ディーンフジオカ 演技力。 ディーン・フジオカ、「イケメン演技派」評価を吹き飛ばす騒然「歌唱力」!

ディーンフジオカ 演技力は下手?上手い?モンテクリスト伯で試される怪演!

ディーンフジオカ 演技力

スポンサーリンク NHK朝ドラ「あさが来た」に出演して一躍人気が出たディーンフジオカさん。 そのため、「ディーンフジオカさんといえば俳優さんだ!」というイメージを持つ方が多いと思います。 現在は俳優業を中心に活躍し、ドラマ「ダメな私に恋してください」への出演や、2017年冬に公開予定の映画「鋼の錬金術師」にも出演が決定している今をときめく俳優さんですね。 しかし、ディーンフジオカさんが演技が下手だと評判になっているようです。 これはいったいどういうことなのでしょうか? ディーンフジオカは演技が下手? ディーンフジオカさんといえば、NHK朝ドラ「あさが来た」の五代友厚の役ですよね。 この役は本当にディーンフジオカさんにぴったりのはまり役で、ドラマを見ていた方から「五代様」と呼ばれるほどの人気ぶりでした。 ドラマの中で五代友厚は死んでしまうのですが、余りの人気ぶりに混乱を避けるため、五代友厚が亡くなる回は事前に告知され、さらに亡くなってしまった後についても、「五代ロス」なる現象が起こるほど。 Twitterなどでも、五代友厚が亡くなって今後出演が減ることに関して悲しむ声が多数あり、ドラマの中で主人公の白岡あさの夢に出てきたときの歓喜の声もそれはものすごいものでした。 週刊誌「AERA」の2016年2月8日号では、番組制作統括の佐野元彦さんが、五代友厚の死ぬ回は本来2015年12月末だったことを明かしました。 余りの人気に、脚本を担当する大森美香さんに依頼し、シナリオを書き換えて1月放送日まで寿命を延ばしてもらったという経緯があったそうです。 ドラマのシナリオすらも変えてしまう人気っぷり、本当にすごいものでしたね。 しかし、普通に考えたらここまで人気が出たのなら演技が下手だということはないのではないかと思います。 確かにディーンフジオカさんは極めて爽やかなイケメンですが、ひどい演技だったら「イケメンだけど演技が…」という評判が立つはずだと思うのです。 しかし、「あさが来た」放送中はそういった声は全くと言っていいほど聞かれませんでした。 ディーンフジオカさんは、「あさが来た」以降もいくつかドラマに出演しています。 TwitterやSNSでは• 演技が下手すぎて新人かと思った• 演技が硬くて表情が全部同じじゃねーか• 演技が棒過ぎて見てて恥ずかしい などなど、まさに非難ごうごうといった感じです。 また、同ドラマではディーンフジオカさんの走り方についてもこんな噂が上がっていました。 ディーンフジオカさんの役柄、黒沢歩について少し触れてみます。 どんな役柄かというと 元ヤンで怖いが面倒見は良い。 が、元ヤンでドS?スゴイ難しい設定の役柄なんですよね。 正直に申し上げますと、これはミスキャストの典型的なものではないか、と思います。 あの見た目でドSってちょっと想像できませんよね…。 しかし、ディーンフジオカさんにはものすごいタトゥーが入っているとの噂があるので、そのことを知っていてのキャスティングだったのかも? ディーンフジオカさんのタトゥー画像はコチラ! 確かに、俳優さんというのは演技をするのがお仕事です。 どんな役でもきっちり見る側に伝わるように演技をすることが大切だということも良くわかります。 例えばの話ですが、加藤諒さんに 「生まれた時から怖がられ、誰も手が付けられない暴れん坊。 歩くだけで人は恐怖で道を譲る。 」 ような男性の役ができるのでしょうか? この方が加藤諒さんですが、そんな風なイメージはできませんよね。 同じように、男も見惚れるようなディーンフジオカさんが元ヤンでドSというのも、少し無理があったということですね。 人間というのは、イメージにかなり縛られる生き物です。 あれほど人気が出た、「あさが来た」の五代友厚の役柄イメージを引きずらないわけがありません。 確かに、「ダメな私に恋してください」のディーンフジオカさんは上手な演技をしているとはいえませんが、それはディーンフジオカさんだけに非があるものでもないと思います。 演技が下手だという評判が非常に多くなってしまったディーンフジオカさん、今後は演技下手のイメージ、「あさが来た」の五代友厚のイメージを以下に覆していくかが今後の活躍に関わってきそうですね。 後半に続きます! スポンサーリンク ディーンフジオカ、イメージを覆せるか? 先ほどは、ディーンフジオカさんの演技が下手と評判になってしまった理由についてお伝えしてきましたが、今後の演技については、このままでいいと思っています。 五代友厚のイメージを覆す必要はないのではないか、と。 俳優さんには大きく分けて2種類いると思っています。 役柄に入り込み、どんなにイメージと違うキャラでも演じきれる人• 前者の代表的な俳優さんが、山田孝之さんと松山ケンイチさん、後者は俳優専門ではないのですが、いかりや長介さんと木村拓哉さんです。 山田孝之さんは「世界の中心で愛を叫ぶ」で爽やかな高校生役を演じたと思った一年後、「電車男」でオタク役を見事に演じ切りました。 松山ケンイチさんも「デスノート」のL役は凄かったですし、「デトロイトメタルシティ」のクラウザー様役も度肝を抜かれました。 対して、いかりや長介さんはまさにあの感じを生かしたはまり役「踊る大捜査線」の和久平八郎役が素晴らしいものでした。 そして木村拓哉さんは本当にいろいろな役をやっていますが、そのどれもが木村拓哉さんでどの演技も非常に光っていました。 「華麗なる一族」と「HERO」は全く性格の違う役を演じましたが、どちらも自然で素晴らしい演技だと思います。 ディーンフジオカさんも恐らく自然な演技を得意とするのでは、と私は思っています。 「あさが来た」と「ダメな私に恋してください」ではちょっと方向性が違いすぎていますよね。 なので、ディーンフジオカさんはいかりや長介さんや木村拓哉さんのように、イメージを崩すことなく自然に演技ができる俳優さんになればいいのではないか、と思います。 イメージは覆すのも大変ですが、保ち続けることも大変なことですからね。 俳優さんの中には、「憑依型演技」と言われるほど役柄になりきってしまう方がいます。 「ヘルタースケルター」に出演した沢尻エリカさんはまさにそういう女優さんです。 この作品のあと役柄から抜け切れず、舞台挨拶もPR活動もすべて休止しないと役から抜けられないほどだったそうです。 沢尻エリカさんが語るように、こういう方は「魂を削って演技した」という感覚なのだそうです。 もちろんこれはものすごいことだと思います。 でも、演技というのはそれだけではないと思うのです。 爽やかな一陣の風が吹くように、さらっと自然にだけど心に残る。 これだって立派な演技です。 ディーンフジオカさんは、俳優として注目され始めてからまだ日が浅く、どんな役が合うのか不明瞭な部分があるかもしれません。 しかし、「あさが来た」の五代友厚役は素晴らしいものでした。 またあのように、自然に爽やかに演じる役が来ることでしょう。 また、ディーンフジオカさんはプライベートでボクシングや中国武術で体を鍛えているので今後はアクション俳優としての活躍も期待できそうです。 そんな自然派俳優として大成することを願ってやみません。 では、「あさが来た」で癒されに行ってきます!.

次の

ディーン・フジオカの代表作や演技力の評判!年齢や出身にTwitter情報も

ディーンフジオカ 演技力

でも、 「この芸名はの由来は何だろう?」と思いますよね! 「この名前、もしかしたら本名?」と思いましたが、調べたところ、やはり芸名でした。 本名は 「藤岡 竜雄」さんといいます。 福島県生まれで、その後、3歳の時に千葉県に引っ越しましたが、 日本生まれの日本育ちです。 また、よく中国人とのハーフという情報も目にしますが、これも違うようで、 生粋の日本人です。 おじいさんの事情でお父さんの生まれが中国の山西省なので、中国人だと勘違いされたことから、ハーフというウワサが広まってしまったようですね。 日経新聞でも、ディーン・フジオカさんご自身が、 両親も祖父母も日本人だと話した記事があったそうですので、生粋の日本人であることは間違いようです! それでは、なぜ「ディーン」という芸名にしたのでしょうか? トーク番組「A-Studio」(TBS系)に出演したときに、「ディーン」という芸名の由来を明かしています。 MCの笑福亭鶴瓶さんが「何でディーンなの?」と切り出すと、 「ディーンというイングリッシュネームは、香港の広東語で『クレイジー』という意味なんです」と説明。 「競争はやっぱりどこの国も激しいわけで、外国人の僕が地元の人たちに割って入ってサバイブしていくには、すごくいろいろなことを考えていかなければいけなかった」と異国で活動することの苦労を語り、「当時は寝るよりも、仕事を何個も掛け持ちしてサバイブしていくみたいな感じが強かった」 と話されています。 香港でのサバイバルな世界でクレイジーなほど苦労しなきゃならなかった生活ぶりと、 アメリカに留学していた時に、ホームステイ先の父親から「ディーン」と呼ばれていたことを、掛け合わせて、名付けた芸名のようです。 また、香港で芸能活動を始めた時に、 イングリッシュネームがないと仕事にならなかったことから、名付けた芸名だというようなことを、バラエティー番組「しゃべくり007」 日テレ系 に出演した時も話されていました。 ディーン・フジオカさんの中華圏での芸名は「藤岡靛」です。 本来「クレイジー」という意味の漢字は「癲」なのですが、芸名にこの文字を使うのは不適切ということで、似た発音の「靛」を使う事にしたようです。 「靛」の意味はindigo、すなわち藍色という意味ですね。 ディーン・フジオカが5カ国も話せるのは何故? ~サバイバルな人生と経歴~ ディーン・フジオカさんは、なんと、 日本語、英語、広東語、北京語、インドネシア語の5か国語を全て普通に話せるのだそうです。 この理由は、彼の経歴を辿っていくと分かります! ディーン・フジオカは少年時代にグローバル感覚を養う! 幼児期、小学生の頃、中学生の頃、アメリカ留学時代。 中学生の時にはもう出来上がっている。 中学生の頃バンドでギターやってた。 因みにヘビメタ🎸 — mako 622syoko お父さんは、IT関連の商社勤めで度々海外出張していたそうです。 海外に興味をもつようになったのは、お父さんがきっかけだったとフジオカさんは話しています。 お父さんは海外出張のアメリカ土産で、字幕なしの映画や洋楽のレーザーディスクなどを、よく買ってきてくれたそうです。 お風呂に一緒に入っても、「あと10数えたら上がっていいよ」と中国語や英語で数えたり、地球儀を買ってくれたり… またお父さんは日本にインターネットが広まっていない時代から、パソコンでインターネットで繋がる仕事をしていたことから、ITや外の世界への好奇心を引き出してくれたそうです。 お父さんの影響を受けて、中学生の頃から海外に行きたいという願望を持っていたそうなのですが、 お父さんから「高校を出るまでは日本にいなさい」と言われてしまい、この時点での留学を諦めています。 ディーンフジオカの大学時代はアメリカ留学! フジオカさんは高校卒業後、アメリカのシアトルに渡り、 半年間ESL(語学学校)に通って、英語力を磨いた上で、 コミュニティーカレッジの「シアトル・セントラルカレッジ」でITを学んでいます。 とにかく英語圏、しかもアメリカにいくと決めていたそうです。 小さい頃から洋楽にもハマっていたフジオカさんは、メタリカやニルヴァーナ、マイケル・ジャクソンを輩出したアメリカなら、きっと何か面白いものや、見たことのないものが見られるんじゃないかという期待をもっていたそうです。 ということで、 アメリカの大学に進学したことで、流暢な英語が話せるようになったのですね! 本人はシアトルを選んだのは偶然だと語っていますが、 IT会社を起業するつもりだったというフジオカさんにとっては、シリコンバレーにも近いシアトルを選んだかもしれませんね。 大学卒業後は、アメリカに永住するつもりだったというフジオカさん。 しかし、2001年のアメリカ同時多発テロ9. 11事件の影響で、アメリカでの就労ビザの取得が難しくなってしまいました。 そのとき、大学の教授が「これからはアジアの時代だ!」と話していたこと、アメリカ以外の世界もみたいとずっと気にかかっていたということもあり、アジアを放浪の旅に出ます。 ディーンフジオカはアジアで芸能レビュー! アジア放浪の旅の途中で香港に滞在中の2004年に、 あるクラブのイベントでアメリカで培ったラップを披露した後にスカウトされ、モデルとしてデビューしています。 この頃が、先ほどの「ディーン・フジオカ」というイングリッシュネームの芸名が生まれた頃で、とても苦労した時期で、 「当時はお金がなく、畳三畳に台所、シャワーとトイレ、そしてベッドで占領されているという極狭のアパートで生活。 モデル業以外にレストランやみやげ物屋のウェブデザインを取り仕切るマネージャーなどの仕事を行ない、夜はクラブでミュージシャンとしてプレイするなど『何でもやっていた』」 とご本人は当時を振り返っています。 スカウトを受けた後、香港で、テレビCMやミュージックビデオに出演したり、モデルのお仕事をこなし、 2005年に香港映画「8月の物語」で俳優デビューを果たしています。 香港よりも台湾で映画やドラマにの出演していますので、 台湾での芸能界活動の中で北京語を覚えたのだと思います。 2014年には、米ドラマ「The Pinkertons」に出演して、全米デビューも飾っています。 ディーン・フジオカは中国系インドネシア人と結婚! ディーン・フジオカさんさんは、2012年に7月に奥さんのヴァニーナ・アメーリア・ヒダヤット Vanina Amalia Hidayat さんと結婚してます。 ディーン・フジオカさんは、2008年頃から2年間、また放浪の旅をしているのですが、そのときに台北で知り合ったのだそうです。

次の

ディーンフジオカの語学力がすごい!英語・中国語・インドネシア語も!?

ディーンフジオカ 演技力

ディーン・フジオカさんの演技力での評判 ディーン・フジオカさんの演技力に関しての世評としては、演技を絶賛されてる方々も多くいらっしゃる一方で、 「イケメンだけど演技が少し残念です」とか、 もっとダイレクトに「演技は下手だと思う」等 といったご意見が、ネット上にもチラホラ見受けられるのも否めません。 しかもドラマの回を重ねるごとに、玉石混交の批評が増えてきている感があります。 演技下手だよね。 ディーン・フジオカさんの言語について ドラマの中の俳優さんの演技力を語る時には、言葉でセリフを喋った演技力も問われます。 その点では、ディーンさんの日本語以外の語学力が逆に邪魔しているようにも感じます。 日本語をずっと喋って長く日本で生活をしている人と、他国の言語でずっと異国で生活してきた人が、もしもドラマの中で同じ日本語のセリフを喋ったとしたら。 果たして2人ともが同じような語力を駆使した演技力で、私達に伝えてくれるかどうかというような問題です。 また反対に、日本語で素晴らしい演技をされる俳優さんが、もしも英語で喋って同じ演技を外国でされたとしたら 現地の外国人をも唸らせるほどの自然な喋り口調での演技力を、英語の言葉にも乗せて表現ができるでしょうか。 どちらかの言語に長けての演技表現ならできるかもしれません。 しかし、両方の言語を共にナチュラルに表現しての演技となると、両語学力での相当な時間経験も必要になってくるのではないかなと思うのです。 ディーンフジオカさんは外国圏での生活が20年以上と長く、今なお生活の拠点はインドネシアにあります。 俳優としては、日本語の微妙な言い回しや言葉を発しながら、セリフを演技にも反映させていかなければなりません。 その点を彼に求めるのは、まだ早いのかもしれないなぁと感じます。 大半を外国で過ごして来たディーンさんは、見た目は日本人ではあります。 しかし、ここ2、3年くらいしか実質的に日本での滞在がない事からも、普段は日本語がメインではないのかな・・・と演技の中でも感じることがあるのです。 また、ドラマだけではなくバラエティー番組などにおいても彼は、「うーーん、何て言ったらいいのかなぁ・・・」と数秒考えた末に、慎重に言葉を選びながら話し出すような姿がしばしば見られました。 私達みたいに、無意識のうちに日本語が感情に直結しているわけではないのだと思います。 そのようなことから、ディーンさんが普段使う言語は、日本語以外なのではないのかな・・・と感じられます。 それでもディーンさんの演技に期待すること 彼の異国の地での12年以上の俳優生活を考えると、普通の枠に収まるような、今まで日本のドラマで私達がよく見てきたような演技力をディーンさんに即座に求めるのも、少し違うような気もします。 もちろん郷に入っては郷に従えも大切です。 せっかくのディーンさんのような経歴の持ち主だからこそ演じられるドラマ 今まで既存の日本ドラマでは見たこともないようなベクトルでの演技力を必要とするようなドラマが、新しく「ディーン・フジオカ」から生まれてきても良いような気がするのです。 特にディーンさんは、日本語を含めた多言語力、アクション、剣使いなどが抜群に優れている俳優さんです。 彼が演技の一環としてそれらを前面に押し出すシーンなどでは、きっと日本の俳優さんでも霞んでしまいそうなくらいの実力の持ち主なのではないでしょうか。 個人的には、できれば内面の細やかな情緒や心情を日本の言葉に乗せて表現するような演技力よりも、見ていて分かりやすく心をスカッとさせてくれるような、外向きの派手めの演技力の方が、今のディーンさんにはしっくりくるような気がします。 「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」の放映を前にして、ディーン・フジオカさんには多くのファンからの期待がすでに寄せられています。 彼がどのように主役を演じてくれて、心に残るような人物像を創り上げてくれるのか・・・ 毎週楽しみにしながら、彼が今回のドラマを通してまた覚醒していく姿を私も最後まで見届けたいと思います。

次の