性はゼロどころかマイナスか。 それに比べデュラはニアの前に膝を立て、その手の甲に口をつけている。 いつの間にかニアに忠誠を誓っていた。 「お~くるしゅ~ないぞ~」 ニアは楽しそうだ。 「デュ、ラ、さ、ん~~~」 メイの怒りの声が聞こえた途端、デュラはビクッと肩を震わせ、慌てて定位置の壁際に戻り、そっぽを向いた。 「デュラさん、信じていたのに……」 柊吾が苦笑しながらメイに落ち着くよう言うと、彼女は頬を膨らませはしたが一旦気を落ち着かせる。 柊吾は相好を崩しホッと息を吐いた。 「紹介するよ。 彼女はニア。 竜人で龍王の娘だ。 それでニア、こっちの女の子がメイ、アンデットっていう特別な種族の女の子だ」 龍王の娘と聞いて、メイは驚いたように目を見開いた。 当然の反応か。 ニアはアンデットと聞いても特に動じず、ニコニコしながら先ほどの質問を繰り返す。 「よろしく~。 柊くんのお嫁さんじゃないん~?」 「こちらこそよろしくお願いします。 私は妹です」 メイはキッパリと言った。 (だから妹じゃないって言ってるのに……) 柊吾はため息を吐く。 「じゃぁいいや~」 ニアは興味を失ったようにメイから視線を外して室内を見回す。 そして最後に柊吾を至近距離で見つめると、 「柊くん、カッコいい~」 ニアは満面の笑みを浮かべ柊吾の腕に頬ずりしてきた。 柊吾はびっくりして素っ頓狂な声を出す。 「ちょっ、ちょっとニアっ?」 「ぐぬぬぬぬぬ」 メイが忌々しげに眉をしかめ、唸っていた。 そしてメイは、柊吾の腕に押し当てられているニアの豊満な胸を見て、頬を膨らませながらそっぽを向く。 「お兄様は、慎ましやかなのがお好きなんです」 「え~? 父上言ってたよ~? 男は皆、大きなおっぱいが好きだって」 ニアはそう言って両脇から胸を押して強調し、勝ち誇ったような薄笑いを浮かべる。 (待て待て待て待て。 龍のメスに大きな胸とかあるのか!?) 柊吾は内心で突っ込んでいた。 それにしても、いたいけな少女にそんなことを教えるなんて、あの竜とんだエロ親父だ。 「ぐぬぅぅぅ~」 「むふぅぅぅ~」 らちが明かないと思った柊吾は、こっそり二人から離れ、デュラに手伝ってもらいながら戦利品の整理や装備の収納を始めた。 「ふんっ!」 やがてメイはぷんすかしながらそっぽを向いた。 「なあメイ、機嫌直してくれよ」 「別になにもないです」 そう言って口を尖らせる。 拗ねているのが丸分かりだ。 「ニアの言ったことが引っ掛かってるのか?」 当のニアは、能天気に目を輝かせながら、家のアイテムボックスをガサゴソと漁っている。 魚を漁る猫じゃあるまいし…… メイは、ニアが動くたびに揺れる胸に恨みがましい視線を送っている。 相当根に持っているようだ。 「ハナさんもお胸が大きいですもんね!」 メイは急にそんなことを言って口を尖らせた。 柊吾は小さく嘆息すると、メイの両肩を掴み自分の方へ向かせた。 「別に胸がどうこうとか関係ないよ。 メイにはメイの良さがあるじゃないか。 俺は君の上品な立ち振る舞いが好きだし、年齢の分、ハナよりも魅力的だと思うよ」 真剣な表情でそんなことを言った。 メイはみるみる頬を紅潮させる。 「も、もぅお兄様ってば……」 メイは満更でもなさそうに「にへら~」と表情を緩ませ、頬に手を当てている。 そんな二人の元へニアが歩いてきた。 「む?」 メイは警戒心をあらわにする。 しかしニアは、ニコニコと笑ってメイを見つめていた。 「柊くんより~私の方が年上だから、私がお姉さん~。 だから、メイも私の妹~」 ニアはそう言ってメイの頭を撫でた。 「そ、そんなので、私は手なずけられたりなんて……」 いつの間にかメイは気持ちよさそうに目を細めていた。 無邪気なニアに、メイもすっかり毒気を抜かれてしまったようだ。 「むふふ~。 グリプスもこうやると気持ちいいって言ってたの~」 さすがは野生児。 見た目以上にたくましい。 ………………………….

次の