ご教授いただきありがとうございます。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の意味と違いについて

ご教授いただきありがとうございます

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

「誠にありがとうございます」は正しい敬語?お礼の敬語表現と例文集

ご教授いただきありがとうございます

教授へのメールの基本的な書き方 まずはじめにメールの基本的な書き方を説明します。 メールは「件名」「宛名」「本文」「署名」で構成される メールは「件名」「宛名」「本文」「署名」の4つで構成されます。 どれもメールの大切な要素なので、書き忘れることのないようセットとして覚えておきましょう。 <メールの構成>• 件名 メールの内容がひと目で分かるように簡潔に書く• 宛名 先生の名前を書く• 本文 明確に分かりやすく書く• 署名 氏名・所属・連絡先を書く 上記の4つの構成ごとに分けて書き方を次に紹介します。 「件名」はメールの内容がひと目で分かるように簡潔に書く メールでは「件名」を忘れないように書きます。 件名は相手が最初に目にする大切な情報です。 件名を見ただけで内容が一目でわかるように具体的に、かつ簡潔に書きます。 必要に応じて件名に学部や名前を併記します。 <件名の例>• 進路のご相談(〇〇学部〇〇学科 鈴木〇〇)• 学生が大学の教授宛てにメールをする場合は名字に先生をつけて「〇〇先生」とするのが一般的です。 「本文」は挨拶の言葉で始まり、結びの言葉で締める 本文は「挨拶の言葉」から始めます。 「いつもゼミでお世話になっております」「いつも講義でお世話になっております」「いつもご指導いただきありがとうございます」などが一般的です。 日ごろの感謝の気持ちを表す適切な言葉を書きます。 面識がない場合は「はじめまして」がよいでしょう。 挨拶の言葉のあとに自分の名前を書きます。 名乗りのあとはいよいよ本文ですが、用件を簡潔に伝えることが大切です。 最後は「結びの言葉」で本文を締めます。 結びの言葉は「以上、どうぞよろしくお願いいたします」という「お願い」の言葉が一般的です。 さらにメールでお願いや依頼をしている場合は「恐れ入りますが」「お手数をおかけして申し訳ございませんが」などのクッション言葉を添えて丁寧に書きましょう。 「署名」に連絡先を書く メールの最後には「署名」を入れるのがマナーです。 社会人の署名は名刺に記載している情報と同じ連絡先などを記載しますが、学生の場合は氏名・所属・連絡先(メールアドレス・電話番号など)の3要素が必須です。 あらかじめ自動挿入されるように設定しておきます。 正しい敬語を使う 当たり前のことですが、目上の人へのメールでは正しい敬語を使うようにします。 普段は親しい口調で会話していたとしてもメールや手紙では敬語を使うのがマナーです。 間違えやすい言葉として、「了解です」がありますが、「承知しました/いたしました」が正しい敬語です。 また「すごく嬉しいです」は「大変嬉しく思います」とするなど、話し言葉にならないように注意しましょう。 返信は翌日までに 返信のメールを受けたら、翌日までにお礼のメールを返信します。 時間を割いて対応していただいたことへの感謝の気持ちと、確かにメールを受け取りましたということを伝えます。 「お忙しいところご返信いただきありがとうございます」などと書き出します。 返信の件名は書き換えない メールの返信の件名は「Re:」がついて返信されてきますが、そのまま書き換えずに返信するのがマナーです。 書き換えてしまうと履歴がわからなくなってしまうためです。 往復が続いて「Re:」が増えてきた時は、「Re:」を一つに減らすなどして件名を読みやすくします。 往復の途中で話題が変わった時は新しい件名に書き換えます。 教授へのメールの例文と書き方のポイント 次にメールの例文と書き方のポイントを紹介します。 アポイントのメール 面識のない教授にアポイントをお願いするメールの例文です。 件名に所属と氏名を併記するとともに、冒頭の自己紹介でも略さずに所属とフルネームを書きます。 本文では訪問のお願いに至った経緯を簡潔かつ具体的に述べます。 さらに、「よろしければ」「お手数をおかけしますが」など、一方的な口調にならないよう、クッション言葉をうまく使いましょう。 突然のご連絡を大変失礼いたします。 このたびは〇〇先生の研究室のサイトを拝見し、研究内容に興味を持ったためご連絡いたしました。 特に〇〇の点について… ぜひ一度、研究室を訪問して詳しい研究内容をお伺いしたいと存じます。 よろしければ、先生のご都合のいい日時を数候補ご連絡いただければ幸いです。 お忙しい所、お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 欠席を謝罪するメール 欠席を謝罪するメールの例文です。 謝罪のメールでは、まずはじめに謝罪し、次にその原因と今後の対策を書くことがポイントです。 <件名> 〇月〇日ゼミ【欠席のお詫び】 〇〇先生 いつもご指導いただきありがとうございます。 〇日の授業を無断で欠席してしまいましたこと、大変申し訳ございません。 本来なら事前にご連絡すべきところを、〇〇の事情のため、ご連絡することができませんでした。 本日のご連絡となってしまいましたことを深くお詫びいたします。 今後は〇〇につとめ、このようなことがないように気をつけてまいります。 今後ともご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 とり急ぎ、略儀ながらメールでお詫びを申し上げます。 (メール署名) お礼のメール(返信例) メールでアドバイスを求め、その返信メールへのお礼のメールの例文です。 対応していただいたことへのお礼を述べ、今後の指導を願う結びの言葉を書きます。 具体的に勉強になった部分などを簡潔に記すとなおよいでしょう。 <件名> Re:期末レポートのご相談 〇〇先生 いつもお世話になっております。 鈴木〇〇です。 お忙しいところ、アドバイスのご返信をいただきありがとうございます。 〇〇の点につきまして、ご教授いただきましたとおり考察し直してみたいと存じます。 このたびは貴重なお時間をいただきありがとうございました。 今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。 (メール署名) まとめ 教授へのメールは、紹介したメールの書き方の構成とマナーやポイントに従って書くことで失礼のないメールを書くことができます。 これらは手紙の書き方のマナーやビジネスメールの書き方とも共通する基本の書き方です。 社会に出ても通用するスキルとして身につけておきましょう。

次の

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

ご教授いただきありがとうございます

要件を手短にまとめ、すぐ送信できるのがメールのメリット。 そのため、ビジネスの現場においてメールのやりとりをする機会は少なくないでしょう。 というより、いまやメールのやりとりを抜きにして仕事はできないとすら言えます。 しかし、相手や状況により 「こう書いておけば間違いない」というような「正解」を見出しにくいのも事実。 相手に納得してもらうためには、簡略化しただけの安易な内容では相手に気持ちも姿勢も伝えることはできないわけです。 だからこそ、正解を見出せないまま、「では、どう書くのが最適か」について模索している人は、決して少なくないのかもしれません。 そこでご紹介したいのが、『 迷わず書けるメール術』(神垣あゆみ著、フォレスト出版)。 7000人に読まれているメールマガジン「仕事美人のメール作法」を発行している著者が、ビジネスシーンに応じた文例と基本フレーズ、言い回しなどを紹介した書籍。 2009年に刊行された『メールは1分で返しなさい!』を改題し、大幅に加筆・再編集したものです。 ビジネスメールのやり取りではスピードが求められる反面、どのように書けばよいか、迷ったり悩んだりすることも多く、なかなかメールが書けないという声をよく耳にします。 そこで本書では、より早く必要な文例やフレーズにリーチしていただくために検索性を追求しました。 「感謝」「おわび」「依頼」など、テーマ別に状況に応じた文例と基本フレーズ、さらにそこから派生した言い回しを多数紹介しています。 (「まえがき」より) きょうは、II「ピッタリの表現が必ず見つかる! ビジネスメールの文例とフレーズ」のなかから、 「感謝の文例とフレーズ」を抜き出してみたいと思います。 感謝の文例とフレーズ 感謝の気持ちを伝えるメールは間をおかず、できるだけ早く送ることが大切。 メールの冒頭に感謝の気持ちを伝えるひとことがあると、相手に好印象を与えることができるといいます。 対応へのお礼 件名:先ほどはありがとうございました。 お世話になります。 メルイチ商事の鈴木です。 さっそく、詳しい資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 システム導入については前向きに検討しております。 社内で討議のうえ、改めてご連絡させてください。 引き続きよろしくお願いいたします。 このように、「なにが」「どのように」ありがたかったのかを明示すると、儀礼的な挨拶にならず、相手に感謝の気持ちが伝わるといいます。 (40ページより) 感謝の基本フレーズ ありがとうございます 例: ご返信いただき、ありがとうございます。 いうまでもなく、感謝の意を伝える最も基本的なフレーズ。 なお上記の場合、「ご返信」に代わる言葉として、「ご連絡」「ご確認」「ご対応」「お知らせ」なども。 その他の感謝のフレーズ 重ねてお礼申し上げます。 例: 早速のご返信、ありがとうございます。 早速資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 メール本文に「ありがとうございます」が繰り返し使われるときは、別の表現に言い換えて感謝の気持ちを表すと、よりスマートな印象に。 逆にいえば「ありがとうございます」を連発すればするほど、感謝の気持ちは薄れて伝わり、相手には儀礼的なイメージを与えてしまう可能性が生まれるわけです。 でも、「ありがとうございます」以外、たとえば「感謝いたしております」「ありがたく思っております」などのフレーズを用いると、感じよくまとまるといいます。 恐れ入ります 例: お忙しいところ、恐れ入ります。 相手がなんらかの配慮をしてくれたとき、「恐れ入ります」を使うと感じがいいもの。 ちなみにこれは、「恐縮です」と言い換えることも可能です。 なお訃報を知らせるメールへの返信の場合、「ありがとうございます」は避け、恐れ入りますを使います。 会長がお亡くなりになったとのこと。 わざわざお知らせいただきまして、恐れ入ります。 おかげさまで 例: ・おかげさまで、次のプロジェクトも順調に進んでいます。 ・これもひとえに、御社にご協力いただいたおかげです。 気にかけたり、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを凝縮した言葉。 (41ページより) 感謝のフレーズにプラス お気遣い 例: お気遣いいただき、ありがとうございます。 ささいなことでも相手の気遣いや配慮に気づいたなら、言葉にして伝えたいところ。 小さな積み重ねが心を通わせ、信頼関係を築く礎になっていくわけです。 お心遣い 例: いつもお心遣いいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 「お気遣い」に代わる言葉としては、「お心遣い」「ご配慮」も。 いずれも相手が気にかけてくれたり、自分の配慮を感じたりしたときにひとこと添えたいフレーズだといいます。 上記のNG例のような文章は堅苦しく儀礼的で、気持ちが伝わらないもの。 このような場合、「ご配慮」を使ってシンプルに言い換えるほうがすっきりするというわけです。 お取り計らい 例: 部長のお取り計らいに心から感謝いたします。 物事がうまく運ぶように適切な処置をすること。 「お気遣い」「お心遣い」「ご配慮」と言い換えることも。 恐縮する気持ちを伝える「すみません」よりも、感謝の気持ちを伝える「ありがとうございます」のほうが前向きで好印象を与えることに。 「どうも」はいろいろな場面で使える便利な言葉ですが、これだけでは、きちんとした感謝の気持ちは伝わらないわけです。 (43ページより) このように、すぐに役立てることができる実践的な1冊。 迷ったときに答えを見つけ出すことができるので、デスクサイドに置いておけば大活躍してくれるのではないかと思います。 Photo: 印南敦史.

次の