あー すれ ば こう すれ ば。 山本潤子 あと100年もすれば 歌詞&動画視聴

山本潤子 あと100年もすれば 歌詞&動画視聴

あー すれ ば こう すれ ば

今回の記事を書こうと思ったきっかけはこちらのツイートを見かけたことによります。 就活生や大学をここまで追い込んだのは、「こうすれば、こうなる」と信じ、最短距離で実現する完成した人材を欲した、企業や社会の問題でもある。 「こうすれば、こうなる」というノウハウを得るには、仮説と試行錯誤の検証、というプロセスを体験することが不可欠だが、それが置き去りにされている。 「こういう行動を起こせばこういう結果が得られる」という原因と結果の関連性を単純に捉えすぎているのではないか、というメッセージを私はこのツイートから読み取りました。 「こうすれば、こうなる」という因果関係は私たちが思うよりも複雑なものであり、それを読み解けるようになるには訓練が必要であるということのようです。 さて、このツイートをみて、私は以前こんな本を読んだことを思い出しました。 養老孟司著『』です。 環境問題を扱った本なのですがその序盤にこんな一節があります。 少し長くなりますが、引用します。 意識が作り出した世界、頭で考えて作った世界を、私は「脳化社会」と呼んでいる。 具体的には都市のことである。 自然が作った人間の体と、脳化社会はあちこちで矛盾する。 そのことを二十年くらい言い続けているが、十分には理解してもらえていないと思う。 たいていの人は、中年になって突然、体の心配をはじめ、健康にいいとされているものを次々に試すようになる。 自分の体が自然に属することをずっと忘れていて、中年になって急に気がつき、あわてだす。 ふだんは田畑の面倒をみていなかった人が、突然面倒をみはじめるようなもので、まあ、間に合うわけがない。 これも広義の環境問題であろう。 人体という自然をめぐる話だからである。 身体を自然の一部だと認めることは、ふつうにはむずかしいことらしい。 結核が治せるようになったのは、ストレプトマイシンなどの抗生物質が開発され、それがよく効いたからだとされる。 薬を開発したのは意識だから、薬はつまり人工である。 しかし、イギリスに疫学的なデータを丁寧にとった研究者がいて、それによると、抗生物質が開発されるより前から、結核患者数はどんどん減っていたという。 このデータに従えば、結核患者の減少には抗生物質よりも、社会経済構造が変化し、生活状態が向上した効果が大きく効いたことになる。 まだ有効な薬がない時代、日本でも結核の治療は大気、安静、栄養だと言われていた。 ではなぜ「抗生物質で結核が治った」と説明されるのか。 そこには都会人の価値観がよく現れている。 積極的に薬を投与したら、結核が治った。 その考え方のほうを、近代人は好む。 体を取り巻く状況をよくしてやったら、病気が「ひとりでによくなった」という話は、あまり好かれない。 自分のおかげでよくなったと、意識が威張れない。 そう思うせいかもしれない。 なにかをしたから、おかげでこういう結果になった。 こう考えたがる人間の性向を「ああすれば、こうなる」型の思考と呼ぶ。 じつはこれが、脳化社会の基本思想である。 「ああすれば、こうなる」という図式は、とくに体を含めた自然の問題には当てはまらないことが多い。 自然はそれほど単純にはできていないからである。 一般の人は、病気というと決まった原因があり、その結果ある症状が起こり、極端な場合には死ぬと考えていると思う。 しかし、ある症状が起こってくる原因は、じつは無数にある可能性がある。 (中略) 人間が理性的だと信じているやり方、つまり「ああすれば、こうなる」という考え方は現代社会の基本常識だが、じつは基本的に問題を抱えている。 そのことを、だれでも知っているべきだと思う。 もちろん都市社会はそれが成り立つようにつくってあるのだから、ふつうはそのやり方でうまくいく場合が多い。 しかし、そうならない可能性はつねにある。 自然のなかでは、むしろそうならないのがふつうである。 「柳の下にドジョウがいるとは限らない」のである。 「ああすれば、こうなる」式の思考がはびこるようになったのは、人間が自然とつきあわなくなったからである。 自然はたくさんの要素が絡み合う複雑なシステムである。 だから、自然に本気でつきあっていれば、「ああすれば、こうなる」が通らないことが体験できる。 でも人工環境では、そのことに気づかない。 教わる機会を逸するからである。 人工環境とは、むしろ「ああすれば、こうなる」が成り立つ世界のことなのである。 そうなるように人間が、つまり意識が都市をつくったのだから、それで当然である。 むろん都市の外、つまり自然に対しては、それが成り立つ保証はない。 まとめると「物事の結果にはたくさんの要因が複雑に影響しているが、都市生活に慣れている人たちは意識的にとった行動が結果を生み出したと思いたがる」ということになります。 そして、その要因として自然と付き合わなくなったことを挙げていますが、別に私はこの記事を通して「自然ともっと触れ合うべきだ」と訴えたいのではありません。 私が言いたいのは、養老氏とは意見が異なりますが、 都市社会の中でも「ああすれば、こうなる」が通用しないことはいくらでもあるということです。 自然と人間社会の接点とも言える農業を例に挙げれば、たとえどんなに努力して農作業に励んだとしても、冷害や干ばつなどの自然現象の影響は、人間が行う努力によるものよりずっと大きいものです。 そういった、人間の努力の及ばない外的要因は、都市社会の中にも無数に存在します。 例えば、学力とその家庭の経済力の相関関係は、今や疑いようのないものとして扱われています。 学力向上に及ぶ影響としては、本人の努力以外に、教員との相性、学級の雰囲気、家庭内に落ち着いて学習できる環境があるかなど、様々な要因が挙げられます。 冒頭で引用したツイートでは就活を話題にしていますが、就活の成果に関しても、同様のことが言えるでしょう。 住んでいるところが地方か都心かによっても、就活にかかる費用や時間は大きく異なります。 何か1つの結果が生じるまでに、当人のあずかり知らない無数の要因が複雑に影響しているのは、自然環境の中でも現代社会の中でも、程度の差はあれど同じだということです。 もちろん都市社会の中で起こる現象は自然環境よりも予想がつきやすく、訓練によってそのノウハウを獲得することはある程度可能だと思われます。 投資家や成功している企業経営者は、そのノウハウを熟知している人たちだと言えるでしょう。 冒頭のツイートではその訓練の機会をいかに確保するかを問題にしているわけです。 この「ああすれば、こうなる」型思考の裏にあるのは、「物事をなるべくシンプルに理解したい」という欲求と「(ある程度成功している)自身のポジションは自分の努力によって獲得したものだと思いたい」という欲求です。 前者に関しては、私たちのあずかり知らない影響を考慮に入れて複雑な因果関係を繊細に捉えることを面倒に感じ、その労力を惜しんでしまう心理の表れでしょう。 後者に関しては、もちろん自身の成功の要因を「運によるものだ」と考えるより「自分の手柄だ」と考える方が気分が良いですから、当然の欲求と言えるでしょう。 という心理用語があるようです。 メルビン・ラーナーという心理学者が提唱したものらしいのですが、「世界がコントロール可能であり予測可能であってほしいと願い、それが高じて世界は公正だと思い込むようになる」心理現象とのこと。 まさに「ああすれば、こうなる」型思考を説明するのにぴったりの言葉です。 「ああすれば、こうなる」型思考の弊害は様々ありますが、最も顕著なのは生活保護叩きや就活に失敗した人たちへのバッシングなど「努力をしなかった結果困窮しているのだから、支援する必要はない」という世論を形成してしまうことでしょう。 私たちは自身の今のポジションを「自分が努力した結果だ」と思いたいものです。 困窮している人たちへのバッシングは、そういった欲求とワンセットのものです。 困窮しているという結果の要因として、個人の努力と環境的な要因がどれほどの割合で生じているのかは、数値で表すことができない以上「これが唯一の絶対的な要因だ!」と断定することはできないのです。 また同様に、「これさえ解決すればすべてうまくいくはずだ!」と問題の原因を1つのものに求めてしまうのも、やはり危険なことだと言えるでしょう。 (よかったら「」を参照してください。 ) 実際問題として、1つの原因と結果がストレートに結びつくことはあまりないと言って差し支えないでしょう。 「カオス理論」や「バタフライエフェクト」なんて言葉もあるようですが、あまり専門的なことは私にはわからないので、関心のある人はご自分でググってください。 実際に飛行機を飛ばしたり、月への有人飛行を成功させた人たちというのは、関連する要因を事細かに考慮に入れて緻密な計算を積み重ねることによってそれを成功させているわけです。 よく、生活保護バッシングの文脈で「努力が報われる社会にしろ」という主張が見られますが、因果関係を単純に捉えすぎているという問題はあるものの、「努力が報われる社会であってほしい」という願いそのものは真っ当なものです。 しかし、 本気でそう願うのであれば、他者を攻撃するのではなく、それを実現するために具体的に何をするべきかを建設的に考えなければなりません。 それは、飛行機や宇宙ロケットの開発のプロセスと同じように、社会構造をつぶさに分析し、「努力が報われる社会」の実現のために必要な政策を緻密に考えていくことが必要です。 現時点においてそれを実現しているのは、北欧を中心にみられる高福祉国家の姿のように私には思えるのですが、みなさんはどう考えるでしょうか。

次の

ああ言えばこう言うの意味、こんな人にはどうすればいいの?

あー すれ ば こう すれ ば

「マンガかして」 「前にかしたマンガかえしてくれないと、ダメ」 となります。 そこで 「借りたものは返さないと信用されなくなるんだな。 これはいかん、ちゃんと返さねば」 となり、ひとは正しい大人(?)になっていくものですが、 まれに 「借りたものは返さないと信用されなくなるんだな。 これはいかん、信用がなくなっても 借りられるよう、もっと理屈を強化しなければ」 という、 とんでもない方向に ものごとを考える人もいます。 そして 「こんどまとめて返すから」 「前のマンガといっしょに読まないといけないから」 「こまかいことを気にしちゃダメ」 というように、自分勝手な理由を作り出してくるわけで、 こうなると完全に大人になっても 「ああ言えばこう言う人」 になっていきます。 社会人になっても、 仕事のミスなどを認めることができず、 「ちょっとちょっと、A社とB社の書類はちゃんと分けておいて」 「ちゃんと分けてますよ」 「できてないよ、今まちがえたよ」 「いやこれはあとで見直すつもりだったから大丈夫です」 「あとで見直したりなんてしたことないだろ」 「今回はそうするつもりだったのですよー、 それに書類の字が汚いのが悪いですよー、書いた人のミスですよー」 イライライライラー! いいからちゃんとやれー。 こんなふうに、 自分のまちがいを認めると負けとでも 思っているようにあれこれ言う人っていますが、 まさにこういうのが「ああ言えばこう言う人」ですね。 こんなことでは、やはり いつかは相手にされなくなっていくので 気をつけないといけないですね。 「マンガかして」 「前にかしたマンガかえしてくれないから、ダメ」 「こんどまとめて返すから」 「そんなこと言って、もう3冊もかしているじゃない」 「いいじゃない、もうちょっと。 ちゃんと返すから」 「返してないじゃない」 「もう、ああ言えばこう言うんだから! 貸してくれたっていいじゃないの」 イライライライラー! おまえがいうなー。 めちゃくちゃですね。 自分の勝手な言い分がつうじないから 「ああいえばこういう」 という言葉を使って、 強引に自分を正しく見せようとしています。 ひどい話です。 こんな風に、この言葉を 悪い使い方をする人もいるので 気をつけないといけません。 ちゃんと意見を言う、 しっかりとした理論で議論をする、 こんなときまで、 「ああ言えばこう言うな、だまってろ」 と言ってふうじこめてしまうと 話そのものが出来なくなってしまいます。 どうすればいいのか ああ言えばこう言う、の意味は 以上ではありますが、 これだけではイライラー! だけで終わりそうなので対処法も考えてみました。 ただ、じっさいに、ああ言えばこう言う人と 話したことがあるなら分かると思いますが、 これが結構たいへんです。 口ばっかり達者で言うことを聞かない人、 これは人間関係において やっかいな人の代表格のひとつといえますからね。 それでもできそうなのは、次のもの。 なるべく相手にしない 基本の対処法はこれでしょう。 ああ言えばこう言う人というのは 空気の抜けたゴムマリのように ぐにゃぐにゃした反応しか返ってこないので、 まともに相手してもつかれるばかりです。 だから、 はじめから口をきかない、 接触しないのが一番ということになります。 ただ、さきほどの例のように、 ・かしたものを返してもらいたい ・一緒に仕事をしないといけない など、やむをえず言い聞かせないといけないことがあるのも事実。 そんなとき、次の方法がいいかもしれません。 勢いで押し切る のび太君のママが怒るときのように 「いいからさっさとやりなさい!!!!」 と一喝して、 有無を言わせない方法。 力押しなので、強引に物事を進めめられる人向きです。 ただし相手との力関係で こちらがある程度強くないとできないのが難点です。 理論で立ち向かう 「いい? あなたがちゃんとやらないと みんなが困ります。 これはあなたの仕事で あなたがキチンとやる必要があります。 お給料もらってるんでしょ?」 と理路整然と話します。 理性的に物事をすすめられる人向き。 ただしこれは相手の得意な理屈勝負にもなるので つばぜりあいのようなシビアなやりとりになることも。 それでも こちらが正論を言っているならば いつかは相手のヘリクツは破綻するでしょう。 基本的には有利な戦いです。 とはいえ、これはさっきの 力押し作戦ほどではないにせよ、 相手の立場が強いとやりにくいし、 そもそも理論的に話すのが苦手な人にはむつかしいです。 これも無理そうなら、次の方法もあります。 そういったことが得意な人にお願いする 会社だと課長や部長、 頭が良くてたよりになる仲間など 命令や説得が得意な人に相談する、 場合によっては代わりにやってもらいます。 チーム力があって 仲間とコミュニケーションをとるのが 得意な人向けな方法といえます。 一歩まちがえると 告げ口するみたいになりますが、 仕事や人間関係の相談をするくらいなら、 ふつうは問題ないと思います。 やっぱり相手にしないのが一番 上の対策はじっさいにやってみると、 なかなかむつかしいし疲れるものですね。 それでもなんとか 見込みがある相手ならまだしもいいのですが、 どうしようもない人とは やっぱりなんとかして 関わらないようにするのが一番ではないかと思います。 場合によっては、 「あんな人に貸したのが間違いだった」 と勉強代としてあきらめる、 「どうにかして一緒に仕事をしないですむようにする」 など、直接そんな人と関わらずに なんとかできる方法をさがすのも手かもしれませんね。 相手が家族だったりすると、しょうがないですが、 それでもああ言えばこう言うのに あまりまともに付き合って ごちゃごちゃと言い合うよりも 景色でも眺めてゆったりと生きていたいものです。 初めまして 共感しましたのでコメントさせて頂きます。 あー言えばこう言う。 隣家とトラブルになった時に相手が使って来た言葉です。 隣家は夫婦揃って社会不適合者で、 夫は家に引きこもり今は内職をしています。 攻撃性が強くプライドが高く猜疑心が強く、夫婦揃って人と話す際は常にイラついてます。 人の生活状況は聞きたいが自分の事は話しません。 また聞き方もバレバレで見ていて「あーまたか。 」と心の中で思ってます。 話しも全く通じず言い訳と取り繕いが目に見えて分かってしまい、猜疑心が強く本当の事は絶対話さないので嘘をついているのも全て見通せます。 トラブル時、私の言葉に「嘘!そんなの嘘!!」と普通の人では出ない言葉をイラつき目をギョロギョロさせて言って来ました。 夫婦は生活に困っていながらプライドが高く被害妄想が強いので内職している事は知られたくなく、ガソリンが高く全く乗らない外車を駐車場に飾ってます。 昼は家の中にいる姿を消しているつもりで家の中で静かに生活していますが、異常なほど可愛がっている動物を飼っているのでそれが鳴くか鳴かないかで生活状況が丸わかりです。 あー言えばこー言う。 そっくりそのまま隣家に返してやりたいですが、もう相手にしませんし、無視することにしました。

次の

マイホーム現在建築中なのに既にあーすれば良かった、こうすれば良かったが出てきてます…あんな…

あー すれ ば こう すれ ば

(大げさだけど本当) 「後悔ポイント」とまでばっさり言うようなことは本当にないんです。 その後の前のパネルを見るとあんなとこやこんなとこまで油が跳ねています。 あとはこの壁に飾り棚をつけて植物などを飾っているので,これがなくなるのもさみしいなぁとも。 洗面脱衣室やトイレ,キッチンのサッシはホワイトにしました。 それ以外のサッシは茶色にしたのですが,この茶色がなんだかなぁというものです。 ただ,レースカーテンも常にしているのでカーテンしちゃえば全く気になりません 笑 なので,ここもそんなに大したことないレベル。 ここは階段の小窓。 ここはカーテンもないのでホワイトが良かった。 8畳あります。 ここのクロス,打ち合わせの時には何も考えておらず標準ホワイトのままです。 まあまあの広さもあるし,人に見せる場所でもないのでおもいきったクロスを貼ってもおもしろかったかなと思います。 どちらかと言えば可愛い感じ。 三井ホームのシュシュの家に使われていそうな感じかな? そういうイメージに憧れていたんです。 ただうちのベッドはウォルナット色のローベッドなんですよね。 なのでヨーロッパ感はゼロ。 なのでもっとシックなダーク色のクロスにした方が統一感が出たと思うんです。 クロスに関しては絹太は全て私に任せてくれました。 可愛いクロスばかりだなと思ってはいたようです 笑 寝室くらいは絹太に決定権を譲ってあげればよかったと思う今日このごろ。 最初は入れていたのですが,仕分け対象になりました。 皆さんの素敵なおうちを見ていると,それぞれ素敵なところがあって真似したいと思うようなことも出てきます。 でも我が家には我が家の決まった広さがあり,予算や構造上のこともあります。 住友林業さんよろしくお願いしますよ。 私がソファーでごろごろしていると乗ってくるベル。

次の