羽生世代 なんj。 【悲報】羽生結弦を中傷したラジオDJ、ガチで終わる…

渡辺明竜王「私が考える新世代が羽生世代に押されている理由」

羽生世代 なんj

7772• 564• 416• 19380• 1743• 496• 387• 885• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1164 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

第68回NHK杯将棋ベスト4、全員羽生世代!前回の独占はいつだった?

羽生世代 なんj

スポンサーリンク 決勝戦が羽生世代対決だったのは? 羽生世代が前にベスト4を独占したのはいつか? 調べるときに、NHK杯の結果について、 最近のものから順にみていきました。 その際、決勝戦が羽生世代対決となっている回を まずは探しました。 というわけで、、羽生世代のベスト4独占の回の前に、 まずはベスト2独占の回についてみてみましょう。 2013年度の第63回決勝は郷田九段vs丸山九段 一つ前に、NHK杯決勝戦が羽生世代同士の対戦となったのは、 6年前、2013年度で、郷田真隆九段と丸山忠久九段の 顔合わせでした。 勝って優勝したのは、郷田真隆九段の方でした。 なんと、今回の第68回のベスト4のうちの二人でしたね! どちらも早指しが得意そうな印象があるので、 さすが、という感じです。 この回の残りのベスト4棋士は、 大石直嗣・現七段と西川和宏・現六段でした。 当時は、羽生世代と渡辺明・現ニ冠が将棋界の トップに君臨していたころでしょうか。 そんな中で大石・西川のニ名が活躍されたことは注目に値します! 羽生世代対決の中でも屈指の好カード。 NHK決勝でも実現していたんですね! 残るベスト4棋士の一人は、佐藤康光NHK杯 当時 で、 一つ前の2007年度の第57回の覇者でした。 やはり羽生世代は強いですね。。。 残る一人は、久保利明八段 当時 で、 羽生世代より少しだけ下の世代の棋士です。 10年くらい遡りましたが、意外と羽生世代の独占の前例、 でてきませんねー。。 2006年度の第56回決勝は佐藤棋聖vs森内名人 2006年度に行われた、第56回のNHK杯の決勝戦は、 佐藤康光棋聖と森内俊之名人の対決でした。 肩書きは当時のものです。 両者ともにタイトルを保持していて、まさに 羽生世代の全盛期、という感じがしますね。 ベスト4の残りのニ名は、なんと、 野月・現八段と、窪田・現七段でした。 最近多方面で? 活躍している人気棋士たちですね。 前回の羽生世代ベスト4独占は? スポンサーリンク さて、それではいよいよ、羽生世代がNHK杯トーナメントで ベスト4を独占した回を紹介します。 そう、ちゃんと前例があったんです! 私も探した甲斐がありました。 2001年度の第51回決勝の佐藤王将vs森内八段戦! 2001年度、第51回NHK杯トーナメントの決勝では、 佐藤康光王将 当時 と森内俊之八段 当時 が戦いました。 このときの、残る二人のベスト4進出者は、 藤井猛九段、そして羽生善治NHK杯 当時 でした。 そう、全員羽生世代です! というわけで、2018年度の羽生世代ベスト4独占は、 2001年度以来、なんと17年ぶりの出来事なのでした。 こうしてみると、羽生世代って、 いつも他の世代を楽勝で圧倒していた わけではないみたいですね。 そうではなくむしろ、 上の世代や下の世代としのぎを削り合いながら、 常に厳しい戦いを強いられてきていて、 その中でも結果を出してきた世代なのかな、と思います。 きっと、何もないところから、 道をみつけ出してきたのでしょうね。 佐藤康光九段の将棋や、藤井猛九段の「藤井システム」は 独創的だといわれていますし、 「羽生マジック」は芸術の域に達しています。 他の羽生世代の先生にしても、 個性というか、自分らしさを確立 した上で、結果を出し続けています。 ちなみに、藤井猛九段はこの2001年度では、はじめ 竜王のタイトルをもっていましたが、 羽生四冠に奪取されています。 将棋界の大きな出来事だったと思いますが、 NHKでの羽生世代ベスト4独占、という出来事も、 歴史的といっていいと思います。 まとめ 2018年度のNHK杯テレビトーナメントで、 羽生世代の棋士たちが大活躍しています。 ベスト4を独占しています。 これを機会に、羽生世代が上位を独占した 過去のNHK杯戦を調べてみました。 羽生世代がベスト4を独占というのは意外と珍しく、 他の世代の棋士たちも素晴らしい実力者がいて、 厳しい戦いをしてきたことが想像されます。 それでも再びベスト4を独占してしまった羽生世代は、 やはり強いですね。 NHK杯の内容や結果、そして羽生先生を中心とした この世代の棋士たちの今後の将棋界での活躍が 楽しみになります。

次の

羽生世代とは (ハブセダイとは) [単語記事]

羽生世代 なんj

概要 [ ] 羽生善治は、1990年代から2010年代にかけて、多数のタイトルを獲得したであるが、同時代に活躍したトップ棋士たちの中には羽生と年齢が近い者が非常に多かった。 そこで、これらの強豪棋士たちの総称として 羽生世代という言葉が使われるようになった。 もっとも、羽生世代という言葉は「羽生と年齢が近い強豪棋士」を漠然と指しており、具体的に誰が含まれるのかについてはメディアによってまちまちであり、 明確な定義は存在しない。 羽生と年齢が近いという点に関して [ ] 「世代」という言葉は、30年程度の広い範囲を指すのが本来の用法であるが、「羽生世代」といった場合には、もっと狭い範囲を指すのが通常である。 一般的には、• 羽生と同学年の棋士のみを羽生世代と呼ぶ用法• 羽生と同学年または1学年上の棋士を羽生世代と呼ぶ用法• 羽生と同学年または1学年違いの棋士を羽生世代と呼ぶ用法 の3つがある。 このうち、同学年または1学年上とするものは、1学年上は含めるが1学年下は含めないという少々恣意的な基準であるが、1学年上の代表的な棋士である村山や佐藤が当初からチャイルドブランド(後述)という言葉で羽生と同じ括りで注目されていたのに対して、1学年下の代表的な棋士である屋敷や深浦がチャイルドブランドの棋士たちに続いて活躍をし始めたためという事情によるものであり、広く用いられている。 強豪棋士という点に関して [ ] 羽生と年齢が近い棋士のうち、どの程度の実績を残したものを羽生世代とするかについてもさまざまな見解がある。 一般的には、• タイトル経験者のみを羽生世代と呼ぶ用法• 順位戦A級経験者を羽生世代と呼ぶ用法• 実績を問わず同世代の棋士すべてを羽生世代と呼ぶ用法 などがある。 「羽生世代」の棋士たち [ ] ここでは、羽生世代と呼ばれることのある棋士を広く紹介するという趣旨から、順位戦A級を経験した羽生と同学年または1学年上の棋士を列記し、併せて括弧付きで1学年下の棋士を列記する。 (生年月日順) 棋士名 生年月日 プロ入り 四段昇段 九段昇段 初タイトル 全棋士参加 棋戦初優勝 竜王戦1組 初昇級 順位戦A級 初昇級 その後 1969-06-15 (29歳没) 11月 8月 - 1996年度 1994年 1995年 にA級在位のまま逝去 1969-10-01 (50歳) 3月 1998年6月 1993年度 同左 1992年 1996年 名人2期(1998年 0- 1999年) 永世棋聖の資格獲得(2006年) 1970-06-22 (50歳) 1987年10月 4月 - 1990年度 1995年 2000年 1970-09-05 (49歳) 4月 6月 2000年度 1998年度 1998年 1998年 名人2期(2000年 0- 2001年) 1970-09-27 (49歳) 12月 4月 1989年度 竜王 1987年度 1989年 1993年 永世棋王の資格獲得(1995年) - 十九世名人の資格獲得(2008年) - 永世竜王の資格獲得 「永世七冠」達成(2017年) 1970-09-29 (49歳) 4月 2000年10月 1998年度 竜王 同左 1998年 2001年 竜王戦史上初の3連覇 (1998 - 2000年) 1970-10-10 (49歳) 1987年 5月 5月 2002年度 名人 1988年度 全日本プロ 1996年 1995年 十八世名人の資格獲得(2007年) 1971-03-17 (49歳) 1990年 4月 8月 1992年度 同左 1999年 1999年 タイトル6期(1992年度王位を含む) () 1972-01-18 (48歳) 1988年10月 4月 1990年度 同左 1997年 2011年 タイトル3期(1990年度棋聖を含む) () 1972-02-14 (48歳) 1991年10月 9月 2007年度 王位 1992年度 全日本プロ 2007年 2004年 タイトル3期(2007年度王位を含む) 便宜上、ここでは村山・佐藤・先崎・丸山・羽生・藤井・森内・郷田の8名を羽生世代として、以下この8名について記載する。 歴史 [ ] 「チャイルドブランド」の台頭 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年7月) 後に「羽生世代」と呼ばれる棋士達のうち、10代から目覚ましい活躍をした羽生・村山・佐藤・森内の4人は、によって「チャイルドブランド」 と命名された(年上の(- )も広義でチャイルドブランドの一人とされた [ ])。 「」 と呼ばれることもあった [ ]。 4人のうち羽生・佐藤・森内の3人は、島が主宰する研究会「 島研」で腕を磨いたメンバーであった。 1980年代後半、彼らは先輩棋士達を打ち負かしていく。 1988年度のNHK杯戦では、18歳の羽生が4人の名人経験者(十五世名人、九段 、名人(準決勝)、棋聖・王座(決勝))を破って 優勝したことで、注目を集めるようになる。 「羽生世代」の台頭 [ ] 1990年ごろからは、森内と先崎が全棋士参加棋戦で優勝。 さらには、郷田が同一年度に谷川に3度タイトル挑戦し、うち、王位戦で最低段位記録となる四段で 初タイトル。 佐藤は七冠へ駆け上がる途中の羽生(当時五冠)からいったん竜王位を奪い、初のタイトル獲得を果たす。 羽生を含む彼ら5名は早熟のため、A級昇級よりも優勝・タイトルが先行した。 その後、村山と丸山も順位戦で昇級を重ねるなどして追随する。 藤井は、B級2組(竜王戦は4組)に在籍していた1998年当時に、谷川をストレートで破って初タイトル・竜王を獲得し、一躍「羽生世代の一人」として認知されるようになる。 丸山は2000年に佐藤を破って名人位を獲得する。 「羽生世代」による将棋界の席巻 [ ] 1990年頃から現在に至るまで、タイトル棋戦やは、常に「羽生世代」の棋士達が主役となっており、各年度の7タイトルの過半数を占める状態が長らく続く( を参照)。 では、1994年から2016年まで毎年、彼らのうちの誰かが七番勝負に登場している。 羽生対森内のカードが特筆して多く、名人戦で9回(第54、61-63、66、69-72期)対戦しており、-と並び名人戦の中で1番多いカードとなっている。 竜王戦は創設翌年の第2期に羽生が獲得して以来、「羽生世代」の棋士が七番勝負に登場しなかったことが、ほとんどない。 1998年までは谷川浩二が竜王戦の七番勝負に絡んでいた。 第17期(2004年度)でが竜王を獲得して以降、05年に七段(当時)が挑戦した以外は、羽生世代の誰かが渡辺に挑戦する構図となっている。 第26期(2013年度)で森内が竜王を奪還、渡辺の竜王10連覇を阻止した。 2004年までは彼らより上の世代の谷川が、羽生世代を相手に孤軍奮闘した。 しかし、2004年に王位、棋王を羽生に奪われて以降、無冠の状態が続いている。 彼らが30代になると、逆に、若手の前に立ち塞がる壁となる。 しかし、下の世代では、2004年からは彼らより一回り以上若い渡辺が、佐藤、森内、羽生らを相手にして竜王の一冠を5連覇し、初代永世竜王の資格を獲得した。 2006年には、佐藤が棋聖5連覇で永世棋聖の称号の資格を得、2007年には、森内が名人通算5期で羽生より一歩先に永世名人の資格を得る。 2007年頃からは、渡辺に加え、、、木村一基もタイトル戦の舞台に多く出場するようになった。 1998年度の佐藤の名人奪取以来ずっと羽生世代の複数人がタイトル保持者だったが、2008年度棋王戦で佐藤から久保が棋王を奪取したことでタイトル保持者が羽生四冠(名人・棋聖・王座・王将)・渡辺竜王・深浦王位・久保棋王の四人となりついにそれが崩れた。 そして2009年度王将戦では久保が羽生から王将を奪取し、タイトルの過半数を羽生世代以外の棋士が占めることになった。 2011年度に入り、羽生二冠(棋聖・王座)がから王位を奪取。 渡辺が羽生から王座を奪うものの、久保の持つ王将・棋王の座を、それぞれ佐藤康光とが奪還し、2年ぶりに羽生世代がタイトルを席巻した。 (渡辺:竜王・王座、 森内:名人、羽生:棋聖・王位、佐藤:王将、郷田:棋王) 2012年度に入っても羽生と森内による名人戦(森内の防衛)、羽生の棋聖防衛、羽生と藤井の王位戦(羽生の防衛)、羽生の渡辺からの王座奪還、丸山による2年連続渡辺竜王への挑戦と、タイトル戦で羽生世代が席巻している状態が続いている。 2013年から2015年までもタイトル戦は「羽生世代対他の世代」「羽生世代対羽生世代」の構図となっており、該当しなかったのは2013年の棋王戦のみである(棋王渡辺明対挑戦者三浦弘行)。 2013年度に谷川浩司が順位戦A級から陥落したことで、A級最年長が佐藤康光となる。 2014年には羽生世代でただひとり八段でとどまっていた先崎が勝数規定で九段に昇段し、羽生世代のすべての棋士が順位戦A級を経験した九段昇段者となった(早世した村山も没後追贈ではあるが九段に昇段しているため該当)。 新世代の台頭 [ ] 2016年度に入ってから、徐々に世代交代の動きが始まった。 まず名人戦ではが羽生を破り、16年ぶりの20代新名人となった。 さらにでは、が1位となり名人への挑戦権を得て、翌年の名人戦が21年ぶりの20代対決となる一方で、森内がB級1組に陥落し、直後にフリークラス宣言を行った。 2017年度には、前年の2016年に14歳2か月でプロ入り・62年ぶりに最年少棋士の記録を更新したがデビューから無敗連勝を続けて歴代記録まで更新する29連勝を達成し、また中学校在学中の棋士としては史上初となる全棋士参加棋戦()優勝を成し遂げた。 さらにが生まれでは初めてとなる王位のタイトルを獲得、続いてが王座を獲得し、若手の台頭がより注目された。 一方、菅井と中村にタイトルを奪われた羽生は、渡辺明から竜王のタイトルを奪還して永世竜王の資格を獲得し、永世称号の「七冠」を達成した。 2018年度に入り、がタイトルに昇格したを、続いてが棋聖を獲得したことで、31年ぶりに複数冠者がいなくなった。 そして2016年度末に郷田が王将を失冠して以降、羽生のみがかろうじてタイトルを保持していたが、2018年12月に羽生が最後まで保持していた竜王を失冠して27年ぶりに無冠となり、ついに羽生世代のタイトル保持者がひとりもいなくなった。 一方、この年のNHK杯戦ではベスト4を羽生世代(丸山、羽生、森内、郷田)が独占し、健在ぶりを示してもいる。 2019年度は、竜王戦で第1期から続いていた羽生世代の決勝トーナメント進出が途絶え、タイトル戦の番勝負出場も、羽生が王位戦挑戦者決定戦で木村一基に敗れる等で31年ぶりに途絶えた。 一方、挑戦者決定戦で羽生に勝利して王位戦挑戦者となった木村一基は、豊島将之から王位のタイトルを奪取し、46歳タイトル挑戦7度目で悲願の初タイトル獲得となった。 なお、2019年度時点でA級に残留している羽生世代は、羽生と佐藤康光だけとなっている。 羽生世代のタイトル戦の成績 [ ]• 1960年度• 1961年度 なし• 1962年度 、、• 1963年度 、• 1964年度 、、• 1965年度 なし• 1966年度• 1967年度• 1968年度 なし• 1969年度 村山聖、佐藤康光• 1970年度 先崎学、丸山忠久、羽生善治、藤井猛、森内俊之、郷田真隆• 1971年度 屋敷伸之、深浦康市• 1972年度• 1973年度 、、• 1974年度 、• 1975年度• 1976年度 なし• 1977年度 なし• 1978年度 なし• 1979年度 なし• 1980年度 このうち、高橋道雄や島朗ら羽生世代のすぐ上の世代にあたる強豪棋士たちは、プロ入り年度が昭和55年に集中しており、 と呼ばれる(なお、谷川浩司のプロ入りは昭和55年ではないが、55年組の棋士らと同世代である)。 一方、久保利明らを中心とする羽生世代のすぐ下の世代については、 ポスト羽生世代と呼ばれる。 もっとも、ポスト羽生世代については、羽生世代と同様、明確な定義があるわけではない。 特に1971年度生まれ(羽生より1学年下)の屋敷と深浦については羽生世代として紹介されることもあれば、ポスト羽生世代として紹介されることもある。 なお、深浦は「自分を羽生世代とは認識していない」と述べている一方で、は深浦を羽生世代の一人として扱っている。 久保利明より下の世代(1976年 - 1980年生まれ、40歳~44歳)の棋士からは、現在のところA級棋士・タイトル挑戦者・全棋士参加棋戦優勝者が現れていない。 その世代の伸び悩みがしばしば指摘されるが、そのひとつの要因として、羽生世代・ポスト羽生世代の層の厚さを挙げられることがある。 世代交代 [ ] 羽生世代は他の世代を圧倒して長らく将棋界を牽引してきたが、前述のとおり、2016年度以降、羽生よりも10歳以上年下にあたる1981年度生まれ以降(39歳以下)の棋士の中から、羽生世代からタイトルを奪うような強豪棋士たちが多数現れており、2018年末に羽生がタイトルをすべて失ったことで羽生世代からの世代交代が概ね果たされる形となった。 羽生世代とは無関係であるが、これらの世代のタイトル挑戦者、A級経験者、全棋士参加棋戦優勝者を列挙する。 タイトル獲得者(藤井は10代で獲得、藤井以外は20代で獲得)• () - 永世竜王の資格・永世棋王の資格を保持するなどタイトル獲得多数、A級経験もあり• (1月18日) - 2010年に王位、2018年に竜王を獲得、A級経験もあり• () - 2016年に名人を獲得、名人3期• (1988年)- 2017年に王座を獲得• (1988年) - 2014年に竜王を獲得、A級経験もあり• () - 2018年に棋聖・王位を獲得、2019年に名人・竜王を獲得• () - 2017年に王位を獲得、A級経験もあり• (1992年) - 2019年に叡王・王座を獲得• () - 2018年に王座を獲得、A級経験もあり• (1993年) - 2018年に叡王を獲得• () - 2020年に史上最年少17歳で棋聖を獲得• タイトル挑戦者• () - 全棋士参加棋戦優勝もあり• (1988年) - 全棋士参加棋戦優勝・A級経験もあり• () - 全棋士参加棋戦優勝もあり• () - プロ入り1年目の初参加棋戦でタイトル挑戦は史上初• 全棋士参加棋戦優勝者• () - A級経験もあり• (1984年)• (1994年)• A級経験者(タイトル獲得・挑戦者・全棋士参加棋戦優勝者以外)• (3月3日) 羽生世代以外のタイトル戦成績 [ ]• このうち、中井は羽生の1学年上(村山や佐藤と同学年)にあたり、羽生世代の女流棋士と呼ばれることがある(なお、林葉と清水は羽生世代よりも年上である)• この点はメディアによって扱いが異なり、例えばでは深浦を羽生世代の棋士として紹介している。 羽生は第1期竜王戦で4組からのスタート。 ほかの棋士は、プロ入り後、6組からのスタート。 現役八段で逝去したことにともなう追贈の昇段。 「早指し将棋選手権」には「早指し新鋭戦」の優勝者・準優勝者も出場できるので、ここでは全棋士参加棋戦扱いとした。 、に次ぐ、史上3人目の中学生棋士。 藤井は竜王位獲得の頃から「羽生世代」と呼ばれ始めた。 その後、昇段規定が改訂され、四段の棋士はタイトル挑戦で五段(竜王戦挑戦の場合は七段)へ昇段することになったため、四段のタイトル保持者は郷田が最初で最後となった。 羽生の19歳竜王獲得の年少記録を更新する18歳でタイトル獲得。 「恐るべき子供達」の意のフランス語 enfant terrible より。 谷川浩司は「(対戦相手は抽選で決まるから)羽生が持って生まれた運」と表現している(別冊宝島380「将棋王手飛車読本」pp. 16)。 なお、将棋のタイトル制開始以降、2016年までに永世称号を獲得したのは10人しかいない。 挑戦者決定三番勝負の勝者はであったが、三番勝負敗者の丸山が繰り上げで挑戦者になった。 詳しい経緯はを参照のこと。 1980年度生まれであればが存在する。 順位戦ではがB級1組に在籍しているのが最高である。 出典 [ ].

次の