オブジェクト変数または with ブロック変数が設定されていません。 VBAエラー:オブジェクト変数またはWithブロック変数が設定されていません。 【OKWAVE】

Excel VBA サンプル

オブジェクト変数または with ブロック変数が設定されていません

解決する 解決する 「」で作成されたオブジェクトを代入するには Set が必要です。 付けないと発生します。 オブジェクトがインスタンス化されてないときは Nothing の状態です。 このときに操作すると発生します。 Set を付ける Sheet1 や Range などのオブジェクトを代入するときに Set を付けないと発生します。 インスタンス化する オブジェクトを操作するにはインスタンス化が必要です。 インスタンス化されていない Nothing の状態で操作すると発生します。 Dim c As Class1 c. GoTo Label With Sheet1 Label:. このような「」の使い方をしてはいけません。

次の

オブジェクト変数またはwithブロック変数が設定されていませんの意味がわかりま...

オブジェクト変数または with ブロック変数が設定されていません

オブジェクト型の変数は設定されていません エラー 91 Object variable not set Error 91• この記事の内容 を作成する手順には 2 つのステップがあります。 There are two steps to creating an. まず、オブジェクト変数を宣言する必要があります。 First you must declare the object variable. 次に、 Set ステートメントを使用してそのオブジェクト変数に有効な参照を代入する必要があります。 Then you must assign a valid reference to the object variable using the Set statement. 同様に、 With... End With ブロックは、 With ステートメントのエントリ ポイントを実行して初期化する必要があります。 Similarly, a With... End With block must be initialized by executing the With statement entry point. このエラーの原因と解決策は次のとおりです。 This error has the following causes and solutions:• まだ有効なオブジェクトを参照していないオブジェクト変数を使用しようとした。 You attempted to use an object variable that isn't yet referencing a valid object. オブジェクト変数の参照を指定または再指定します。 Specify or respecify a reference for the object variable. たとえば、次のコードの Set ステートメントを省略すると、 MyObject への参照でエラーが生成されます。 For example, if the Set statement is omitted in the following code, an error would be generated on the reference to MyObject: Dim MyObject As Object ' Create object variable. Count ' Assign Count value to MyCount. Nothing に設定されているオブジェクト変数を使用しようとした。 You attempted to use an object variable that has been set to Nothing. Count ' Make a reference to a released object. オブジェクト変数の参照を再指定します。 Respecify a reference for the object variable. たとえば、新しい Set ステートメントを使用して、オブジェクトへの新しい参照を設定します。 For example, use a new Set statement to set a new reference to the object. オブジェクトは有効なオブジェクトだが、オブジェクトが記述されているが [ Add References] ダイアログ ボックスで選択されていないため、設定されなかった。 The object is a valid object, but it wasn't set because the in which it is described hasn't been selected in the Add References dialog box. [ Add References] ダイアログ ボックスでそのオブジェクト ライブラリを選択します。 Select the object library in the Add References dialog box. GoTo ステートメントのターゲットが With ブロック内にある。 The target of a GoTo statement is inside a With block. With ブロック内にジャンプしないでください。 Don't jump into a With block. With ステートメントのエントリ ポイントが実行されてブロックが初期化されていることを確認してください。 Make sure the block is initialized by executing the With statement entry point. [ Set Next Statement] コマンドを選択したときに With ブロック内の行を指定した。 You specified a line inside a With block when you chose the Set Next Statement command. With ブロックは、 With ステートメントを実行して初期化する必要があります。 The With block must be initialized by executing the With statement. 詳細については、該当する項目を選択し、F1 キー Windows の場合 または HELP Macintosh の場合 を押してください。 For additional information, select the item in question and press F1 in Windows or HELP on the Macintosh. 注意 間で Office エクスペリエンスを拡張するソリューションを開発することに関心がありますか? Interested in developing solutions that extend the Office experience across? 新しい を参照してください。 Check out the new. Office アドインには、VSTO アドインおよびソリューションと比較して、小さな設置面積があります。 HTML5、JavaScript、CSS3、XML など、ほぼすべての web プログラミングテクノロジを使用して構築できます。 Office Add-ins have a small footprint compared to VSTO Add-ins and solutions, and you can build them by using almost any web programming technology, such as HTML5, JavaScript, CSS3, and XML. サポートとフィードバック Support and feedback Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、を参照してください。 Please see for guidance about the ways you can receive support and provide feedback. 関連記事.

次の

【VBA】なにか忘れてる?

オブジェクト変数または with ブロック変数が設定されていません

番号 メッセージ 理由と対策 3 Return に対応する GoSub がありません。 Returnステートメントに対応するGoSubステートメントを確認 5 プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。 引数が許容値の範囲か確認 6 オーバーフローしました。 代入、計算、データ型変換の結果が、その変数の許容範囲か確認 7 メモリが不足しています。 不要なアプリケーション、ドキュメント等を閉じます。 モジュールまたはプロシージャを小さく分割します。 仮想メモリを増やす。 メモリ常駐プログラムを削除します。 Public 変数を減らします。 9 インデックスが有効範囲にありません。 存在しない配列要素を参照していないか確認 10 この配列は固定されているか、または一時的にロックされています。 再定義できない配列の次元を再定義しています。 11 0 で除算しました。 0で割り算しています 13 型が一致しません。 互換性のないデータ型の間で代入を行っています。 14 文字列領域が不足しています。 文字列の操作の式で、一時的な文字列が必要な式の場合に、文字列が長すぎます。 16 式が複雑すぎます。 浮動小数点式でネストされている式の数が多すぎます。 17 要求された操作は実行できません。 現在実行中のコードをプログラムで変更しようとしています。 18 ユーザーによる割り込みが発生しました。 ユーザーが割り込みキーを押しました。 20 エラーが発生していないときに Resume を実行することはできません。 Resumeステートメントが、アクティブなエラー処理ルーチン以外で実行されています。 28 スタック領域が不足しています。 再帰プロシージャが正しく終了していることを確認 35 Sub または Function が定義されていません。 プロシージャの名前が間違っています。 47 DLL のクライアント アプリケーションの数が多すぎます。 48 DLL 読み込み時のエラーです。 49 DLL が正しく呼び出せません。 51 内部エラーです。 52 ファイル名または番号が不正です。 ファイル番号のファイルが正しくOpenされた状態かを確認 53 ファイルが見つかりません。 存在しないファイルを参照しています。 54 ファイル モードが不正です。 ファイルを開いたときのモードに対応していないステートメントを使用していまする 55 ファイルは既に開かれています。 閉じられていないファイルをOpenしています。 デバイスが正しく動作しているかを確認 58 既に同名のファイルが存在しています。 既に存在するファイル名と同じ名前を指定しています。 59 レコード長が一致しません。 Getステートメントまたは Putステートメントの指定が、でOpenステートメントで指定された長さと異なります。 61 ディスクの空き容量が不足しています。 62 ファイルにこれ以上データがありません。 ファイルの末尾以降を読み込もうとしています。 63 レコード番号が不正です。 レコード番号が 0 以下です。 67 ファイルが多すぎます。 同時に開くことができるディスク ファイルの数には限度があります。 68 デバイスが準備されていません。 デバイスが正しく動作しているかを確認 70 書き込みできません。 書き込み保護のディスクに書き込もうとしているか、またはロックされているファイルにアクセスしようとしています。 71 ディスクが準備されていません。 指定されたドライブにディスクがありません。 74 ディスク名は変更できません。 Nameステートメントを使用して、ファイルを別のドライブに移動しようとしています。 75 パス名が無効です。 ファイル指定の形式が間違っています。 既存の読み取り専用ファイルと同じ名前でファイルを保存しようとしています。 読み取り専用ファイルをシーケンシャルOutputまたはAppend モードで開こうとしています。 76 パスが見つかりません。 指定したパスが存在するか確認。 91 オブジェクト変数または With ブロック変数が設定されていません。 有効なオブジェクトを参照していないオブジェクト変数を使用しようとしています。 Nothing に設定されているオブジェクト変数を使用しようとしました。 92 For ループが初期化されていません。 For... Nextループの途中にジャンプしていませんか。 93 パターン文字列が不正です。 Like 演算子で指定されているパターン文字列が無効です。 94 Null の使い方が不正です。 Null 値のバリアント型変数の値を取得しようとしています。 97 オブジェクトが定義クラスのインスタンスではない場合、このオブジェクトに関するフレンド関数は呼び出せません。 98 プロパティまたはメソッドの呼び出しの場合には、引数または戻り値としてプライベート オブジェクトへの参照を含めることはできません。 298 システムリソースまたは DLL をロードできません。 320 キャラクタ デバイスは使えません。 321 不正なファイル形式です。 322 必要な一時ファイルを作成できません。 325 リソース ファイルの形式が不正です。 327 データ値が見つかりません。 328 不正なパラメータです。 配列に書き込めません。 335 システム レジストリにアクセスできません。 336 コンポーネントが正しく登録されていません。 337 コンポーネントが見つかりません。 338 コンポーネントが正常に実行されませんでした。 360 このオブジェクトは既にロードされています。 361 このオブジェクトは、ロードまたはアンロードすることはできません。 363 指定されたコントロールが見つかりません。 364 既にアンロードされています。 365 現在アンロードできません。 368 ファイルは古い形式で作成されています。 このプログラムには新しい形式のファイルが必要です。 371 指定されたオブジェクトは、Show メソッドのオーナー フォームとして使用できません。 380 プロパティの値が不正です。 不適切な値がプロパティに割り当てられています。 381 不正なプロパティ配列インデックスです。 382 実行時には値を設定できません。 383 値を設定できません。 値の取得のみ可能なプロパティです。 実行時に値の取得のみ可能なプロパティへ値を設定しようとしています。 385 プロパティ配列インデックスが必要です。 387 値を設定できません。 実行時には値の設定ができないプロパティです。 393 実行時には値を取得できません。 実行時には値の取得ができないプロパティです。 394 値を取得できません。 値の設定のみ可能なプロパティです。 実行時には値の取得ができないプロパティです。 400 既にフォームは表示されています。 モーダルにできません。 既にフォーム表示されています。 402 一番手前 前面 のモーダル フォームを先に閉じてください。 複数のフォームが表示されている場合は、一番手前のフォームから閉じて下さい。 419 オブジェクトを利用できません。 422 プロパティが見つかりません。 プロパティ名が正しいかどうかを確認 423 プロパティまたはメソッドが見つかりません。 名前が間違っていないか確認 424 オブジェクトが必要です。 オブジェクト修飾子が指定されていません。 425 オブジェクトの使い方が不正です 適切な適用範囲外でオブジェクトを使用しようとしています。 429 ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。 430 クラスはオートメーションまたは予測したインターフェースをサポートしていません。 432 オートメーションの操作中にファイル名またはクラス名を見つけられませんでした。 438 オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。 プロパティ名またはメソッド名が正しいかどうかを確認 440 オートメーション エラーです。 オートメーション オブジェクトのアクセスが不正です。 442 リモート プロセス用のタイプ ライブラリまたはオブジェクト ライブラリへの参照は失われました。 参照設定を解除して [OK] を押してください。 443 オートメーション オブジェクトには既定値がありません。 445 オブジェクトはこの動作をサポートしていません。 プロパティ名またはメソッド名が正しいかどうかを確認 446 オブジェクトは名前付き引数をサポートしていません。 名前付き引数をサポートしていないメソッドです。 447 オブジェクトは現在の国別情報の設定をサポートしていません。 448 名前付き引数が見つかりません。 、 449 引数は省略できません。 引数の数が一致しません。 450 引数の数が一致していません。 または不正なプロパティを指定しています。 引数の数が一致しません。 451 Property Let プロシージャが定義されておらず、Property Get プロシージャからオブジェクトが返されませんでした。 452 序数が不正です。 453 関数は指定された DLL には定義されていません。 454 コード リソースが見つかりません。 455 コード リソースのロック エラーです。 457 このキーは既にこのコレクションの要素に割り当てられています。 458 Visual Basic でサポートされていないオートメーションが変数で使用されています。 459 オブジェクトまたはクラスがこのイベント セットをサポートしていません。 460 クリップボードのデータ形式が不正です。 461 メソッドまたはデータ メンバーが見つかりません。 オブジェクトまたはメンバの名前が間違っています。 462 リモート サーバーがないか、使用できる状態ではありません。 463 ローカル マシンにクラスが登録されていません。 480 AutoRedraw イメージを作成できません。 481 ピクチャが不正です。 482 プリンター エラーです。 483 プリンタ ドライバは指定されたプロパティをサポートしていません。 484 システムからプリンタ情報を受けるときに問題が発生しました。 プリンタが正しく設定されているかを確かめてください。 485 ピクチャの形式が不正です。 486 フォームのイメージをこのプリンターで印刷することはできません。 520 クリップボードを空にできません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 521 クリップボードを開けません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 735 一時ファイルに保存できません。 VBA実行では通常は発生しないはず 744 検索文字列が見つかりませんでした。 VBA実行では通常は発生しないはず 746 置換後の文字列が長すぎます。 VBA実行では通常は発生しないはず 1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。 Visual Basic for Applications で定義されたエラーに対応しない場合に表示されます。 31001 メモリが不足しています。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31004 オブジェクトがありません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31018 クラスが設定されていません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31027 オブジェクトをアクティブにできません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31032 埋め込みオブジェクトが作成できません。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31036 ファイルへの書き込み中にエラーが発生しました。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 31037 ファイルの読み込み中にエラーが発生しました。 VBA実行で発生するかの詳細は不明 -2147221080 オートメーション エラーです。 削除されたオブジェクトを参照しています。 上記以外 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。 Visual Basic for Applications で定義されたエラーに対応しない場合に表示されます。 ユーザー定義エラーについて.

次の