キレイライン矯正。 キレイライン矯正で使用する拡大床装置って何?

キレイライン矯正で使用する拡大床装置って何?

キレイライン矯正

めちゃくちゃ歯並びが悪いというわけではありませんが、汚いよりはきれいなほうがいい!ということでいってみることにしました! 目次• 現在の歯並び 一応現在の歯並びです。 気になるっちゃー気にあるし、気にならないっちゃー気にならないです! 歯並びよりも歯自体が小さいのが気になっています!(それはどうしようもない) 予約してきました! twitterからリンクに飛んでみると、予約をするのに簡単なアンケートの画面に飛びました! 『自分の情報』『希望する日時』『場所』みたいな感じです! 大阪にはまだ心斎橋しかありませんので選択の余地はありません! なんでも予約がかなり取りにくいとのことでしたが、希望日の3日前でしたが結構普通に予約取れました! 確認のメールが来て、それに確認の同意のためにクリックをしないと予約が完了したことにならず催促のメールが来るので注意してください! 予約段階からかなり執拗に 「無断キャンセルはやめてください!」といった注意事項が流れます!安くはないので興味はあるけど・・・みたいな人は多いのかもしれません。 plusdental. そんなに悪すぎるとは思っていませんが、なかなか緊張する場面です。 最近の技術はハイテクでレントゲンとスキャンをすると画像でかなり鮮明に映し出されます! スキャンする機械はヘアアイロンみたいなものでちょっと大きい機械で口に入れられます。 男性の私で結構ギリギリ入った感じがします。 女性の人は結構つらいかも! でも痛みなどは一切なのでご安心んください! スキャンが終わってから、キレイライン矯正の可否判定ですがそこは何とか通過しました! 「これだったらキレイライン矯正でも対応できると思います!」 なんか、先生の言い方が『ギリギリ合格』みたいなニュアンスでした。 言われないと気付かないし、言われてもよくわかんないレベルになじんでいます! これを1日最低20時間以上装着。 歯科医院では歯科衛生士にマススピースをもらって、目の前で一度付けてみる感じです。 マウスピースは『ソフト』と『ハード』の2種類をもらいます。 最初一週間はソフトを付けて、残り5週間を『ハード』を付けるという感じです。 『ソフト』と言っても全然硬いです。 卵のパックみたいな感じですね! 装着した感じです! ちょっと歯が見えるぐらいではほとんどわからないです。 大きく歯茎が出るとわかりますが、目立つほどでもないのが分かります。 ハメるときは歪んでいる歯を強制するように型どっているわけなので歯にテンションがかかります。 自分が思っていたよりも痛いです。 (我慢できないほどではない) 歯科衛生士さんも『最初なれるまで時間かかるかもしれません』とは言われていました。 でも1日あれば普通に慣れます。 1日20時間以上(寝ているときも)つけるように指示をされます。 なので基本的に食事の時以外はつけておく感じです! 食事の時の注意点 食事の時にマウスピースを外しますが、ずっとテンションがかかっていた歯で噛むのはかなり痛いです。 (歯取れそうな感じがします) あまり噛まずに食べようとしてしまって、胃が荒れて口内炎になりました。 かみ合わせもいつもと同じようにするのを避けてしっかりかめません。 そのせいもあるかもしれませんが食に対して億劫になり3キロほど痩せました。 もしかしたらダイエット効果はあるかもしれません。 マウスピースのつけ外しがめんどくさいため完食も控えるようになります。 あと糖分を含むものもマウスピースに入って虫歯の原因になってしまうのでほぼ炭酸水ばかり飲んでいました。 甘いもの飲んでもすぐに炭酸水or水で飲みなおすようにしています。 「もしかたらマウスピースつけたまま、食事がでいるのではないか?」とおもって試してみましたがしっかり噛むことができないし、マウスピースの中に食事のカスが入りまくるので絶対やめたほうがいいです! 下の歯はそこまで歯並びが悪いというわけではなかったためか、そこまで『歯が強制されてる』という感じはなくつけ外しも引っかかりもなくスムーズにできます。 むしろ舌でグイっと持ち上げたらいつでも外せるぐらいには緩いです。 上は指を使わないと取れなくぐらいにはカンでます。 生活がところどころ不便にはなりますが『全然目立たない』というのは大きいです。 自分で『つけてるんですよ~』と言わないとわからないレベルです。 ワイヤーでの矯正で見た目を気にされている方にはお勧めです! ついでにホワイトニングをしようと思ってアパガードプレミアを購入 マウスピースを付けている時間が長いのでどうしても歯が汚れやすいと感じて、一緒にホワイトニングもしようと思ってアパガードプレミオを購入しました! ネットで調べる限り『研磨剤など入っておらず一番白くなる』とのことでした!.

次の

【キレイライン】2万円~の歯列矯正やってみた【予約~マウスピース装着1週目】|ポジラボ

キレイライン矯正

2020年2月現在、4万円から半額の 2万円になりました。 私がカウンセリング受けた当初も2万円でした。 価格改定が色々とあるので、カウンセリング当日に確認しましょう。 Point. キレイライン矯正では、「1人でも多くの方が歯科矯正治療を受けられるようにしたい」という想いから、粗利を大きく削り、価格を原価ギリギリに設定しました。 引用元: 公式サイトでも、このように「低価格」が実現した理由がしっかり書かれていました。 歯列矯正がしたいけど料金が気になる 歯列矯正に悩んでいる方は、いちばんのネックは 料金ではないでしょうか。 いざキレイライン矯正相談へ 問診票が書き終わると、いざ矯正相談です。 相談は歯科衛生士さんではなく、ちゃんと歯科医師さんがやってくれます。 あ、相談の前にレントゲンを撮りました。 初回検診代として3,240円とられるのは、このレントゲン料金かなと思います。 (2018年現在) 初回検診には3,500円程度の費用がかかります。 初回検診では正確な施術回数がわからないこともございます。 来院の際は保険証をご持参ください。 虫歯があった時などに治療することができます。 予約日の前日、当日のキャンセル、無断キャンセルはキャンセル料(3,240円)が発生します。 引用元: キレイライン矯正のメリット キレイライン矯正以外にも、私は矯正相談をいくつか受けたことがあります。 だいたいどこも一緒で、歯の悩みを伝えて、見積もりはこれくらいというだけで30分もかからないくらいことが多いです。 この相談経験と、新宿一丁目の歯科医師さんに聞いた話をふまえて、キレイライン矯正のメリット・デメリットをお伝えしますね。 メリット1・見えるところだけの矯正だけがしたい キレイラインの矯正は、前歯の見えるところだけの上下6本の歯しかできません。 前歯だけ気になるという方に、おすすめです。 奥歯も傾いていたり、せっかくならすべてキレイにしたいという方には向きません。 私の歯は、上が八重歯です。 写真をお見せすると、こんな感じです。 この見える部分の上の歯は、キレイライン矯正で治るそうです。 前歯だけ治したい人はキレイラインがおすすめ キレイライン矯正のデメリット メリットだけでなく、デメリットもあります。 どんなことにおいても、デメリットを把握しておく必要があります。 デメリット1・奥歯も合わせて矯正したい 奥歯がきれいに生え揃っている方は問題ないのですが、奥歯も治したい人にはおすすめできません。 個人的な感想ですが、せっかく前歯も矯正したら全体的にきれいにしたくなるのが、人間の心ではないでしょうか。 例えば、私の場合ですが「肌荒れが治ったら、毛穴も気になるし、シミもうすくしたい」と色々と気になるようになってきました。 最初は、荒れているところさえ治れば何でもいいやと考えてましたが、やっぱりとことんきれいになりたい! そう思ったんです。 だから、矯正もせっかくするなら、前歯だけじゃなくて全体的にやった方が、自分が納得いくのかなぁと感じました。

次の

【キレイライン矯正】レポ!実際の費用と効果まとめ

キレイライン矯正

Contents• キレイライン矯正 「こんな綺麗な歯並びがたったの2万円で…!?」 「透明なマウスピースだから目立たない!」 以上の売り文句を中心にした広告がインスタグラムのタイムラインに突如現れました。 通常のワイヤー矯正であれば6桁、もしくは7桁の費用がかかるというのにたったの 2万円…!? ただ、 破格の値段、そして広告に登場する 歯列モデルがbeforeとafterで明らかに変わっているところがとっても怪しくて興味があったので、試しに初診に行ってみました! (押し売りされる可能性はゼロじゃないのによく行くねえ、と友達には言われました) 初診予約の流れ 初回検診申し込みはキレイラインから行うことが出来ます。 予約日のご案内の他に記されていたのは、「直前になって初診予約をキャンセルする方が多いので予約確定後のキャンセルは控えて下さい」という内容でした。 「これからも低価格で歯列矯正を提供出来るよう、ご協力お願いします。 」とのことでした。 初診当日 歯の健康状態を見る 健康な歯でなければ歯列矯正を始めることが出来ないので、初診では歯の健康状態をチェックします。 これは 歯列矯正をする、しないに関係なく初診料(3500円以内)が発生します。 私は、数年歯医者に行っていなかったのですが虫歯ゼロでした。 イエーイ! 歯のレントゲンを撮る マウスピースを作成する「キレイライン」へ歯のレントゲンを提出し、マウスピースで治せるレベルの歯列かどうか判断するようです。 歯型を採る あの、ピンクのガムみたいなやつですね。 これも噛み合わせを確認する意味で「キレイライン」に提出するようです。 2万円の歯列矯正で効果はあるのか…? 再診療日、より詳しいお話を伺うと…… 1回のマウスピース(2万円)で終わる可能性は低いようです(笑) マウスピース矯正は、初めは自分の歯型とほぼ同じマウスピースを装着し、周期ごとにマウスピースの型を変えて歯列を整えていく、というのが基本的な流れです。 歯の状態により、完治する回数が異なるそうですが平均的に3〜6回程度のマウスピース作成が必要とのこと。 まぁ、普通のワイヤー矯正と比べたら本当に安いんでしょうけども。 「2万円から 始められる!」という広告が正しいのかもしれません…(笑) 向いている人、向いていない人 また、マウスピース歯列矯正は 口を開いたときに見える前歯6本を中心に動かすものなので、どうしても向き、不向きが出てくるようです。 例として、すきっ歯だったり一本の歯が他の歯よりも少し下がっている等、軽度のものであればマウスピースで矯正が可能のようですが、歯列状態によってはマウスピースを10回作って(実質40万円くらい?)矯正治療をしても満足のいく並びになるかどうか、保障することは出来ないとおっしゃっていました。 私の場合も、既に前歯6本が確立されているため、飛び出ている歯を元の歯列に戻すのは難しいようでした。 やっぱり、お金を貯めてワイヤー矯正で確実に治した方が良いかな…? とうことで、私はお話を聞いて終了。 「ワイヤー矯正についても、興味があれば各歯科の料金比較なども出来るのでまたご相談下さい」とご親切にご案内されました。 内心、「マウスピースで効果は見込めないのでワイヤー矯正しましょう!」と押し付けられるのではないか…と思っていたので(笑) まとめ タイトル回収をすると、マウスピース歯列矯正が2万円で終わらせられる確立はかなり低いようです。 最低でも、10万円程かかるのではないのでしょうか。

次の