電子 捺印。 PDF電子印鑑に電子署名を追加してPDFの改ざん防止やセキュリティを強化する

無料の電子印鑑(デジタル印鑑)ツール4選との作り方を解説|ferret

電子 捺印

書類のやりとりを行う時に、承認や確認の意味で印鑑を使う機会は多いでしょう。 「わざわざ紙で印刷してハンコを押して、スキャナーでパソコンに取り込んでという手間がなくなればいいのに」と思ったことはありませんか? 実は、基本的に契約書や見積もりなどは印鑑を押したからという理由で、正式な文書として法的効力を持つわけではありません。 紙で印刷しての押印にこだわりがちですが、パソコン上での文書のやり取りとして押印を行っても、文書の法的効力は失われないのです。 参考: とはいえ、書類の確認を行ったということを示すために、印鑑を押すことが慣習になっている企業も多いでしょう。 今回は、PC上で印鑑を利用できる無料ツールと、ExcelとWordで印鑑を作成する方法をご紹介します。 印刷の手間を減らすためにもファイル上で印鑑を押したいという方は、ぜひ挑戦してみてください。 電子印鑑(デジタル印鑑)の種類 電子印鑑には2つの種類があります。 1つは、印影を画像にした電子印鑑、そしてもう1つは、印影に作成者、使用者、タイムスタンプなどのデータを保存した電子印鑑です。 一般に、印影だけでなく、使用者やタイムスタンプなどのデータが保存されている電子印鑑の方が、より実物の印鑑に近い効力を持つとされています。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリットとデメリット 電子印鑑を利用する際には、自身で保管できる印鑑と異なり、パソコン上で押すことができるため、セキュリティ面を意識する必要があります。 また、電子印鑑で構わないかどうかを取引先に対して確認しておき、不要なトラブルを防ぐようにしましょう。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このように電子印鑑にはメリットとデメリットがあります。 導入の際には、自社にとってデメリット以上のメリットが得られるかどうかを検討しておきましょう。 参考: 電子印鑑(デジタル印鑑)に向かない印とは 印鑑には書類に対して本人が確認を行った旨を示す「認印」と、住民登録をしている地方自治体に登録を行った正式な書類で利用できる「実印」が存在します。 特に後者については、土地売買取引や住宅の購入などにも必要になり、重要度の高い場面で使用される印鑑です。 同様に、法人が用いる印鑑にも見積書や請求書に利用されることの多い「社印(角印)」と、法務局に届け出を行った契約書類などの用いる「代表者印(丸印)」が存在します。 どの印鑑でも法的効力は変わりませんが「実印」「代表者印(丸印)」は行政への登録を行っているため、より信頼度の高い印鑑と言えるでしょう。 電子印鑑に使用する際は、それぞれの印鑑が自社にとってどのような役割を持っているのか確認した上で、盗用による自社の損失が少ない印鑑を選ぶことが必要です。 参考: 無料で使える電子印鑑システム パソコンのログイン情報と結びつけた有料の電子印鑑も提供されていますが、今回は無料で利用できるものを4つ紹介します。 Web認印 フォント制作及び印章の販売を中心に展開している株式会社白舟書体が提供する電子印鑑サービスです。 ファイルの形式は透過GIFファイルなので、ExcelやWordなどの文面に重ねても後ろの文字が隠れません。 印鑑として違和感なく使えるでしょう。 クリックスタンパー 自分で自由に電子印鑑を作成できるソフトで、電子印鑑の形状を選ぶことができ、複数行の電子印鑑の作成も可能です。 PNG、JPEG、BMP、GIFのそれぞれのファイル形式に対応しているため、自分の用途にあった電子印鑑を作成できるでしょう。 クリックスタンプ 自分で自由に電子印鑑を作できるソフトです。 WindowsXPから10までの OSに対応しています。 BMP及びJPG形式で保存できるだけではなく、作成してすぐにクリップボードに印章がコピーされるので、そのままExcelやWordに貼り付けることができます。 電子三文判 200姓の印影データが組み込まれているソフトで、パソコンのシステムクロックの日付を利用して印鑑に日付を埋め込んだり、承認者の氏名や承認項目を添えることも可能です。 会社名や200姓以外の苗字の印鑑の作成はできません。 ツールを使わず印鑑を作成する方法 紹介したようなツールをダウンロードしなくても、ソフトの機能を利用すれば電子印鑑を作成できます。 今回は、ExcelとWordのワードアート機能を使って作成する方法と、実際の印鑑から作成する方法を紹介します。 ワードアートで作成する ExcelやWord、PowerPointの機能の1つであるワードアートを利用して、印影を作成します。 お使いのバージョンによって、一部操作が異なる場合がありますので注意しましょう。 ワードアートを選択し、 テキスト(苗字、会社名など)を入力する。 書式の設定 ページを開き、 テキストを縦書きに変換する。 図形から丸枠を選択して、文字に重ねる。 文字と図形をグループ化して、1つの図形にする。 右クリックで「図として保存」を選択し、PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 参考: 実際の印鑑から画像を作成する Photoshopなどの画像編集ソフトを利用して、実際の印鑑から画像を作成する方法もあります。 白い紙に押印する。 撮影:ferret編集部 2. 印鑑の写真をパソコンに取り込む。 画像編集ソフトを利用して、利用したいサイズに切り取る。 背景を透過し、印影のみのデータに加工する。 PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリット・デメリット 電子印鑑の利用には作業の効率化や印刷代の削減などのメリットがありますが、デメリットも存在します。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このようなメリットとデメリットを把握した上で導入を検討するようにしましょう。 特に陰影が流出した際に大きな影響が出る実印や丸印のような信頼性の高い印鑑や、銀行との金銭のやり取りに用いる銀行印の利用には注意が必要です。 今回、ご紹介したような電子印鑑ツールを利用するだけではなく、自分で印鑑の画像を作ることでも電子印鑑として運用できます。 運用にあたっては会社内や取引先との間で作成方法や利用書類の制限などをルールとして共有しておきましょう。 電子契約についてこちらもチェック フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の

社印を『電子印鑑』で作るときの注意点と法的効力について

電子 捺印

電子印鑑システムと言うと、少し分かりにくいですが簡単に言えば、これまで印刷された文書に「ハンコ」を押していたものを、印刷される前の段階で「ハンコ」を押したり、オリジナルの書類などをスキャナなどから取り込んで、それらの電子文書に「ハンコ」を押したりすることもできるシステムです。 従来の印刷してからハンコを押すといった作業などを省力化・効率化ができますので、企業・自治体などによっては利用価値が高いかもし れません。 電子印鑑そのものは、フリーのソフトなどがインターネット上にありますが、コンプラインアンス 法令順守能力 を考えますと、個人認証、タイムスタンプなどの電子文書の真実性・客観性・可視性の要求に耐えうるものを用意する必要があるでしょう。 上の話は電子印鑑が「e-文書法」に準拠する形で、システムとして認められた場合を仮定します。 現在、電子印鑑システムとして可能性を期待されているのが、2002年にシヤチハタ株式会社、株式会社ワコム、日商岩井株式会社 現双日株式会社 が共同で開発した「電子印鑑システム」です。 すでに、岡山県新見市、新潟県柏崎市、電源地域振興センターなどが導入しており、作業の効率化、コスト削減などの実現を図っています。 特徴としましては、 〇誰がいつ捺印したかという情報 タイムスタンプ 〇印鑑証明書の代わりとなるPKI(公開鍵暗号基盤)を利用 〇捺印と共に電子署名を行なう機能 〇固有の識別情報を埋め込んだ印鑑型電子デバイスを使用した「個人認証」 〇IC チップによりセキュリティ などが挙げられます。 さて、こうした電子印鑑システムを個人レベルで考えていきますと、例えば、電子印鑑を印鑑登録の印鑑 実印 として認められれば、例えば、各種の契約でも利用範囲がさらに拡大することでしょう。 日本の商習慣などでの「印鑑」の重要性を失わせることなく、利用できるということになります。 将来性は未知数ですが、電子印鑑システムは他のITサービスとは違った魅力があり、興味深いサービスであることは間違いなさそうです。 スポンサーリンク.

次の

注文請書とはどのような書類?電子契約の場合の押印方法も含めて紹介

電子 捺印

無料のウェブツールやフリーソフトを使って、電子印鑑を作成する方法をご紹介します。 会社で使う請求書や見積書などの書類をワードやエクセルで作成している方は多いと思いますが、PCで作成した紙の書類をわざわざ印刷して、はんこを押すのは面倒ですよね。 その書類をメールで送るため、押印した書類をスキャンしてpdfに変換すると、さらに余計な手間がかかります。 でも、 無料のウェブツールやソフトウェアを使って電子印鑑を作成しておくと、印鑑の押印作業が全てPC内で完結するので便利です。 実印や銀行印は別として、 社印や角印、社内で使う認印、回覧印の類なら、それほど文書の法的効力を問われることもないので、いちいち本物の印鑑を使う必要はありません。 コロナウイルスの流行を機に、働き方がテレワークや在宅勤務に変わり、書類や印鑑もどんどん電子化が進むでしょう。 電子印鑑の需要は今後さらに伸びると思われます。 最近はスマホでエクセルやPDFを扱う機会も多いので、スマホだけで電子印鑑を作成する方法もご紹介します。 無料で使えるソフトやツールで電子印鑑を作成して、面倒な作業を一気に効率化してください。 あとは番外編として、自分で作成するのが面倒だったり、デザインやセンスに自信がないという方のために、 本物と同じ書体の電子印鑑を格安で作成する方法もご紹介します。 本物のはんこから電子印鑑を作成 まずは無料のウェブツールを使って、本物のはんこから電子印鑑を作成する方法をご紹介します。 押印した印影画像をカメラで撮影またはスキャンして、無料の画像編集ウェブツール「Pixlr Editor(ピクセラエディタ)」で電子印鑑を作成する方法です。 Pixlr Editorは無料でありながら、photoshopの代用として十分に使えるほどの機能を備えた画像編集ウェブツールです。 朱肉の色や濃度を調整したり、背景を透明にして透過画像にする加工もこれ一つで完結します。 詳細は以下の記事をどうぞ。 Pixlr Editorで作成した電子印鑑は背景が透明(透過PNG)になっているので、文字が被っても大丈夫です。 紙に印刷しても何ら遜色はなく、本物の印鑑が押してあるように見えます。 本物のはんこから電子印鑑を作成して、wordやexcel、PDFで扱えるようにすると、紙に印刷してはんこを押したり、スキャンしてPDFに変換する手間が省けるので、見積書や請求書を作成する際の作業効率が一気に向上しますよ。 「印鑑透過」で電子印鑑を作成 本物のはんこから電子印鑑を作成する方法をもう一つ紹介します。 透過印鑑画像を自動で作成してくれる無料のウェブサービス「印鑑透過」は、印鑑作成に特化した画像エンジンを使用し、画像の透過PNG変換や色補正、ノイズ対策まで自動で行ってくれます。 使い方は簡単で、本物の印影を撮影またはスキャンするか、他のソフトで作成した印鑑画像を「印鑑透過」にアップロードするだけでOKです。 印鑑透過で作成した電子印鑑は、文字の上に捺印しても印影が被らず、背景との境界も違和感なく処理されるので、エクセルやワードで作成した書類にもバッチリ使えます。 印鑑透過の使い方は以下の記事をどうぞ。 本物のはんこから電子印鑑を作成する場合は、「印鑑透過」を使ったほうがはるかに簡単です。 難しい調整は一切不要なので、初心者でも美しい電子印鑑を作成することができますよ。 電子印鑑の色合いを微調整したり、細かい修正が必要な場合は、「Pixlr Editor」の方が便利です。 状況に応じて使い分けてください。 白舟書体の「WEB認印」で電子印鑑を作る 続いて、白舟書体が無料で提供している電子印鑑作成ツール「Web認印」で、認印の電子印鑑を作成する方法です。 「Web認印」を使うと、簡単に認印の印影が作成できます。 以下の記事で詳しく説明しています。 白舟書体はハンコで有名なシャチハタにも印影用フォントを提供しているだけあって、web認印で作成した電子印鑑はとても美しく、書体も古印体と印相体の2種から選択できるので、本物の認印と同じ印影が作成できます。 作成できる苗字は日本の上位10,000姓まで収録されているので、「鈴木」や「佐藤」はもちろん、よほど珍しい苗字でない限り作成可能です。 ただし、Web認印で作成した印影は透過PNG画像ではありません。 wordやexcelで認印を使う場合は、Pixlr Editorや印鑑透過で透過PNG画像に変換しておくとよいでしょう。 白舟書体の印影作成ツールは「Web認印」だけでなく、落款に使うような雅印を作成できる「ひともじ雅印」や、年賀状でよく見かける風雅印を作成できる「web風雅印」もあります。 作成はweb認印と同様、必要項目を埋めて作成ボタンをクリックするだけです。 おすすめ電子印鑑ソフト「パパッと電子印鑑Free」 無料の電子印鑑フリーソフトで一番オススメ、「パパッと電子印鑑Free」はフリーソフトとは思えないほど多機能で、より本物に近い電子印鑑が簡単に作成できます。 作成した電子印鑑はベクターデータで出力されるため、拡大縮小しても画像が乱れることはありません。 さらに、詳細編集を使えばフォントを1文字ずつ微調整できるので、より本物に近い電子印鑑が作成できます。 これは他の無料ソフトにはない特徴です。 フリーソフトで社印・角印の電子印鑑を作成 会社の見積書や請求書でよく使う角印・社印は、無料の電子印鑑作成フリーソフト「クリックスタンパー」で作成することができます。 クリックスタンパーにはあらかじめサンプルが用意されており、それを基にして社印や角印の他に、丸印、三文判・回覧印・日付入りネーム印などが簡単に作成できます。 また、角印や社印の他にも、会社の署名印やマル秘印、FAX済、日付印など、会社で使うような印鑑は大体作成できます。 詳細は以下の記事をどうぞ。 クリックスタンパーは、印鑑の大きさ、フォント、色などを自在に変更できます。 変更した項目はその場でプレビュー表示されるので、修正も簡単ですよ。 あとは作成した印影をPNGで保存しておけば、電子印鑑が下の文字に被っても大丈夫です。 無料で使えるExcelアドイン「Excel電子印鑑」 Excelで電子印鑑を作成するなら、無料のExcelアドイン「Excel電子印鑑」もオススメします。 Excel電子印鑑は、認印・日付入りデーターネーム印をはじめ、「社外秘・重要・見本・至急」印など、会社でよく利用するビジネス印を無料で作成することができます。 また、各種電子印鑑の作成も簡単にできます。 フォントはPC内にある全てが利用可能で、色も40種類から選択でき、作成した印影はその場でプレビューできます。 Excel電子印鑑の使い方は以下の記事をどうぞ。 Excel電子印鑑は自分で作成したユーザー印にも対応しているので、他のウェブツールやフリーソフトで作成した電子印鑑を登録しておけば、様々な印鑑を使用することができます。 Excel電子印鑑があれば、Excelで作成した書類の押印作業は大抵カバーできますよ。 エクセルやワードで電子印鑑が使える「クリップスタンプ」 電子印鑑作成フリーソフト「クリップスタンプ」は、Microsoft Excelや、Microsoft Word、一太郎などのワープロソフトに、角印や日付印、三文判を捺印することができます。 作成できる印鑑は、日付印、代理印、三文判、丸印、角印、2分割印の6種で、会社で日常的に使うような印鑑はほぼカバーできます。 フォントやサイズ、印鑑の色なども自由に設定できます。 見積書や請求書などのビジネス文書は、大抵ワードやエクセルで作成されています。 クリックスタンプは、ワードとエクセルの両方で電子印鑑が使えるので便利ですよ。 もちろん、office 互換のフリーソフト LibreOffice や Apache OpenOffice でも使えます。 スマホで電子印鑑を作成 無料のウェブサービス「印鑑透過」と、スマホの写真アプリを組み合わせると、スマホだけで電子印鑑を作成することができます。 PCは一切不要、スマホしかない方でも作成できます。 スマホで電子印鑑を作成するのはそれほど難しくないので、ぜひ一度試してください。 詳しい作成方法は以下の記事をどうぞ。 作成手順はiPhoneもAndroidスマホもほぼ同様です。 まずはスマホで撮影した印影をトリミングします。 続いて露出や彩度、傾きを調整します。 印影画像の加工が終わったら、印鑑透過で電子印鑑を作成しましょう。 フォトライブラリから印影画像を選択してアップロードすると、透過画像の印影が作成されます。 もちろん、透過pngの印影なので文字の上に被っても大丈夫です。 色も補正されています。 作成した電子印鑑はスマホ版エクセルやPDFなどのアプリで利用できます。 いちいちPCに転送しなくても、スマホだけで電子印鑑を押印できるようになるので便利ですよ。 印相体や篆書体の電子印鑑を格安で作成する さて、こちらの方法は無料ではないので番外編になりますが、格安で本物の印鑑と同じ書体の電子印鑑を作成する方法があります。 Amazonの「実印道場」では、たった500円で印相体や篆書体の電子印鑑が作成できます。 印鑑の種類も豊富で、個人印や認印、法人用の角印、丸印も作成できますよ。 印影の文字サイズ調整やデザインの手間を考えると、この価格は格安です。 自分で作成するのが面倒だったり、デザインやセンスに自信がないという方にオススメします。 無料ソフトで電子印鑑を作成すると、今ひとつ印鑑らしさに欠ける場合があるので、印影の見栄えにこだわるなら、「実印道場」の電子印鑑を使ってみるのも手です。 電子印鑑を無料で作成する方法 まとめ 以上、電子印鑑を無料で作成する方法8選と、番外編を1つご紹介しました。 無料のウェブツールやフリーソフトでも、十分にきれいで実用性のある電子印鑑が作成できます。 電子印鑑を活用して、見積書や請求書、納品書などのビジネス文書や、社内文書のペーパーレス化を進めると、作業の効率化や印刷費用の削減といったメリットがあります。 ただし、電子印鑑は単なる画像なので簡単にコピーされる恐れがあり、信頼性やセキュリティの面ではイマイチというデメリットもあります。 実印や銀行印などの重要な印鑑から電子印鑑を作成するのは避けたほうが賢明です。 メリットとデメリットを踏まえた上で電子印鑑を活用して、文書印刷や押印のような面倒な作業を一気に効率化してくださいね。 電子印鑑の印影は鮮明すぎるので、紙に印刷するとリアリティに欠けますが、作成した電子印鑑にかすれやにじみを入れると、印影がより本物らしく見えます。 以下の記事もぜひ参照してください。

次の