アリア コンセプト。 日産「アリア・コンセプト」 GT

日産のEVコンセプト『アリア』、横長ディスプレイを採用した理由…次世代コネクト搭載

アリア コンセプト

日産自動車株式会社 本社 神奈川県横浜市西区、代表執行役 山内 康裕 は、第46回東京モーターショー2019にて、電気自動車 EV のクロスオーバーコンセプトカーとなる「ニッサン アリア コンセプト」を世界初公開しました。 ツインモーターを搭載した「ニッサン アリア コンセプト」は、パワフルな加速性能を有し、先進運転支援技術も搭載されているモデルです。 「ニッサン アリア コンセプト」は、自動車業界が色々な要素で大きな変革期を迎える中、ニッサンブランドを再定義し、日産の新しい時代を引き継ぐモデルに仕上げています。 クルマの電動化や知能化によって交通事故や交通渋滞、排出ガスなどの問題を減少させて、多くの人にシームレスな移動空間を提供するという日産のビジョンである「ニッサン インテリジェント モビリティ」を更に推進させたモデルです。 先進技術を多く搭載し、高級感溢れる広々としたインテリアとピュアでクリーンなEVを打ち出したエクステリアによって、新しいニッサンブランドのデザインが、同コンセプトカーで表現されていますね。 「ニッサン アリア コンセプト」は、最先端の運転支援システム「プロパイロット2. 0」 が採用されています。 「プロパイロット2. 0」は、高速道路の本線に合流した後、ナビ連動ルート走行を開始すると、ルート上にある高速道路の出口までの走行を追い越しや分岐などを含めて支援してくれる、同一車線内でのハンズオフを可能にしたシステムです。 「ニッサン アリア コンセプト」は、発光する力強いディテールのVモーショングリルに、特徴的なブレード型のリヤコンビネーションランプ、短いオーバーハングやラウンジのようなインテリアなどを特徴としています。 これまでの常識にとらわれない新しさでディテールされていて、近い将来に登場する量産モデルのコンセプトカーに仕上がっていますね。 「先進運転支援技術とEVへの関心の高まり、人々の移動手段が大きく変貌していくであろう新時代に向けて、日産はデザイン自体を再定義させています。 シンプルであっても力強く、モダンな表現で日本のDNAである「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」をデザインにフィードバックさせているようです。 日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の価値を全車種に込めていく予定です。 「ニッサン アリア コンセプト」は、現在コンセプトカーですが、新しいビジョンを具現化した最初の量産モデルに仕上がっていくでしょう。 スリーク、シームレス、シックという3キーワードから構成された「ニッサン アリア コンセプト」には、幅広いフロントフェンダー、超極薄LEDヘッドライト、そして輝く日産エンブレムを特別にあつらえたフロントシールド ガソリン車のグリルに相当する部位 などエクステリア全般に、新デザインランゲージの要素が盛り込まれています。 「Vモーションシグネチャー」が発光すると、シールドに組み込まれた幾何学模様がかすかに浮かび上がる仕組みです。 フロントには従来のグリルに替えて、日産では「シールド」と呼ぶ立体的な構造で表情豊かなパーツが起用されています。 このパーツによって、交通状況を判断するために必要なレーダーやセンサーなどをフロントフェイスのデザインへ自然に融合させることが出来ていますね。 サイドスタイリングは、専用開発のタイヤを履いた5本スポーク21インチ大径アルミホイールに、風を切り裂くような低くてスリークなルーフラインが特徴となっています。 リアビューは、傾斜の強いCピラーが筋肉質のリアデッキに自然に調和していくディテールです。 ボディの幅いっぱいにデザインされたテールランプと豊かな広がりのあるリアフェンダーに、高い位置に取り付けられたリアウィングが、同クルマの力強さを打ち出していますね。 エクステリアカラーに採用された「彗星ブルー」は、見る距離や位置によって様々な雰囲気になる仕様です。 遠くから見た時は、深いブルーでマットな印象になり、クルマに近づくと塗料に含まれる大きなガラスのフレークの効果によって、夜空を輝きながら流れる彗星のような無数の光の屈折がエクステリアに映し出されます。 エクステリアがスリーク、シックを表現してディテールしているのに対して、インテリアでは、日常生活の中で技術が精工な日本の職人技と自然に融合するシームレスを表現しています。 インストルメントパネルとドアパネルがシームレスにつながることで、一体感のあるすっきりとしたダッシュボード周辺は、ボタンやスイッチを配していないのが特徴です。 「ニッサン アリア コンセプト」を起動すると、インストルメントパネルに柔らかな輝きを放つハプティック 触覚 操作ボタンが表示されます。 ボタンやスイッチは、スタートボタンと12. 3インチのディスプレイモニター用の操作ノブ、エアコン操作ボタンのみで、インストルメントパネル下部の木製部分に美しく組み込まれています。 超極薄フレームが採用されたシートは、乗員を快適にサポートしながら、より広々とした車内空間と優れた視界を形成してくれます。 背面と座面には、パーコレーションレザー 孔のあいた革 を起用し、孔の下から覗く鮮やかなカッパーカラーファブリックが、美しさと深みを増加させています。 インストルメントパネルとドアパネルは、きめ細かなブラックの合皮を採用し、Aピラーと天井部分では、少し目の粗い合皮を起用しています。 効果的なコントラストを生み出すことで、「ニッサン アリア コンセプト」のエレガントさが強調されています。 カッパーカラーのアルミアクセントは、インストルメントパネルやシート、ステアリングに採用され、サテンとエクステリアとの一体感をもたらしてくれていますね。 愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です! 何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。 ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます! ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません! ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。 すべて同じ日時というのがポイントです! そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、 「査定額を名刺に書いて出してください。 一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」 と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです! 最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。 最高で70万円くらいの差が出ることも! 10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。 買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。 試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?.

次の

日産、クロスオーバーEV「ニッサン アリア コンセプト」世界初公開。“近い将来”の市販化を予告

アリア コンセプト

日産が、電気自動車SUV「アリア」の発売を予定しています。 新世代技術を採用する日産新型アリアについて、スペックや発売日などを最新情報からご紹介します。 日産アリアは、ブランドの電気自動車SUVとして企画され、電気自動車の主力車種となっている「リーフ」に続くモデルとして、東京モーターショー2019でプレビューモデルを公開。 市販される新型アリアは、最新の電気自動車技術や安全システムを採用し、高い走行性能を楽しむことができるモデルとして制作されます。 日産新型アリアの発表は、2020年7月15日を予定していることが公式にコメントされています。 新世代のデザインを採用• 新開発電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(e-フォース)」を採用• スマホとカーナビを連動させてドライバーを目的地までシームレスに案内する「ドア ツー ドア ナビゲーション」を搭載• 先進運転支援技術「プロパイロット 2. 0」を採用• デザインは「スリーク」「シームレス」「シック」をキーワードに、幅広いフロントフェンダー、超極薄LEDヘッドライトなど、新しいデザインランゲージを採用。 内燃機関車でグリルに相当するシールド部分には、立体的な構造で表情豊かなパーツを採用することで、交通状況を判断するために必要なレーダーやセンサーなどをフロントフェイスのデザインへ自然に融合。 サイドビューは専用タイヤを履いた5本スポークの21インチ大径アルミホイールと、低くてスリークなルーフラインが特徴され、リアのスタイリングは傾斜の強いCピラーをリアデッキに自然に調和。 ボディー幅いっぱいにデザインされたテールランプと広がりのあるリアフェンダー、高い位置に取り付けられたリアウィングにより、力強さが表現されています。 ミドルクラスSUVとしてラインナップされているエクストレイルと比較すると、全長と全高を抑えることで電気自動車SUVとして空力性能を高めたスタイルがつくられています。 室内空間は、EVならではのバッテリー最適配置によりフラットなフロアがつくられ、広々と開放的な雰囲気を創出。 物理的なボタンやスイッチは、スタートボタンと12. 3インチのディスプレイモニター用操作ノブ、そしてエアコン操作ボタンのみとされ、これらはインストルメントパネル下部の木製部分に美しく配置。 薄型フレームを採用したシートは乗員を快適にサポートしながら、より広々とした室内空間と優れた視界の確保に貢献し、背面と座面にはパーフォレーションレザーが採用されます。 ドライバーが乗り込む際は、クルマに近づくとウェルカムライトが点灯し自動的にロックを解錠するとともに、シート位置やエアコンの設定などをスマートフォンに個人のプロフィルとして保存されたドライバーの好みの状態にセット。 また、ドライバーのスケジュール管理ソフトとクルマの持つ情報を同期させることで、出発時間を予想して空調をコントロールするなど、すぐに快適な状態で出発ができるように準備されます。 インフォテイメントシステムは、ドライバーがクルマに乗り込むと「バーチャル パーソナル アシスタント(VPA)」がナビゲーションを開始。 バーチャル パーソナルアシスタントから提供される駐車場の情報や走行中に必要な情報より、ドライバーは自ら情報検索をする必要がなく、運転に専念することが可能に。 また、ルートの途中で友人をピックアップする場合は、友人のスマートフォンとクルマに搭載されたビデオチャット機能をリンクすることにより、友人がいる正確な位置を車載モニター上に表示することができるようになります。 周期的な格子構造とフィルムを組み合わせたシンプルな構造とし、音が伝わる際の空気の振動状態を材料が制御することで音の透過を抑制。 3kgm• 駆動方式:4WD「e-4ORCE」 日産新型アリアには、新世代の電気自動車パワートレインが搭載されます。 新世代パワートレインは、前後に1基ずつモーターを配置するツインモーターレイアウトを採用することにより4輪を駆動。 4WDシステムは、新開発された電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(e-フォース)」とされ、フロントモーターとリアモーターの回生ブレーキを併せて使用することで渋滞時の走行においての揺れを軽減。 凹凸のある路面や加速時には、モーターを最適にコントロールすることで車体姿勢の変化を抑えて快適なドライビングを実現。 また、モーターの駆動力やブレーキを細かくコントロールすることで、ライントレース性能がアップされています。 EV航続距離:450km• 充電時間:約45分(バッテリー容量の80%まで) 日産新型アリアの航続距離は、新世代の大容量バッテリーにより実用的な数値に仕上げられます。 バッテリーに充電した電力は駐車している間、住居やオフィス、電力網に供給することも可能に。 これにより、様々な状況で電力の効率的な利用ができるようになります。 新機能!日産 新型アリアの安全装備は? 日産新型アリアには、最先端の運転支援システム「プロパイロット2. 0」と「ドア ツー ドア ナビゲーション」が搭載されます。 「プロパイロット2. 0」は、高速道路の本線に合流してナビ連動ルート走行を開始すると、ルート上にある高速道路の出口までの走行を追い越しや分岐などを含めて支援し、同一車線内でのハンズオフが可能に。 「ドア ツー ドア ナビゲーション」はスマートフォンで設定した目的地を車載のナビゲーションシステムと共有することで、乗車前はスマートフォン、乗車中は車載のナビゲーションシステム、降車後はスマートフォンによって乗車前後の徒歩ルートも含め、出発地点から最終目的地までシームレスにドライバーを案内。 そして「スマート ルート プランナー」により走行中に自動で充電スポットを見つけ、目的地に到着するまでの充電計画を提示。 クルマが目的地に到着した後は、ドライバーが降車してからスマートフォンや専用デバイスのリモート操作で駐車が「プロパイロット リモートパーキング」により、クルマを自動駐車させることができるようになります。 500万円~ 日産新型アリアの価格は、デュアルモーターを搭載することにより、リーフからアップします。 リーフは現行モデルで62kWhの大容量バッテリーを搭載するモデルが420万円ほどから設定されていますが、新型アリアでは500万円ほどからの設定になるとみられています。 日産新型アリアの発売日は? 電気自動車SUVとして新設定される日産新型アリアは、発表を2020年7月15日に予定していることが公式にコメントされています。 日産は経営計画で電気自動車の開発をメインにあげており、電気自動車SUVとなる新型アリアはブランドを象徴するモデルとしてアピールされます。 新型日産アリアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

日産、第46回東京モーターショー2019で「ニッサン アリア コンセプト」を世界初公開

アリア コンセプト

ほぼコンセプトモデルに近い形で市販化か? MOBY編集部が入手した日産 アリア コンセプト市販型の流出した特許画像と新型デビューについてのスクープ情報は次のとおりです。 フロントマスクは薄型のヘッドライト、バンパー両サイドの三角形の切れ込みはコンセプトモデルのデザインを引き継いでいる。 バンパー両端の三角形デザインの下側には長方形の小さいライトはコンセプトモデルにはなかったもの。 これは、けん引フックを隠すものと思われる。 アリア・コンセプトは21インチという大径タイヤが装着されていたが、市販型図面からは、そこまで大きいタイヤが装着されそうにない。 ボディサイドは、フロントフェンダーに充電ポートを備えている。 図面からはドアミラーが見当たらない。 ミラーレス電子ミラーが装備される可能性がある。 車体底部。 ボディサイズは、アリア・コンセプトの全長4,600mm、全幅1,920mm、全高1,630mm。 市販型もこれと同じぐらいのサイズになる模様。 リアバンパーには、パーキングセンサーとけん引フックを隠すキャップを備えれるデザインとなっている。 リアウィンドウの下側の黒い出っ張りの部分はリアワイパーが配置される模様。 テールランプはアリア・コンセプトに採用されていた、スリットタイプのLEDライトが装備されそう。 パワートレイン 詳細は明らかになっていませんが、ピュアEVとなり、航続距離は300マイル(483km)となる模様。 市販車の新車車両価格 新車価格は40,000USドル(2020年5月3日時点の為替レートで約428万円)からとの予想。 市販車発表時期 アリア市販型の発表は、2021年内の予想。 アリア・コンセプトとは? 日産・アリア コンセプト 日産が「東京モーターショー2019」で世界初公開したピュアEV・クロスオーバーSUVのコンセプトカーが「アリア・コンセプト」。 英字表記は「ARIYA CONCEPT」。 ツインモーターを搭載したEVで、前後のモーターを電子制御し駆動力を分配する四輪駆動。 最新の先進技術を投入した「プロパイロット 2. 0」を搭載、またステアリングやブレーキも含めた統合制御技術を採用とのこと。 エクストレイルなどの日産の新型車フルモデルチェンジをスクープ! は下記からご覧ください。

次の