歴戦の氷皮。 カスタム強化素材・入手先

【導きの地】全地帯のモンスター出現条件と素材一覧【アイスボーン】

歴戦の氷皮

アン・イシュワルダ討伐後に行けるようになるフィールド。 森林地帯、荒地地帯、陸珊瑚地帯、瘴気地帯、溶岩地帯(ver11. 01で追加)、氷雪地帯(ver12. 01で追加)の6つの地帯から構成されており、 導きの地で初めて出現するモンスターやカスタム強化に使用する専用の素材が入手できる。 狩猟しても無限に大型モンスターが湧いてくる仕様。 ただし、ホスト(受注したプレイヤー)がいなくなるとモンスターは湧かなくなる。 森林地帯、荒地地帯、陸珊瑚地帯、瘴気地帯、溶岩地帯それぞれに地帯LVが存在し、 痕跡入手、部位破壊、罠にかける、狩猟及び捕獲でLVを上昇させるためのゲージが増加する。 ver11. 01からはモンスター発見で地帯レベルが変動しなくなった。 どの地帯のLVが上がるかは、そのモンスターの地帯アイコンで決まる。 地帯アイコンは生態マップで確認できる。 ただし、対象モンスターが複数の地帯に出現するモンスターだった場合、そのモンスターが出現できる全ての地帯のゲージが増加する傾向にある。 貰えるゲージ量の一部が分配されるだけなので、どこにでも出現するイヴェルカーナなどでは、一つの地帯を上げるのに向いていない。 現在のゲージ量は、導きの地のリザルト画面以外ではギルドカードからも確認できる。 LVが上がるとリオレウス希少種、リオレイア希少種、ティガレックス亜種、傷ついたイャンガルルガや歴戦の個体が登場するようになる。 初期の上限LVは4。 モンスターの発見、痕跡入手の2つは、その行為を行ったプレイヤーの地帯LVが上昇する。 一つの地帯ゲージを上げると、他の地帯のゲージが下がる仕組み。 合計LVは導きの地での狩猟数に応じて増えていく仕様。 4地帯のレベルを最大にすることも可能。 ただし、そのためには600~800ほどの狩猟数が必要と言われている。 自身で地帯LVはを上げる場合は、全地帯を満遍なく上げていくより、一つの地帯LVを上げていくのをオススメ。 他の地帯の素材が欲しい場合は、その地帯を最大LVまで上げている人を探すか、 その地帯だけを集中してLVを上げていくしかない。 ホスト(受注したプレイヤー)の地帯レベルが低いほど、ゲージの上昇量が大きい。 ホストのLVが1の場合でもモンスター1体でLV6の地帯ゲージを約半分上げることができる。 地帯レベルはレベルが高いほど上がりにくい仕様。 ver11. 01からは、 LV1、2が一番上がりやすく、LV3~6、LV7の順にレベルが上がりにくくなる。 ver11. 01から地帯レベルを変動させない設定が追加された。 ただし、固定できる地帯を選ぶことはできず、全地帯を固定するかしないかの二択。 01からは、導きの地からでも設定することが可能。 受付嬢に話しかけて「環境を固定する」で設定できる。 ver12. 01から地帯レベルを下げることができる。 (クエストリーダーのみ) 上げることはできないので注意。 また、地帯レベル1のゲージを0にすることはできない。 地帯レベルを下げるには、導きの地で受付嬢に話しかけて「環境の調節」で設定できる。 そもそもレベルが下がらず、上げた後は好きな地帯レベルに変更できる仕様にすればすごく快適になる。 各地帯の骨塚、鉱石を採取すると、専用の骨ゲージと鉱石ゲージが上昇する。 ゲージが最大まで上昇すると、ゲージが減ってしまうが、巨大骨塚、巨大鉱脈が出現。 ゲージの右側に「!」マークがある場合は、巨大骨塚、巨大鉱脈が出現していることを表す。 大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲、縄張り争いの跡の入手で特殊痕跡が入手できる。 ver11. 01からは本体剥ぎ取り、切断部位剥ぎ取り、捕獲時に解析が100%進むようになった。 縄張り争いの跡は、縄張り争い時に発生するものではなく、各地にランダムで出現する特別な痕跡のことを指す。 痕跡なのに至近距離まで行かないと、光らないという見つけるのに不便な仕様になってしまっている。 特殊痕跡は、大型モンスターの討伐、捕獲、部位破壊(モンスター1頭につき1回)、縄張り争いの跡の入手で解析が進む。 特殊痕跡の対象と同じ種族の大型モンスターの部位破壊をした場合は、解析が2個進む。 解析状況が最大になると、モンスターをいつでもおびき出でるようになる。 ver12. 01から、特殊痕跡を入手した時に、クエストメンバーも特殊痕跡を獲得できるようになった。 非戦闘員かつ現場主義で危険が及んだ時に周囲の人間に庇わせることでその人物を危険に晒す受付嬢に話しかけて、 解析済みの特殊痕跡でモンスターをおびき出すことができる。 (調査を終了する必要あり) おびき出すモンスターはLVを無視して呼び出すことができる。 歴戦の個体が出現するLV帯の場合、呼び出されるモンスターは必ず歴戦の個体になる。 大型モンスター狩猟後に、すぐにおびき出すと、その後に古龍が乱入した場合、おびき出したモンスターが消されてしまうので、次のモンスターが出現してからおびき出すこと。 ver11. 50からはこの方法で特殊痕跡を集めることはできなくなったので注意。 歴戦の個体のラドバルキンかウラガンキンを ぶっ飛ばしなどで転倒させて背中から採掘すると、特殊痕跡が確定で入手できる。 転倒させるたびに1つ入手できる。 ただし、入手できる特殊痕跡はその地帯に出現するモンスターのみ。 古龍系はおそらく入手できない。 探索扱いのため、何回力尽きても問題ないので不屈スキルが有効。 力尽きたときのクエスト報酬が減る仕様は、未発覚時のときは適応されないので、問題なし。 防具なしでスロットのある武器(防御力が上がらない)に逆境珠を入れた装備をマイセットに登録。 (ボマースキルはハンターへのダメージに影響しないので不要) 次に不屈を発動させた別の防具をマイセットに登録。 アイテムマイセットにx2、大タル爆弾Gx2だけを用意し、 爆弾をアイテムショートカットに登録。 アイテムポーチに守りの護符、守りの爪は入れないこと。 開幕、食事をとらずにBCから出て、大タル爆弾と大タル爆弾Gそれぞれ1個ずつをクラッチクローで起爆して力尽きる。 これをもう一回行う。 こやし弾ではなく、クラッチクローで起爆したほうがいいことを教えてくれた方、ありがとうございます。 一度不屈スキルの効果が切れると、やり直さない限り、不屈スキルを発動させることはできない。 装備を変更する時に、地位度でも不屈スキルが発動していない装備に変更してしまうと、不屈スキルの効果が消滅してしまう。 こうなったら一度導きの地を出てやり直さないと不屈スキルを発動させることができない。 上げたい地帯のモンスター 探索と同じ仕様なので、探索してから他のフィールドの探索をするを繰り返すだけで初期配置のモンスターを変更できる。 ロード時間の長い渡りの凍て地は避けるのが無難。 トレーニングエリアのルームサービスに話しかけ、配置物の変更を選択すると、初期配置のモンスターを変更できる。 02でこの方法はできなくなってしまった。 剥ぎ取り、捕獲、落とし物で専用素材が入手できる。 剥ぎ取りより捕獲の方が多く入手できる。 落とし物は、怯み、ぶっ飛ばしで壁にぶつかるなどで通常とは違って大量に落ちるので、落とし物が消える前に拾っておく。 また、落とし物は地質学スキルLV1を発動させた状態で拾うと2個入手できる。 そのうち修正される。 骨系は龍脈の~が通常モンスターから、霊脈の~は歴戦の個体から入手できる。 霊脈玉のかけら、霊脈玉、大霊脈玉は歴戦の個体から入手できる。 一部の専用素材はマカ錬金で入手できる。 ただし、歴戦の個体の古龍、リオレイア希少種、リオレウス希少種、歴戦の個体ティガレックス亜種の専用素材はマカ錬金で入手できない。 戦闘が面倒なナナなどモンスターでかなり有効。 LV2睡眠弾の調合、LV1睡眠弾の調合、増強剤の調合をアイテムショートカットに登録しておく。 これらの調合素材のネムリ草、ハチミツ、にが虫をアイテムポーチに入れる。 ボウガンパーツは リロード補助パーツx2と反動抑制パーツx2。 ライトボウガンなので、クラッチからの武器攻撃でもぶっ飛ばし用のスリンガーを確保できる。 装衣は、クラッチしやすくする不動の装衣と転身の装衣。 ・真・業物/弾丸節約もしくは業物/弾丸節約 これがあると1回で3睡眠をとれることが多くなる。 ・属性解放/装填拡張LV3 LV2睡眠弾の装填数を増やすのに必要。 ・睡眠属性強化 ・耳栓LV5 モンスターが起きた時、怒り状態になったときの咆哮による硬直を防ぐ。 不動の装衣だけでは足りないので、あると非常に便利。 開幕、ぶっ飛ばしで壁にぶつける。 ダウン中にクラッチからの武器攻撃か落ちているスリンガーを拾って、ぶっ飛ばし用のスリンガーを確保しておく。 もう一度ぶっ飛ばすと怒り条件を満たすので、ダウン中にLV2睡眠弾を撃って眠らせる。 これを繰り返す。 ダウン中のモンスターはSA状態になっており、睡眠の条件を満たしても睡眠状態にならない。 状態異常に必要な量を蓄積させた場合、後1状態異常が発生する状態になる。 ダウン中のSAは罠に対しては無効。 睡眠状態中のモンスターが起きている動作中はSA状態でも怯み無効状態ではないので、 クラッチしたらすぐにぶっ飛ばしかクロー攻撃をしても問題ない。 武器攻撃でスリンガーを拾うと、モンスターによっては1回行動できるので、隙をみつけてクラッチする。 眠らせる時に壁際に移動し、怒り以降モーションを壁に向くように仕向けると、睡眠後のぶっ飛ばしが成功しやすくなる。 (怒りモーションが振り向きながら行うモンスターの場合) できるだけクロー攻撃は行わないようにする。 ぶっ飛ばしとクロー攻撃は怒り蓄積値が高めに設定されているので、 クロー攻撃を多用すると怒り状態になるまでの間に2回ぶっ飛ばすことができなくなる。 3回クロー攻撃をすればだいたいのモンスターは怒り状態になる。 もし、クロー攻撃で怒り状態を満たしても、クロー攻撃後のぶっ飛ばしは有効。 武器攻撃によってモンスターが落とすスリンガーの弾数には限りがあるので、 睡眠動作中に武器攻撃を当ててスリンガーを回収していると、スリンガー切れを起こすことがある。 怒り条件を満たしていても、怒り動作に入る前に眠らせてしまうと、 怒りを睡眠でキャンセルさせた扱いにならず、起きてから怒り動作に以降するので注意。 罠でもレベルが上がるのを利用したレベル上げ。 普通に大型モンスターと戦うより効率がいい。 罠を連続で使用して、なくなったらBCに戻って罠を補給する。 これを繰り返すだけ。 痕跡も拾っておく。 使う罠は連続で仕掛けられるシビレ罠が3個と落とし穴1個。 先にシビレ罠を3個使用して、最後に落とし穴を使用してモドリ玉でBCに戻る。 アイテムショートカットにシビレ罠の調合をセットしておく。 アイテムポーチにx2、x2、シビレ罠、落とし穴、モドリ玉。 これらの4頭のモンスターは、初めて遭遇するまでハンターノートには表示されない。 初めて出現した時は「???」で表示される。 その地帯のLVで初めて出現するモンスターは背景を水色にしています。 LV モンスター 専用素材 LV1 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 LV2 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 バフバロ x1 x1 リオレイア x1 x1 リオレウス x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 アンジャナフ x1 x1 リオレウス x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 リオレイア x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ドスジャグラス x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスジャグラス x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 傷ついたイャンガルルガ x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスジャグラス x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 クシャルダオラ(歴戦の個体) x1 歴戦の剛翼x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 傷ついたイャンガルルガ x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドスジャグラス x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 プケプケ x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 LV2 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 アンジャナフ x1 x1 ディアブロス x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 プケプケ x1 x1 バフバロ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 リオレイア x1 x1 ディアブロス x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 アンジャナフ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 プケプケ x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 クルルヤック x1 アンジャナフ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ディアブロス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 テオ・テスカトル(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナナ・テスカトリ(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレイア希少種(歴戦の個体) ver11. 01から それ以前は通常個体が出現 x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ディアブロス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 ツィツィヤック x1 x1 バフバロ x1 x1 パオウルムー x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 LV2 ツィツィヤック x1 x1 パオウルムー x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 バフバロ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 パオウルムー x1 x1 レイギエナ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ツィツィヤック x1 x1 オドガロン x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ジンオウガ x1 x1 バフバロ x1 x1 LV4 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 ツィツィヤック x1 オドガロン x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 キリン x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ネロミェール x1 x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ツィツィヤック x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 キリン x1 x1 ネロミェール x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ツィツィヤック x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 キリン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ネロミェール(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレウス希少種 ver11. 01から それ以前は通常個体が出現 x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ツィツィヤック x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 ドスギルオス x1 x1 バフバロ x1 x1 ラドバルキン x1 x1 LV2 ドスギルオス x1 x1 ラドバルキン x1 x1 オドガロン x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 ラドバルキン x1 x1 オドガロン x1 x1 ティガレックス x1 x1 ドスギルオス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン x1 x1 ティガレックス x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ドスギルオス x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 死を纏うヴァルハザク x1 x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスギルオス x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 死を纏うヴァルハザク x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ティガレックス亜種 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスギルオス x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 死を纏うヴァルハザク(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 ティガレックス亜種 x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ディノバルド亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドスギルオス x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 溶岩地帯は後に出現。 LV モンスター 専用素材 LV1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 バフバロ x1 x1 LV2 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 ウラガンキン x1 x1 バフバロ x1 x1 ブラキディオス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 リオレウス x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 ウラガンキン x1 x1 ブラキディオス x1 x1 ドドガマル x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ラージャン x1 x1 LV4 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 ブラキディオス x1 x1 リオレウス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 ラージャン x1 x1 ドドガマル x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV5 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 ラージャン x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 ブラキディオス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ドドガマル x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ブラキディオス(歴戦の個体) x1 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 テオ・テスカトル(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナナ・テスカトリ(歴戦の個体) x1 x1 x1 クシャルダオラ(歴戦の個体) x1 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 ラージャン(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ブラキディオス(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 氷雪地帯は後に出現。 ジンオウガ亜種はクリア後に出現 LV モンスター 専用素材 LV1 バフバロ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 LV2 トビカガチ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 バフバロ x1 x1 ベリオロス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 レイギエナ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 ベリオロス x1 x1 ティガレックス x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン x1 x1 LV5 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ベリオロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン x1 x1 ジンオウガ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1.

次の

【MHW:IB】属性攻撃強化の護石Ⅳ・Ⅴの素材一覧【全属性対応】

歴戦の氷皮

ゲーム 2019. 04 2020. 11 Tomoyuki 【モンハンアイスボーン】導きの地の攻略まとめ【MHWI】 こんにちは。 Tomoyuki()です。 モンスターハンターワールド:アイスボーンのストーリーをクリアした後は、 「 導きの地」という エンドコンテンツで遊ぶことが可能です。 そんな導きの地を進めることで、いくつかの 未発見モンスターの狩猟や、導きの地で入手可能な素材から 武具の作成できるほか、 武具のカスタム強化も可能です。 ただし、 エンドコンテンツであり周回要素が強いため、さらなる強さを求めてやり込み要素も堪能したい人向けなので注意しましょう。 ということでこの記事では、そんな「導きの地」についてまとめます。 リオレウス• ナルガクルガ• ディノバルド• ディアブロス• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• 繁栄の結晶を入手するには? 繁栄の結晶については、森林地帯で 鉱脈レベルが「橙」以上で入手可能です。 森林地帯の採集ポイントとしては下図通りで、鉱脈と骨脈がランダムで出現します。 階層3にある森林地帯(エリア7)の採集ポイントは上図の通りです。 階層2にある森林地帯(エリア6)の採集ポイントは上図の通りです。 鉱脈や骨塚が出現している場合 鉱脈の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 骨塚の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 導きの地の鉱脈・骨塚・大鉱脈・大骨塚の採集ポイント(MAP)まとめ 階層3 【森林地帯】 【氷雪地帯】(Ver. 01で追加) 階層2 階層1 【瘴気地帯】 【溶岩地帯】(Ver. その後は使っている武器種によってはリオレイア希少種、リオレウス希少種、ティガレックス亜種の防具が強力でおすすめなので、荒地地帯or陸珊瑚地帯or瘴気地帯のいずれかをLv6にして狩猟するのがおすすめです。 Ver. 01(2019年10月10日〜)からは溶岩地帯、Ver. 01(2019年12月5日〜)からは氷雪地帯が追加され、それぞれ新しいモンスターも追加されています。 具体的には、 地帯レベルが4以上になると対象のモンスターから歴戦個体が出現するようになるため、もしその対象モンスターの 通常個体を狩猟して得られる素材が欲しい場合は、地帯レベルを下げる必要があります。 例えば森林地帯Lv4以上にすると歴戦トビカガチが出現(おびき出しも歴戦化)しますが、もし通常個体のトビカガチを狩猟したければ森林地帯をLv3以下に下げる必要があります。 以前は地帯レベルを下げるのは結構大変でしたが、 Ver. 01からは地帯レベルを簡単に下げられる機能が追加されたので、地帯レベルを下げたい場合はその機能を使いましょう。 尚、一部の素材は除き、 一度素材を入手しておけばマカ錬金で交換できるようになるため、 地帯レベルを上げる前に通常個体から得られる素材は一つ以上入手しておくのがおすすめです。 関連記事👇• 地帯Lv5:MR50以上• 地帯Lv6:MR70以上• 地帯Lv7:MR100以上 また、それぞれの地帯におけるレベル上限は7までですが、 全ての地帯を同時にLv7にすることはできないので注意しましょう。 6種類(森林、荒地、陸珊瑚、瘴気、溶岩、氷雪)ある 地帯のレベルを合計して27までになるように調整される仕様になっているため、合計値が27を超えそうな場合は他の地帯レベルが下がります。 Ver. 01から 地帯Lvを固定(全て固定される)できるようになったため、変動させたくない場合は固定して下さい。 地帯レベルを簡単に上げるには? Ver. 12時点の仕様では、地帯レベルを1から4にするのは比較的簡単(2〜4匹狩猟で1レベル上がる感じ)ですが、地帯レベルが上がるとレベルが上がりにくくなる使用のため、5から7にするのは結構大変(8〜10匹以上狩猟で1レベル上がる感じ)です。 ただし、地帯レベルが低いプレイヤーの救難信号に参加することで、地帯レベルが低い時と同様に簡単にレベルを上げることが可能です。 Ver. 01(2019年10月10日〜)の調整により、 地帯Lv3以降もレベルが上がりやすくなりました。 部位破壊を沢山したり、何回も(調合分も含めて)罠にはめると簡単に地帯Lvを上げられます。 次に「救難信号クエストに参加」を選択します。 検索条件の設定画面が表示されるので、条件を指定して検索します。 特に 受注・参加条件については、 救難信号を発信したプレイヤーのMRを指定する条件となっているため注意しましょう。 Ver. 例えば森林地帯のレベルを上げたい場合は、上図のように「受注・参加条件」や「探索目的」を指定して検索します。 導きの地の地帯Lvを固定する方法(Ver. ポップアップが表示されるので、「はい」を選択します。 全域マップの導きの地を確認すると、鍵マークがつくので固定されていることを確認できます。 尚、Ver. 01からは 導きの地に滞在中でも環境を固定可能です。 導きの地の地帯Lvを下げる方法(Ver. 例えば荒地地帯のレベルを1下げた場合は上図の通りです。 また、荒地地帯をLv1まで下げると上図のようになります。 導きの地の各地帯のLv別出現モンスターの一覧まとめ モンスター名 通常素材 歴戦素材 ドスジャグラス 雄々しきたてがみ — クルルヤック 艶やかな飾り羽 — プケプケ 甘く香り立つ毒喉袋 歴戦の猛毒喉袋 プケプケ亜種 潤いに満ちた喉袋 歴戦の大水喉袋 ボルボロス 泥の王冠殻 歴戦の王冠殻 トビカガチ まばゆい雷光針 歴戦の雷光針 トビカガチ亜種 妖艶な猛毒針 歴戦の猛毒針 バフバロ 古強者の巨大な角 歴戦の巨大な角 アンジャナフ ゆらめく炎の毛皮 歴戦の炎毛皮 アンジャナフ亜種 ざわめく雷の毛皮 歴戦の雷毛皮 リオレイア 女王の竜鱗 歴戦の竜鱗【緑】 リオレイア亜種 桜花の竜鱗 歴戦の竜鱗【桜】 ツィツィヤック ギラつく閃光膜 — パオウルムー 超弾力ゴム殻 歴戦のゴム質殻 パオウルムー亜種 漆黒の高級毛皮 歴戦の黒毛皮 ドスギルオス 闇夜の頭巾殻 — ラドバルキン 墨染めの重油殻 歴戦の重油殻 ドドガマル 重量級の大顎 — ヴォルガノス 灼熱の溶岩ヒレ 歴戦の溶岩ヒレ ウラガンキン 金属質な耐熱殻 歴戦の耐熱殻 イャンガルルガ 禍々しい銀狼毛 — 傷ついたイャンガルルガ — 歴戦の銀狼毛 ベリオロス 冷血の氷牙 歴戦の氷牙 レイギエナ 滑らかな氷皮 歴戦の氷皮 凍て刺すレイギエナ 凍てつく氷結皮 歴戦の氷結皮 オドガロン 命断ち切る惨爪 歴戦の惨爪 オドガロン亜種 魂切り裂く兇爪 歴戦の兇爪 リオレウス 王者の竜鱗 歴戦の竜鱗【赤】 リオレウス亜種 蒼天の竜鱗 歴戦の竜鱗【蒼】 ディアブロス 勇壮なねじれた角 歴戦のねじれた角 ディアブロス亜種 暴君の黒巻き角 歴戦の黒巻き角 ナルガクルガ 暗殺者の刃翼 歴戦の刃翼 ディノバルド 灼熱の断剣尾 歴戦の断剣尾 ディノバルド亜種 研ぎ澄まされた斬鉄尾 歴戦の斬鉄尾 ブラキディオス つややかな黒曜甲 歴戦の黒曜甲 ティガレックス 強者のアギト 歴戦のアギト ティガレックス亜種 戦慄の黒アギト 歴戦の黒アギト ジンオウガ みなぎる雷電殻 歴戦の雷電殻 紅蓮滾るバゼルギウス 紅蓮の爆鱗 歴戦の爆鱗 怒り喰らうイビルジョー 血に染まる漆黒皮 歴戦の漆黒皮 キリン 荘厳なる蒼角 歴戦の蒼角 テオ・テスカトル 獄炎のたてがみ 歴戦の紅きたてがみ クシャルダオラ 嵐を呼ぶ鋼翼 歴戦の鋼翼 ナナ・テスカトリ 蒼炎のたてがみ 歴戦の蒼きたてがみ イヴェルカーナ 極光の冠角 歴戦の冠角 死を纏うヴァルハザク 宵闇より昏き牙 歴戦の昏き牙 ネロミェール 幻惑する特上皮 歴戦の幻惑皮 悉くを殲ぼすネルギガンテ 生者必滅の大剛角 歴戦の殲滅角 リオレイア希少種 月光の竜鱗 歴戦の竜鱗【金】 リオレウス希少種 烈日の竜鱗 歴戦の竜鱗【銀】 ジンオウガ亜種 ほとばしる滅龍殻 歴戦の滅龍殻 ラージャン 闘気あふれる煌毛 歴戦の 煌毛 モンスターから入手可能な骨素材 素材 対象モンスター 龍脈の強竜骨• ドスジャグラス• プケプケ• トビカガチ• アンジャナフ• クルルヤック• ボルボロス• リオレイア• パオウルムー亜種• ツィツィヤック• パオウルムー• リオレイア亜種• プケプケ亜種• ドスギルオス• ラドバルキン• バフバロ• ドドガマル• トビカガチ亜種 龍脈の重竜骨• リオレウス• ナルガクルガ• ディアブロス• ディノバルド• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• アンジャナフ亜種• ヴォルガノス• ウラガンキン• ブラキディオス• ベリオロス 龍脈の剛竜骨• リオレウス亜種• ジンオウガ• イャンガルルガ• ディアブロス亜種• ディノバルド亜種• リオレイア希少種• オドガロン亜種• リオレウス希少種• ティガレックス亜種• 怒り喰らうイビルジョー• 紅蓮滾るバゼルギウス• ラージャン• 凍て刺すレイギエナ• ジンオウガ亜種 龍脈の古龍骨• クシャルダオラ• テオ・テスカトル• ナナ・テスカトリ• キリン• ネロミェール• 死を纏うヴァルハザク• イヴェルカーナ• 悉くを殲ぼすネルギガンテ 霊脈の重竜骨• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈の剛竜骨• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ• 歴戦ジンオウガ亜種 霊脈の古龍骨• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ モンスターから入手可能な玉素材 素材 対象モンスター 霊脈玉のかけら• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈玉• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ 大霊脈玉• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ• 歴戦ジンオウガ亜種 マカ錬金で交換可能な導きの地の素材一覧まとめ 導きの地の出現モンスターを簡単に入れ替える方法 導き地を探索する前に 全域マップから出現モンスターを確認できますが、狩猟したいモンスターがいない場合は、 クエストのクリアや探索をすることでモンスターの入れ替えが可能です。 おすすめの方法としては探索をすることで、狩猟したいモンスターが出現するまで何度も行き先を変更すれば、 モンスターを簡単に入れ替えることが可能です。 探索エリアに到着後、再度導きの地の出現モンスターを確認すれば、出現モンスターが入れ替わっています。 尚、探索するエリアはどこでもいいですが、ロード時間が比較的短いと言われている 「陸珊瑚の台地」or「瘴気の谷」or「龍結晶の地」のいずれかのエリアを交互に行き来するのがおすすめのようです。 導きの地の特殊痕跡とモンスターのおびき出しについて 導きの地では特殊痕跡を入手して解析が完了すると、特殊痕跡を消費して対象のモンスターをおびき出すことが可能です。 そんな特殊痕跡の入手から解析が完了するまでの流れは次の通りです。 導きの地で遊んでいて たまたまリオレウス希少種の特殊痕跡を入手できたので、おびき出して捕獲するまでを動画にしています。 具体的にどうやるのかを確認したい方は、よければ動画を参考にしてみて下さい。 導きの地素材によるカスタム強化まとめ 導きの地で各種素材を集めることにより、 レア度10〜12の武器、レア度9〜12の防具のカスタム強化が可能になります。 武器を加工屋でカスタム強化する際の画面例は上図の通りです。 武器のレア度に応じて決まったカスタム枠数が決まっており、強化内容に応じてカスタム枠が埋まります。 カスタム枠の拡張を除き、カスタム強化をしても戻すことが可能で、戻した場合も素材が戻ってくるため、 様々な組み合わせを気軽に試すことが可能です。 尚、武器のカスタム強化については 基本的に回復能力付与がおすすめです。 ストーリークリア後のやり込み要素なので無理にやる必要はありませんが、さらなる強化を求めてやり込む人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

カスタム強化素材・入手先

歴戦の氷皮

アンジャナフは 森林または 荒地地帯レベル1〜4で出現します。 「 龍脈の強竜骨」も アンジャナフから入手できます。 歴戦個体リオレウスは 森林または 溶岩地帯レベル5〜7で出現します。 「 歴戦の炎毛皮」は 歴戦個体アンジャナフから入手できます。 歴戦個体アンジャナフは 森林または 荒地地帯レベル5〜7で出現します。 「 霊脈の剛竜骨」も 歴戦個体リオレウスから入手できます。 プケプケ亜種は 陸珊瑚地帯レベル1〜4で出現します。 「 甘く香り立つ毒喉袋」は プケプケから入手できます。 プケプケは 森林または 荒地地帯レベル1〜3で出現します。 なお、「 龍脈の強龍骨」も プケプケ亜種、プケプケから入手できます。 歴戦個体プケプケ亜種は 陸珊瑚地帯レベル5〜7で出現します。 「 溟海の結晶」は 陸珊瑚地帯の鉱石採掘から入手できます。 (鉱石レベル「橙」〜「赤」) 「 霊脈の剛竜骨」は導きの地に出現する危険度2の歴戦個体モンスターから入手できます。 アンジャナフ亜種は全ての地帯でレベル1〜4で出現します。 「 まばゆい雷光針」は トビガカチから入手できます。 トビガカチは 森林地帯レベル1〜3で出現します。 「 龍脈の剛竜骨」は オドガロン亜種・ジンオウガ・ディアブロス亜種・ディノバルド亜種・リオレウス亜種から入手できます。 歴戦個体トビガカチは 森林地帯レベル4〜7で出現します。 「 歴戦の雷毛皮」は 歴戦個体アンジャナフ亜種から入手できます。 歴戦個体アンジャナフ亜種は全ての地帯でレベル5〜7で出現します。 「 霊脈の剛竜骨」は導きの地に出現する危険度2の歴戦個体モンスターから入手できます。 レイギエナは 陸珊瑚地帯レベル2〜4で出現します。 「 龍脈の剛竜骨」は オドガロン亜種・ジンオウガ・ディアブロス亜種・ディノバルド亜種・リオレウス亜種から入手できます。 歴戦個体レイギエナは陸珊瑚地帯レベル5〜7で出現します。 「 導きの結晶【陸珊瑚】」は 陸珊瑚地帯の鉱脈レベルが最大(赤)になった状態で採掘すると稀に入手できます。 (巨大鉱脈で確定で入手も可能です) 「 霊脈の剛竜骨」は導きの地に出現する危険度2の歴戦個体モンスターから入手できます。 オドガロン亜種は主に全地帯レベル2〜4の間で広く出現します。 「 龍脈の剛竜骨」は オドガロン亜種・ジンオウガ・ディアブロス亜種・ディノバルド亜種・リオレウス亜種から入手できます。 歴戦個体オドガロン亜種は 陸珊瑚または 瘴気地帯レベル5〜7で出現します。 「 導きの龍骨【瘴気】」は 瘴気地帯の鉱脈レベルが最大(赤)になった状態で採掘すると稀に入手できます。 (巨大鉱脈で確定で入手も可能です) 「 霊脈の剛竜骨」は導きの地に出現する危険度2の歴戦個体モンスターから入手できます。

次の