トロンボーン 吹き方。 大きすぎるアパチュアで吹き続けていたトロンボーン吹きとのレッスン

トロンボーン|ヤマハミュージックレッスン

トロンボーン 吹き方

『トロンボーンの選び方!小学校・中学校・吹奏楽部編』 日ごろ皆様が疑問に思われていること、分らない点をご説明します。 楽器本体選びからマウスピース・お手入れ用品、アフタフォローまでしっかりとサポートいたします。 県外からのご相談も、受け付けております。 お気軽にお電話くださいませ。 担当者不在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。 事前にご来店希望日をお伝え頂ければ、出勤時間の調整も可能です。 下見での気軽なご来店も大歓迎です。 店名 島村楽器イオンモール八千代緑が丘店 TEL 住所 千葉県八千代市緑が丘2丁目1番3 営業時間 9:00~22:00 トロンボーンの種類 大きく分けて3種類あります。 「圧倒的に上達していきます!」 マイ楽器になるとより 楽器を大切にしますよね。 そうすることにより、 良いコンディションの状態の楽器で練習できます そして何より、 住宅環境にもよりますが お家で練習することができます。 では、いったいどんなメーカー、どんな機種を購入したら良いのか?ご説明して参ります。 楽器の購入の仕方には大きく2つに分かれます。 どちらも間違いではありません。 小学生はこれから学ぶべき基礎も多いので、将来の楽器「買い替え前提」を覚悟して購入するのもありです。 中学生は、中学校の時の部活は高校生なっても続けることが圧倒的に多い。 そして、吹奏楽部は大多数の方が、高校でも吹奏楽部に入部する事が多いです。 以上を踏まえると、買い替えるのは勿体ない! そして、トロンボーンは「細管(中細管)」と「太管」という種類があります。 こちらの違いも知っておきましょう。 「細管(中細管)」・「太管」とは? 小学校の楽器でよくあるのが「細管(中細管)」、中学校・高校の楽器であるのが「太管」です。 違いは、マウスパイプの太さです。 そのため、使用するマウスピース「細管(中細管)用」「太管用」と種類が違います。 理由は、高校生以上のほとんどが「太管」を使っているからです。 ブレスコントロールが苦手という方は、あえて中細管を選ぶこともありますが、圧倒的に太管が選ばれます。 といった様々なメーカーがございます。 その中でも圧倒的に人気、シェアを占めているのがBach バック とYAMAHA ヤマハ になります。 それぞれメーカーでの違いをご説明すると... YAMAHA ヤマハ ヤマハ(YAMAHA)は、世界で唯一の日本の総合楽器メーカー。 学校の吹奏楽などの初級者向きモデルや、レギュラーモデルで中高生に人気の「Xeno ゼノ)」シリーズがあるメーカーです。 車やカメラなどもそうですが、日本のメーカーはキチンと計算された安定感のある作りが魅力。 ヤマハのトロンボーンも、安定した音程や吹きやすさが特徴です。 型番 販売価格(税抜 コメント YSL-456G ¥148,000 (細管)初心者が吹きやすく、演奏しやすい重さとバランスになっています。 初めてトロンボーンを吹く方でも楽に音が出せます。 YSL-820G2 ¥238,000 確かな音程、豊かな心地よい響きが特徴です。 吹き込むほどに色彩感を増しトロンボーン奏者としての感受性を育みます。 YSL-882O ¥310,300 力強く輝きのあるサウンドと繊細な音楽表現が出来ます。 自分の求める理想の音色に応えてくれます。 Bach バック バックは、金管楽器をメインに制作している伝統あるアメリカのメーカー。 初心者から、プロまで世界中のトロンボーンプレーヤーに愛用されています。 バックの魅力は、演奏者の個性が引き立ち、豊かな響きと心地よい抵抗感にあります。 日本のメーカーが音程や操作性の正確さを重視しているのに対し、海外のメーカーであるバックは、表現の豊かさを重視する作りです。 そのため、誰が吹いても同じような音色ではなく、自分らしい音色を再現するのにはぴったりのメーカーだといえるでしょう。 ソロで演奏するなど、独自色を出すならバックのレギュラークラス以上のモデルがおすすめです。 クラシック・ジャズなどオールラウンドに活躍します。 メーカー・機種によっての吹き心地、その場での音、遠くで聞いた時の音、全く変わってきます。 「あれ、なんか吹きにくい。 思った音と違う。 なんか友達の楽器の方が吹きやすい。 同じ機種なのに何で???」 という結果になってしまいます。 同じメーカー・同じ機種でも一本一本鳴りが違うのが楽器です。 日ごろのお手入れ+メンテナンス 定期的 です!! 演奏後の日ごろのお掃除・お手入れは必須です。 また、半年に一回、一年に一回は定期メンテナンスに出しましょう! このメンテナンスで、楽器に悪いところがないか専門のリペアマンに見てもらうと、「この音が出しにくかったのはこのせか... 」などと原因が分かります。 」という結果になります。 お気軽にスタッフまでご相談下さい! 【島村楽器のリペア 楽器修理 】 【管楽器総合案内】八千代・船橋・習志野で管楽器を選ぶなら、イオンモール八千代緑が丘店へ!紹介ページは 皆さんこんにちは! この度は当店HPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 管楽器といえば... ? クラリネット、サックス、フルート、トランペット..... 色々ありますよね。 管楽器を始めてみたいけど、種類があって何から始めたらいいの... ? と思われている方も多いと思います。 そんなあなたに! 管楽器のことなら イオンモール八千代緑が丘店の島村楽器までお越し下さい! 多彩な品揃えと管楽器担当者の豊富な知識で皆様の楽器選びをサポートします。 楽器本体はもちろん、マウスピースなどの周辺小物やお手入れグッズも数多くございます! ぜひ一度ご来店下さいませ。 島村楽器イオンモール八千代緑が丘店は、東葉高速鉄道八千代緑が丘駅南口に直結!お車でお越しの方は駐車場も完備しております。 八千代市・船橋市・習志野市・千葉市花見川区・千葉市稲毛区・四街道市など千葉県を中心に様々なエリアよりお越し頂いてます。 私たちがみなさまのサポートをさせていただきます。 皆様のご来店お待ちしております。 店名 島村楽器イオンモール八千代緑が丘店 TEL 管楽器担当者宛 住所 千葉県八千代市緑が丘2丁目1番3 営業時間 9:00~22:00 イオンモール八千代緑が丘店音楽教室のご案内 ご購入後のアフターフォロー お客様に安心して音楽をお楽しみいただける様、商品のご購入後も責任を持ってサポートいたします。 楽器の修理や、内部・外部改造のご相談も随時承っております。 ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 島村楽器イオンモール八千代緑が丘店では修理、調整の受付を承っております。 お気軽にスタッフまでご相談下さい! 【島村楽器のリペア 楽器修理 】 皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

次の

トロンボーン高音の上手な出し方[トロンボーン(吹き方/練習方法/コツ/運指/選び方)]

トロンボーン 吹き方

トロンボーンには「太管」と「細管(中細管)」と呼ばれる、二つの大きな違いがあります。 「太管」はまさしく、管の内径が太めであり、マウスピースレシーバーも合わせて大きくなっています。 細管の方が息も入りやすく明るめの音色になり、太管になると鳴らすために息がたくさん必要になりますが、その分響きのある豊かな音色になります。 ジャズやポップスの演奏を目的とされる方は細管、クラシックや吹奏楽での演奏が目的となる方は太管をオススメ致します。 トロンボーンの値段はいくら?人気メーカーと商品 ヤマハのトロンボーン• 「クラシック・吹奏楽」か「ポップス・ジャズ」のどちらを主に演奏したいか 前者であればテナーバス、後者であればテナーがメインになるので、ある程度確定させておきましょう。 どちらも演奏したい!と言う場合は、テナーバスが無難です。 どんな音で演奏したいか 身近な人で目標とされる方が居るなら、その人と同系統・同素材の楽器を選ぶと良いでしょう。 安すぎる楽器を購入しない事 金管楽器は非常に精密に計算された大きさ・角度・内径で製作されている為、聞いたこともないようなメーカーの楽器では上記のポイントがきっちりと押さえられておらず、「ピッチが合わない」「すぐに壊れる」等、不都合がたくさん出てきます。 ある程度の支出はご覚悟頂き、きちんとした楽器を購入しましょう。

次の

大きすぎるアパチュアで吹き続けていたトロンボーン吹きとのレッスン

トロンボーン 吹き方

もくじ• トロンボーンの基本の7つのポジションを覚えよう 最初はできるだけ見ながら覚える トロンボーンのポジションは上図の様に7つあります。 この7つのポジションを自在に操らないといけないのですが、楽器に線などがあるわけではなく、あくまでも【感覚】で覚えなければいけません。 唯一3ポジションだけが、【ベルの横】という目安があるものの、後でも説明しますが、あくまでも目安であって、絶対的なものではないので、やはりどのポジションも自分の感覚が必要です。 曲を吹く時などは、譜面も見ないといけないので、スライドだけを見続けることは不可能ですが、ロングトーンなどの基礎練で、譜面を見なくても吹ける場合は、正しいポジションできちんと吹けているかどうかを、できるだけスライドを見て確認しながら吹きましょう。 スライドを見る癖がつくと良くないのでは?とのご質問をいただくこともあるのですが、まだ楽器に慣れていない場合、スライドを見ずに吹いていると、自分では正しいポジションで吹いているつもりでも、だんだんとポジション同士の間隔が狭くなっていたり、他のことに気を取られ正しい位置で吹けていないことが多いです。 楽器に慣れると自然とスライドを見なくても吹けるようになるので、まず初めはしっかりスライドを見て、正しい位置で吹く良い癖を身に付けましょう。 ベルは触らないように 先ほども少しお話ししましたが、3ポジションだけは唯一目安のベルがあります。 目安になるのでついついポジションが合っているのか確かめたくなり、ベルを触りながら吹いてしまいがちですが、3ポジションが来るたびに毎度触っていると、その時だけ持ち方が変わり、スライド捌きが遅くなってしまいます。 スライドが遅くなるのは演奏する上でかなりネックになるので、あくまでも目安と捉え、しっかりと自分の感覚でポジションを覚えてください。 アンブシュアよりもポジションを優先 例えば2ポジションのEの音を吹いた時、ピッチが高いと思ったらどうしますか?ピストン楽器の場合は、どうしてもアンブシュアで変えないといけせんが、トロンボーンはスライドで微調整できます。 スライドは全て感覚だからピッチを合わせるすごく難しい楽器だと思われることが多いのですが、実はその逆で、いくらでも微調整ができるので、きちんと練習すれば、どんな楽器より一番正確なピッチで吹くことができるのです。 なので、ピッチを微調整するときは必ずスライドで微調整しましょう。 他の楽器同様アンブシュアで合わせてしまうと、音色が変わってしまいます。 そして、アンブシュアで調整しきれず、アンブシュアを変えながらスライドも動かしてしまうと、本来の吹き方もできないままピッチも合わない、という負のスパイラルに陥ってしまいます。 もちろん、吹きすぎて疲れた時などは、アンブシュアの微調整が必要な場合もありますが、まずはスライドで微調整して正しいピッチの位置を覚えましょう。 トロンボーンのポジションの特徴を覚えよう ベルの向こう側は別世界 トロンボーンのポジションには、それぞれ少しづつ特徴があります。 中でも最も特徴的かつ、この特徴を知らないと、間違った頑張り方をしてしまうのが、ベルより遠い4、5、6、7ポジションです。 トロンボーンは単純に伸縮するだけではなく、楽器の長さが変わると当然必要な息の量も変わりますし、楽器から押し返される抵抗感も変わります。 ポジションが変わるともちろん抵抗感はそれぞれ変わるのですが、1、2、3ポジションはそんなに吹き心地は変わらず、ベルから遠くなる4ポジションになると一気に抵抗感が変わります。 楽器の種類に関わらず、変化の大小は多少ありますが、トロンボーンという楽器の特性上、どの楽器もベルから向こうは別世界になります。 このことをしっかり念頭に置いておかないと、リップスラーなど、1、2、3ポジションまでは順調でも、4ポジションから吹けなくなることは多々あります。 これは練習不足などと思いそのまま頑張って練習してしまうのは勿体無いので、4ポジ以降は抵抗感が変わるから少し息の入れ方を変えて練習してみるなどの対策を取りましょう。 ポジションはどんな楽器でも出しにくい 4ポジション以降の抵抗の中でも、5ポジションは本当に吹き辛いポジションです。 ポジションそのものに全く目安がないので取りにくいのはもちろんですが、抵抗感が一番強く、引っかかりやすいポジションです。 先述した通り、どんな楽器でも出しにくいポジションですので、上手に付き合っていきましょう。 リップスラーなどの基礎練習のとき、一般的には1ポジションから順に練習しますが、抵抗感が変わったり、吹きにくいポジションで常に引っかかってしまうと楽しく無くなってしまうので、吹きにくポジションや7ポジションから練習するなど工夫してみましょう。 ポジションの取り方は要注意 抵抗はなくても注意が必要なのが2ポジションの取り方です。 2ポジショnは、スライドを全部入れた状態の1ポジションと、ベルの横の3ポジションのちょうど間です。 ただし、この【間】というのがミソで、スライドのどの位置が間になるのかをしっかり確認しましょう。 スライドには中管と外管があり、外管にはスライドを持つための支柱があります。 本来の2ポジションは、この【支柱】が、1ポジションと3ポジションの間になる位置なのですが、慣れていないと、ついつい目に入ってしまう外管の入り口で位置どりをしてしまう場合があります。 外管の入り口と支柱までの長さは楽器によってかなりのばらつきがあるので、外管の入り口で一度りしてしまうと、かなりピッチが狂うことになってしまいます。 2ポジションはしっかりと横からもみながら、位置の感覚を覚えていきましょう。 同じポジションでも音によって少しづつ位置を変えることが大事 音ごとに微調整が必要 トロンボーンという楽器は、バイオリンなどと同じ【純正律】で音程を取れる楽器です。 ピアノのような鍵盤楽器は、1オクターブを12で割って割り当てていますが、実際には音にもそれぞれ個性があるので、きっちり12で割ることはできません。 ピアノなどは純正律で調整するとあまりにも鍵盤の数が必要になるので現実的ではありません。 でも、トロンボーンはスライドで微調整できるので、純正律で音程を取ることができます。 ということは、同じ2ポジションでもEとAでは少しづつポジションが異なります。 この微調整をしっかり行うことにより、より正確なスライド捌きや、音程を手に入れることができます。 また、各音で微調整がきちんとできる癖がつけば、他の楽器とハモった時に、正確なハーモニーが出せます。 スライドを使って微調整 この微調整は、必ずスライドで行いましょう。 アンブシュアでピッチをコントロールしてしまうと、音色が乱れる原因になります。 少しづつ微調整をして、各楽器のベストなポジションを確認しましょう。 曲の時にこの微妙な調整を気にすることはとても難易度が高いので、まずは基礎練習の時に、特にロングトーンの時にしっかり微調整していきましょう。 とにかく日々の訓練が必要なのですが、あまり難しく考えずに、次の練習をしてみてください。 ピッチ感を鍛えるために、ピッチを取るときは必ずチューナーや鍵盤で音を【鳴らして】練習してください。 チューナーの針を見てしまうと、無意識のうちに無理やり合わせに行ってしまったり、自分の音が高いのか低いのかの判断ができなくなります。 音を聞いて合わせるのは、かなり難しく感じるかもしれませんが、わからなければゆっくりかつ大胆にスライドをどちらかに動かしてみてください。 スライドを長くすれば音程は低くなり、短くすれば高くなります。 ゆっくり動かせば、ぴったりハマるところに出会えるので、それまで根気よく、微調整していきましょう! 最初のうちに正しいポジションを覚えよう 楽器の上達のスピードが早くなる 楽器を初めて持った時から、きちんとしたポジショニングをしっかり覚えると、そのあとの練習が格段に楽になり、上達スピードも早くなります!ポジションを正確に取れるということは、ご自身のピッチ感も格段に良くなるので、他の楽器と演奏する時にもかなり役立ちます。 せっかくトロンボーンを始めるのであれば、ポジションもしっかり正しい位置を覚えて練習していきましょう。 EYSならポジションからしっかり指導 EYS音楽教室なら、初心者の方でも、ポジションからきっちりご指導致します。 講師がしっかりポジションを見ているので、最初は吹くことで一生懸命でも、講師が正しいポジションに修正してお手伝いできます。 一人でポジションを見ながら、気にしながら、そんな器用にはできない!という方も、安心してレッスンを受けていただけますし、4ポジション以降上手くできなくても、焦ることの無い様、しっかりサポート致します! 最後に ポジション一つとっても、とても奥深い楽器だと思います。 その分、始めるのにハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、だからこそ、オンラインなども駆使して、ぜひレッスンを受けてみてください。

次の