ヤー ナム ステップ。 Bloodborne (ブラッドボーン) 神攻略wiki

ボス一覧

ヤー ナム ステップ

家に居ながらさまざまな世界を楽しめる「ゲーム」は、新型コロナウイルスによって遠出の自粛が求められる昨今にピッタリの娯楽です。 特に世界観やフィールドデザインに力の入ったゲームは、フィールドを移動するだけでも異国情緒を演出。 ストーリー攻略からいったん離れ、フィールド巡りやショッピング、住民たちとの交流をポジティブに楽しめば、多くのゲームで旅行気分を味わえます。 そう、たとえそのゲームがどんなに「旅行」という趣旨から離れていようと…。 というわけで、今回はそんなゲームの中からフロムソフトウェアのダークファンタジー『Bloodborne』をピックアップ。 本作の舞台・古都ヤーナムは一見すると旅行に向かない危険な土地ですが、その神秘と狂気あふれる空気に多くの人が魅了されてきました。 本記事では「ヤーナムへ旅行に来た」という設定で、ゲーム序盤のヤーナム市街における探索を旅レポ風に紹介します。 いざ神秘の都ヤーナムへ!旅行のはじまりは診療所から 神秘と狂気が混ざる古都ヤーナム。 地域全体に漂う暗く重い雰囲気を逆手に取り、「呪われた街」や「血と病に穢された死地」の謳い文句で旅行客の増加に成功したこの街へ、ついに旅行で訪れる機会を得ました。 ヤーナムへやって来た旅行者は、最初に「ヨセフカの診療所」を訪ねるのが定番となっています。 中には「目が覚めたら診療所にいた」「どうやって診療所にたどり着いたのか思い出せない」と語る旅行者もいるんだとか。 また、ここで目を覚ました者の多くが共通して「変なお爺さんから勧誘らしきものを受ける夢」を見るそうです。 この不可思議な現象の体験を目的に、多くの旅行者が集まるわけですね。 院内はシックで落ち着いた雰囲気に 私もここで夢を見たのですが、噂通り変なお爺さんが出てきました 私が診療所を訪れたときは人も少なく、院内を広く観光できました。 診療所では大型犬も飼われており、同じく院内の観光を楽しんでいた人に甘噛み。 私の存在に気付くと、次はこちらにじゃれついてきました。 なんでも、ヤーナムの誇る「工芸品」に巡り合えるそうです。 体が大きいので、じゃれつかれるのに少し命の危機を感じます 当人に許可を貰って、甘噛みされている写真を撮らせてもらいました 名残惜しいですが犬とお別れし、いよいよヤーナム市街へ入ります。 診療所では不思議体験を含めていろいろと楽しめましたが、ここを切り盛りするヨセフカ先生に出会えなかったのが少し残念。 聞いた話によればヨセフカ先生はとても美人らしいので、旅行を終えるまでに一度だけでもその姿を見てみたいものです。 ムード満点のヤーナム市街を探索!旅行には付きもののハプニングも 診療所を出てすぐの所には、聖堂街方面へ架かる名所「大橋」を一望できる絶景スポットが存在。 ここで大橋を眺めてからヤーナム市街へ向かうのが、旅行者の間では定番になっています。 大橋を訪れた際には、橋側から今いる場所を眺め返すなんて楽しみ方も人気。 いよいよヤーナムへ 絶景スポットでの楽しみを終えて、さっそくヤーナム市街へ突入。 市街では両脇に西洋建築の建物が軒を連ね、職人の技を感じる石像もそこかしこに飾られています。 シックでありながらもどこか不気味な雰囲気を感じる、実にヤーナムらしい街並みです。 ここで1つ前知識を紹介。 ヤーナムの観光情報発信を担う「医療教会」によれば、最近になって市街で不審者の目撃情報が相次いでいるとのこと。 その不審者を捕まえるため、決起した住民たちがパトロールを行っているそうです。 市街を進んで行けば、情報通り住民たちが3~4人のグループを作ってパトロールに勤しんでいました。 奥の広場では決起集会らしきものも行われており、大きな賑わいを見せています。 パトロール中の住民たち 焚火を囲んで決起集会中か? 私が見慣れない人物だったせいか、不審者に間違われて追われるハプニングにも遭遇。 斧や鉈などを構えて襲ってくるため焦りましたが、会話(物理)で何とか誤解を解いて静かにさせることができました。 旅行にハプニングは付きものと言いますが、これはなかなかにドキドキしました 命の危機を感じるほどのハプニングでしたが、これを機に住民たちとの親睦を深められたと思えば安いものです。 それに、ハプニングを通して知り合った住民から耳より情報を入手。 市街の一角でひっそりと活動する商人のことを聞けました。 このまま市街を歩き続けて大橋へ向かう予定でしたが、予定変更で先にショッピングを済ませようと思います。 こんな所で商売なんて怪しい…でもちょっとワクワクする 大橋とは逆に進むこと数分、下水道の一角という実に怪しげな場所でその商人を発見。 ここではヤーナムの伝統衣装なるものが売っており、住民の紹介と伝えれば無料でその衣装を譲ってくれました。 「狩人」というブランドの商品だそうです 私の体にもピッタリ! 今までの旅行服から一転してヤーナム感の漂う衣装になったことで、これからの旅行をより楽しめる感じがしてきます。 大橋から離れたので、ついでにヤーナム市街の下層部も紹介しておきましょう。 大橋の真下に広がる下層部では、路地や下水道を用いた道が目立ちます。 大橋を挟んで南側には下水橋も架かっており、聖堂街へ向かうための手段として使われることも。 こちらは大橋の真下 下水道も道として使われます 下水橋からは大橋も望むことも可能 下水橋を渡って少し進めば、墓石の立ち並ぶ地下墓地「オドンの地下墓」が見えてきます。 ここを越えれば聖堂街にたどり着くのですが、墓地の中で一心不乱に斧を振り続ける不審者を目撃。 「オドンの地下墓」の入り口 奥に見えるのは、もしかして街で話題だった不審者でしょうか? 「このまま進むと危ない」と私の直感が訴えてくるので、ここは素直に引き返して大橋から聖堂街へ向かうルートを選択。 元の予定では大橋に行くはずだったので、ちょうどよかったと気分を切り替えていきます。 大橋から見渡すヤーナム!ご当地キャラクターにも会えて満足だが…? ヤーナム市街でも比較的高い位置にある大橋からは、ヨセフカの診療所を出てすぐの絶景スポットや、決起集会が行われていた広場など、ここまで通ってきた風景を見渡せます。 こちらは診療所方面の眺め 決起集会の広場も見えます 聖堂街へ向かうにはこの大橋を使うのが一般的ですが、私が訪れた時期は諸事情で橋門が閉鎖。 聖堂街への道として機能していないからか、住民の姿もまばらで普段の活気は見られません。 大橋の中腹にある門も撮影スポットとして人気ですが、今いるのは私と数羽のカラス、そして石材を握りしめたお兄さんだけ。 道路脇で役目がなく停まっている馬車も寂しさを物語ります。 馬や御者もおらず、大橋は寂しげな雰囲気が漂います 撮影スポットの門も人は少なめ といっても、残念なことばかりではありません。 上記で述べた通りヤーナムは見渡せますし、なによりここから眺める聖堂街がまた格別な景色をしています。 元々は聖堂街へ行く予定の無かった旅行者も、この景色を見て考えを改めるんだとか。 奥に見えるのが聖堂街です さらに、ご当地キャラクターの「聖職者の獣」を見ることもできました。 大橋を渡ろうとする旅行者の前に現れて突然殴りかかるという、なかなかに攻撃的なキャラでブレイク。 今でも怪我をしてしまう人は絶えませんが、一種のパフォーマンスとして愛する旅行者も多いと聞きます。 ちなみに、大橋を使わずに聖堂街へ向かうルートもあるため、2回目のヤーナム旅行からは「聖職者の獣」を避けていく旅行者が多いそうです。 今回は橋門が閉鎖中なので必然的にそちらのルート、つまりあの地下墓地を通るわけなのですが…あの不審者がいなくなっていることを祈ります。 ダメでした。 まだいました。 覚悟を決めてこっそり地下墓地を抜けようと思いましたが、すぐに見つかって襲われることに。 「匂い立つなあ」や「どこもかしこも、獣ばかりだ」などと意味不明な事を言いながら、こちらに向けて斧を振り回してきます。 必死に逃げていたのですが、並々ならぬ恐怖で途中から気を失ってしまったみたいです。 目が覚めたら、なぜか先ほどの大橋にいました。 不審者との遭遇からここに来るまでの記憶は一切無く、どうやってあそこから逃れたのかも思い出せません。 誰かが運んでくれたのかと周囲を確認するも、そのような人影はなし。 私がポツンと大橋の上にいるだけです。 いつの間に大橋へ戻ってきたのか? 古都ヤーナムの神秘と狂気…その一端を体験したのかもしれません。 初日から予想外の事態に遭遇したヤーナム旅行。 なんだか疲労感が強いので、今日はもう宿をとって休むことにします。 明日からは聖堂街への観光に乗り出したいので、しっかり休みたいところ。 良い夢が見られることを願います。 今回は『Bloodborne』をピックアップしましたが、旅行気分を味わえるゲームは他にもいろいろとあります。 『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『アサシン・クリード』シリーズ、『グランド・セフト・オート』シリーズなどもいいでしょう。 各フィールドを散策したり街中をゆっくり歩いてみたりと、主目的から外れて旅行気分でゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

『Bloodborne』神秘と狂気の古都・ヤーナムでも旅行は楽しめるのか?ガスコイン神父までをポジティブな旅レポ風に紹介(インサイド)

ヤー ナム ステップ

概要 『』より続くシリーズ『ソウルシリーズ』の流れを汲むアクションRPG。 『Demon's Souls』以来となるフロム・ソフトウェアとSCEのタッグによる作品であり、シリーズの骨子を継承しつつも様々な試みが取り入れられている。 タイトルはBlood 血 とbone 骨 ではなくBloodborne 血液感染 である。 本作のテーマは「死闘感」。 全体的にホラー要素・グロ要素が強く、ゲームプレイとしてはアクションの比重が高い。 19世紀ビクトリア時代をモチーフとした古都ヤーナムを訪れた主人公は、血の医療により獣を狩る「狩人」となり、ヤーナムの夜を駆けることとなる。 理性を失い獣となりゆく人々、終わりなき獣狩りの夜と狩人が見る夢の果てに辿り着くものとは…。 特徴 基本的なシステムはソウルシリーズに準ずるが、冒頭で少し触れたように今作には多くの新しい取り組みがなされている。 装備品• 仕掛け武器• 右手に装備する武器はこれに分類される。 本作を象徴する装備。 近接攻撃に使用する装備であることは今までと同じだが、この装備は「仕掛け」により 全く違う性能を持った装備へと変形する。 変形のバリエーションは多種多様。 以下に一例を挙げる。 刃の仕込まれた杖だが、ただ振るうだけでなく仕掛けを解放することで蛇腹状の鞭となる「仕込み杖」• 普段はリーチの長い槍として扱い、刃をスライドさせる事で薙刀状になると共に柄に仕込まれた散弾銃が使用可能になる「銃槍」• 片手で振るう直剣を巨大な石の鞘に納めることでハンマーになる「教会の石鎚」• 変形はワンボタンで行われ、連撃中に変形ボタンを押すことで攻撃しながらの変形も可能。 モーションが非常に凝られた武器が多く、変形ギミックは一見の価値あり。 左手に装備される武器の多くは銃火器となる。 こちらは基本的に遠距離攻撃用の武器であるが、近距離でも敵を怯ませる効果が大きい。 また、多くの銃器による攻撃はパリィ判定を持つ。 すなわち、相手が攻撃する直前に発砲することで敵の攻撃を弾き、隙を作ることができる。 ゲーム内ではこの特性が非常に重要となる。 銃器に用いる弾丸「水銀弾」には狩人の血が用いられているという設定があり、使い手のステータス「血質」により攻撃力が上昇する。 仕掛け武器だけでなく、こちらを主軸に据えた戦術も可能。 アイテム• 今作は「輸血液」によりHPを回復する。 敵のドロップや購入で入手し、死亡後のリトライ時、もしくは狩人の夢に戻る毎に保管箱より上限まで補充される。 輸血液は割合回復のためステータスが上がっても最後までお世話になることとなる。 また、過去作のエスト瓶等と比べてかなり回復の隙が小さい。 銃火器を撃つのに必要な「水銀弾」も輸血液と同様に所持上限があり、同じ条件で補充される。 また、後述の秘儀でも使用する。 「秘儀」は過去作の魔法に相当し、使い手のステータス「神秘」により効果が上昇する。 使用するごとに水銀弾を消費するが、使用しても無くならないアイテムとして表現されている。 カレル文字• ソウルシリーズにおける指輪に相当する。 3つまで記憶することができ、最大HPやスタミナを高める、輸血液や水銀弾の所持数を増やす、ダメージカット率を上げるといった効果がある。 アクション アクションの基本 攻撃、回避、ロックオン もまたソウルシリーズと同様であるが、以下の様な相違点がある。 仕掛け武器を絡めたアクション• 新しく強攻撃に溜めが追加された。 最大溜め攻撃ではモーションが変化し、高火力の攻撃になる。 敵の背後から命中させることで大きな隙を作らせることができ、後述の内臓攻撃の起点にもなる。 リゲイン• 攻撃を受けても一定時間のうちに敵を右手武器で攻撃することにより、減った分のHPを取り戻すことが出来るシステム。 武器によって、1度の攻撃ごとに取り戻せる量が決まっている。 開発元曰く「事後ガード」。 本作のテーマである死闘感をより高める要素となっている。 なお返り血を浴びることで回復しているというわけではない。 ダメージを受けた直後はまだ心が折れきっていないため、うまくやり返すことで心を奮起させることができる。 それが一定時間経ってしまうと、諦めモードになってしまい、取り戻すことができないというコンセプトである。 多少のダメージを想定しても問題なく敵に向かっていく事ができ、消極的な戦法を取るより有利に戦える場合がある。 ステップ• 相手をロックオン中は回避行動がローリングからステップになる。 ステップは無敵時間・移動距離が共にローリングから大きく向上する。 ゲーム中では接近・離脱ともにステップを多用するのが基本となる。 ソウルシリーズと比べ、本作のゲームスピードが比較的速くなっている要因の1つ。 内臓攻撃• 銃火器によるパリィ成功時、または敵の背後から最大溜め攻撃ヒット時に近づいて発動することができる強力な攻撃。 敵の腹部や頭部に素手を突っ込み、内臓を引き抜く。 前作までの致命の一撃に相当するが、今作ではモーションが武器によらなくなった代わりにとにかく派手で爽快。 さらに素手を突っ込むと同時にリゲイン可能ぶんのHPをすべて取り戻す。 カレル文字の種類には「内臓攻撃のダメージを増加する」、「内臓攻撃によりHPを一定量回復する」といった効果のものがあり、まさに起死回生の一撃となりうる。 その他 聖杯ダンジョン• 本編とは別に攻略できる、聖杯を捧げて儀式を行う事で生成される地下の巨大迷宮。 聖杯には通常聖杯と汎聖杯の2種類がある。 通常聖杯によって生成されるダンジョンは固定の構造となり、進めていくことでより高位の聖杯へ挑む手がかりや通常とは違う強化特性を持った武器、本編では登場しないボスと戦うことが出来る。 汎聖杯によって生成されるダンジョンは生成ごとに完全にランダムな構造となる。 ここではダンジョン生成の際に「追加儀法」を行うことにより、最大HP減少や敵強化といったマイナス効果を背負う代わりに聖杯の攻略によって得られる報酬がより強力なものとなる。 汎聖杯で生成されたダンジョンは「聖杯文字」で他プレイヤーとの共有もできる。 マルチプレイ• 協力プレイ• アイテム「狩人呼びの鐘」を鳴らすことにより、アイテム「共鳴する小さな鐘」を使用中の他のプレイヤーを協力者として召喚することができる。 協力者側は最大HP減少等の制約があるものの、共にエリアを攻略しボスを撃破することで報酬と血の遺志 経験値兼お金 を入手できる。 敵対プレイ• 協力プレイ中はエリア内に「鐘を鳴らす女」が現れ、他のプレイヤーは「共鳴する不吉な鐘」を鳴らすことで協力プレイ中の世界に侵入し、プレイヤーと敵対して戦闘できる。 必然的に侵入側は1対多数の戦いとなるが、一部エリアでは協力プレイ中でなくても「鐘を鳴らす女」が出現する。 被侵入側はいずれも侵入される前に「鐘を鳴らす女」を倒すことで侵入を回避する事が可能。 武器強化• 武器強化には通常の強化と血晶強化がある。 通常強化はこれまでの楔石のように、血石を消費することで右手及び左手武器の強化ができる。 強化していくと、武器に特定の形状のスロットが開放されていく。 スロットには血晶石をはめ込んで血晶強化することができる。 その効果は「攻撃力を高める」「リゲイン量を高める」「HPが回復し続ける」など様々で、後から付け替えることも可能。 血晶石は敵のドロップ等によって入手でき、効果にはある程度のランダム性がある。 当然効果の高いものほど入手は難しい。 聖杯ダンジョン攻略の主な報酬がこの血晶石である。 ステージ• 今作のステージは世界観や設定との絡みもあってか足場の悪い地形が少なく、 落下死がほとんど発生しない。 ゲーム中で辺境と呼ばれるステージ群は自然環境の中行動するため比較的無理なく落下ポイントを作れそうなものだが、やはり直接死因になるようなものは皆無と言っていい。 橋や階段、数少ない断崖絶壁にもご丁寧に「壁」が作られているなど従来とはかなり趣の異なるステージ造りになっている。 地形を気にすることなく自由に動けるわけだが、その反面純粋な敵の強さと配置でプレイヤーと勝負しているということであり、このことからも相当にアクション性に重きを置いていることがうかがえる。 ちなみに、過去作では足場の悪さも一種の障害として組み込まれ、敵と地形セットでの攻略が求められることが多々あった。 ステージによっては敵に直接倒されるよりも落下死のほうが多いなどということも珍しくなかった。 評価点 世界観• 19世紀ビクトリア時代という時代設定の中で、恐ろしい獣達を導き手の言葉のままに狩り続ける本作はゴシックホラー的要素を前面に押し出しており、中世ダークファンタジー的要素の強かった過去作とはまた違った世界観が構築されている。 今作は表現力の向上によりグロ要素も強い作風となっている。 主人公は時には獣達の体液を撒き散らしながらヤーナムの夜を駆け、また時には未知の獣の前に力尽き再び狩人の夢を見ることとなる。 民家から語り掛ける謎の声により、主人公がその手に触れる「神秘」と呼ばれる存在。 そしてついに辿り着いた「秘密」と呼ばれるもの、異形の蜘蛛と対峙し打ち倒した時、秘匿は破られ、赤い月が露わになる……。 実は、今作の真のジャンルはコズミックホラー、より具体的に言えばクトゥルフ神話及びアーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』を題材としたものである。 得体のしれない病に冒された世界を探索する中で少しずつ散りばめられた宇宙的存在の示唆への違和感、そしてストーリー進行および主人公の啓蒙の上昇により突如姿を変える世界への言い様のない恐怖、それこそがこの世界観の肝といえる。 グラフィック• 前述の世界観を支えるのが、プラットフォームを次世代機へと移し大きく進化したそのグラフィックである。 特筆すべきは今作のキーワードでもある「血」の表現である。 先述のド派手な内臓攻撃に始まり、殴ると流血、殴られても流血する。 これらの血液は地面や主人公の服にしっかり残り、戦闘終了時はいつも主人公は血塗れとなる。 血が掛かる範囲も装備の形状に応じて精密に計算され、もし口元にマスクをしていれば逆パンダ日焼けの如くに目元だけ血が付く。 ハード性能の向上によって布の表現も進化している。 鎧程度では獣の膂力に対してあまりに無力であるという設定のため狩人の装備はいずれも軽装である。 これらの服装は物理演算に従ってヒラヒラと動き、狩人のスタイリッシュさを引き立てる役目を担っている。 これは敵側にも適用されており、たとえば「血に渇いた獣」はステージ上を縦横無尽に動きながらめくれた背中の皮を布のように躍らせ、躍動感溢れる動きを見せてくれる。 これらは開発の掲げる「死闘感」の演出に大きく役立っていると言えるだろう。 ステージを構成するオブジェクトや背景等も大きく質感が向上しており、ストーリーの進行と共に変化するステージの雰囲気と相まって世界を堪能できる。 アクション• 「死闘感」というテーマの通り、今作のゲームプレイには殺るか殺られるかのアクションの比重が非常に高い。 その理由は下記のようにいくつか挙げられる。 過去作と比べて盾が全編通して実用に堪える程ではないので、必然的に攻めに回りゲームスピードが速くなること。 ステップが強力なこと、回復が素早いこと、仕掛け武器によるアクションの豊富さにより過去作と比べてかなりプレイヤー有利なこと。 リゲインの存在やパリィの取りやすさ、そのリターンの大きさにより強引な攻めが通りやすいこと。 このため特にボスを突破できるか否かというのはプレイヤーの力量に大きく左右される。 しかし、上述のように過去作と比較してもアクション面で最もプレイヤー有利なゲームであるため、プレイヤーの成長が最も実感できる作りになっているとも言える。 勿論、シリーズ通しての面白さの基本である「未知の領域の探索と、それを乗り越える達成感」は失われてはおらず、何も考えず敵の群れへと突っ込めば待っているのはただ死だけである。 『Demon's Souls』が「発見と達成の喜び」であるならば、このゲームは「挑戦と成長の喜び」であると言えるだろう。 各仕掛け武器もバリエーション豊かに揃っている。 全15種類というやや物足りなさを覚える数字ではあるが、その分各武器のバランスはかなり良く纏まっている。 攻撃モーションの豊富さも魅力のひとつ。 大半の武器に立ち弱一~四段、立ち強・溜め、ジャンプ、ダッシュ弱・強、ステップ ローリング 、バックステップ弱・強、キャンセル変形の13パターンが存在。 それが変形の有無で倍化するため、適当に振り回すだけでも楽しい。 自身の思うままにキャラクターの方向性を定め、創り出した自分だけのキャラクターで豊富なアクションを楽しむ。 これこそがアクションRPGの醍醐味と言えるだろう。 賛否両論点 ストーリー・世界観• 流血表現等はもちろん、虫や精神に訴えかけてくるような方向性のグロ要素もあるためそれらが苦手な人にはお勧めは出来ない。 世界観は前述のように非常に奥深いものなのだが、フロム製ゲームの常としてアイテム説明文や道端に落ちている断片的なメモなどを読んで考察しなければとても全容を把握できない。 ある程度はメッセージ等を読んできているプレイヤーですら「なんかボス倒したら風景変わった」程度の認識しか持てなくても何の不思議もないほど今作のテキストは散漫なものであり、考察をするためには過去作以上にそれらを注意深く読む必要がある。 また各キャラの背景や顛末、物語の結末に関しても「多分こういう事なんだろう」というフワフワした推測と考察で留まってしまう。 解釈の大半をプレイヤーに全て委ねている為、いつものフロムゲーに慣れているファンならともかく、ストーリーに明確な答えを求めるプレイヤーである程オチの不明瞭さにイライラしてしまうのは必至。 これから初めてプレイする人がいれば「 フロムゲーとはこういう物である」と、納得のうえでプレイしてもらいたい。 また、オチがクトゥルフであることも当然事前に公開はされておらず、日本では既にある程度知られているジャンルであることもあり、「ゴシックホラーを期待したらクトゥルフで逆にミステリー感が無くなった」等の意見も見られる。 過去作と比べての物足りなさ• 装備品の種類が少なめ。 種類の少なさゆえのバランスの良さはあるとはいえ、本編のみではかなり少ない。 右手武器が2通りの顔を持つとはいえ、装備品の総数はソウルシリーズに遠く及ばず、ボスゆかりの武器なども少ない。 また、左右に同じ武器を持つといった自由度もない。 主人公のコンセプトが「狩人」であることから、鎧・盾といった重厚な防具は殆ど無い。 また、ソウルシリーズのガル・ヴィンランドや聖騎士リロイのような重装騎士も不在。 ただし、本作独自の世界観を深めている面もあるため、一概に問題とは言えない。 本編に限るとボスの数が少なめで、ボリューム不足を感じるという意見もある。 ダークソウルシリーズにあった誓約に当たるものは今作では3つのみ。 マッチングの仕様がダークソウル系統と異なることもあり、違和感を覚えるプレイヤーも。 周回プレイのメリットが乏しい。 ソウルシリーズと違って周回プレイ限定の敵やアイテムが存在せず、キャラ性能を高める要素は後述の聖杯ダンジョンに集中している。 本編のアイテムやNPCイベントは最短2周でコンプリートでき、それ以降は育成面でのメリットが殆ど無くなってしまう。 従来のソウルシリーズでは「武器の強化素材を短時間で稼ぐ」「ソウルを稼いでレベルを上げ続ける」「周回毎に強くなる敵と戦って切磋琢磨する」等のメリットがあるのだが、本作では聖杯ダンジョンという存在に半ば打ち消されている。 本作の通常版には、フロム製ゲームのお約束であったムーンライトソードが登場しない。 ソウルシリーズやの皆勤賞たる月光を惜しむファンは多く、後述のDLCまで待たされる事となった。 難易度の高さ• 先述のように本作はプレイヤーにアクションゲームとしての技量を求めてくる部分が多いため、これまでの作品以上に難易度が高くなってしまっている。 ボス敵はもちろん雑魚敵においても火力が非常に高く、ほんの少しのミスが死に繋がる。 代わりとして素早いステップによる回避や遠距離からのパリィ、リゲインによる回復などでプレイヤー側も強化されており、その点に慣れるかどうかが重要であるといえる。 一旦慣れてしまえば、ギリギリの難易度が快感となり抜けられなくなるプレイヤーも多い。 相手に気圧されて距離を取ろうとするとそのまま押し切られることが多いが、多少のダメージは気にせず常に側面などに回り込んで攻撃すればリゲインもあって攻防両立可能。 このことに気付ければ意外なほど難易度は下がるのだが、HPが少なくなれば下がって仕切り直したくなるのが人情である。 最初のステージがいつも以上に難しいことも、この傾向に拍車をかけている。 このゲームをクリアするための スパルタ教育基本が詰まっており、少し進むと通称「ヤーナムキャンプファイヤー」で数の暴力に晒される。 そこを突破しても、1個目のショートカット開通を阻むように罹患者の獣が2体配置されている。 おまけに2体のボスが両方とも手強いため、最初のステージで諦めてしまう新規プレイヤーが多い。 探索を進めなければレベルアップできない 上に武器強化も難しく、ガチンコ勝負で挑む必要がある。 途中で輸血液・血の遺志の両方が尽きた場合、初心者にとって詰み同然の状況になることも問題。 啓蒙を消費してNPC・他プレイヤーに助けを求めることは可能だが、最初のステージでは啓蒙の入手方法が有限かつ非常に少ない。 啓蒙を使い切る前に啓蒙取引で「共鳴する小さな鐘」を購入し、オンラインで自分が協力する側に回れば 理論上は 無制限に啓蒙を稼げる。 しかし、購入前に啓蒙を使い切った場合、一人でボスを倒すしかなくなる。 ソウルシリーズの協力プレイは「協力する側は血の遺志 ソウル をロストしないため、安全にエリア攻略の練習ができる」という側面を持つ。 仮に「共鳴する小さな鐘」が無償または血の遺志で購入できれば、本作の難易度評価も少し違っていたと思われる。 理不尽ではなくきちんと突破できるようにはなっているものの、ここまで縛る必要があったのか。 本作では防具を強化できない 性能差が小さい ため、一点特化によるダメージ軽減が難しい。 レベルアップにより防御力を上げることはできるが、それでも1周目後半や2周回以降において大ダメージを受けやすい。 ダメージを大幅に軽減したりHP0から復活する魔法も存在しないため、敵の攻撃は回避するしかない。 主人公の回避性能が高いとはいえ、タイミングを誤るとカウンター判定でダメージが増すこともあるため、総じて厳しい。 しかし、防具の性能差が小さいということは、プレイヤーの好みの服装で遊びやすいということでもある。 本作のプレイヤーには外見で防具を選んでいる人も多い。 また、ダメージカット率こそ大差ないが、状態異常耐性の差別化は十分にできており、使い分ける意味がないわけでもない。 初心者狩り対策• レベル30未満のホストは敵対プレイヤーに侵入されないため、「最初のステージで訳も分からず殺され煽られる」ことは少ない。 レベル30以上の場合でも、「鐘を鳴らす女」を倒せば侵入されなくなる。 その反面、レベル以外の要素 武器強化やカレル文字 は考慮されておらず、中でも血晶石による火力差 後述 が深刻。 初心者が準備万全の敵対プレイヤーと戦った場合、過去作以上に瞬殺されてしまう可能性が高い。 問題点 基本システム• フレームレートの低さ フレームレートは基本30fpsで通常時でも高いとは言えない上、そこから更に頻繁に低下する。 マルチプレイ時に雑魚敵の集団や巨大ボスと戦った場合、音が数秒飛んだり回避困難なレベルで描画がカクつくことさえある。 一応、PS4 Proのブーストモードである程度補うことは可能。 ちなみにこの弊害か、敵の死体が壁にめり込みやすく、せっかくのドロップアイテムが取得できない事態も起こる。 ロードも長い。 死んで覚えるゲームでこれは致命的といえる。 これもProのブーストモードである程度改善される。 一応、初期と比べればアップデートで大幅に改善されてはいる。 巨大ボス戦などにおけるカメラの悪さ。 カメラで殺しに来ることが多い。 特にロックオンしている場合に顕著。 カメラの大半がボスで埋まる状況が多発するのに加え、高速で移動するボスにカメラが引っ張られるのも状況把握を困難にする。 更に一部ボスは毛がフサフサで輪郭が分かりづらく、この悪条件に拍車をかけている。 こういったボスはノーロックでプレイすることが推奨されるが、ゲームスピードが高速化している本作でカメラ操作と攻撃や回避を同時に行うのは容易ではない。 平地でのジャンプ暴発は隙だらけになる。 灯りの不便さ チェックポイント兼ワープポイントたる「灯り」だが、アイテムの補充や保管庫への出し入れが出来ず、いちいち狩人の夢に戻らなければならない。 アイテムを頻繁に使用するこのゲームではかなり鬱陶しい仕様である。 また、ワープも一度狩人の夢に戻らないと(=長いロードを挟まないと)できない。 更に言うと、チェックポイントも「灯りを点ける」「狩人の夢を出入りする」以外では更新できない。 ちなみに、『DARK SOULS』シリーズでは同様の役割を持つ『篝火』でアイテムの管理が出来る上、休息コマンドで回復・雑魚敵の復活・チェックポイントの更新を一度にこなせる。 これ以外にも、『DARK SOULS』シリーズの指輪に相当する「カレル文字」の付け替えすらも狩人の夢で行うなど、不便な仕様が多い。 アイテム周りの仕様について• 輸血液と水銀弾は戦闘システムの根幹を成すアイテムだが、『DARK SOULS』シリーズのエスト瓶と違って有償。 ため込むには血の遺志を稼いで購入するか、ドロップしやすい雑魚敵を覚えて狩らなければならない。 狩人の夢に戻るか転送アイテムを使うまでは雑魚敵が復活しない仕様も、面倒さに拍車をかけている。 この仕様がもっとも問題となるのは最序盤。 ゲームに不慣れなうちから強力なボスを倒さねばならないが、輸血液や水銀弾を使い切った上で負ける事も珍しくない。 復活しても輸血液と水銀弾は使い切ったままで、血の遺志で購入しようにも高価であり、結局は稼ぐためのマラソンをしなければならない。 そして、やっとの思いで稼ぎ終えてボスと再戦した結果、また使い切って負けてしまう。 このループに心が折れた狩人も少なくないだろう。 輸血液と水銀弾は道中の雑魚敵がドロップしやすく、死亡時には保管箱から自動補充される。 しかし、他のアイテムは自動補充されず、所持数が総じて少なく、使い切るとショートカットから外れてしまうなど非常に不便。 特殊な輸血液を多用しにくい NPCから貰える輸血液3種は強力だが、ヨセフカ以外の2種が選択式となっているうえ、同じ種類を複数持つことはできない。 いちいち貰い直す手間、ショートカットにセットしなければ咄嗟に使用できない、使う度にショートカットから外れるといった不便さに加え、ゲーム終盤で3種類とも補充不可になってしまう点も問題。 後述のDLCで1種類追加されたものの、該当NPCのイベント完遂時に補充不可となってしまう。 また、ヨセフカ以外の3種が選択式となるため、結局は合計2本しか持ち運べない。 アイテムのソート機能が使いにくい 標準・所持数・血晶数・ランクという大雑把なソート順しかなく、好きな順に並べ替えることもできない。 これに加え、二つ名と強化段階が同じ武器は勝手に並び替わることがある。 これらの仕様上、アイテム画面から秘儀を使用したり、複数の同名武器を咄嗟に付け替えるのが難しい。 髪型と装束の首回りが干渉しやすい 本作では髪型と装束の干渉対策が非常に甘く、ロングやテールなどの長い部分が装束の襟を貫通しやすい。 また、「騎士の一房」と「騎士装束」は同じシリーズでありながら、併用するとテール状の装飾具が襞襟を貫通する。 新キャラ育成• 道中に落ちている分だけで武器3つ分 48個以上 は集まるものの、それ以上は周回プレイか低確率ドロップのマラソンで長い時間をかけて集めるしかない。 アップデートを重ねた現在は、血石の塊は『DLCエリアで複数拾う』『聖杯ダンジョンのボスがドロップする』『啓蒙取引にて1個につき啓蒙20で購入する』により入手しやすくなった。 血の岩も『DLCエリアで1個拾う』『聖杯ダンジョンのボスがレアドロップする』『啓蒙取引にて1個につき啓蒙60で購入する』により追加入手できる。 最高峰の血晶石を揃える手間 「血晶石」とは武器にはめ込む強化アイテムであり、キャラ性能を大きく左右する要素。 グレードや付加された能力の種類によって性能に大きな差があり、キャラの能力を最大限に引き出すにはキャラの育成方針に合ったハイグレードの血晶石が不可欠である。 そして、そのような理想品を入手するには、ほぼ最高難易度の聖杯ダンジョンでランダムにドロップする「呪われた血晶石 」を厳選 するしかない。 なお、育成方針の合わないキャラに素晴らしい血晶石が出たとしても、キャラ間で受け渡すといった救済措置は一切無いので諦めるしかない。 聖杯ダンジョンのプレイ自体にも面倒な部分が多々あり 後述 、合わせて新キャラ育成の手間を莫大なものとしている。 このため、新キャラを作る気が起きないというプレイヤーは少なくない。 もっとも、本編で入手可能な血晶石だけでも高周回の攻略は可能。 あくまで敵を蹂躙する超火力を求めた場合や、対人において強力な血晶石を装備している他プレイヤーと渡り合う場合の話である。 使い物にならない一部の血晶石 キャラクターの能力補正を加算するタイプは、該当の能力値にどれだけ振っていようと攻撃力を乗算するタイプの効果を下回る。 ダメージに直結しないタイプの大半 についても、攻撃力を加算または特定の条件で乗算するタイプと入れ替えるほどのメリットがない。 アップデートにより筋力・神秘補正を加算するタイプが救済されたものの、それ以外は実質的なハズレである。 問題は聖杯ダンジョンにて有用な血晶石を落とす敵の一部が、ランダムでハズレを落とすこと。 この仕様がキャラクター育成の手間に拍車をかけている。 先述した「呪われた血晶石」のデメリットについても、明らかに当たり外れが激しい。 武器の強化方針や運用方法によってある程度フォローできるタイプ はともかく、「全ての攻撃力を弱める」「HPが減り続ける」はどうあがいても無視できず、実質的なハズレとなっている。 一方で「スタミナ消費が増える」は影響が非常に小さく、様々な武器に合う大当たりとされる。 このような格差があるにもかかわらず、全6種の出現率は均等という点も調整不足を感じさせる。 「カレル文字」について 『最大HPやスタミナを高める』『輸血液や水銀弾の携行可能数を増やす』『内臓攻撃を強化する』といった様々な効果を持ち、同時に3つまで記憶できる。 しかし、各効果の最上位版は聖杯ダンジョンに落ちているものばかり。 先述の血晶石集めもそうだが、聖杯ダンジョンを探索する必要性が高すぎる。 能力値の振り直しができない ソウルシリーズや本作では、武器ごとに必要能力値や能力補正値 が異なるため、使用武器が変われば能力値の最適解も変わる。 これ自体は武器の差別化に大きく貢献しており、何ら問題ない。 しかし、本作では『Demon's Souls』『DARK SOULS II』、『DARK SOULS III』と違い能力値の振り直し要素が存在せず、能力値傾向の合わない武器を使うには新キャラ作成が推奨される。 その新キャラ作成も上述の通り手間が大きく、結果的に「色々な武器・秘儀があるのに、使うための準備が面倒すぎる」という事態に陥っている。 オンライン• マッチング頻度の低さ 兄弟分といえる『』、『』、『DARK SOULS III』よりもマッチングしづらいという意見が多い。 これに加え、ソウルシリーズの「サイン」のような目に見える合図が存在しない。 鐘を鳴らしているプレイヤーの幻影化や合言葉といったシステムは存在するものの、「今ここで鐘を鳴らすと、すぐに協力者が来てくれるかどうか」は運次第なのでもどかしい。 協力者を任意で選ぶことができない ソウルシリーズでは協力者の書いたサインに触れることで、アカウント名や装備品を判別できる。 しかし、本作では実際に協力者が来るまで何も分からない。 味方との合流に手間取ることがある マッチング成立前の各プレイヤーが鐘を鳴らしながら移動していた場合、マッチング成立時の位置が離れやすい。 こうなると協力者はホストを捜し回らなければならず、ホストが踏み込んでいない区画の敵を起動してしまうことも多い。 対人戦が発生しにくい ホスト側が「鐘を鳴らす女」を倒すと敵対プレイヤーに侵入されなくなるのだが、仮にホストが侵入者との戦闘を望んで「鐘を鳴らす女」を放置するスタイルだとしても、協力者がその意を汲めずに倒してしまい、対人戦が不可能になるケースもある。 なお、本作には『DARK SOULS』シリーズと違い闘技場的な要素や、決闘専用の召喚アイテム『赤いサインろう石』に相当するものがないため、意図的に決闘を行うことも非常に困難であり、対人戦の場は侵入に求めるしかない。 このあたり、デザインがチグハグな感が否めない。 ゲーム終了で対人拒否 マルチプレイ中でも「ゲーム終了」 所謂「タイトルに戻る」 が選択できてしまう。 当然、そのセッションは強制切断となる。 いわば切断による侵入者との対戦拒否を公式が承認しているようなもの であり、切断ペナルティも無し。 マルチプレイ終了時にアイテムが自動補充されない 連続でマルチプレイに参加したくても、安全性を考えると狩人の夢で輸血液や水銀弾を補充しなければならず、勢いを削がれてしまう。 破綻した対人バランス 聖杯ダンジョンの「3デブマラソン 」などで得たハイグレードの血晶石を3つ装備すれば、攻撃力が装備前の約2倍に跳ね上がる。 条件付きの血晶石は更に強力で、比較的扱いやすい3デブ産『重打 刺突 のみ攻撃力を高める』3つでも約2. 9倍に達する。 こうした高火力がぶつかり合うため、対人戦は即死ゲーの様相を見せている。 また、本作ではステップ攻撃全般が優秀。 特に「ローゲリウスの車輪」「ゴースの寄生虫」の変形後ステップ攻撃は、速い発生・広い判定・高い威力の三拍子が揃った手の付けられない性能となっている。 マルチプレイの同期が不安定 クライアント側はパリィが成功しにくいだけでなく、敵味方の挙動がおかしくなったり 、ドロップアイテム 輸血液・水銀弾 が遺体間を移動する事がある。 聖杯ダンジョンの作りの甘さ• 聖杯ダンジョンはランダム生成される地下迷宮で、何度でも新鮮な体験をしつつダンジョンの奥に眠る宝を目指して冒険できる…と期待されていたのだが、いくつかの問題により足を引っ張る仕様となってしまった。 風景が単調• 聖杯ダンジョンは構造は変わっても壁や通路の見た目が殆ど変わらないため、単調で飽きやすい。 聖杯に潜る目的の変質武器や血晶石を入手するには高レベルの汎聖杯が必要なのだが、聖杯は低レベルのものから順に攻略しつつ途中に落ちている儀式素材も回収していかなければならず、非常に長い間単調なダンジョンを歩きまわることになる。 後半に辿り着くまでは大した見返りもない。 通常聖杯の構造は固定となっており、2キャラ目以降が作業と化しやすい。 ただでさえ単調になりがちな聖杯ダンジョンだが、それを助長するバグが存在する。 端的に言えば「イズの汎聖杯ダンジョンは、レアアイテムを回収する度に自作時のランダム性が 永続的に狭まる」というもので、オフラインプレイヤーが回避する方法は存在しない。 マルチプレイとの不親和• 通常聖杯では「鐘を鳴らす女」が出現しないため、侵入が出来ない。 汎聖杯で遊んでいるプレイヤーとマッチングするためには、お互いが聖杯文字を共有できる状況にあって同じダンジョンを共有しているか、簡易祭壇を用いて協力できる世界を検索する必要がある。 以前は通常聖杯についても同様の制約があったが、アップデートにより公式タイプ が追加。 これを選ぶことでマルチプレイしやすくなった。 凶悪な敵の数々• 赤蜘蛛 「鐘を鳴らす女」が定期的に召喚する雑魚敵で、軽いモーションに似合わない高火力を誇る。 「鐘を鳴らす女」自体は大きく移動しないが蜘蛛の感知範囲が異常に広く、赤黒い物体がどこからともなく大量に押し寄せてくる。 灯りにいても地形次第で進軍してくるため、多くのプレイヤーにとってトラウマと呼ぶべき存在。 炎の魔術師 通称足長BBA。 歩行型はサポートメインでそこまで凶悪ではないが、固定型は明らかに異常。 遠隔攻撃以外では交戦すること自体が自殺行為になるが、ここで述べた凶悪な敵と同時に湧くこともあって対処が難しく、非常に鬱陶しい。 番人の猟犬 「旧主の番人」に随伴する敵。 本編の狂犬などに比べて二周りほど大きい。 見た目通り高火力かつ怯みにくく、速い武器によるゴリ押しが通用しない。 必ず2体出現する上にエリアを巡回しているタイプが多く、他の敵との戦闘に乱入されやすい点も厄介。 ヘムウィックの魔女 特定の追加儀法を行うことで出現する敵。 こちらも「鐘を鳴らす女」と同じく雑魚敵の「狂気者」を呼ぶ召喚士タイプ。 狂気者は感知範囲こそ狭いが火力は高く、さらに回避狩りのような攻撃手段まで持つ。 そして「へムウィックの魔女」は狂気者が倒されると即座に再召喚する。 さらに魔女は高確率で地形の死角に隠れた状態で現れたり、魔女を倒しても狂気者は死なないなど、理不尽な要素がこれでもかと詰め込まれたインチキっぷりを見せ付けてくる。 本編のボスと違って啓蒙0でも平然と召喚してくるため、撃破するには敵中に突っ込むか、なんとかして狂気者を倒さず無力化するしか選択肢がない。 敵ステータスのインフレ• 後半になると報酬が大きくなるとともに敵のステータスが跳ね上がり、インフレゲーの様相を呈するようになる。 特に効果の高い血晶石を狙うには追加儀法「呪い」 デメリットとしてプレイヤーの最大HP半分 が必須。 このせいでいくらかの敵の攻撃が即死技になり、一瞬判断を間違えただけでワンパンされてしまう。 この追加儀法は通常聖杯の攻略中にも一度は挑む必要があるため、多くのプレイヤーの心を折った。 総評 プラットフォームを次世代機へ移し、聖杯ダンジョンや大きくアクション寄りになった作風に様々な要素の見直しが図られた本作。 それら全ての要素が成功したとは言い難いが、それでもARPGの方向性の1つとして本作は『Demon's Souls』の幻影を引きずっていた節のあるソウルシリーズに新たな可能性を提示させたものであることは間違いない。 ひとたび興味を持ったのであれば、本編の不足分を満足できるまで補っているDLC込みでプレイするのが望ましいだろう。 恐ろしい獣達への挑戦と全てを乗り越える成長、その経験の先にきっと、地に伏す偉大なる上位者の脳髄に触れ、取り出す歓びが待っている。 DLC 「The Old Hunters」 夢を失くし、血に酔った古狩人たちの悪夢。 古き狩人たちが囚われた悪夢の世界を舞台に、新たなステージ、新たなアイテム、新たな敵との出会いがプレイヤーを迎える。 同時に日本語音声オプションも追加される。 評価点 DLC より掘り下げられた世界観• 本DLCで追加された要素 アイテム・ステージ・人物や敵 はまたプレイヤーの想像をかき立てるが、多くが本編と違和感なく関連するものであり、『Bloodborne』というゲームの世界観を掘り下げるのに一役買っている。 過去の狩人達の悪夢というだけあってどこか既視感のあるマップと、血の繋がりを感じさせるNPCたち。 本編中のとある組織が隠した、知られてはならない「秘密」。 主人公の導き手でもある「最初の狩人」ゲールマンの弟子であったある古狩人との出会い。 各ステージ 大きく分けて3つ の雰囲気もまた本編同様言い様のない恐怖感を煽る構成であり、得体の知れないものへの恐怖、さらには深淵を覗いてしまった人間そのものの狂気がプレイヤーの正気へと訴えかけてくる。 多くの追加アイテムで広がる遊び• 本編での右手装備15種左手装備11種に対し、それぞれ11種・5種が追加された。 元々武器種が少ないことが不満としてよく挙げられていたため、この追加コンテンツで大幅ボリュームアップを果たした。 追加武器も中々のバリエーションに富んでおり、本編中に存在する血質と技量のハイブリッド武器に対する血質と筋力のハイブリッド武器、純粋な神秘特化でしか活用できない武器 とも呼べないなにか などもある。 また、フロム製ゲームのお約束であったムーンライトソードが、本DLCにて「月光の聖剣」として登場。 変形すると大剣の刃が月光を纏い、水銀弾を消費する事で光波と強力な突きを放つ。 これもまた本編で存在が言及されていたキャラと密接に関わる形で登場する。 そのあまりに「醜い獣」の演出は多くのプレイヤーを震撼させた。 これまでの魔法に相当する「秘儀」アイテムも2つ増加している。 どちらも有用な秘儀であり、同時期の本編のアップデートによる一部秘儀の仕様変更と相まって神秘キャラの使い勝手は大きく向上した。 日本語音声の追加• ソウルシリーズには無い独自要素で、人形役の早見沙織氏やゲールマン役の秋元羊介氏をはじめ、30名以上の豪華声優陣が参加。 一度しか出てこない輸血の聖職者 役にも上田燿司氏を選ぶなど、フロムのこだわりがうかがえる。 吹替対象はNPCと一部ボスのみだが、英語音声とは違った雰囲気を味わえる。 特に小西克幸氏 アルフレート の怪演ぶりが好評。 尺の都合で短縮された音声が僅かに存在するものの、ソウルシリーズ独特の台詞回しが一切変わらない事も評価点。 問題点 DLC 高周回における一部ボスの超性能• 初代教区長ローレンスが特に有名。 カンスト周回 最高難易度 で挑もうものなら、協力者どころかホストすら即死圏内という超火力を発揮。 また、作中最多のHPに磨きがかかるため、並の血晶石では長期戦を強いられる。 前半戦は総じて広い攻撃範囲、出の早い奇襲技、最速ステップ逃げを狩る絶妙な連携が厄介。 後半戦になると下半身を失い、溶岩を撒きつつ泳ぐようなモーションで暴れ回る。 その凶悪さは「DLCに備えてカンスト周回データを用意した 結果、ローレンス戦で心を折られた」という体験談が複数聞かれるほど。 ソウルシリーズのDLCボスは総じて手強いが、本作には「一度きりの復活」「惜別の涙」のような即死対策が存在しないので、流石にやりすぎ感がある。 1周目では常識的な火力に収まっているため、周回補正の調整ミスを疑う声もある。 一度でも倒して契約のカレル文字「獣の抱擁」を入手すれば、次周以降は無視できるのが幸いか。 総評 DLC 新要素の数々はこれまでの世界観と違和感なく調和するものであり、むしろ本編で語られなかった要素を補完する役割も担っている。 追加アイテムの数々はプレイヤーのアクションにさらなる幅を持たせ、新たなステージで出会う未知の敵のとの死闘でより新鮮なプレイ体験を得られることだろう。 本編を楽しめたなら、ぜひとも挑戦して頂きたい追加コンテンツである。 まだ本編を未プレイの方にはDLC同梱版も発売されている。 悪夢は巡り、そして終わらないものだ。 いずれ自らの手で目覚めを迎えるものであっても、今はその悪夢を楽しんでみては如何であろうか。

次の

Bloodborne

ヤー ナム ステップ

筆者も世間も狩りと言えば時期的に間違いなくを思い浮かべるが、モンハンについては改めて筆者が語るまでもないので、あえて今回は狩りは狩りでも獣狩り、Bloodborneあるいはブラッドボーンについて書いていきたい。 気が向いたら詰まりやすい最序盤攻略記事を書くかもしれない。 概要 SIEと開発の本作はダークソウルシリーズにお作法というか文法的には近い死になである。 ゴシックホラーな雰囲気の世界で目的もよくわからないまま獣狩りを遂行するというとにかく独特の世界観である。 言葉回しやストーリーの見せ方と他にはないものがある。 獣狩りと言っても敵は獣に限らず、狩人との対決や啓蒙が高まりそうな生物を狩る事になったりと獣狩りの夜は一筋縄ではいかない。 啓蒙というワードから一部の人は察せられるだろうが、的な異形も後半で現れるカオスな世界である。 フィールドは立体的に入り組んだものが多く、ショートカットを開通できた時にはどう繋がっていたのかを理解すると共に感心する。 トロフィー取得率60% 本作は難易度が高い事でも知られているが、なかなかすごい割合の脱落者がいるようである。 一般的に最初のボス辺りはトロフィー取得率が高く、そこから徐々に落ちていく。 ラスボス(の一つ手前)が30%程なのでそこは他とそこまで変わらない(むしろ高い気がする)が、多くの狩人は最序盤で心を折られている事がわかる。 死にと概要で述べたが、序盤からなかなか手厳しい。 まず 回復アイテムが個数制で、ある程度意識して集めないといけない。 そして何より最初のボスに出会うか道中の特定のアイテムを使うかしなければ レベルアップが出来ないのである。 もちろん最初のボスも強いしそこにたどり着くまでも辛い。 この厳しい序盤を抜けて(そこからも難しいには難しいのだが)少しずつこのゲームの進め方、あるいはプレイングが分かってくると途端に面白くなるだけにもったいなくはあるが難しいところ。 狩人に盾は不要なり 今作最大の特徴、そして面白さであると同時に難易度を高めている要因として 攻めに特化した戦闘がある。 公式では死闘感と。 右手に仕掛け武器、左手に銃を持つのが狩人の基本スタイル。 この仕掛け武器がロマンの塊で、 変形する武器となっている。 初期武器を例に挙げると、鋸は平常時はリーチの短いラッシュができ、変形させるとリーチが長い鉈へと変わる。 斧は変形によって伸び、リーチやモーションが変化。 筆者一番のお気に入りの仕込み杖は、普段は杖のような剣だが変形により鞭へと変化する。 変形単品のモーションもあるが、攻撃の途中で変形しながら攻撃を挟む事ができ、スタイリッシュに立ち回れる。 適当に動画でも見て欲しいところだが、とにかくこれがかっこいい。 中には変形ではなく武器の状態を変化させるものもあり、変形でチャージして攻撃で重い一撃を放つパイルバンカーのようなロマンに溢れた武器が存在する。 上で攻めに特化した戦闘と書いたが、今作には ガードが存在せず、盾はあるにはあるが実用に耐えない。 ではどうやって敵の攻撃をやり過ごすか。 まず一つは 華麗なステップ。 ソウルシリーズに比べ狩人様は身のこなしが軽く、素早い移動とステップが可能で、これにより攻撃をかわすのである。 しかし、ステップの終わり際の無敵がない状態で被弾すると逆にダメージが増加するリスクもあるので、かわすかあえて受けて後述ので回復するか、ととっさの判断が要求される。 もう一つは 銃によるパリィ。 左手の銃はキャラビルド次第では攻撃手段にもなるが基本は防衛用。 敵の攻撃に対してカウンターのように放つ事で相手の体勢を崩し、そのまま内臓攻撃(通称モツ抜き)という高火力の攻撃につなげられる。 モツ抜きと呼ばれる所以は腕を敵に突き刺しそのまま内臓を引っこ抜くかのようなモーションであるため。 雑魚のみならず多くのボスにもパリィないし内臓攻撃が効き、一撃でHPをかなり持っていけるロマンがある。 そして最後が。 被弾した際に減ったHPの一部は被弾から一定時間内に敵を攻撃する事で回復出来るというシステム。 武器によって回復量が異なるので武器に合わせた動きが求められる。 引いて回復するかそれとも攻め続けて回復するか、前述のスピーディーな回避、パリィと合わせてプレイヤーによってスタイルが分かれるところである。 これら3つのシステムもそうなのだが、全体的に敵の攻撃は後ろに引くとかわしにくくなっているものが多いため、 積極的に前へ攻める事を要求される。 これが今作の戦闘の面白いところで、そして判断を間違えればすぐに死ぬと難易度向上に繋がっている点でもある。 悩ましいキャラビルド レベルアップで得られたポイントをステータスに振る形で成長する。 これの方向性で扱える武器や戦術が変わり、ここがまた面白い点である。 HPに振ってが高い武器でごり押しするもよし。 技量に振って内臓攻撃に特化させるもよし。 あるいは血質に振って銃をメインに据えるもの一興。 神秘に振って腕から触手を生やしたり隕石を降らせるのもロールプレイとしてなかなか(筆者はやっていないが銃と秘儀は極めるとやたら強いらしい)。 ただし極めようとすると後述する地底人にならざるを得ないのが…。 筆者は技量に振って仕込み杖と銃によるパリィをメインにしたシンプルなビルドだが、内臓攻撃で数千ダメージが入るのを見ると興奮してしまう。 印象的なボスの数々 冒頭で述べたようボスも多種多様、獣に狩人、異形もありとすごい事になっている。 そのどれもが強敵でプレイヤーの心を折りに来るのだが、それだけに倒せた時の感動はひとしおである。 序盤で戦うという狩人は色々な意味で忘れられない。 遭遇時のムービー、序盤で戦うとは思えない強さ、後半で獣へと変貌するおぞましさ。 これと合わせてもう一体最序盤のボスである聖職者の獣もまた巨大なおどろおどろしい獣としてのトが途中で変化するBGMと合わせて印象に残っている。 これら2体はブラッドボーンを象徴しているボスだと思う。 異形代表としてエーブスは外せない。 画像でも貼ろうかと思ったがこれはぜひ実際にプレイして確かめて欲しい。 全身を使って抱きしめて来る愛らしい(?)娘ですはい。 で追加されたボス達はそのどれもが強烈。 特に一体を挙げるならルドウィークである。 あれは演出が本当にすごい(語彙力不足)。 出会う際の気持ち悪さもさることながら、そこから人としての意識を取り戻して覚醒した後のムービー、そしてBGMの切り替わりが最高のタイミングで最高の盛り上がりを見せてくれる。 そしてやっぱり強い。 9kv8xiyi 狩人もとい地底人共通の合言葉。 本作のエンドコンテンツというかやりこみ要素として聖杯ダンジョンという的要素がある。 本編とは別に存在するダンジョンで、内容が固定のものとランダム生成のものが存在する。 ランダム生成のものは生成後に見出しのような文字列を入力する事でプレイヤー間での共有が出来る。 ここまででは何故見出しが合言葉と呼ばれるかまだわからないと思うのでもう少し。 キャラの強化要素として血晶というものがある。 これは武器に着ける強化アイテムといったところで、それぞれ強化値が異なり、単純に強化値が大きいもの、デメリット付きだが強化値が更に大きいもの…と様々。 これの 最大と理想値を求めて狩り続けるのが一部狩人の宿命であり、成れの果てを地底人と呼ぶ。 そしてこの見出しは一般的な狩人が欲しがる血晶を手に入れやすい(マしやすい)ダンジョンが生成出来る合言葉という訳である。 筆者もある程度聖杯ダンジョンに潜り、物理理想値の血晶を手に入れている。 比較的楽な方しか行っていないが、本当にレアもの(特に銃、秘儀特化を目指す場合)を手に入れようとすると大変な事になるとかならないとか。 理想値を手に入れた上での狩りは格別である。 オートマッチングが可能なのでが比較的にぎわうのはここ(今も狩人がいるかはわからないが)。 最後に 9割9分人を選ぶゲームだとは思うが、少しでも狩りに興味を持ったならぜひプレイしてみて欲しい。 独特の世界観と雰囲気、そして狩りに酔うことだろう。 かねて血を恐れたまえ…。 雑記 もとりあえず本編を終え、歴戦を解禁したところである。 そしてモンスター数も少なくて飽きてきたなあというところに2の二週目情報が。 想像以上にいっぱい詰まっていたので来週からは二週目に潜る。 ニアにイーラ勢3人エンゲージしてソロプレイしてイーラプレイするんだ(アルドランさんこんにちは)…。 ところで最近一時期落ち着いていたPV数がまた伸びてきて驚いている。 ちょうど年末年始に買った人がクリアした頃合いなのだろうか、トラハナソロ狩りやら感想の記事が伸びている。 ハナの良さが広まれば幸いである。 Lilysteve.

次の