小泉今日子 検察庁。 小泉今日子ら「#検察庁法改正に抗議します」きゃりーは削除

小泉今日子「もうなんか、怖い」 検察庁法改正案にツイ連投抗議も…/芸能/デイリースポーツ online

小泉今日子 検察庁

検察幹部の定年を政府判断で延長できるようにする検察庁法改正案への反対の声は、15日もSNSや国会前で広がった。 改正案に反対する人たちは、ツイッターに「 検察庁法改正案の強行採決に反対します」のハッシュタグ( )を付けて投稿した。 俳優の小泉今日子さんもその一人。 午後3時前に「国会中継見てます」と投稿し、委員会審議をライブ中継していた動画サイトを紹介した。 この日、森雅子法相が答弁で繰り返した「真摯(しんし)な説明」には、ツイッター上でも批判が相次いだ。 「現行制度の説明が繰り返されるだけで明確な説明はなく、基準もない。 これでは賛否を判断する材料がない。 法案が通れば検察組織の中立性が崩れてしまう」。 さいたま市に住む男性会社員(31)は、朝日新聞の取材にそう話した。 リモートワークの合間に、初めて動画サイトで委員会審議をすべて視聴した。 ツイッターで声を上げている人が多くいるのを知り、過去の審議なども調べたといい、「国民が疑問を抱いている法案は強行採決してほしくない。 政権は後手にまわるコロナ対応に全力を挙げるべきだ」と訴える。 国会前で抗議する声は、審議中の委員室にも届いた。 「審議の中継を見ていて声が聞こえたので駆けつけた。 コロナの感染リスクを考えるとためらいもあったが、抗議する人がいることを知ってほしかった」。 在宅勤務中の商社に勤める女性(23)は15日夜、国会を囲むように抗議するデモに初めて参加した。 100人以上が2メートルの間隔を取り、「廃案」などの紙を静かに掲げた。 女性は「コロナ禍で支援が行き届いていない。 改正は優先順位が低く廃案にすべきだ」と話す。 (西村奈緒美).

次の

小泉今日子が潮目を変えた…「#検察庁法改正案に抗議します」のうねりを検証する

小泉今日子 検察庁

注目すべきは、多くの芸能人たちも声をあげたことです。 【検察庁法改正案】抗議した芸能人一覧• きゃりーぱみゅぱみゅ(現在は削除)• 小泉今日子• 浅野忠信• ラサール石井• 大久保佳代子(オアシズ)• 井浦新• 城田優• Chara• 秋元才加• 西郷輝彦• 大谷ノブ彦(ダイノジ)• 緒方恵美• 高田延彦• 水野良樹(いきものがかり)• 日高光啓(AAA)• 末吉秀太(AAA) などです(敬称略)。 【検察庁法改正案】ツイートした芸能人、その後 中でも、小泉今日子さんは、その後も積極的にツイートしています。 私、更に勉強してみました。 読んで、見て、考えた。 その上で今日も呟かずにはいられない。 — 株式会社明後日 asatte2015 また、 自民党の泉田裕彦衆院議員が、検察庁法改正案などを審議する衆院内閣委員会から「はずされることになった」「強行採決は自殺行為。 与党の理事に強行採決なら退席する旨伝えた」とのツイートに対しても、すぐさま反応しています。 もうなんか、怖い。 — 株式会社明後日 asatte2015 【検察庁法改正案】きゃりーぱみゅぱみゅは? きゃりーぱみゅぱみゅさんに至っては、ツイート後、政治評論家の加藤清隆氏からの発言を受け、交戦模様に発展。 【検察庁法改正 きゃりーが《歌手は知らないは失礼》と抗議】 あたかも歌手という職業についている人間は無知であるかのような物言いにきゃりーは抗議…… [] — 女性自身【公式】 jisinjp ですが、 その後きゃりーぱみゅぱみゅさんは当該ツイートを削除していました。 — きゃりーぱみゅぱみゅ pamyurin 【検察庁法案改正】大勢の芸能人が発信したのはなぜ? 海外ならともかく、日本においてこれほど多くの芸能人が同時に時の政権について抗議を表明する事態は、きわめて珍しいことです。 なぜそのような動きに発展したのでしょうか。 安倍政権の新型コロナ対策への危機感? 新型コロナ感染症は、芸能界にも大きな影響を及ぼしています。 多くのイベントやライブは中止されたままであり、テレビ番組の収録も非常にかぎられていて。 個人事業者である芸能人の収入はかなり減っています。 こうした状況に対して政府・安倍政権の対応は鈍く、スピードも遅いです。 持続化給付金の上限は、中小企業で200万円、個人事業者では100万円ですが、こうしたことへの不満や問題意識があるのでは、と言われています。 芸能界の質が変化してきた? ここ数年、 大物の芸能人が長く所属していた芸能プロダクションを離れて独立・移籍するケースが増えています。 2017年に元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人や、その後の中居正広、柴咲コウ、米倉涼子などの人気芸能人も相次いで独立しています。 こうした背景には、公正取引委員会が、 芸能人の独立後の活動制限することを、独占禁止法違反になったため、芸能人が移籍・独立しても干されるリスクが減ったんですね。 同時に、タレントは 所属プロダクション側の顔色を気にしなくてもよくなり、広告スポンサーとの契約もテレビ番組の出演も、自身で判断できるようになりました。 小泉今日子さんも独立した芸能人の一人ですが、もともと歯に衣着せない発言をしてきたのが、以前よりもずっと自由に意見表明をしているようにも見えますね。 また独立していなくとも、昨年の 吉本興業の闇営業問題もあり、多くの芸能人が以前よりも仕事に対して強い自覚を持つようになったところもあるのかも、と言われています。

次の

小泉今日子、浅野忠信、きゃりぱみゅが「#検察庁法改正案に抗議します」著名人が相次ぎ投稿― スポニチ Sponichi Annex 芸能

小泉今日子 検察庁

小泉は自身が代表を務める制作事務所「株式会社明後日」のツイッターアカウントで9日深夜から「#検察庁法改正案に抗議します」とハッシュタグを付けて連続ツイート。 同アカウントは「代表取締役の小泉今日子が呟きます」としているアカウントで、同じハッシュタグの投稿が100万件を超えると「1. 000. 000超えました。 この目に焼き付けました。 おやすみなさい」とツイートし、その後も同改正案の問題点を解説するテレビ番組の動画をリツイートするなど抗議を続けている。 ほかにも井浦新が「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」、演出家の宮本亞門氏も「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。 どうみても民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは、日本にとって悲劇です」とツイート。 浅野忠信、きゃりーぱみゅぱみゅ、秋元才加、城田優、室井佑月、高田延彦らもツイートしている。 内閣の判断により検察幹部の役職定年を延長することが可能になる検察庁法の改正を含む国家公務員法改正案をめぐっては、検察庁に対する政権の恣意的介入の余地を増大させかねないとして反発の声が上がっている。 検察庁は日本の行政機関の中でも総理大臣を刑事訴追する権限を有するため、高度な独立性が求められている。 また、コロナ禍が続くなかで成立を急いでいるのはなぜ?と疑問を呈する声も出ている。 政府・与党は、定年延長ができる事由を事前に明示することにより定年延長の乱用は防止されているなどとして、今週中にも衆議院を通過させたい考え。 (文:志和浩司).

次の