ドラグ ハート ウエポン。 ドラグハート・ウエポン

ドラグハート・ウエポン

ドラグ ハート ウエポン

銀河剣 プロトハート P 火文明 4 ドラグハート・ウエポン これを装備したクリーチャーが各ターンはじめてタップした時、アンタップする。 龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、これを装備したクリーチャーが2度攻撃していた場合、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 のが持つを呼び出すによってから呼び出す事ができ、出した場合は必ずそのにする。 どのような形であれ、としてを場合はどのも中継せずに直接に戻る。 ドラグハート・ウエポンをしたをにしてをに出した場合、していたドラグハート・ウエポンはにされる。 そのため、ドラグハート・ウエポンをした複数のを用いて・クリーチャーを出した場合、1体のに複数のドラグハート・ウエポンをさせることが可能。 にを半永久的に付与するカードタイプとしてがあるが、それと比較して下記のようなメリット・デメリットがある• メリット• に置くため、を圧迫しない• に出せば、そのままさせられる• させることでとなる• 等の規制に引っ掛からない• デメリット• 基本的ににしかできない• しているがを離れるとに戻る• を介さないとに出すことすら出来ない ルール• ウエポンを装備しているクリーチャーが封印されると、クリーチャーが無視されたままウエポンが装備されている状態を維持する(2015年12月18日事務局確認)。 ウエポンの能力も無視されない。 ウエポンをバトルゾーンに出す能力がトリガーしても、その効果を解決する前に装備先のクリーチャーが除去されてしまうと、ウエポンはバトルゾーンに出すことすらできない。 をバトルゾーンに出してでドラグハートを出す効果を解決する前に《龍覇サソリス》が除去された場合、ウエポンはバトルゾーンに出すことすらできない。 を装備せずにバトルゾーンに出すだけ出してだけを使うということもできない。 ウエポンを装備したクリーチャーが進化すると、装備された状態が進化先のクリーチャーに引き継がれる。 また、ウエポンを1枚ずつ装備したクリーチャー2体をで進化させた場合、進化先のクリーチャーに2枚のウエポンが装備される。 ウエポンが装備されているクリーチャーがした時、バトルゾーンに残るクリーチャーのどれかにウエポンを装備した状態で残す。 複数装備されている場合、1体のクリーチャーに複数枚装備させた状態で残してもいいし、クリーチャーが2体以上残る場合、好きなクリーチャーに好きな数ウエポンを装備させることができる。 例えば、ウエポンが3枚装備されたの進化クリーチャーが退化して進化元が3体バトルゾーンに残る場合、3体に1枚ずつウエポンを装備した状態で残すのもいいし、1体は1枚で1体は2枚装備させた状態で残すのもいいし、1体に3枚装備させた状態で残すのもいい。 この方法を使えば、ウエポンを装備する能力を持っていないクリーチャーにもドラグハートを付けることができる。 ただし、2体以上のクリーチャーに1枚のウエポンを装備させることはルール上不可能。 この処理はも同様に行われる。 がにいる時になどのをし、の前にで一度にしての一番上に置き、再びをに出してもを2枚することはできない。 これは、されたとにして出したは違うとして扱われるからである。 この順で処理するとされたによって出るはずだったは に出ることすらできない(一度に出るが、対象がいないのでに戻される、といった処理は誤り)。 ただし、あくまで2枚同時にできないというだけの話であり、順序を間違えなければさせること自体は可能(されたのを《オンセン・ガロウズ》よりも先にすればよい)。 や出たこと自体をの誘発条件とするやを扱う場合は頭に留めておくとよいだろう。 なおの概念がないの場合は問題なく2枚出せる。 とを1枚ずつ場に残すことも当然可能。 2016年5月以前は同様に・という位相の概念があった。 しかし、同年6月以降は裁定が変わり、同様に縦向きが正位置で・の概念がそもそも存在しない、ということで統合された。 する場合は(テキストにはアンタップすると書かれているものの) はじめから必ずアンタップ状態で現れることになる。 以降はのによっての条件を満たすことはできない。 その他• 武器の種類は毎に決まっている模様。 :西洋風の槍• :拳銃、バズーカ砲等の遠距離武器• :巨大な鎌• :両刃、片刃の刀剣• :棍棒、ハンマー等の打撃武器• 上記に関してにて、からは扇型の武器が、からは巨大手裏剣のが登場している。 イラストの武器に目が行きがちだが、後ろには後のも描かれている。 実際のゲームでバトルゾーンに出す場合は、するの真横に置く。 左右どちらに置くかは特に決まっていない。 に至っては、カードの両隣に同時収録のを置く事を想定したイラストとなっている。 特に演出を気にしないのであれば、複数する場合はどちらか片方に繋げて並べていくと良いだろう。

次の

デュエル・マスターズ

ドラグ ハート ウエポン

ドラグハート・ウエポンの特徴はそのウエポンを出したクリーチャーに装備して出ることであり、龍解する前にドラグナーがやられると超次元ゾーンに戻ってしまう。 そのため、基本的には出したらすぐ龍解を狙いたいところ。 効果も装備したドラグナーに何らかの力を与えるものばかりであるが、ジュダイナのような例外もある。 とりあえずクロスギアのサイキック版と考えれば大体あってる。 銀河剣 プロトハート 火文明 4 ドラグハート・ウエポン これを装備したクリーチャーが各ターンはじめてタップした時、アンタップする。 龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、これを装備したクリーチャーが2度攻撃していた場合、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 始原塊(ジュラシック・ハンマー) ジュダイナ 自然文明 4 ドラグハート・ウエポン 自分のターン中、ドラゴンを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。 龍解:自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のドラゴンが3体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 ドラグハート・フォートレス 独立しているからかドラグナーに何かのメリットをもたらすというよりは場のクリーチャーやプレイヤーにメリットをもたらすものが多い。 「要塞(Fortress)」だが、似たような意味合いを持つ「城」より、《ノーブル・エンフォーサー》のような常在効果持ち「クロスギア」と考えたほうが近い。 というより、ドラグハートというくくりじたいが「クロスギア」の問題点に対するウィザーズなりの解答であると考えられる。 龍波動空母 エビデゴラス 水文明 4 ドラグハート・フォートレス 自分のターンのはじめに、カードを1枚引いてもよい。 龍解:自分がカードを引いた時、それがそのターンに引く5枚目のカードであれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 大いなる銀河 巨星城 火文明 4 ドラグハート・フォートレス 自分の火のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。 龍解-自分のターンのはじめに、バトルゾーンに火のクリーチャーが2体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 他のカードタイプを経由する都合上、特に高コストのクリーチャーは強い…はずなんだがなあ。 ザウルピオは龍解しないほうが強いとか言われたりも。 バトル中、このクリーチャーのパワーは+4000される。 相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。 最終龍理 Q. そのうちの1枚を山札の上に戻し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 その後、カードを1枚引いてもよい。 自分の水のドラゴンはブロックされない。 W・ブレイカー 龍回避-このクリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、バトルゾーンを離れるかわりに、フォートレス側に裏返す。 この時期に販売されたコロコロコミックのふろくのジャンボカードは、かつてのジャンボカードと異なり「公式戦使用可能」。 さすがデュエル・マスターズ…なのだが、カレーの香りとか金属板とかとはまた違う意味で問題を抱えており、非公式戦ではジャンボカードを使用するのは見送りたい(ダイギンガ以外は現時点で通常サイズが存在している)。 ジャンボカードである問題点はただひとつ。 「でかい」ことである。 ゴッド・リンクやサイキック・リンクにもいえるが、やはり盤面を制圧してしまうのが難点。 相手のカードに被さったりと割と洒落にならない問題を抱える(公開情報を隠したり相手のカードに触れてしまうなどによるトラブル)。 ただし許容できる友人同士の勝負や、公式大会では堂々と使って良い(わざわざ公式でも使えると書いているのだから)。 今までのメタルカードや匂い付きカード、ジャンボカードはカードの性能自体に影響を与えるものではなかったが、「3D龍解カード」なる仕様のカードも登場が予告されている。 ドラグナーは現時点では出せるドラグハートの条件としてサイキックコストと文明を指定しているがカードタイプは指定していない。 そのため、必ずウエポンやフォートレス状態で出す必要はなく、出そうと思えばクリーチャーを素で出すことも可能ではある。 最も現時点ではコストの噛み合い上ウエポンまたはフォートレスで場に出すしかないものばかりだが。 当初フォートレスの登場は予告されていなかったため、あくまでウエポンという特殊なカードタイプのために用意した裁定と思われていたが、フォートレス登場以後も既存ドラグナーで出せるという方向の裁定であった。 だが今でもコストによってはクリーチャー直出しもありえるため新規カードに注目が集まる。 新要素であるにも関わらず、毎回初回は主役が使っていないとネタにされる。 ウエポンおよびフォートレスの最初の使用者はべんちゃんであり、ウエポン自体はそのあとコジローが使用した後にガイギンガを手に入れたため作中で勝太は3人目にドラグハートを使用したことになる。 また3D龍解カードはギョウとでこちゃんが使用しており、その間主役は 包帯にくるまれながら観戦。 前年度のオラクルのトライ・G・リンクなどは主役サイドと敵で違うカードを使用しているという理由もあるため問題なかった(アウトレイジはエグザイルのドロン・ゴー)が、今回は全文明に振り分けられているためネタになってしまっている。 もっとも、今作の勝太は「デュエマから一時離れていた」という設定であり、おそらくデュエマを一度やめたプレイヤーも対象にしたアニメであるため、この描写自体は変なものではない。 むしろ主役の立場から「なんじゃありゃあ!?」っとなることで、プレイヤーとの共感が狙えるよい構成である。 また、主人公が使用しているドラグハートはたいがい貰い物である。 最初のガイギンガはでこちゃんが自分の店から掘り出して彼に渡したものであり、ガイバーンは土瓶マスクが卒業記念に与えたもの。 そしてバトライ武神はルシファーがまさよしとヨーデルを介して与えたものである。

次の

【第1回】デュエマ 2020年8月発売、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』&『龍魂紅蓮譚』収録カード先行チラ見せ!

ドラグ ハート ウエポン

ドラグハート・ウエポンの特徴はそのウエポンを出したクリーチャーに装備して出ることであり、龍解する前にドラグナーがやられると超次元ゾーンに戻ってしまう。 そのため、基本的には出したらすぐ龍解を狙いたいところ。 効果も装備したドラグナーに何らかの力を与えるものばかりであるが、ジュダイナのような例外もある。 とりあえずクロスギアのサイキック版と考えれば大体あってる。 銀河剣 プロトハート 火文明 4 ドラグハート・ウエポン これを装備したクリーチャーが各ターンはじめてタップした時、アンタップする。 龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、これを装備したクリーチャーが2度攻撃していた場合、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 始原塊(ジュラシック・ハンマー) ジュダイナ 自然文明 4 ドラグハート・ウエポン 自分のターン中、ドラゴンを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。 龍解:自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のドラゴンが3体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 ドラグハート・フォートレス 独立しているからかドラグナーに何かのメリットをもたらすというよりは場のクリーチャーやプレイヤーにメリットをもたらすものが多い。 「要塞(Fortress)」だが、似たような意味合いを持つ「城」より、《ノーブル・エンフォーサー》のような常在効果持ち「クロスギア」と考えたほうが近い。 というより、ドラグハートというくくりじたいが「クロスギア」の問題点に対するウィザーズなりの解答であると考えられる。 龍波動空母 エビデゴラス 水文明 4 ドラグハート・フォートレス 自分のターンのはじめに、カードを1枚引いてもよい。 龍解:自分がカードを引いた時、それがそのターンに引く5枚目のカードであれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 大いなる銀河 巨星城 火文明 4 ドラグハート・フォートレス 自分の火のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。 龍解-自分のターンのはじめに、バトルゾーンに火のクリーチャーが2体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 他のカードタイプを経由する都合上、特に高コストのクリーチャーは強い…はずなんだがなあ。 ザウルピオは龍解しないほうが強いとか言われたりも。 バトル中、このクリーチャーのパワーは+4000される。 相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。 最終龍理 Q. そのうちの1枚を山札の上に戻し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 その後、カードを1枚引いてもよい。 自分の水のドラゴンはブロックされない。 W・ブレイカー 龍回避-このクリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、バトルゾーンを離れるかわりに、フォートレス側に裏返す。 この時期に販売されたコロコロコミックのふろくのジャンボカードは、かつてのジャンボカードと異なり「公式戦使用可能」。 さすがデュエル・マスターズ…なのだが、カレーの香りとか金属板とかとはまた違う意味で問題を抱えており、非公式戦ではジャンボカードを使用するのは見送りたい(ダイギンガ以外は現時点で通常サイズが存在している)。 ジャンボカードである問題点はただひとつ。 「でかい」ことである。 ゴッド・リンクやサイキック・リンクにもいえるが、やはり盤面を制圧してしまうのが難点。 相手のカードに被さったりと割と洒落にならない問題を抱える(公開情報を隠したり相手のカードに触れてしまうなどによるトラブル)。 ただし許容できる友人同士の勝負や、公式大会では堂々と使って良い(わざわざ公式でも使えると書いているのだから)。 今までのメタルカードや匂い付きカード、ジャンボカードはカードの性能自体に影響を与えるものではなかったが、「3D龍解カード」なる仕様のカードも登場が予告されている。 ドラグナーは現時点では出せるドラグハートの条件としてサイキックコストと文明を指定しているがカードタイプは指定していない。 そのため、必ずウエポンやフォートレス状態で出す必要はなく、出そうと思えばクリーチャーを素で出すことも可能ではある。 最も現時点ではコストの噛み合い上ウエポンまたはフォートレスで場に出すしかないものばかりだが。 当初フォートレスの登場は予告されていなかったため、あくまでウエポンという特殊なカードタイプのために用意した裁定と思われていたが、フォートレス登場以後も既存ドラグナーで出せるという方向の裁定であった。 だが今でもコストによってはクリーチャー直出しもありえるため新規カードに注目が集まる。 新要素であるにも関わらず、毎回初回は主役が使っていないとネタにされる。 ウエポンおよびフォートレスの最初の使用者はべんちゃんであり、ウエポン自体はそのあとコジローが使用した後にガイギンガを手に入れたため作中で勝太は3人目にドラグハートを使用したことになる。 また3D龍解カードはギョウとでこちゃんが使用しており、その間主役は 包帯にくるまれながら観戦。 前年度のオラクルのトライ・G・リンクなどは主役サイドと敵で違うカードを使用しているという理由もあるため問題なかった(アウトレイジはエグザイルのドロン・ゴー)が、今回は全文明に振り分けられているためネタになってしまっている。 もっとも、今作の勝太は「デュエマから一時離れていた」という設定であり、おそらくデュエマを一度やめたプレイヤーも対象にしたアニメであるため、この描写自体は変なものではない。 むしろ主役の立場から「なんじゃありゃあ!?」っとなることで、プレイヤーとの共感が狙えるよい構成である。 また、主人公が使用しているドラグハートはたいがい貰い物である。 最初のガイギンガはでこちゃんが自分の店から掘り出して彼に渡したものであり、ガイバーンは土瓶マスクが卒業記念に与えたもの。 そしてバトライ武神はルシファーがまさよしとヨーデルを介して与えたものである。

次の