派遣社員 健康診断。 派遣社員の健康診断事情とは?手続き方法・受診費用などを紹介!

派遣も健康診断は受けられるの?かかる費用と条件・検査内容について

派遣社員 健康診断

派遣社員は健康診断を受診できるのか? 派遣社員には健康診断を受診する義務があります。 「安衛法第66条第2項・第3項、安衛令第22条」によって派遣元が実施しなければならないことになっており(健康診断の内容によっては、勤務先企業が行うこともあります)、多くの派遣会社では自社の派遣社員が健康診断を受診したか管理しています。 派遣会社によっては、健康診断を受診していない派遣社員に対して注意する場合もあるので気を付けましょう(健康診断受診対象外の派遣社員は除く)。 健康診断の受診基準は、派遣会社によって違う 派遣会社によって、健康診断の受診基準は異なります。 一般的なのは 「〇〇社の派遣社員として〇〇カ月以上働いている場合は健康診断の案内をします」というパターンです。 この場合、条件に達していない派遣社員の人は受診できません(仮に、受診できたとしても全額自己負担になるケースが多いです)。 派遣会社でスタッフ登録をするときに、健康診断の受診基準についても確認することをおすすめします。 健康診断の流れを見てみよう 派遣社員が健康診断を受けるときの手続き方法を見てみましょう。 今回は、はけんけんぽのモデルコースを参考にしながら紹介します(派遣会社によっては手続き方法が異なるケースもあるので気を付けてください)。 健康診断の受診を考えている方は参考にしてください。 派遣会社から健康診断の案内が届く まず、派遣会社から健康診断の案内が届きます。 健康診断の実施要項について簡単に記載されている要項を参考にしながら、健康診断の申込を行いましょう。 なかには健康診断の受診資格がない派遣社員に書類が発送されるケースもあります。 その場合は、派遣会社(の総務担当など)へ確認することをおすすめします。 派遣会社の確認をとらずに受診すると、健康診断の費用を全額自己負担しなければならなくなり、高額な費用が発生するケースもあるので気を付けてください。 受診するコースを決める 健康診断で受診するコースを決めましょう。 はけんけんぽの場合は「特定健診」、「基本健診A・B」、「生活習慣病健診」、「生活習慣病予防健診」、「人間ドック」のコースがあり、診断料金は各施設・各健診内容によって異なります。 ちなみに一番安い健診コースは「特定健診」で、一番高額な健診コースは「人間ドック」です。 なお、人間ドックの場合は自己負担額が10万円を超えるケースもあるので注意しましょう。 受診する病院を決めて予約する 受診するコースを決めた後は、対象コースの診断を受診できる病院を探してください。 病院までの交通費は出ないので自宅から近い場所(または通勤定期で行ける場所)を選択すると良いでしょう。 ただし、受診する病院によって実施日時は異なるので出勤日とかぶらないかの確認は忘れないでください。 予約した日に病院へ行き健康診断を受ける 予約が完了したら、受診日に病院へ行き健康診断を受けるのみです。 なお、健康診断後の支払はある場合とない場合があります。 これは、派遣会社の福利厚生制度・医療機関の会計手順によって異なるためです。 不安な方は、診断当日に支払いが発生するか派遣会社の担当者へ聞いておきましょう。 質問をするときは、あなたの個人情報(名前・生年月日など)を伝えるとスムーズに確認してもらえるはずです。 診断結果が送付される 病院での健康診断が終了すると、診断結果が自宅へ送付されます。 派遣会社・勤務先企業によっては健康診断の結果を確認するために、健康診断結果が記載してある用紙の提出を指示されるかもしれません。 迅速な対応をするためにも、診断結果が記載してある用紙は保管しておいた方が良いでしょう。 健康診断の受診費用(自己負担)は発生するの? 健康診断の受診費用は発生しないケースもあれば、発生するケースもあります。 発生する理由は主に2つあるので見てみましょう。 派遣会社の費用補助が受診料を超えるとき 健康診断の費用を補助する金額は派遣会社によって違います。 「上限〇〇円まで派遣会社が負担」となっているケースもありますが、費用額は派遣会社の福利厚生制度によって異なります。 そのため、健康診断を受診する前に派遣会社の担当者へあらかじめ確認した方がよいでしょう。 ただし、派遣スタッフとしての勤務実績が短い場合は、全額自己負担しなければならないケースもあるので気を付けましょう。 費用補助の対象外になっている健康診断を受診したとき 健康診断の費用補助対象外になっているコースを受診した場合も、自己負担額は発生します。 代表例が 「特定健診は派遣会社が全額負担するが、それ以外の健診内容だと自己負担額が発生」するパターンです。 つまり、さきほど紹介した「生活習慣病健診」や「人間ドック」など対象外のコースを受けた場合、自己負担額が発生するということです。 また、無料の健診でもオプションを付けると受診費用が発生するケースもあるため気を付けてください。 健康診断を受診した日の給料は出る?出ない? 健康診断を受診した日の給料が出るかは、派遣会社・勤務先企業によります。 給料が出るケースは 「派遣会社が給料を支給する場合」、「勤務先企業が出勤日としてくれる場合」です。 逆に給料が発生しないケースは「欠勤扱いになった」ときです。 この場合、有給を使わない限り給料は支給されません。 お金のことでトラブルにならないためにも、健康診断を受診する前に派遣会社の担当者へ確認しましょう。 派遣期間終了後も健康診断を受診できる場合がある 派遣期間終了後も、被保険者資格を喪失しなければ健康診断を受診できる場合もあります(=使用関係の継続)。 ただし、派遣期間終了後も被保険者資格を継続するには、下記条件のいずれかに該当する必要があります(下記の内容以外にも細かい条件が設定されているため、目安としてご覧になってください)。 前職と同じ派遣会社で別の仕事をする 前職と同じ派遣会社のスタッフとして、別の勤務先で働くことが決定している(登録型派遣の仕事が決まっている)人は、引き続き被保険者資格を継続することができます。 退職後 1 カ月以内に、別の仕事が始まる人 退職してから1カ月以内に働ける転職先が見つかっている人に対しても、使用関係の継続は成立します。 派遣業務だけではなく、社員としての採用が決まっている人も適用対象です。 過去の勤務履歴・将来の勤務予定によって被保険者資格が継続できるかが決まるので、今の仕事を退職する人は確認しておきましょう。 健康診断を受診して、身体をケアしよう 派遣社員にも健康診断を受診する権利はあります(派遣会社・検査内容によって自己負担額は異なるので気を付けてください)。 なかには、健康診断を受診することが面倒な人もいるかもしれません。 しかし、 健康診断を受診しなかったばかりに重大な病気(がんなど)を見逃してしまい、命を落とす人もいます。 本記事を読んで、健康診断を受診したいと思った派遣社員の方は派遣会社の担当者(または派遣会社の労務関連部署)へ確認することをおすすめします。 健康診断の受診料は年によって変動することもあるため、受診前に費用確認をしてください。 参考サイト•

次の

派遣社員の健康診断事情とは?手続き方法・受診費用などを紹介!

派遣社員 健康診断

お仕事でベストパフォーマンスを発揮するために、日々の体調管理に気を配ったり、定期検診を受けたりするのは、とても大切なこと。 ですが、「派遣社員は健康診断を受けることができるの?」と心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、派遣社員が健康診断を受けるのに必要な条件や、検診にかかる費用、内容などの気になるポイントをご紹介します。 目次 派遣社員は健康診断を受診できる? 結論からいうと、派遣社員も健康診断を受診できます。 派遣社員の雇用主である派遣会社は、就業時間など一定の条件を満たす派遣社員に対して、健康診断を実施しなければならないことが、法律(労働者派遣法や労働安全衛生法)で定められています。 なお、企業は常時使用する労働者に対して、「1年以内ごとに1回の定期健康診断を行うこと」が、労働安全衛生法で義務付けられており、派遣社員にもこれが適用されます。 *就業中の派遣社員の健康管理については、派遣先が行う必要があります。 連続作業時間・休憩時間・作業量を適正にし、作業環境を整えることが派遣先には求められるため、就業中の作業時間や環境が適切でないと感じた場合は、必ず営業担当に相談しましょう。 派遣会社によって、健康診断を受けられる基準が異なるため、登録時や就業前にしっかり確認しておいてくださいね。 なお、パソナの場合、1年以上継続して就業されている方に、1年に1回の受診をお願いしています。 深夜勤務者の対象者(毎週1回以上22:00以降の勤務をされている方)は、半年に1回の受診が必要になります。 一般的な検診内容について では、健康診断では具体的にどんな内容の検診を受けられるのかを、パソナを例にご紹介します。 34歳以下の方 基本健診A:内科診察、身体計測、視力・聴力検査、血圧測定、胸部X線撮影、血算 貧血 、尿検査 35歳以上の方 基本健診B:基本健診A+血液生化学 肝機能・脂質・血糖検査 、心電図検査 上記はパソナの基本検診の例ですが、会社によって検診内容が異なるので、詳細は派遣会社に確認してみてくださいね。 健康診断にかかる費用について 健康診断の費用は、雇用主となる派遣会社が負担します。 派遣会社が基本健診を全額負担し、生活習慣病検診や、女性特有の乳がん・子宮頸がん検査などの付加検診については自己負担となるケースが一般的です。 検診費用の支払いについては、派遣会社が検診機関に支払う場合と、当日はいったん窓口で支払い、申請した後に派遣会社から振り込まれる場合があります。 こちらも、派遣会社によって方法が異なるため、詳しい内容が気になる場合は、事前に派遣会社に確認するようにしましょう。 派遣社員は自分で健康診断の予約を取る必要がある 会社側が日程調整をして予約を取ることもありますが、派遣社員の場合、一般的には指定期間内に自身で健康診断の予約を取るケースが多いようです。 健康診断を受けるまでの流れ• 派遣会社から、定期健診のお知らせが届く• 検診内容を見て、必要な付加検診を追加する• 契約している検診機関を探し、直接予約を取る• 詳しくは、登録されている派遣会社にご確認ください。 パソナの場合は、MYPAGEから「健康診断」のメニューに進み、Web予約システムまたは、パソナ検診予約センターに電話をかけて検診予約を行います。 受診希望日の3週間前までに申し込みが必要となり、翌々月末まで予約することができます。 なお、受診日までに契約を終了すると健康診断を受診できないため、注意が必要です。 自分自身そして大切な人のために、年1回の健康診断を受けましょう 仕事をする中で、知らず知らずのうちにストレスがかかったり、つい無理をしてしまったりして、体調を崩すこともありますよね。 定期健診を通して、自分の体を総点検することは、あなたの健康や生活を守るためにも、自分の状態を客観的に見つめるためにも必要なことです。 年齢や性別によって適切な付加検診も検討しながら、受診しましょう。 また、パソナの「メディカルケアサービス」では、健康保持などに関する相談も受け付けています。 「私の年齢だと、どんな検診を追加すればよいのかな?」「こんな不安があるのだけれど、どうすればよい?」などの疑問をお持ちの方は、ぜひご利用ください。 ベストコンディションで充実した毎日を過ごすために、そして大切な人のためにも、必ず定期健診を受けましょう。 関連記事• 参考サイト•

次の

派遣社員は「労働者数50名以上」に含める?産業医の選任のほか、企業の義務とは

派遣社員 健康診断

記事を7秒で理解する• 派遣社員でも健康診断を受けるのは義務付けられている すべての企業は、 労働安全衛生法に基づいて、社員に対して安全衛生や健康面について法的責任を負う義務があります。 労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を守り、労働災害を防止する目的で作られました。 【労働安全衛生規則】 (定期健康診断) 第四十四条 事業者は、常時使用する労働者 第四十五条第一項に規定する労働者を除く。 に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。 (より引用) つまり派遣会社は、雇用契約をしている派遣社員に対しても、健康診断を受けさせる法的責任を負う義務があります。 ただし、派遣会社によっては働く期間や働く時間などの条件を定めて健康診断を受けられる基準を決めていることもあります。 もし、派遣会社から健康診断の通知がこなくて不安な方は、契約した時の条件を確認するか派遣会社に問い合わせてみましょう。 派遣社員が健康診断を受けるための条件は2つある 派遣社員が健康診断を受けるには2つの条件があります。 健康診断を受ける条件• 働いている期間が1年以上経っている方• 週に30時間以上の仕事を6ヶ月以上した方 なぜ健康診断を受けるのに条件があるのかというと、 「 どれくらい仕事にたずさわった 派遣社員 に対して、 いつまでに 健康診断を行わなければいけないのか」 という具体的な規定がないからです。 派遣会社が派遣社員に対して健康診断を受けさせることは義務ですが、 雇用されていることが前提です。 まだ企業と契約していない方や派遣サイトの登録だけの方は、基本的に健康診断を受けられません。 また、派遣会社や派遣の案件ごとに 健康診断を受ける条件が異なる場合もあります。 働いている期間が1年を超える方に対して、派遣会社から健康診断の案内通知がくるケースが一般的です。 とはいえ、規則に関しては派遣会社に直接聞いた方が正しいので、気になる方は問い合わせしてみましょう。 派遣社員が受ける健康診断内容は定期健診と変わらない 定期健康診断の項目は、年齢や病院によって違います。 おもに• 自覚症状及び他覚症状の有無の検査• 身長、体重、腹囲、視力及び聴力• 血圧の測定• 尿検査• また派遣会社が加入している健康保険のプランによっては、本人が希望した場合に 負担金を支払えば特定の検診も受けられます。 これらは、年齢や性別によって受診したほうがよいものもあります。 派遣会社に問い合わせて、自己負担で受けられるようなコースがないか確認してみましょう。 派遣社員の健康診断は自己負担ではなく派遣先が負担 健康診断は社会保険でまかなわれています。 毎月決められた保険料を払っていますので、 健康診断は無料で受けられます。 健康診断を受診するには、派遣会社から送られてくる通知を確認しましょう。 通知の中には健康診断を受けるられる指定の病院リストが一緒に配布されます。 診断を受ける方は、リスト内であれば好きな病院を選べます。 しかし、健康診断を受けるには交通費は支給されません。 出費をおさえるなら、 自宅もしくは勤務地から近い病院を選ぶことをおすすめします。 定期健康診断だけでなく、オプションを追加する場合は 別途、自己負担です。 病院によって料金が違いますが、事前に届く 受診票に記載されている場合もありますので、事前にチェックがしておきましょう。 派遣先が診断費を負担する特殊健康診断 一般的な健康診断 定期健診 は派遣元が負担しますが、派遣先が負担する 特殊健康診断というものがあります。 特殊健康診断は、 有害な業務に携わる労働者に対して、派遣先に実施する義務があります。 これらは契約時に必ず伝えられる項目です。 あとから「実は有害業務でした」なんてことはありませんので安心してください。 派遣社員はいつ健康診断を受けられるの? 派遣社員の場合、会社によって時期は変わります。 とくに 春 4月・5月・6月 もしくは、 秋 9月・10月・11月 に行うことが多いです。 派遣社員の場合、社内全体で受けるようなケースはほとんどありません。 派遣元から指定されて日付と時間に病院へ向かい、各診断を受けていきます。 健康診断を受けた日の勤怠の処理ってどうなるの? 健康診断における勤怠処理方法は、• フルタイム分支給 業務をしていると判断• 有給を利用してフルタイム分が支給される• 欠勤扱い 半休もしくは休暇 などがあります。 健康診断を受けるのは、 最低でも半日はかかります。 そのため、午前か午後のどちらかの業務を休まなければいけません。 「受けたくて受けているわけじゃないのに」 「仕事をしていればお金がもらえたのに」 なんて不満を抱きたくなりますよね。 会社ごとに取り決められているので、疑問が残らないよう事前に確認しておきましょう。 派遣社員が健康診断を無視するとどうなる? 派遣社員が健康診断を受けられるのに無視した場合、健康診断を受けずにやり過ごすことは可能です。 しかし健康診断は• 無料で受けられる• 自身の健康状態がわかる• 社会人として最低限のマナー など、多くのメリットがあります。 仮に健康診断を受けずにいたがゆえに、 「いきなり入院することになってしまった」 なんてことが起きてしまっては、 会社だけでなく家族にも迷惑をかけることになっていしまいますよね。 さらに派遣先から健康診断の結果を求められる可能性もあります。 もし、決められて日に健康診断を受診しなかった場合、自分で診断日の予約して受診しなければいけません。 そうなると、5,000円以上の費用がすべて 自己負担となって損した気分になりませんんか? 健康診断を受けることで、 身体の異変を早期に発見できます。 無料で受けられるうちにしっかり受診しておきましょう。 派遣社員は健康診断の結果を派遣先に提出しなくていい 派遣社員は、 雇入時健康診断と呼ばれる 働き始める際の健康診断書を派遣先に提出する必要があります。 継続して働いていると定期健康診断を受けることもありますよね。 しかし、雇用時健康診断を提出していれば、定期健診の結果は派遣先に提出しなくても大丈夫です。 とはいえ、派遣先から求められる場合は提出が必要となることだけは覚えておきましょう。 派遣元に健康診断がない場合は危険! 今の派遣元で「健康診断はない」と言われてしまった場合、高確率で ブラック企業です。 そんな時は無理して在籍せず、 新たな派遣先を探すことをおすすめします。 こちらの記事でおすすめの派遣サイトを紹介しているので参考にしてみてください。

次の