琉球 新報 告別 式。 電子新聞

日本疫情阻親人送最後一程 友人辦線上告別式

琉球 新報 告別 式

ネットサーフィンをしていたら、こんな沖縄の情報サイトをみつけました。 「沖縄お悔やみ情報局」 おくやみ情報局とは沖縄限定の、お亡くなりになられた方の葬儀・法要情報を、必要とする人にインターネット・メールを介してお伝えするサービスです。 インターネットを中継しますので、県外・国外にいる方にも情報をお届けすることが可能です。 沖縄の琉球新報や沖縄タイムスといった地元新聞には、訃報欄(お悔やみ欄)というのがあり、お亡くなりになった人の名前と逝去日時、告別式の場所や時間が詳しく記載されています。 お亡くなられた方のご家族などの情報も記載されています。 沖縄は親戚付き合い、ご近所付き合いの文化が強いため、こういうシステムが生まれたのかなと思います。 沖縄は狭いですからね。 「沖縄 お悔やみ」で検索してみると、似たようなお悔やみ情報サイトはいくつかありますが、こちらはとても見やすく、便利な機能もついているので、ご紹介したいと思います。 どうやらこのサービス、 「依頼したら掲載される」のではなく 新聞のお悔やみ情報から「無断で転載」しているみたいです。 私の親族、上司、友人が被害に遭いました。 生きている遺族の「氏名」「続柄」や「地名から検索可能」なのですから、立派な個人情報。 しかも無断で収集した情報です。 電話したところ、 「新聞からとりました」「許可はとっていません」 と受付女性が開き直っていましたよ。 削除してもらいましたが、 問い合わせがなければ無断掲載を継続するみたいですね。 【個人情報は公示されているものであっても 保護の対象です。 】 第一、遺族の心情を無視しています。 悪質と言わざるを得ないです。 有料で利用する人がいるとは思えないのに、 巨額をかけてバンバン広告かけているし アプリまで配信しているのですから、 怪しいです。 まっとうなビジネスでしょうか? 身近で2014年以降(このサイトの始動年)に 亡くなられた方がいらっしゃったら 検索してみて下さい。 電話しても削除できますが、 是非、国民生活センターに相談/報告を。 注意喚起を促したいので、 どうかこのコメントを削除しないでほしいです。 caa. kokusen. html (上記ページで相談するか、トラブルメール箱から事後報告するなどできます).

次の

日本疫情阻親人送最後一程 友人辦線上告別式

琉球 新報 告別 式

沖縄県で暴力団幹部の死去をめぐり、市役所と地元紙が批判を応酬する事態になっている。 沖縄県沖縄市が暴力団幹部に弔電を送ったことについて、琉球新報が「認識の甘さ露呈」と批判したのに対し、市は弔電を送った原因は地元紙の告別式広告だとして「自分たちの責任には言及せず、一方的に市だけを批判したのは不公平だ」と抗議した。 問題となったのは、今月12日に死去した指定暴力団旭琉会の富永清会長に市が送った弔電。 琉球新報は20日付朝刊で事実を報じ、「暴力団にとって葬儀は『義理がけ』と言い、組織の勢力を誇示する機会となっている。 公人から弔電を送られたとなれば、反社会的勢力が市民の一人として認められた形になる」と批判する識者談話を掲載した。 市は産経新聞の取材に対し、弔電を送ったのは琉球新報と沖縄タイムスの15日付朝刊で富永氏の告別式広告が掲載されたからだと説明。 市によると、平日は市職員がチェックした上で弔電を送るが、土日祝日は地元紙の告別式広告に掲載された市内在住者へ自動的に弔電を送るよう郵便局に依頼しているという。 沖縄市の桑江朝千夫(さちお)市長は「(地元紙の)告別式広告では旭琉会会長だということは分かりようがない」と述べた。 桑江氏は22日、琉球新報中部支社に対し、批判は一方的だとして抗議した。 琉球新報は「一般の方である喪家から申し込みをいただき、指定暴力団による組織としての葬儀ではなく、ご家族が喪主の一般葬であるとの認識で掲載した」と回答し、問題はなかったとの立場だ。 市は警察に協力を依頼するなど再発防止策を検討している。 琉球新報は23日、産経新聞の取材に「沖縄市の弔電に(広告の)影響があったかどうかについては沖縄市の判断であり、当方としてはお答えいたしかねます」と答えた。

次の

日本石垣市改釣魚台行政區名稱 國民黨譴責

琉球 新報 告別 式

ネットサーフィンをしていたら、こんな沖縄の情報サイトをみつけました。 「沖縄お悔やみ情報局」 おくやみ情報局とは沖縄限定の、お亡くなりになられた方の葬儀・法要情報を、必要とする人にインターネット・メールを介してお伝えするサービスです。 インターネットを中継しますので、県外・国外にいる方にも情報をお届けすることが可能です。 沖縄の琉球新報や沖縄タイムスといった地元新聞には、訃報欄(お悔やみ欄)というのがあり、お亡くなりになった人の名前と逝去日時、告別式の場所や時間が詳しく記載されています。 お亡くなられた方のご家族などの情報も記載されています。 沖縄は親戚付き合い、ご近所付き合いの文化が強いため、こういうシステムが生まれたのかなと思います。 沖縄は狭いですからね。 「沖縄 お悔やみ」で検索してみると、似たようなお悔やみ情報サイトはいくつかありますが、こちらはとても見やすく、便利な機能もついているので、ご紹介したいと思います。 どうやらこのサービス、 「依頼したら掲載される」のではなく 新聞のお悔やみ情報から「無断で転載」しているみたいです。 私の親族、上司、友人が被害に遭いました。 生きている遺族の「氏名」「続柄」や「地名から検索可能」なのですから、立派な個人情報。 しかも無断で収集した情報です。 電話したところ、 「新聞からとりました」「許可はとっていません」 と受付女性が開き直っていましたよ。 削除してもらいましたが、 問い合わせがなければ無断掲載を継続するみたいですね。 【個人情報は公示されているものであっても 保護の対象です。 】 第一、遺族の心情を無視しています。 悪質と言わざるを得ないです。 有料で利用する人がいるとは思えないのに、 巨額をかけてバンバン広告かけているし アプリまで配信しているのですから、 怪しいです。 まっとうなビジネスでしょうか? 身近で2014年以降(このサイトの始動年)に 亡くなられた方がいらっしゃったら 検索してみて下さい。 電話しても削除できますが、 是非、国民生活センターに相談/報告を。 注意喚起を促したいので、 どうかこのコメントを削除しないでほしいです。 caa. kokusen. html (上記ページで相談するか、トラブルメール箱から事後報告するなどできます).

次の