地震前兆 リアルタイム。 リアルタイム地震前兆データ~大地震の前兆現象を知るために by 地震前兆ラボ(百瀬直也)

リアルタイム地震前兆データ~大地震の前兆現象を知るために by 地震前兆ラボ(百瀬直也)

地震前兆 リアルタイム

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 2020年3月2日(月)にアップされたTwitterでは、東日本大震災の前兆の時と似たデータが観測されたとしています。 観測機1のデータです。 月と太陽の位置が3. 11発生時とほぼ同じ時間にM6クラスの緑の反応が出ています。 発生しそうになったが発生しなかった状況です M6クラスの前兆反応が出ていますので東北地方及東方沖等太平洋プレート境界付近の地震にまだ暫く注意が必要です — 麒麟地震研究所 kirinjisinken 「観測機1」では、マグニチュード6クラスの反応が出ているとのことで、警戒するとして情報を発信しています。 別の「観測機5」では、関東や伊豆諸島で前兆を捉えたが収まったとのこと。 観測機5は関東地方や伊豆諸島の前兆反応を捉えています。 赤の強い反応が長期間出現していましたが今日午後から突然収束しました。 注目しています 観測機2も昨日から収束しています。 観測機1にM5前後の反応が出ています。 暫く注意が必要です。 — 麒麟地震研究所 kirinjisinken LoveMeDo(ラブちゃん)が2020年3月の地震を予言 地震や自然災害、芸能人の不祥事などを予言している芸人、占い師、風水師、占星術家として活動するラブちゃんことLoveMeDo氏。 毎月、地震に関する予知を行っているので注目しておくと良いかもしれません。 3月2日~5日、 3月9日~12日、 3月15~17日、 19日~26日、 3月30日~4月2日で注意を促しています。

次の

「東京で震度6超える恐れも」関東で頻発する地震は“首都直下型”の前兆!? 備えるべきポイントとは

地震前兆 リアルタイム

だけど、現実問題地震を完全に予知できた人は今まで存在しない。 まあ、後付けが多いよね。 例えば、2011年3月に起きた東日本大震災にしても、リアルタイムで予知出来た人はいない。 後から3月11日の3日前から鳥が異常な飛び方をしていたとか、雲がおかしかったとか。 そういった後付けをする人は沢山いるよね。 この記事に辿りついた人は半信半疑でも予知できるサイトがないか探していると思う。 または興味本位で全然信じていないけど、なんとなく見て回ってるだけかもしれませんが。 そんな人のためになるべく信頼がおける地震予知、予言、前兆の情報をまとめているサイトを紹介していくよ。 地震予知、予言、前兆の情報を収集するなら絶対知っておくべきサイト13選 1. 大地震・前兆・予言. com 2ちゃんねるまとめ形式で地震の、前兆、予言、予知などの情報を中心に毎日3記事以上更新している。 ただ、限りになく陰謀論に近い情報も多く出回っているので、真偽についてはご自身で判断してください。 地震の記事以外にも気象、災害、社会、世界など幅広いジャンルを扱っていますが、どれも明るいお話しではないので落ち込んでいる時はあまり見ないようにしてね。 個人的には防災グッズのカテゴリーが一番役に立ったので必ず目を通して欲しいな。 の地震予想まとめブログ アメーバで運営している華さんの完全個人ブログ。 毎日のように地震予想をしており、空の様子や動物の異常行動にかなり気を配っているみたい。 最近では話題の箱根の火山噴火について取り上げていましたが、実際に一週間ほど前に箱根に宿泊した身としては全然問題ないということです。 そもそも日本は地震大国なので、いつどこで起こるかは誰にも予測は不可能。 それを毎日警戒していたらどこも旅行に行けなくなるどころか、日本になんていられないですよね。 華さんは3. 11に従姉が福島で被災したことをきっかけに、何か役に立てないかと地震予知ブログを立ち上げたとのことです。 大地震の予知、天変地異 日本だけではなく、世界の大地震や天変地異について予測してその情報を発信しているサイト。 記事更新頻度は毎日だったり、2日間に1回だったり結構まちまちですがアクセスカウンタが、3000万以上あることから定期的に参考にしている人が沢山いることになりますね。 最新の記事では箱根の火山噴火について詳細に分析にしているので、県内に住んでいる私としては凄く興味深かった。 SPONSORED LINK 4. Twitterのハッシュタグ機能を使って地震予知に関する情報を収集する方法です。 ツイッターならではのリアルタイムの情報を拾うことが出来ます。 実際に大地震になった時も大活躍するので覚えておいて損はないよ。 地震予知情報サービス「くるかも」 「くるかも」は日本全国から電磁波ノイズを収集して分析した地震予知情報をメール配信するサービス。 長期間利用するなら、1カ月350円、半年で2,100円の料金を支払う必要がある。 最初の2週間は無料で試すことが出来るので、どんなものなのか試してみると良いと思う。 スマホとPCでも料金が違い、PCはスマホに比べて一か月当たり200円ほど高い料金設定。 2013年6月から2015年5月までで5回の地震を的中させているけど、この期間で起きた地震は100回以上あるだろうから、このメールだけを信じて動くのは危ないね。 地震解析ラボ 国内で唯一の地震予測をしている会社。 他のサイトとかは法人ではなく個人として予言しているということだね。 地震解析ラボでは、アプリで短期地震予測情報を提供している。 月額600円の有料会員になれば制限なしで使うことが出来るが、今時アプリが月額ってちょっと高いね。 無料でも全く使えない訳ではないので、まず無料で使ってみて良さそうであれば有料会員になっても良いと思う。 2015年7月現在では、震度の予測は出来ないみたいけど、震度予測が出来るように研究は進めている。 マグニチュード5以下の小さな地震の予測は提供していない。 週刊MEGA地震予測 現在、地震予測をしている人物の中でも1番、2番を争うほどに注目されているのが村井教授。 村井俊治教授の研究技術を用いて地震予測の情報を有料メルマガにて提供している。 初月が無料なのでとりあえず興味本位でも良いので登録してみて当てにならなければ解除すれば良いね。 村井教授が判断材料として使用している、JESEA独自の地震予測法については以下の動画を参考にして欲しい。 簡単に言うと全国に1200箇所ある電子基準点(小型GPSのような物)を使った予測方法。 そして村井教授によると13年間に1回、巨大地震が起きているとのこと。 となると2011年に東日本大震災があったから、次は2024年までに起きる可能性が非常に高いということになるね。 地震前兆掲示板 ほぼ毎日、様々な人が地震予知、前兆に関する情報を掲示板に書き込んでいる。 7月24日投稿された内容が興味深かったので引用しておく。 先ほど、昨夜録画していた番組を見ていたら、勝手にテレビの電源が落ちた。 エアコンは消えてないし、停電とは違うなと思っていたら。。。 部屋の、きしむ音が。。。 四国で震度3の地震が、起きました。 私の地方では震度1。 揺れの体感は、ありませんでしたが、地震の前兆だったのかな? 地震の震度も大したことないですし、誰にでも起こりうることだけど、こういう小さなことを気にしていけば、いつか地震の前兆も完全に解明することが出来るのかな。 大きな地震を後から実は予知していた。 と言われても信用できないけど小さな地震のことなら謙虚さがあるので、少しくらいなら信じようと思えるかも。 ミッヒーのTweetBlog 地震予知をしている人物の中でも5本の指に入るくらい注目されている。 毎日2万PV前後安定しているところを見ると、ミッヒーさんの情報を気にして毎日チェックしている人も少なくなさそう。 ミッヒーさんは第六感的な地震体感、予知夢や未来透視ビジョンを無意識で見ることが出来るみたいで、それらをブログやツイッターでメモとしてつぶやいている。 心霊現象とか、死後の世界とか、そういうのをあまり信じられない人はこの人何言っているんだってことになると思う。 気象庁(地震予知について) みんな大好き気象庁。 いや大好きではないよね(笑)地震予知に関する質問ページがあったので紹介しておきます。 気象庁の考えでは現在の科学技術で予知できるのはマグニチュード8クラスの東海地震のみ。 それ以外は完全に予測することは不可能としっかり明記してあります。 その他にも地震雲や動物で予知できますか?などの問いに対して丁寧に答えてくれているのでかなり参考になりますよ。 予知・予言的中 個人的に完全にネタサイトだとしか思っていませんが、見ている分には面白いのでゲーム感覚でつっこみを入れながら見てみると意外に楽しめるよ。 地震だけではなく、世界の大きな出来事に関して予言をしている。 予言の最新情報をすぐに手に入れたい人は、無料のスマホアプリをインストールしておくのもアリかな。 ちなみにiPhoneアプリはないので注意してください。 SOEの地震予報(地震予知) 先程紹介した地震前兆掲示板に良く似ている。 毎日のように地震の意見が飛び交っているので、常に最新情報をキャッチしたい人におすすめ。 以下の現象が起きたら掲示板に書き込んで欲しいとのこと。 1PC、携帯の接続不良 2テレビ、ラジオの受信不良 3犬の異常な吼え方 4猫が逃げ出そうとしたり、そわそわと落ち着かない(できれば、行動の現象を細かく) 5大きな烏の群れの集団移動 6放射状の雲(中心の方向をご明記ください) 7冷蔵庫などに付けてある磁石が転落した。 どれも地震の前兆に起きる現象として知られているものですね。 ただ、異常なことが起きたとしても、日頃から気を配っていないと普段と違う事象に気付くことは難しいよね。 毎回100文字前後のあっさりした文章だけど用件だけ書いてるので、無駄な長文はいらない。 いつ地震が起きるのか知りたい人は確認しておきましょう。 最後に 地震予知は全く信じていないけど、予知をしている人は自分の感覚を信じて真面目に発信しているから、それについては素直に尊敬しますね。 村井教授と肩を並べて話題に上がっている早川教授ですが、ツイッターもホームページも見つけることが出来ませんでした。 インターネット上でも発信すればもっと人気が出ると思うんだけど、地震の研究でそんな時間はないのかもしれないね。 いずれにしろ、地震がいつ起きるかびくびくして予言者に頼っていくのではなく、普段から最悪の事態に備えておく意識が大切だと思う。 SPONSORED LINK.

次の

リアルタイム地震情報

地震前兆 リアルタイム

関東で相次ぐ地震に不安の声 茨城県八千代町で12月4日撮影された映像には、住宅全体がきしむような音の中で水槽の水が小刻みに揺れる様子が写っていた。 これは、4日午前10時38分ごろ、茨城県北部を震源とする最大震度4の地震が発生した際に撮影されたもの。 5日も茨城県では震度2を観測する地震が発生。 これで4日連続となった。 11月28日から12月5日までの1週間、関東地方を震源とした震度1以上の地震は16回発生。 茨城県や栃木県では12月3日、4日の2日間だけで、震度3以上の地震が5回発生している。 相次ぐ地震に人々の不安は高まっている。 関東では「周りでは話をしている。 そのうち首都直下型くるんじゃないか」という声も… 4日午後7時35分に栃木県北部で発生した、最大震度4の地震の直後には、SNSで「地震、関東、多い」などのキーワードを含んだ投稿が急激に増加。 「また地震?最近多くて怖いよ」「関東地震多いけど大丈夫?そのうち大きな地震来そうな予感」などの投稿も見られた。 多発する地震で広がる不安の背景には、今後、30年以内に発生する確率が70%といわれている、首都直下地震があった。 果たして関連はあるのだろうか? 「首都直下型地震につながる可能性も」 連続している地震は、その危険が迫っている前兆ということなのだろうか? 地震研究の権威、東京大学名誉教授の笠原順三さんによると、多発している地震は二つのタイプに分けられるという。 東京大学名誉教授・笠原淳三さん: 全体的に東日本大震災の余震活動なんですけど、大きく分けて、地表付近に起こる「 活断層型地震」と深い所で起きる「 プレートが沈み込む地震」、二つのタイプの地震が起きてますね この 2つを見分けるポイントは震源の深さ。 茨城県北部を中心に起きている地震は、震源の深さが約10kmと浅い地点で発生。 これは地表に近い部分にできた亀裂による地震で、東日本大震災以降に多く発生してるタイプだ。 一方で、笠原さんが 注意すべきと指摘するのが、茨城県南部などで発生した、 震源が60km前後の深い地点で起きた地震。 東京大学名誉教授・笠原淳三氏 東京大学名誉教授・笠原淳三さん: 茨城南部の地震は首都直下につながる地震活動である可能性がある。 太平洋プレートとフィリピン海プレートが衝突してるような場所で(地震が)起きていて、それがちょうど首都圏直下地震の場所ともつながっている もしも、首都・東京の真下が震源となれば、大地震となることも考えられるという。 東京大学名誉教授・笠原淳三さん: プレート二つがぶつかり合っているところは、茨城県の南部のちょっと東よりですけど、それが南の方に来ると千葉の下くらいまで来る。 そうすると、本当の首都圏直下地震となる。 東京も震度6を超えるような震度になると心配されます イノシシ年は災害の年というのは迷信? SNSには、東京・足立区の荒川沿いに出没して、4日に捕獲されたイノシシと地震の関連を指摘する声もあった。 実は、イノシシ年は災害の年などと言われる。 過去には1923年に関東大震災が発生。 1995年には阪神・淡路大震災。 2007年に、新潟県中越沖地震が起きるなど、大地震が発生している。 この点については、笠原さんは「 イノシシと地震は関係ないと思いますね」としている。 身近な日用品が防災グッズに 気象庁は「 今回相次ぐ地震が直ちに首都直下地震に関連するとは考えにくい」とするが、いつ起きるか分からない地震に備えるよう注意を呼びかけている。 だが街で地震の備えについて聞くと、「買おう買おうと思いながらなかなか... 」「防災グッズのリストを作ったんですけどまだそろえてないです」と二の足を踏んでいる人も見られた。 そこで取材班は、防災アドバイザーの国崎信江さんと東京都内のホームセンターに向かった。 国崎さんがまず手に取ったのは、防災グッズコーナーではなく、日用品売場にある黒いごみ袋。 防災アドバイザー・国崎信江さん: 黒いごみ袋は多用途に使える便利グッズなんですね。 トイレがしたいときは頭から被って(周囲からの)目隠しになりますし、突然の雨でもポンチョ代わりになります さらに、小さなお子さんがいる家庭は食料の備蓄についても注意が必要だという。 防災アドバイザー・国崎信江さん: 子どもは食べ慣れていない物を嫌がる傾向にあります。 口にしない場合にも、チョコレート、チーズ、ジャム、クリームなど、食べ慣れている物を少しつけるだけでも、安心して楽しく食べてくれます この地震を機会に日常備蓄を 国崎さんによると、「 普段食べているもの10日分を常に備えておいて消費期限が切れる前に食べ、食べたら新たに買い足す」日常備蓄が日頃からできる災害への備えになるという。 木村拓也アナウンサー: 自然な形で10日分常にストックされている状態。 これを日常備蓄というそうです。 柳澤さんも備蓄されている? ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: 全くこのパターンです。 2リットルのペットボトルを2ダース置いておいて、それを使いながら足りなくなったら、またつぎ足す。 それと火を加えなくてもいいレトルト食品。 これも日常的に食べています フジテレビ 風間晋解説委員: 大概、気が付くと消費期限が切れてるものですけどね 木村拓也アナウンサー: 自然な形で食べて消費して買い足していくことがポイントだということです。 大地震はいつか必ず来るといわれていますので、今日かもしれないし明日かもしれません。 ぜひ、この機会に備えを十分にしてください (「Live News it! 」12月5日放送分より).

次の