新幹線 事前 予約 割引。 新幹線のきっぷは事前予約で発売前でも予約可能?

EX予約サービス(往復割引)|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線 事前 予約 割引

発売開始日(乗車日1ヵ月前)の7日前から、予約の事前申込ができます。 <事前申込の申込受付期間・回答> 申込受付期間 発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30• 発売開始時刻(乗車日1ヵ月前の10:00)に達するまでの間であれば、手数料なしで事前申込を取り消すことができます。 申込の回答 発売開始日の10:00に購入申込があったものとして、10:00以降順次、発売手続きを行い、発売開始日の当日中に、申込結果をご登録のメールアドレス宛にお知らせします。 事前申込は予約の成立を確約するものではありません。 発売手続時に、満席などの理由により、予約が成立しないことがあります。 申込は、1件につき第2希望まで指定できます。 商品は第1希望、第2希望の列車の双方で購入可能な商品から選択できます。 また、異なる設備の商品を選択できません。 第2希望の列車を選択する場合、第1希望・第2希望ともに同一画面上に表示される列車を選択できます。 往復割引商品は、往復とも同一乗車日となる場合に限り申込ができます。 第1行程・第2行程で別の日の予約をしたい場合は、復路は往路の乗車日の自由席を予約し、復路の発売開始後に予約変更してください。 申込結果の回答は、第1希望・第2希望をまとめて1回のメールでお送りします。 事前申込の時点では予約は成立しません。 発売開始日の10:00から順次、申込の回答をします。 満席の場合等、予約が成立しないことがあります。 受付件数が一定数を超えた場合等、事前申込を制限する場合があります。 事前申込サービスでは、シートマップによる座席の選択はできません。 窓側、通路側等の座席位置は選択できます。 2名以上の座席指定などについて詳しくは• 申込受付完了メールは送信しません。 また、発売開始時刻(乗車日1ヵ月前の10:00)に達するまでの間であれば、手数料なしで事前申込を取り消すことができます。 申込内容の変更は、申込の取消を行い、再度申込を行ってください。 事前申込で予約成立後、その他の予約との重複を理由に取消をする場合は、払戻手数料が必要です。 払戻手数料について詳しくは.

次の

EX早特21|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線 事前 予約 割引

えきねっとに無料入会することで新幹線の切符が安くなる! 「」というサイトをご存知だろうか。 新幹線の空席照会や予約をすることが可能な、JR東日本が運営しているウェブサイトだ。 この「えきねっと」、利用するには登録が必要となるが、特に費用がかからず、住所や氏名、クレジットカードの暗証番号を入力すればできてしまう。 最大の利点は、この「えきねっと」で新幹線の指定予約をする場合、窓口に並ぶ必要がないのに加えて、何度でも予約の変更ができるのである。 急いで出発した出張に限って、品川駅や東京駅など大きな駅のみどりの窓口に長蛇の列ができていてイライラした経験はないだろうか。 「えきねっと」ならパソコンやスマホなどから切符を買うことができるので、もうそんなイライラしてしまう心配する必要もない。 また、ビジネスには急な変更はつきものだ。 毎回そのたびにキャンセル料を支払うのもできればしたくないものだろう。 しかし、 「えきねっと」ならきっぷを受け取る前であれば何度でも予約の変更ができるのだ。 これは仕事で何度も新幹線を使っているビジネスマンの方なら、このサービスは微々たるものながら無視できないはず。 特に最近は経費を抑えて出張を促す企業も多い。 在来線に乗って長い時間をかけて移動するのは苦痛だし、バスでの移動も安いけど在来線以上に苦痛だ。 そこで「えきねっと」を利用すれば、当人も雇用している側も負担が減る。 13日前予約でもっとお得な25%割引に 「えきねっと」を利用する上で一番のメリット。 それが「お先にトクだ値25」というサービスだ。 この「お先にトクだ値25」とは、その名のとおり25パーセント割引で新幹線の切符を購入することができるというもので、インターネット予約限定で利用可能となる。 たとえば通常期の東北新幹線「はやぶさ」で東京から新青森を移動する場合、片道1人分は1万7,350円となる。 これが「お先にトクだ値25」を適用した場合、1万3,010円となり、4,340円も値引きされるのだから、これは活用するほかない。 ただし、 「えきねっと」会員であればいつでも利用可能というわけではなく、乗車日の13日前までに申し込まないと適用されないという点は注意が必要だ。 また、実際には人気のため、申し込み可能な一か月前ぐらいから予約しないと席が押さえられないこともあるようだ。 新幹線利用における最大のネック、価格の問題を、これで随分軽くすることができるだろう。 おみやげ代に当てるには十分な額だろう 仕事で新幹線を利用しないという方も、「えきねっと」の存在は頭に入れておいてもいいはずだ。 旅行や帰省の際には自家用車よりも、公共の交通機関を使ったほうがアクセスの利便性が高い場合もある。 そういう場合には「えきねっと」の割引サービスをフル活用して、切符を安く手に入れておこう。 そうすれば、割引で浮いたお金をおみやげ代に当てることだってできるだろう。 (執筆者:小野 雄吾).

次の

新幹線のきっぷは事前予約で発売前でも予約可能?

新幹線 事前 予約 割引

往復割引より安く、基本的に 他の格安切符より料金は格安です! 宿泊と往復新幹線を、全てネットで予約することができ、しかも、予約したチケットは出発前に自宅に届くので安心! 他のツアーより新幹線が自由に選べるので、ストレスはありません。 3日前まで予約できますが、お得なプランから順に完売します。 ただし、利用できるのは、「 宿泊する方」「 往復同一区間新幹線に乗る方」のみ! これに該当する方、 往復割引の適用がない区間でも、格安に新幹線で往復することができます。 片道601〜800キロの区間は5日、801〜1,000キロは6日、それ以上は200キロで1日増えます。 そして、往復割引乗車券の場合、その有効期間は2倍の日数なので、片道601〜800キロの区間は10日、801〜1,000キロは12日。 往復割引きっぷの購入方法(窓口・券売機・ネット)&使い方 往復割引のきっぷ(乗車券)は、駅の窓口や券売機で購入することができます。 窓口はもちろん、えきねっとなどネットや券売機でも往復分の乗車券の購入が可能です。 601キロ以上の区間の 乗車券を同時に購入することが条件で、帰りの特急券まで一緒に買う必要はありません。 購入したチケットは、行きには行きの区間の乗車券・特急券を改札へ投入。 帰りは帰り区間の乗車券・特急券を使い、列車に乗車します。 学割やe特急券・eきっぷとは併用できる! 往復割引ととは併用ができ、往復割引で1割引、学割でさらに2割引。 学割は片道101キロ以上で使えるので、往復割引の適用区間は全て利用可。 学割証を提示し、駅の窓口で往復分の乗車券を購入すれば、ダブルの割引です。 そして、特急券をエクスプレス予約会員なら「e特急券」、J-WESTカード会員・JQカード会員なら「eきっぷ」を利用すれば、乗車券・特急券の両方が安くなります。 往復割引の計算方法は? この新幹線の往復割引、1割引なので一見安そうに見えますがそうではありません。 1割引になるのは乗車券部分のみで、 「特急券」は割引にはならないのです。 新幹線の往復割引の料金はこのように計算します。 東海道・山陽新幹線で最も長い東京〜博多でも、往復で2,820円しか安くなりません。 東京〜名古屋・京都・新大阪では使えない… 往復割引が適用される距離は片道601キロ以上。 しかし、東京〜名古屋は366キロ、東京〜京都は約513キロ、東京〜新大阪は約556キロ。 いずれの区間も 往復割引にはなりません。 それでも、もし宿泊するなら、 往復割引よりもっと格安な方法を利用することができます! それが、 新幹線ホテルパック。 では、 は 往復割引に比べてどれくらい安いのでしょうか? 東京〜岡山を例に、新幹線往復料金と宿泊料金の合計で比較してみましょう。 この新幹線パックを使うと、 普通料金より11,000円以上安く、 往復割引より9,000円以上格安です。 しかも、新幹線パックは2人以上で予約するとさらに安くなります! 往復割引はEX予約・スマートEX・えきねっとでネット予約も… スマートEXでも使える往復割引 東海道・山陽新幹線に交通系ICカードで乗ることができるスマートEX。 年会費は無料ですが、安くなるのは片道200円、往復400円。 往復分を予約する スマートEXサービス(往復割引)は、往復割引と同じ効果があります。 そして、往復割引乗車券利用時より片道200円安いので、料金は片道16,090円。 早特はエクスプレス予約と同じくお得ですが、通常予約は安くありません。 スマートEXサービス(往復割引)で安くなるのは、片道1,280円、往復2,560円。 エクスプレス予約で往復割引を使うと? 通常のエクスプレス予約で片道16,300円、往復で32,600円。 普通料金より往復で2,720円安いだけなので、往復割引と大差はありません。 そして、 EX予約サービス(往復割引)は15,020円なので、安くなるのは往復で5,280円。 (列車限定のEX早特21を使っても、安くなるのは往復8,840円) 新幹線格安チケットも安くない 金券ショップで売っている東京〜岡山間の格安チケットは大体片道16,500円くらい。 それほど安いわけではなく、往復割引の料金とほぼ同じ。 ということで、往復割引と同じくらいしか安くはなりません。 【参考】えきねっとでも往復きっぷは買えるが… 参考までに、JR東日本の「えきねっと」でも往復分の乗車券を購入することができます。 しかし、えきねっとで安くなるのは「トクだ値」だけで、往復分の乗車券を購入しても、往復割引以上には安くなりません。 東京から岡山を往復する場合、これ以上に安く新幹線に乗る方法はありません。 このように、他に安くなる方法はあっても、料金は往復割引と同じくらいで大して安くならないのです。 これは東京〜岡山間だけでなく、往復割引が適用する他の区間でも同じ。 往復割引が適用にならない東京〜京都・新大阪間など、他の区間で同じように比べても、この「新幹線+宿泊」パックが圧倒的に格安です。 しかも、往復割引適用区間で2人・3人以上で利用するなら、料金は さらに安くなります。 「同一区間往復&宿泊」での新幹線利用なら、 これが一番安いです。 それでもまだ、別の方法で新幹線に乗りますか? 往復割引より安い新幹線ホテルパックはこれ!.

次の