太陽 を 抱く 月 キムスヒョン。 『太陽を抱く月』でキム・スヒョンがペ・ヨンジュンに感謝した理由|韓ドラ時代劇.com

太陽を抱く月

太陽 を 抱く 月 キムスヒョン

この記事では、韓国ドラマ『太陽を抱く月』のあらすじ、キャスト キム・スヒョン、ハン・ガインなど 、レビューを紹介していきます! 韓国ドラマ『太陽を抱く月』は、2005年に韓国で小説が出版されるやいなや、100万部以上のミリオンセラーとなり、待望のドラマ化を果たした作品!!最高視聴率は46. また、俳優陣もキム・スヒョン、ハン・ガインをはじめとして「国民の妹」として愛されるキム・ユジョンからアイドルのイム・シワンなど人気イケメン若手俳優が顔を揃え見ている人を釘付けに!また、今作品は架空の人物を主役にすることで、完全フィクションの特徴を生かした、自由な物語の展開となっています。 このドラマは「宮中ロマンス」だ。 朝鮮の架空の王朝時代、23歳くらいになる若い王の恋愛史。 すなわち、王が恋をする話、ということだ。 「宮中ロマンス」と聞けば、後宮たちの殺伐な争いか、権力のために繰り広げられる派閥争い程度だろうと想像するかもしれない。 だが違う。 このドラマは驚くことに、初恋を純情に捧げ、愛を完成させるために命を懸ける、皇太子の初恋と、その時代の若者たちの純愛に関するストーリーだ。 悲しくも美しく、純粋だからこそ悲壮な、そんな若い彼らの宮中ロマンス。 それぞれが違う色を持つ彼らの、愛之哀歌。 そしてもうひとつ。 このドラマの中で、政治はすなわち正置だ。 「正置」とは、全てのものが正しくあるべき場所にあること。 太陽と月がその位置を離れれば大変なことになってしまうように、「正」がその軌道を外れれば世界は危機に陥る。 国の混本となる百姓が一番高い位置に、 百姓の憂いを抱えた者が王の位置に、 君主と百姓を愛する者が王妃の位置に、 学問と人格を兼ね備えた者が官吏の位置に、 愛する人は愛する人の横に、 いるべき人がいるべき場所にいられるようにすること。 万物があるべき場所にいられるようにすること。 それこそが、朝鮮の若き王、「イ・フォン」が持つ政治哲学だ。 ヨムを通して学問の楽しさを学び、ヨヌを通して自身が治める世界と初恋を知る。 ヨヌが世子嬪に選ばれ初恋が実るはずだったが彼女が突然の謎の病で亡くなり、外戚勢力のポギョンが世子嬪となったため分別がない世子ではなくなった。 私は、朝鮮の王だ。 (現在) 冷たく、笑いを忘れ、世子嬪に手を触れない王となった。 内医院の勧めで療養に赴き偶然、巫女の家に雨をしのぎに行くが、そこで彼女に出会い…. 弘文館大提學の娘らしく利口で賢い。 王宮で偶然フォンと出会い、胸の中にいだいていたときめきが初恋だと知る。 世子嬪となり幸せな日々を送ると思われたが、突然の謎の病にかかり国婚が行われる前に実家に帰される。 そして父に看取られながら静かに亡くなる。 王位継承順位第一位のため屋敷には彼の権力を目当てに人が集まる。 幼い時、フォンの陰に隠れ冷遇を受けていたが、 弘文館大提學の屋敷に出入りをし、傷を癒していた。 そして、そこでヨヌと出会い恋を知ったが、彼女が世子嬪に選ばれ、突然の病死で絶望する。 時がたち、フォンと対立する立場となる。 しかし、これは表の顔で大人たちから受ける愛、欽仰、同情はすべて彼女が作った作品だった。 幼い時、平凡だった彼女を野心家に育て上げたのは父、ユン・デヒョンだった。 世子嬪になり、フォンの隣に居たいという彼女の願いはヨヌの訃告の知らせと一緒に現実となった。 幸運は彼女の見方についたと思われたがウォルが現れ…。 加えて百年に一人の超天才で短所もない。 正直者で融通が利かないため男女の愛について鈍く、その被害者がミナ公主だ。 17歳で科挙に首席合格し、世子侍講院の文学の担当となり、2歳下のフォンの師匠となり師弟、君臣、同年輩として仲を深めた。 しかし、ヨヌの死後、フォンとヨヌを結びつけた自分を咎め、後悔している。 尋常ではない存在感で朝鮮で最高の武芸と知的修養で完璧なスペックの持ち主。 幼いころから虐待を受け、庶子の出だったが、正室夫人の朴氏から面倒を見てもらった。 ヤンミョンとヨムを通して友情を育んでいった。 そして、ウォルを通して恋心を知っていくのだが、主君の忠心と男としての恋心の間で葛藤をしている。 ソル(雪)役: ユン・スンア、子役:ソ・ジヒ 許 ホ 氏の下女、本名はイ・ニョン、現在の名前はソル。 ヨヌを護衛するボーイッシュな女剣客。 偶然の出会いで都巫女チャン氏と関わりヨヌの死に対する秘密を共有することになる。 ミナ公主(旼花)役: ナン・ボラ、子役:チン・ジヒ フォンとヤンミョンの妹、ヨムの幼い嫁、可愛らしく天真爛漫な姫で幼いころから彼女の周辺にいる者は彼女を中心に動いていた。 そんな彼女が初めて欲を出したのが、一目ぼれをしたヨムだった。 ヨヌの死後、奇跡的に結婚することが出来たが、時々、彼の才能を潰した気がして罪悪感に駆られるが、彼女に後悔はない。 成祖大王 役: アン・ネサン フォン、ヤンミョン、ミナの父。 学問と武芸の二つを持ち合わせている王。 過去に大切にしていた義弟のソングンを謀反で殺され、涙をこらえた記憶がある。 そのため、ヤンミョンを大切に思っているが、冷たく接している。 世子のフォンが強い君主になり、正しい政治を作れるよう支持する。 大王大妃ユン氏 役: キム・ヨンエ 外戚勢力の重要人物、成祖大王の母でフォンの祖母。 ユン・デヒョンとは政治的につながりを持っている。 三年間、垂簾聴政をし、現在はフォンのため、政治からは身を引くと言ったが家門のために政治を放棄しなかった。 世子嬪(ヨヌ)の死に影響を与えた人物。 ユン・デヒョン役: キム・ウンス 王妃(ポギョン)の父、外戚勢力の頭目。 国母になった娘と大王大妃の後ろ盾で領議政の位を得る。 権力に走りを止めない冷たく貪欲な人物。 フォンと絶え間なく対立をし結局、彼がだした最後の切り札は…。 都巫女チャン氏(ノギョン)役: チョン・ミソン 星宿廳の国巫、朝鮮で一番の巫女。 世子嬪の死の事件の秘密の鍵を握ている人物。 最高の呪術の実力を持っているため彼女と目が合う瞬間、皆、怖がる。 太陽を抱く月の視聴率 次は太陽を抱く月の韓国での視聴率を紹介していきます。 この視聴率の数値は、ニールセン韓国社の有料プラットフォームの視聴率基準となっています。 1話 2012年1月4日 19.

次の

「太陽を抱く月」ヨ・ジング&キム・スヒョンのおかげで幸せでした!

太陽 を 抱く 月 キムスヒョン

太陽を抱く月 MBC 全20話 2012年 演出:キム・ドフン イ・ソンジュン 脚本:チン・スワン 出演:キム・スヒョン ハン・ガイン チョン・イル キム・ミンソ ソン・ジェヒ ソン・ジェリムほか 最高視聴率:46. 1% あらすじをチェック! 太陽のように温かく輝く王子フォン(ヨ・ジング)と太陽を優しく抱く月のような少女ヨヌ(キム・ユジョン)。 2人は運命に導かれるかのように出会い、恋に落ちた。 が、婚礼を目前に原因不明の病にかかったヨヌはそのまま命を落としてしまう。 実はこの死には朝廷の権力争いによるある陰謀が隠されていた。 それから8年。 王となったフォン(キム・スヒョン)はヨヌを忘れられず、心を閉ざしたまま生きている。 死んだはずのヨヌ(ハン・ガイン)は過去の記憶をすべて失い、巫女として生きていた。 ある夜、偶然出会ってしまった2人。 止まっていた2人の運命が再び動き始める……。 2005年に出版され、韓国では100万部以上のベストセラーとなった人気小説なんですって。 最高視聴率はなんとなんと46. 2007年、ドラマ「キムチ・チーズ・スマイル」でデビュー。 私にとってのお初は「ジャイアント(2010)」。 冷静沈着で正義感に溢れる長男ソンモの少年時代を演じていました。 初めて見たときから凜とした雰囲気と誠実な瞳に「この子は誰?」と検索せずにいられなかったっけ。 彼のドラマはどれも大ヒット。 それは脚本の良さということだけでなく、やっぱり主演であるスヒョンくんの存在が大きく影響しているのだと思います。 ちょうど今、「プロデューサー」を見てるんですが、スヒョンくんって演技力がバツグンにうまいんですよね。 このドラマではほかのどのドラマでも見せたことのないスヒョンくんを見せてくれています。 こんなにも別の人間になりきれるってやっぱりすごい。 天性のセンスを持っているんでしょうね。 2005年、映画「サッドムービー」でデビュー。 主役の少年時代を数々演じてきたジングくんですが、私がキム・スヒョンくんを初めて見たドラマ「ジャイアント(2010)」ではスヒョンくんの弟ガンモ役がジングくんだったんですよね。 子役時代の演技力はもちろんですが、最近ではもう立派な大人の俳優さんとして実力を発揮してます。 2002年、アシアナ航空のCMでデビュー。 旦那様は俳優のヨン・ジョンフンさん。 2003年に放送された「黄色いハンカチ」での共演がきっかけで2005年に結ばれたそうです。 流産を乗り越え、先月5月13日に待望の女の子を出産したんですって。 Congratulations!ガインさんのドラマでは「太陽を抱く月」が一番好きです。 2004年、ソウル牛乳のCMでデビュー。 韓国を代表する名子役ちゃんです。 実にたくさんのドラマでヒロインの子ども時代を演じてきました。 中でも「トンイ(2010)」「太陽を抱く月(2012)」は美しく聡明なユジョンちゃんの魅力が大ヒットの引き金になったと言っても過言ではないのではないでしょうか。 最近では子役ではなく、自身がヒロインを務めるぐらいお姉さんになりました。 2006年、映画「静かな世の中」でデビュー。 彼を初めて見たのは何のドラマだったかしら。 「私の期限は49日(2011)」だったかな。 「美男<イケメン>ラーメン店(2011)」だったかな。 いやいや、「お嬢さまをお願い!(2009)」だったかも(笑)背が高く、涼しげな目元と優しそうな笑顔がとても私好みの俳優さんです。 最近では韓国人俳優として初めてタイのドラマの主人公に抜擢されたというニュースが出てました。 「Love and Lies」というタイトルで、大手芸能プロダクションのPR責任者ティムという男性の役なんですって。 1998年、シットコム「順風産婦人科」でデビュー。 太いまゆ毛ときりりとした目元が印象的なミンホくん。 2000年、「Mint」のメンバーとして歌手デビュー。 2008年、キム・ミンソとして再デビュー。 美人でお金持ち。 なのに、愛する人は別の女性を見ている。 そんな役どころが多いミンソさんです。 2008年、ドラマ「新伝説の故郷 坊や青山へ行こう 」でデビュー。 彼女もユジョンちゃん同様、たくさんのヒロインの子ども役を演じてきましたが、今では子役ではなく自分自身がヒロインをするほど成長。 美しさや透明感は子どものころのままです。 彼女の演技力の高さを証明する最もオススメのドラマは「会いたい(2012~2013)」。 辛すぎて涙なしには見れませんが。 ちなみに、相手役はジングくんです。 2004年、「KT Mail]のCMでデビュー。 私にとっては「家族なのにどうして?(2014)」のピョン・ウタクです(笑)いや、それまではヨムのイメージが強く、麗しの君……と高貴なお方を見るような目で見ていたんですが、それもすっかりなくなりました。 2010年「ZE:A」のメンバーとして歌手デビュー。 美しく賢い、まさに眉目秀麗のヨム役は彼しかいなかったと思わせるほど適役でした。 元々はアイドル歌手ですが、俳優シワンも素晴らしいです。 「未生~ミセン~(2014)」も「トライアングル(2014)」も大好きな作品。 「赤道の男(2012)」でも存在感が光ってます。 2009年、パナソニックのCMモデルとしてデビュー。 2010年に「2NE1」のMVに出演し一躍注目の的に。 「太陽を抱く月」でのジェリムさんが一番好き。 275• 325• 646• 129• 125• 384•

次の

太陽を抱く月

太陽 を 抱く 月 キムスヒョン

コメントの全文や当時の様子を知りたい方は、写真と一緒に再現レポートが「(2)イベント再現レポート」にまとめているので、参考にどうぞ。 は、韓国で最高視聴率46. 1%(AGBニールセンメディアリサーチ首都圏エリア調べ)を記録した2012年最高の話題作。 その物語は… 王子フォンと少女ヨヌが運命の出会いを果たし、恋に落ちるが、朝廷の権力争いによる陰謀で婚礼を目前にヨヌが原因不明の病で命を落としてしまう。 8年後。 若き王となったフォンは、ヨヌを忘れられず心を閉ざしていたが、死んだはずのヨヌは、過去の記憶をすべて失い、巫女としてこの世に生きていた。 2人の運命の歯車が再び回り始める…。 初恋と宮廷の権力政治に、世子嬪殺害事件や呪術を絡めたミステリー要素も絡めた作品。 特定の時代や王をモデルとしたやといった正統派時代劇とは違って、架空の王の時代を舞台にこれまでにないファンタジー時代劇を作りだした。 演出を手掛けたキム・ドンフ監督は、「良い点は時代考証をしなくていい点。 難しいところは、どこまで自由にするかという点」と答えている。 主演のキム・スヒョンもいろいろ想像して自由に演じることが出来て助かったと語っている。 もっとも本作は、と同じチョン・ウングォルのベスト・セラー小説が原作だけに、いくつかの時代を特定するような事象などが散りばめてあり、キム監督自身も「上の年代や歴史ドラマ好きも満足できるように、権力闘争なども描いた」と、明かしており、狙い通りに史劇ファンの探求心も大いに刺激した。 本作で描かれる権力闘争は時代の中だけの物でなく、現代にも通じるのもみどころだ。 だからこそこれまであまり時代劇を見なかった方や、10代~20代にも大いにウケ、視聴律46. 1%という数字を叩き出せたのだろう。 そしてヨヌの兄ヨム役にはイム・シワン()。 現在、若手俳優として人気実力ともトップにいる子役たちが好演し、子役時代時点で視聴率は30%を超えた。 キム監督は子役たちの名演に感心し、彼らが成人した後、またドラマをやってみたいと語っている。 特に、フォン役のヨ・ジングは当時ほぼ実年齢の15歳の世子を演じたが、大人の視聴者をもドギマギさせる色っぽい演技をしている。 成人したヨヌ役を演じたハン・ガインは、本作を「このドラマは大人のための童話だと思いました。 少女の感性を持った原作がとてもいい」と紹介しているが、それをドラマに具現したのは子役たちによるところが大きい。 ハン・ガイン自身もそれを感じており、「とてもプレッシャーがありました」とで語っている。 だがキム・スヒョンは、初恋の痛みを抱えた若き王を見事に演じた。 前作では方言や歌、ダンスを駆使し生き生きした演技を見せたが、本作での心を閉ざした冷たい王の演技や泣きのシーンには俳優として目を見張るものがあった。 特に泣きのシーンは本人も自信があるようで、「思いっきり涙を流すという気持ちが好きなんです」といい、「劇中フォンは何度も涙を流すんですが、涙と言ってもいろいろカラーが違う」と詳しく説明している。 その一方で、チョン・ウンピョが演じる内官ヒョンソンとのコミカルな演技も、少年期のヨ・ジングとは一味違った演技で笑わせている。 本作で、名実ともにトップ俳優の座を手にしたキム・スヒョンは、その後やなど、ドラマや映画でその演技力をいかんなく発揮している。 ハン・ガインも数奇な運命に翻弄されるヒロインを美しく巧演して、キム・スヒョン(当時24歳)とハン・ガイン(当時30歳)は心配された6歳の年の差も全く感じさせないロマンスを展開した。 ヒロインのIUとは「ドリームハイ」で共演している。 そんな視聴者をも納得させたのが脇を固めた、キム・ヨンエ、アン・ネサン、チョン・ソミン、キム・ウンス、ソヌ・ジェドク、ヤン・ミギョン、チャン・ヨンナムら、時代劇から現代ドラマまで演技派俳優たちだ。 彼らがどんな役を演じるかはこちらで詳しく紹介している。 また6話以降ではキム・スヒョン以外にも、陽明君役チョン・イル、フォンの護衛武官ウン役ソン・ジェリムにも注目があつまった。 NHKBSで5月3日に最終回を放送したばかりのに主演したチョン・イル。 キム監督は、陽明君を演じる中で驚くほどの成長を見せたと、チョン・イルの演技を大絶賛。 視聴者も彼が演じた陽明君には大いに泣かされた。 一方寡黙なウンにも人気が集まり、彼を主人公とした外伝(スピンオフ)を作る熱心なファンもでたほど。 本作にはまだまだ見どころがいっぱい。 10日からのNHKBSプレミアムでの再放送で、あなたの見どころを見つけては?では、イベントレポート以外にも各話の詳しいあらすじや見どころ、豆知識などもまとめて紹介しているので参考にどうぞ。 10スタート 毎・日21:00-22:00 再放送 2014. 10-09. 20 毎・土08:30-09:30 再放送 2013. 20-06. 23 毎・日21:00-22:00 放送済.

次の