犬 柵 室内。 室内犬はケージ飼いと放し飼いどちらがいいの?

【楽天市場】ゲート

犬 柵 室内

室内犬のための部屋の作り方 ケージやサークルはリビングに設置する 犬を室内で飼う場合、ケージやサークルをはじめ、トイレやおもちゃなどの犬用グッズを部屋の中に用意する必要があります。 犬は人間と一緒にいることで落ち着くことができるため、人の出入りが多く家族の姿が見える場所にケージやサークルを配置してあげましょう。 特に子犬の場合、孤立することを嫌がる傾向があります。 そういった場合には「犬専用の部屋」を用意するのではなく、ケージやサークルを活用しながらリビングで育てるのも1つの方法です。 放し飼いを避ける 犬は自分の居場所があると落ち着くことが分かっており、放し飼いにしておくことでわがままな犬になったり、外へ飛び出してしまったりすることがあります。 そのため、犬を室内で飼う場合でもケージを設置し、放し飼いは避けた方がよいでしょう。 放し飼いは、犬が部屋を自由に動き回れるため一見よいことのように感じますが、犬にとっては自分の居場所がないことがストレスになっている可能性もあります。 特に多頭飼いの場合、それぞれの犬に1つずつケージやサークルを用意し、安心して休める空間を作ることが大切です。 滑りにくい床材を使用する 室内犬のための部屋作りで気をつけたいポイントは、犬が過ごすスペースの床材の選び方です。 滑りやすい床材(フローリング)は、犬が滑って転んだり足腰に負担をかけたりする可能性があります。 安全のために、犬の足腰に負担が少ないカーペットやコルクマットの設置、滑り止めのワックスを塗るといった対策を考えましょう。 また畳が敷かれた和室は、犬がかじったり爪で引っ掻いたりすることで畳がボロボロになってしまうため、犬を飼う部屋としては適していません。 快適な温度設定にする 部屋作りの最後のポイントは、快適な室温に設定することです。 特に留守番をさせるなど、長い時間に渡って家を空ける場合には、犬にとって快適な温度や環境を保てるような対策が必要です。 犬が快適に過ごせる室温の目安は次の通りです。 シングルコートの犬種に比べ、換毛期のあるダブルコートの犬種の方が被毛が厚く、寒さにも強い傾向があります。 犬の部屋の作り方の注意点 犬の臭い対策 室内で犬を飼うと、犬の臭いや落ちている抜け毛が気になることがあります。 部屋の臭いの原因は、犬自身から発生する体臭や排泄物、口臭など様々なことが考えられます。 また、高齢になるほど臭いが強くなる傾向があり、肛門腺や皮膚炎などが原因とされています。 犬によって臭いの原因は異なりますが、歩き回ったり寝転がったりする場所は臭いが染みつきやすくなります。 そのため、定期的なブラッシングやシャンプー、歯磨きといった体を清潔に保つケアに加え、換気やトイレシートをこまめに替えるなどの消臭対策を行いましょう。 犬が安全に過ごせる環境を整える 室内犬がいる場合、日頃から誤飲誤食や事故には十分気をつけなければなりません。 人間にとっては何でもないものが、犬にとっては命に関わる事故に繋がる可能性があることを覚えておきましょう。 犬が食べると中毒症状を起こす危険がある食べ物を置かないことや、電気コード類などの危険なものを部屋から片付けることが対策として考えられます。 また、家具の配置を工夫したり、階段やストーブといった危険なところには犬用の柵やスロープをつけるなどの対策も考えましょう。 犬の部屋のレイアウト 部屋のレイアウトについて 犬の部屋を考えるときには、部屋の間取りや家具の配置といったレイアウトも意識して作るとよいでしょう。 中でも犬がリラックスして快適に過ごせるよう、部屋の仕切り方には工夫が必要です。 室内で飼う場合、散歩から戻ってきたとき用に足の洗い場を確保できると便利です。 人間と犬の違いを理解したうえで、お互いが気持ちよく過ごせるアイデアを部屋作りに活かしましょう。 レイアウトの工夫 犬はもともと群れで生活していた生き物です。 そのため、忠誠心が強く人間にも従順ですが、留守番などで一人で過ごす時間が苦手です。 そのため部屋の中で犬と暮らす場合、ふれ合う機会を多く持てるような空間作りを意識することがポイントとなります。 また、犬の目線で安全を考えることも大切です。 階段は緩やかに作る• 日光浴ができる見晴らし窓をつける• 犬専用のスペースを作る• 犬用のフェンスを設置する• 犬の出入りを考えてドアとゲートを使い分ける 犬が部屋の中で暮らすときは、基本的にドアを閉めず犬が自由に出入りできるようにしてください。 安全性に配慮し、ドアにストッパーなどをつけておけば、犬が誤って挟まれるといった事故も避けることができます。 またキッチンや階段前、ベランダなど犬に自由に出入りしてもらいたくない場所は、床や壁にしっかりと固定できる犬用のゲートやフェンスを設置することで危険を回避することができます。 ジャンプ力がある犬の場合、飛び越えられないように高さのあるハイゲートを選ぶことをおすすめします。 レイアウトの注意点 犬がリラックスして過ごせるように、家族の動線ではないところに犬の部屋となるスペースを作ってあげるとよいでしょう。 またトイレスペースとベッドを一緒にすると、犬がトイレの上で寝てしまう癖がつくので避けましょう。 犬が食事をしているときに子どもが手を出すと犬にケガを負わされることもあるため、子どもがいる家庭では飲み水置き場やえさ置き場を決めるときにも配慮が必要です。 犬の部屋のインテリア 犬がいるとどうしても部屋が散らかってしまい、インテリアにこだわるのは難しいと考える方がいます。 しかし少しの工夫で、犬が暮らしやすい環境を作りつつ、飼い主さんの好みのインテリアを部屋の中に取り入れることも可能です。 インテリアの選び方 リビングやダイニング、テラスなど家族がくつろぐ部屋に犬のくつろぐスペースを作る場合は、部屋のテイストに合う犬用のラグマットなどを選ぶとインテリアにも合わせることができます。 またソファや椅子は、家具を汚れから守ってくれる防水加工が施させれているもの、カーテンは遮光性と防音性を兼ね備えたものを選ぶとよいでしょう。 インテリアの注意点 犬にとって危険なものは部屋に置かないことを基本とし、転倒の可能性のある背の高い家具や家電を選ばないように気をつけましょう。 ルームランプのように固定されていない不安定な家具は犬のいる空間には絶対に置かないようにすることが大切です。 本棚など取り付ける際に固定できるものは、しっかりと固定できるように工夫してから配置しましょう。 部屋に置くゴミ箱を蓋がないタイプにすると、犬がごみ箱の中身を漁って誤飲誤食をしてしまう危険性が高まります。 そのため基本的には蓋付きのゴミ箱を選ぶことをおすすめします。 まとめ 室内で飼う犬の部屋作りにはポイントがあり、犬が快適に過ごすためにはちょっとした工夫が必要なことが分かりました。 いくつかのポイントを押さえれば、犬が暮らしやすい環境を保ちつつ、おしゃれな部屋を作ることが可能です。 今回紹介したポイントを参考に、犬との暮らしを楽しめるとよいですね。 そしたら、足場がフラットでフワフワの感覚が気に入った様で、 オシッコの失敗がなくなりました。 あとは、夜中に興奮してしまう事がほとんど連日続き、夫婦共々寝不足になっていましたので、これはどう対策すべきなのか、かなり悩みました。 散歩が足りてないのか、昼間に寝かせすぎなのか、お腹が空いてるのか…色々対応してみたのですが、結局原因は特定できませんでした。 ただ、「ダンナと私の2人が寝室に揃うと異常に落ち着かなくなる」そこに着目してみました。 ここは思い切って、夫婦の寝室を初めて別々にしました。 それからは「さあそろそろ寝ようか」となると私の寝室のベッドにスタコラサッサと入って眠ってくれています。 睡眠不足も心配なくなり、今のところはみんなが快適に過ごせているのでひと安心です。 わんちゃんの足腰のダメージを避ける点からすればタイルマットやカーペットやわんちゃん用フローリングなど負担が軽減するので良しとされています。 オススメの部屋づくりと言うよりは、トイレについての部屋づくりの記事??でしょうか。 子犬はペットシートとカーペットなどの区別がつきづらいと聞いたことがあります。 なので失敗しやすいころにカーペットは良くないそうです。 臭いが染み込みやすく、何度も失敗しがちになるからだそうです。 足腰を考えるとカーペットは良いがトイレが出来るまでは敷かない方が良いそうで、タイルマットなども隙間から水分が漏れてしまい外して洗っていたそうですが気づかない部分の床が腐敗したり、噛んで遊んでしまう子は誤飲の原因にもなるので画像のような材質のマットは敷いていても噛んだり遊んだりしないトイレもしない子向きだと言えます。 落ち着いたわんちゃんには良いと思いますが子犬向きではないなぁと思いました。 私も犬を飼った時に部屋の作りをどうしようかと考えました。 まず、床は足腰への負担とトイレの粗相のことを考え、筆者の方と同様に外せるマットにしました。 私が選んだマットはつなぎ目がないもので、正方形のマットを部屋の形に沿って切り、部屋中に敷き詰めました。 色も沢山種類があるので、部屋の雰囲気に合わせてマットを選ぶことが出来たのも良い点でした。 そして、私も日中のお留守番の時間が長く、トイレを我慢させてしまっていることがとても心配でした。 犬が成長するにつれて、ゲージの中にトイレトレーを入れておいてもそこでは、おしっこをしなくなってしまいました。 帰ってきてゲージを開け、部屋の隅のトイレの場所にダッシュで向かうという感じでした。 調べると、犬は綺麗好きなため、寝床から遠くの場所に排泄するという記事を見つけて、納得しました。 そこで、留守番の時はゲージからトイレの場所まで、サークルで囲むことにしました。 すると、帰ってくると決まった場所でおしっこをしていることが多くなり、ホッとしました。 サークルは100円ショップで、白いワイヤーネットを数枚購入し、結束バンドで端と端を止めて立てておくというもので、簡単に作れます。 小さい頃は、トイレの粗相の問題、成長すると、トイレの位置の問題など犬の成長に合わせて部屋の作りも変えていきたいと思います。

次の

室内犬はサークル飼いをした方が良い理由!柵があれば安全!

犬 柵 室内

室内犬のための部屋の作り方 ケージやサークルはリビングに設置する 犬を室内で飼う場合、ケージやサークルをはじめ、トイレやおもちゃなどの犬用グッズを部屋の中に用意する必要があります。 犬は人間と一緒にいることで落ち着くことができるため、人の出入りが多く家族の姿が見える場所にケージやサークルを配置してあげましょう。 特に子犬の場合、孤立することを嫌がる傾向があります。 そういった場合には「犬専用の部屋」を用意するのではなく、ケージやサークルを活用しながらリビングで育てるのも1つの方法です。 放し飼いを避ける 犬は自分の居場所があると落ち着くことが分かっており、放し飼いにしておくことでわがままな犬になったり、外へ飛び出してしまったりすることがあります。 そのため、犬を室内で飼う場合でもケージを設置し、放し飼いは避けた方がよいでしょう。 放し飼いは、犬が部屋を自由に動き回れるため一見よいことのように感じますが、犬にとっては自分の居場所がないことがストレスになっている可能性もあります。 特に多頭飼いの場合、それぞれの犬に1つずつケージやサークルを用意し、安心して休める空間を作ることが大切です。 滑りにくい床材を使用する 室内犬のための部屋作りで気をつけたいポイントは、犬が過ごすスペースの床材の選び方です。 滑りやすい床材(フローリング)は、犬が滑って転んだり足腰に負担をかけたりする可能性があります。 安全のために、犬の足腰に負担が少ないカーペットやコルクマットの設置、滑り止めのワックスを塗るといった対策を考えましょう。 また畳が敷かれた和室は、犬がかじったり爪で引っ掻いたりすることで畳がボロボロになってしまうため、犬を飼う部屋としては適していません。 快適な温度設定にする 部屋作りの最後のポイントは、快適な室温に設定することです。 特に留守番をさせるなど、長い時間に渡って家を空ける場合には、犬にとって快適な温度や環境を保てるような対策が必要です。 犬が快適に過ごせる室温の目安は次の通りです。 シングルコートの犬種に比べ、換毛期のあるダブルコートの犬種の方が被毛が厚く、寒さにも強い傾向があります。 犬の部屋の作り方の注意点 犬の臭い対策 室内で犬を飼うと、犬の臭いや落ちている抜け毛が気になることがあります。 部屋の臭いの原因は、犬自身から発生する体臭や排泄物、口臭など様々なことが考えられます。 また、高齢になるほど臭いが強くなる傾向があり、肛門腺や皮膚炎などが原因とされています。 犬によって臭いの原因は異なりますが、歩き回ったり寝転がったりする場所は臭いが染みつきやすくなります。 そのため、定期的なブラッシングやシャンプー、歯磨きといった体を清潔に保つケアに加え、換気やトイレシートをこまめに替えるなどの消臭対策を行いましょう。 犬が安全に過ごせる環境を整える 室内犬がいる場合、日頃から誤飲誤食や事故には十分気をつけなければなりません。 人間にとっては何でもないものが、犬にとっては命に関わる事故に繋がる可能性があることを覚えておきましょう。 犬が食べると中毒症状を起こす危険がある食べ物を置かないことや、電気コード類などの危険なものを部屋から片付けることが対策として考えられます。 また、家具の配置を工夫したり、階段やストーブといった危険なところには犬用の柵やスロープをつけるなどの対策も考えましょう。 犬の部屋のレイアウト 部屋のレイアウトについて 犬の部屋を考えるときには、部屋の間取りや家具の配置といったレイアウトも意識して作るとよいでしょう。 中でも犬がリラックスして快適に過ごせるよう、部屋の仕切り方には工夫が必要です。 室内で飼う場合、散歩から戻ってきたとき用に足の洗い場を確保できると便利です。 人間と犬の違いを理解したうえで、お互いが気持ちよく過ごせるアイデアを部屋作りに活かしましょう。 レイアウトの工夫 犬はもともと群れで生活していた生き物です。 そのため、忠誠心が強く人間にも従順ですが、留守番などで一人で過ごす時間が苦手です。 そのため部屋の中で犬と暮らす場合、ふれ合う機会を多く持てるような空間作りを意識することがポイントとなります。 また、犬の目線で安全を考えることも大切です。 階段は緩やかに作る• 日光浴ができる見晴らし窓をつける• 犬専用のスペースを作る• 犬用のフェンスを設置する• 犬の出入りを考えてドアとゲートを使い分ける 犬が部屋の中で暮らすときは、基本的にドアを閉めず犬が自由に出入りできるようにしてください。 安全性に配慮し、ドアにストッパーなどをつけておけば、犬が誤って挟まれるといった事故も避けることができます。 またキッチンや階段前、ベランダなど犬に自由に出入りしてもらいたくない場所は、床や壁にしっかりと固定できる犬用のゲートやフェンスを設置することで危険を回避することができます。 ジャンプ力がある犬の場合、飛び越えられないように高さのあるハイゲートを選ぶことをおすすめします。 レイアウトの注意点 犬がリラックスして過ごせるように、家族の動線ではないところに犬の部屋となるスペースを作ってあげるとよいでしょう。 またトイレスペースとベッドを一緒にすると、犬がトイレの上で寝てしまう癖がつくので避けましょう。 犬が食事をしているときに子どもが手を出すと犬にケガを負わされることもあるため、子どもがいる家庭では飲み水置き場やえさ置き場を決めるときにも配慮が必要です。 犬の部屋のインテリア 犬がいるとどうしても部屋が散らかってしまい、インテリアにこだわるのは難しいと考える方がいます。 しかし少しの工夫で、犬が暮らしやすい環境を作りつつ、飼い主さんの好みのインテリアを部屋の中に取り入れることも可能です。 インテリアの選び方 リビングやダイニング、テラスなど家族がくつろぐ部屋に犬のくつろぐスペースを作る場合は、部屋のテイストに合う犬用のラグマットなどを選ぶとインテリアにも合わせることができます。 またソファや椅子は、家具を汚れから守ってくれる防水加工が施させれているもの、カーテンは遮光性と防音性を兼ね備えたものを選ぶとよいでしょう。 インテリアの注意点 犬にとって危険なものは部屋に置かないことを基本とし、転倒の可能性のある背の高い家具や家電を選ばないように気をつけましょう。 ルームランプのように固定されていない不安定な家具は犬のいる空間には絶対に置かないようにすることが大切です。 本棚など取り付ける際に固定できるものは、しっかりと固定できるように工夫してから配置しましょう。 部屋に置くゴミ箱を蓋がないタイプにすると、犬がごみ箱の中身を漁って誤飲誤食をしてしまう危険性が高まります。 そのため基本的には蓋付きのゴミ箱を選ぶことをおすすめします。 まとめ 室内で飼う犬の部屋作りにはポイントがあり、犬が快適に過ごすためにはちょっとした工夫が必要なことが分かりました。 いくつかのポイントを押さえれば、犬が暮らしやすい環境を保ちつつ、おしゃれな部屋を作ることが可能です。 今回紹介したポイントを参考に、犬との暮らしを楽しめるとよいですね。 そしたら、足場がフラットでフワフワの感覚が気に入った様で、 オシッコの失敗がなくなりました。 あとは、夜中に興奮してしまう事がほとんど連日続き、夫婦共々寝不足になっていましたので、これはどう対策すべきなのか、かなり悩みました。 散歩が足りてないのか、昼間に寝かせすぎなのか、お腹が空いてるのか…色々対応してみたのですが、結局原因は特定できませんでした。 ただ、「ダンナと私の2人が寝室に揃うと異常に落ち着かなくなる」そこに着目してみました。 ここは思い切って、夫婦の寝室を初めて別々にしました。 それからは「さあそろそろ寝ようか」となると私の寝室のベッドにスタコラサッサと入って眠ってくれています。 睡眠不足も心配なくなり、今のところはみんなが快適に過ごせているのでひと安心です。 わんちゃんの足腰のダメージを避ける点からすればタイルマットやカーペットやわんちゃん用フローリングなど負担が軽減するので良しとされています。 オススメの部屋づくりと言うよりは、トイレについての部屋づくりの記事??でしょうか。 子犬はペットシートとカーペットなどの区別がつきづらいと聞いたことがあります。 なので失敗しやすいころにカーペットは良くないそうです。 臭いが染み込みやすく、何度も失敗しがちになるからだそうです。 足腰を考えるとカーペットは良いがトイレが出来るまでは敷かない方が良いそうで、タイルマットなども隙間から水分が漏れてしまい外して洗っていたそうですが気づかない部分の床が腐敗したり、噛んで遊んでしまう子は誤飲の原因にもなるので画像のような材質のマットは敷いていても噛んだり遊んだりしないトイレもしない子向きだと言えます。 落ち着いたわんちゃんには良いと思いますが子犬向きではないなぁと思いました。 私も犬を飼った時に部屋の作りをどうしようかと考えました。 まず、床は足腰への負担とトイレの粗相のことを考え、筆者の方と同様に外せるマットにしました。 私が選んだマットはつなぎ目がないもので、正方形のマットを部屋の形に沿って切り、部屋中に敷き詰めました。 色も沢山種類があるので、部屋の雰囲気に合わせてマットを選ぶことが出来たのも良い点でした。 そして、私も日中のお留守番の時間が長く、トイレを我慢させてしまっていることがとても心配でした。 犬が成長するにつれて、ゲージの中にトイレトレーを入れておいてもそこでは、おしっこをしなくなってしまいました。 帰ってきてゲージを開け、部屋の隅のトイレの場所にダッシュで向かうという感じでした。 調べると、犬は綺麗好きなため、寝床から遠くの場所に排泄するという記事を見つけて、納得しました。 そこで、留守番の時はゲージからトイレの場所まで、サークルで囲むことにしました。 すると、帰ってくると決まった場所でおしっこをしていることが多くなり、ホッとしました。 サークルは100円ショップで、白いワイヤーネットを数枚購入し、結束バンドで端と端を止めて立てておくというもので、簡単に作れます。 小さい頃は、トイレの粗相の問題、成長すると、トイレの位置の問題など犬の成長に合わせて部屋の作りも変えていきたいと思います。

次の

【ホームズ】部屋の中で犬を飼うには? 部屋づくりのポイントと注意点を解説

犬 柵 室内

犬が快適に暮らせる部屋づくりのポイント 室内で犬を飼育する際は、犬が快適に暮らすための配慮が必要です。 室内飼いをする際の部屋づくりのポイントを見ていきましょう。 犬が誤飲しやすいものは届く範囲に置かない 犬はクリップや輪ゴム、アクセサリーといった小物類を誤飲しやすい動物です。 誤飲の恐れがあるものを、犬が行動するスペースには置かないように注意しましょう。 特にタバコや薬、プラスチック片、金属片は犬が誤飲してしまうと体調に異変を起こす恐れがあるため、とても危険です。 床に置かないことはもちろん、犬が届く高さの机や棚の上にも置かないように気をつけましょう。 人間の食べ物を犬に与えない 食事をしている際に近くに犬が寄ってくると、ついつい食べているものを与えたくなりますが、人間が好む食べ物の中には、犬が食べると中毒症状を起こしてしまう危険な食べ物もあります。 特にチョコレートやたまねぎ、ぶどう、ナッツ類は危険なため、決して犬に与えないようにしましょう。 ほかにもスナック菓子など、犬にとって塩分や糖分が高すぎる食べ物も多いため、人間の食べ物は与えないようにし、犬のそばにも置かないようにしましょう。 犬に入ってほしくない場所には柵を設置 キッチンや階段など、犬に入ってほしくない場所には柵を設置して、犬が立ち入らないようにスペースを区切ってあげましょう。 市販されている犬用の柵でもいいですが、犬のサイズによっては人間の子ども用に販売されている柵でも代用できる場合があります。 犬が柵にぶつかって倒れてしまう場合があるので、柵は床や壁に固定できるものを選ぶと安心です。 危険な設備に触れないように対策を取ること 家の中には犬が触れると危険なものがたくさんあります。 たとえば、電気コードはケーブルカバーやコードボックスを活用してかじったり触れたりしないようにする、冬場に活用するストーブは犬が近づきすぎないようペット用の柵を設置するなど、犬を危険な設備に近づけないような対策を取ることも重要です。 犬が生活するスペースの床は安全な素材を 室内の床材が滑りやすいと、犬の足腰に負担がかかりやすく、転倒事故につながるケースもあります。 特に、洋室で見られる一般的なフローリングは滑りやすいので注意が必要です。 毛足が短いカーペットやコルクマットなど、犬の足腰に負担が少ないものを用意してあげましょう。 犬の放し飼いはあり? 室内飼いの場合、脱走や誰かをケガさせてしまう心配もないため、放し飼いをしようかと考えている方もいるでしょう。 しかし、犬はもともと敵から身を守るべく、巣穴など自分のテリトリーをつくる習性があります。 そのため、ハウスケージで囲われたスペースがあるほうが安心しやすく、放し飼いにされているほうがストレスを感じる場合があります。 また、自分のテリトリーがないと自由奔放な性格になりやすく、しつけが難しくなることもあります。 犬のストレス軽減や飼い主との主従関係を示すためにも、ケージやハウスは用意しておきましょう。 また、ケージやハウスは身動きがとりやすいよう、犬の大きさに合わせて調整するようにしましょう。 そして、飼い主の目の届く場所に設置し、犬の異変に気づけるようにしておくほか、エアコンなどの風が直接当たるような場所には設置しないようにしましょう。 部屋の中で犬を飼う際の注意点とは 次に、室内飼いをする際の注意点について詳しく見ていきましょう。 トイレのしつけをしっかりとする 室内飼いをする際は、トイレのしつけをしっかりしておかないと、いろいろな場所で自由にトイレをする習慣がついてしまい、自分でトイレの位置を勝手に決めてしまいます。 トイレのしつけには、子犬の時期から使用できるトイレシーツを使用する方が多いです。 まずはケージやハウス内の全体にトイレシーツを設置し、まったくトイレをしないシート部分を回収するといった工程を繰り返し、トイレをする場所を確定させていくようトレーニングしましょう。 室内飼いでマーキングを覚えてしまうと、犬が飼い主より自分の立場が上だと認識してしまい、言うことを聞かなくなってしまいます。 マーキング行動が見られる場合は去勢手術を行うほか、におい消しグッズを使用してマーキングを消すなどの対策を取り、上下関係を確立させられるような接し方をしていくように心がけましょう。 無駄吠えをさせない 賃貸の場合や隣の家が近い場合は、鳴き声が近隣トラブルに発展する可能性があります。 飼い主が怒る姿勢をしっかりと見せないと、犬は無駄吠えを繰り返してしまいます。 部屋で犬を飼う際はストレスのない環境づくりが大切 犬は自分のテリトリーがないことで不安になったり、怒られることで恐怖を感じたりするなど、想像以上にストレスを抱えやすい繊細な動物です。 しかし、自由奔放にさせていれば、飼い主の生活環境が乱れることになります。 そのため、しつけを行いつつも犬が快適に生活できるよう、なるべくストレスをかけないような環境を整えてあげることが大切です。 また、ペット可の物件の場合でも、管理規約や賃貸借契約書のなかで、ペットの種類や頭数に制限が設けられていることがあるので、必ず事前によく確認しましょう。

次の