馬券で生活。 馬券生活するために知っておくべき競馬の知識あれこれ|大阪競馬ストーリー ~将来を豊かにするための競馬活用術~

私が馬券生活を辞めた理由を乗り越えられますか?

馬券で生活

馬券生活。 それは、自由気ままな生活です。 週に2日だけ仕事をすれば生活ができるのですから。 競馬が好きな人ならなおさらでしょう? 好きな競馬をしているだけで、生活ができるのですから。 とても魅惑的な言葉です。 「馬券生活」 私はいったん馬券生活者になりました。 しかし、私はこの馬券生活をやめて普通に会社勤めをする生活に戻しました。 まず、馬券生活の一般的なお話をし、最後に私が辞めた理由をお話しします。 固定収入は無い 馬券生活はとにかく不安です。 まず、会社員のような固定収入がありません。 会社員というのは、自分の時間を削って売ることで収入を得ているようなものです。 正社員になれば、ある程度の仕事をこなしていれば、それはそれは安定した生活を送ることができます。 (馬券生活と比べてです) もっと言えば、仕事ができなくても、毎日会社に行って席に座り、ぼーっと仕事をしているフリをしているだけでも、収入は入ってくるでしょう。 しかし、馬券生活は違います。 生きていくためには勝たなければなりません。 毎月、いやできれば毎日、勝たなければ生活費が手に入らないのです。 このプレッシャーは相当なものです。 予想しているときから馬券の購入の瞬間、レースが終わるまで、ずっと不安です。 本当にこれで良いのか、見落としはないか、回収率の期待値はいくらか、これが外れたらどうなるか、買ってよいのか、見送るべきではないか。。 馬券の予想に自信があろうがなかろうが、常にこういった不安に駆られるのです。 時に大きな金額で勝負することになる 馬券生活をするために必要な収入、資金、回収率について考えてみてください。 月に必要な生活費を、月に30万円としましょうか。 月に8日間の開催日に均等に資金を分配したとして、毎週約20万円の馬券を購入することになります。 1日当たり10万円です。 均等買いで勝てる必勝法を編み出したとして、土日に毎週10万円ずつ馬券を買うことになりますが、この10万円は、自分が得ようとしている利益の3分の1にあたります。 全敗したら生活費の3分の1を、1日で失うということです。 ましてや、私が普段から推奨しているように、回収率を上げるために追い上げ投資法をとっていた場合はもっとです。 1レースあたり50万円といったことは頻繁に発生します。 もっと外れ続けると、1レースあたり100万円といった場合もあり得ます。 このプレッシャーは相当なものです。 生活は質素 馬券生活中の生活は質素です。 馬券を買えなければ収入を得ることができませんし、競馬新聞などの経費も掛かります。 不的中が続くこともありますから、できるだけお金を残しておかなければなりません。 追い上げ投資をするならなおさらです。 できるだけお金を使わない生活を自ら強いることになります。 お金がないと、自由な時間が苦痛です。 プロ意識 このように、リアルに馬券生活をしていると、自然に競馬に対して非常にストイックになります。 無駄な馬券は買いません。 応援馬券などもってのほかです。 お金も使えませんし、土日のみならず、月曜から金曜日まで毎日競馬の研究です。 勝たなければ生活できないのですから、それはそれは熱心に研究をします。 そして、研究すればするほど、もっと知らない知識がないか、見落としがないか、より詳細に研究するようになります。 いわゆる、ひきこもり生活になります。 強い精神力が必要 悪いことばかり書きましたが、特に負けが続いているときにはこのような不安が強くなります。 自分の編み出した必勝法を信用できなくなると、冷静な運用ができません。 信じ続けること、目の前で今から起きる現象がレアケースではない。 期待値として勝てるという自信を持ち続けること。 これも不安になっていきます。 私が馬券生活を辞めた理由 私の馬券術は、複勝馬券を中心とした追い上げ投資法でした。 複勝馬券でしたので、幸い的中率は高く、一度に大金をかける場面はあまりなかったです。 しかし、生活は質素で、常に馬券のことを考え、さまざまな書籍を読む生活は最初のころは楽しいですが、継続するとなると想像を超えて大変でした。 私はこの、予想法を磨く生活に疲れてしまったのです。 今思い返してみると、競馬のことが本当に好きではなかったのかもしれません。 単に楽して稼ぎたいとか、そういった気持ちだったのかもしれないなと思います。 心構えが足りてなかった。。 もし、あなたが、馬券生活を目指しているとしたら、ここまでに書いたようなことが、きっとあなたにも訪れます。 最後にまとめますが、馬券生活を続けるためには条件を満たさなければなりません。 的中率の高い予想法を持っていること• ピンチを乗り越え、自分を信じられる強い精神力を持っていること• ストイックなプロ意識で研究を継続できること。 贅沢をしないこと もし、あなたが、馬券生活を目指すなら、相当な覚悟をしておいてください。 あいまいな気持ちで馬券生活を目指していたら、確実に実現しませんし、継続できません。 実は、私が馬券生活をしていたころには良いものが無かったので実現しませんでしたが、最近は、 競馬の予想~購入をコンピュータソフトや他人の予想に頼るという方法もあります。 コンピュータで自動化できてえば、ここまでのストイックな生活をする必要はありませんし、予想に対する思い入れが少ないぶん気楽です。 馬券生活とは言えないかもしれませんが、最も時間のかかる予想という作業の時間を短縮できますから、副業として固定収入を本業で得ながら続けることもできるでしょうね。 先日脱税問題で起訴されて、馬券の経費問題で裁判していた、馬券生活者さんも競馬ソフトですべて自動取引していたようですから。 以上、私が馬券生活を辞めた理由についてでした。

次の

馬券生活者

馬券で生活

夢の馬券生活 競馬をやっている者なら誰でも憧れる「馬券生活」だが、本当にそんな事が可能なのだろうか。 実は河童やツチノコのような都市伝説の類であって、実はそんな者は存在しないのではないだろうか。 実在しないとなると、これはかなり厳しい道である。 もちろん、私や貴方が「初の馬券生活者」になる可能性も僅かながらある訳だから、今までいないからといって、これからも登場しないとは限らない。 河童もツチノコも、まだ見つかっていないだけなのかも知れない。 しかし、これまでに何万人、いや何百万人もの人が目指し成り得なかった「馬券生活」を、この私が達成できるとは到底思えない。 何故なら、それができる位なら、もう「なってる」はずであって、「なってる」ならこんな記事を書いてるはずがない。 自称「馬券生活者」 ネットで「馬券生活者」と検索すると、いくつか「馬券で生活しています」という者のサイトやブログがあるが、こんなものは書いた者勝ちで、実際のところ真偽は分からない。 買い目や馬券と共に、成績が書いてあったりするが、そんなものはいくらでも作る事ができる。 例えば「単勝で馬券生活」なんてお題で運営しているなら、単勝馬券を全部買えばいい。 そして、そのうちの当たり馬券だけアップすればいいのだから。 もちろん、そんな事をやっていたら、それこそ勝てる訳はない。 よって、月に10万円購入すれば2万は負けることになるが、ブログの宣伝費と考えれば安いもんだ。 実際はブログによる広告収入がそれ以上あるかどうかは知らないが、もし赤字だとしても、それは自己顕示欲を満たすための必要経費といったものだろう。 馬券生活など土台無理 私がここまで「馬券生活者」の存在を否定するには理由がある。 それは、競馬における控除率の高さである。 これは、カジノと比較すると良く分かる。 この控除率の高さをカバーするとすれば、試行回数を減らすしかない。 しかし、ディープインパクトでさえ負けるのが競馬である。 脱税裁判 そんな思いをずっと持ち続けていた私であるが、思わぬところから衝撃的なニュースが飛び込んできた。 2013年5月、中央競馬の馬券払戻による脱税容疑により、ある会社員が所得税違反により、大阪地裁で懲役2月執行猶予2年の有罪判決を受けたのだ。 争点は、馬券の購入代金が必要経費とされるかどうかという点であったが、それはどうでもいい。 なんと、この会社員は、2007年から2009年の間に、ネットを利用して28億7,000万円の馬券を購入し、30億1,000万円の払出を受けていたのだ。 純益は1億4,000万円で、元手はたったの100万円だったという。 そう、競馬は勝てるのだ。 「馬券生活」は可能なのだ。 この会社員は副業(?)で行っていたようだが、予想以上に優雅な「馬券生活」である。 ちなみに、この裁判報道のせいで会社は首になり、この件の追徴課税や別の投資信託の失敗などで、車1台を残して全て失ったという。 こちらも想像以上に悲惨である。 他にもいる馬券勝利者 この「脱税裁判」が世間を揺るがずなか、更に巨額となる脱税容疑の話が飛び込んできた。 なんと、北海道では6年間で72億7,000万円の馬券を購入し、78億4,000万円の払い戻しを受けた公務員がいるというのだ。 純益は5億7,000万円。 6年間ということなので、1年に換算すると9,500万円だ。 額も凄いが内容はもっと凄い。 大阪の会社員は自分で改良した予想ソフトを使いパソコンで自動購入していたのだが、こちらはソフトなどは使わず予想し、自ら購入していたというのだ。 大阪の件では、パソコンやソフトといったモノや知識が必要であり、自分には無理な話と思っていたが、北海道の件はそういったモノを使っていないという。 それなら、私にもできるのではないか?と、ちょっと思った。 馬券生活は可能だ! この記事の前半のネガティブな内容どおり、私も昔は「馬券生活」なんて都市伝説だと思っていたが、思いもよらぬ「裁判」というところから、「馬券生活」が実現できることが分かり、ときめいた。 ブログなど真偽の分からぬ怪しいものではなく、国税も裁判所も動く公式に認められた「馬券生活」である。 これで分かった。 「馬券生活」は可能でなのだ。 競馬は勝てるギャンブルなのだ。 しかも、常々「ギャンブルは精神力」と思っている私は、万一勝てるとしても、精神に揺るぎのないパソコンを使った予想ソフトと自動購入しかないと思っていたのが、北海道の件で人間の手でも勝てる事が分かった。 しかし、北海道の公務員はどう考えても「天才」である。 一方私は自他ともに認める「凡才中の凡才」だ。 日本人でもメジャーで通用することが、分かったからといって、私がヤンキースで10勝できるのかというと、それは違う。 中学生の時に、ヤンキーに絡まれてカツアゲされた事があるくらいのものだ。 結局ダメなのかもしれない。 というか、ダメだろう。 しかし、これだけは断言する。 「馬券生活者」は実在する。 そう、「馬券生活」は可能なのだ!.

次の

競馬で生活をする 私の知る限り唯一無二の方法

馬券で生活

単勝馬券で勝つ為のおすすめの予想の仕方 それでは早速ですが、単勝馬券で勝つための予想の仕方を簡単に説明していきたいと思います。 単勝馬券は全ての券種の元になっていると言っても過言ではない基本的な券種になりますので、単勝馬券で勝ち続けられる人は他の券種であっても当てられるというケースが多いです。 まず単勝で勝てるようにする、これが競馬をやる上ではとても重要になってきますので、単勝馬券で勝つための予想の仕方は必ず覚えておくようにしましょう。 1番人気の馬は買わない方がいい 単勝馬券で勝負する為にまず第一に考えなければいけない事は、1番人気になっている馬を買うか買わないかを決めていくというもの。 1番人気になっている馬の勝率は大体30%くらいなので、確率通りにいけば3回に1回くらいは1番人気の馬が順当に勝つというのが競馬です。 しかし競馬で何より大切なのは的中確率ではなく回収率。 要するに1番人気のオッズが低い馬ばかり購入していても意味がなく、仮にそれで1番人気の馬で的中したとしても利益が少ないので払い戻し額は極端に少なくなります。 という訳で何より重要視すべきは利益であると考えると、1番人気の馬を購入するメリットはあまりないという結論に達するのです。 しかし、中には飛び抜けた実力を持っている競走馬がいるのも事実。 例えばディープインパクト等が代表的な名馬として有名ですが、ディープの生涯成績は14戦12勝なので、デビューから常にディープインパクトの単勝馬券を購入していれば間違いなくプラス収支になります。 このように飛び抜けた馬がいる事もまた事実なのが競馬なので、そういった断トツ1番人気の馬に大きく張るというのも方法の一つではあります。 しかし、基本的には単勝馬券で利益を上げるには1番人気の馬を当てても旨味がありませんので、避けて他の馬で勝てるのを探すという方法が良いかと思います。 出遅れ癖がある馬は買わない 単勝馬券は1発勝負の1着狙いです。 1着になる馬を見極めなければいけない単勝馬券において、出遅れは致命的です。 スタートが得意な馬や不得意な馬がいますが、出遅れ癖がある馬はスタートと同時に他の馬に対して不利になってしまいますので、どれだけいい成績を残している強い馬であっても、出遅れ癖がある馬は選ばないようにすると勝率が上がります。 反対にスタートがいい馬、逃げるのが得意な馬に関しては馬場状態はコース、位置取りなどの条件が揃っている場合はそのまま逃げ切れる展開になる可能性が高いので、中穴から大穴の単勝馬券で勝負する場合は、差し馬よりも逃げ馬を選ぶと勝率と回収率が上がっていくかと思います。 10倍から40倍の馬を狙う 単勝馬券で高い成績を収めたいと考えているのであれば狙うべきオッズは10倍から40倍です。 このオッズはいわゆる中穴と呼ばれる馬で、本命や対抗ではないものの実力があり、もしかしたらワンチャンあるかもしれないけど確率は低いという馬が集まっているゾーンです。 人気で言うと4番人気から9番人気あたりがこれ位のオッズになるのが一般的です。 単勝馬券で回収率を高く維持したいと考えているのであれば10倍から40倍あたりの過小評価されている馬を選ぶのが吉で、反対に課題評価されている馬はオッズが低くて勝てない可能性が高いという事で排除し続ける事で高い回収率を維持できるようになっていきます。 中穴から大穴あたりの馬を選ぶのがベストで、大穴の馬は当たる可能性が0とは言いませんが現実的ではありませんので避けた方が無難です。 当たる可能性と確率、その後の回収率の事を考えると、やはり中穴あたりの馬を狙って単勝馬券を購入していくというのがベストであると言えるでしょう。 単勝馬券で勝つためのポイント 単勝馬券で高い回収率を維持する為のポイントについてここからは解説していきたいと思います。 勝つために考えるべきポイントなので、必ず以下の点は抑えておくようにしましょう。 調子が上向きの騎手をチェック 単勝馬券は他の券種とは違い、1着になる馬を当てる馬券です。 という事は当たり前ではありますが、考えるべき事は1着になる馬がどれなのかをかんがえるだけ。 そんな時におすすめなのが、調子が上向きの騎手をチェックするという点です。 競馬は1日12レース開催されますが、その日のレースで連勝している騎手であったり、調子がいい騎手が何勝もしたりというケースが多くあります。 有名な所で言うとルメール騎手が1日で8勝したり、レジェンド騎手の武豊騎手も1日に何勝もした経験が何度もあります。 何勝もしているという事で気分に余裕ができてスムーズな騎乗ができるという以外にも、その日のコースと自分が走りたいという騎乗内容がバッチリあっている事が考えられますので、騎乗騎手の調子が上向きなのかどうかをチェックしておく事はとても重要です。 調子が上向きの騎手をチェックするという事は必ず覚えておくようにしましょう。 複勝と組み合わせる方法もおすすめ 単勝は1着になる馬を的中させる券種で、複勝は1着から3着に入る馬を的中させる券種です。 どちらも人気の高い似ている券種なので、単勝と複勝は組み合わせて購入する事をオススメします。 自分が必ず1着になると思っている馬を単勝で購入したと同時に、その馬が万が一スタート不利やコース不利などで1着になれなかった場合でも、3着以内に入ればある程度は負け額を減らす事ができたり、もしかしたらちょいプラスに持っていけるように馬券を購入しておくと安心です。 競馬に絶対はありませんので万が一を考えて単勝だけでなく複勝も購入しておくという方法は割と一般的で、競馬が上手な人ほど、このような馬券の購入方法を使ってきたりします。 競馬は何があるか分からない競技なので、単勝馬券になれてきたり、思った様に単勝で勝てないなと思っている方は、複勝も同時に活用するようにすると更に勝率が伸びていくと思いますよ。 まとめ 単勝馬券のおすすめの予想の仕方をまとめて紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?単勝馬券は当たりやすいと思っている方が多いですが、1着になる馬を的確に当てていくというのは意外に難しく、絶対はない競馬の中で1着を狙って競馬をしていくというのは難しいもの。 上記で紹介した基本的な買い方のコツを最後にまとめると…• 1番人気の馬は的中してもおいしくないので避ける方がいい• 出遅れ癖のある馬はどれだけ強くても買わない方がいい• 10倍から40倍くらいのオッズの馬を狙う• 調子が上向きの騎手を狙う• 複勝も同時に購入しておくと安心 上記のようになります。 単勝と複勝を同時に買えるようになると上級者ですが最初の方は単勝だけの勝負で良いと思います。 慣れてきたら保険という意味でも更に多くの利益をゲットするという目的の為にも複勝は活用していくと良いですよ。 過小評価されている実際は強い馬を見極めながら、単勝馬券でより回収率の高いレースを展開していきましょう。

次の