神戸 市 児童 相談 所。 小6女児を追い返した神戸児童相談所「グループわ」の男性職員は誰?理由についても!

神戸市児童相談所が小6女児の駆け込みを追い返した事件について調査|うみまち喫茶

神戸 市 児童 相談 所

神戸市こども家庭センター(児童相談所)は、2018年度に寄せられた児童虐待の相談件数(速報値)が、1868件(前年度比320件増)で、5年連続で過去最多を更新したと発表した。 担当者は「全国的に深刻な児童虐待が相次ぎ、比較的軽微な事案でも、見過ごさずに通告されていることが要因」としている。 相談件数は児童虐待防止法が施行された00年度から毎年集計している。 虐待者別では、実母が全体の55%、実父が38%。 虐待を受けた子の年齢構成別では、就学前が45%、小学生が34%、中学生が13%、高校生その他が8%だった。 重症度別では、生命の危険から緊急保護が必要な「最重度」が1件あった。 長田区の公衆電話ボックスに乳児が放置され、後に母親が逮捕された事案という。 一時保護が必要な「重度」は3件(同1件減)、何らかの援助的介入を要する「中度」は99件(同174件減)でいずれも減少した。 一方で、子どもに対する暴力が一時的なものとみられる「軽度」が1275件(同378件増)、見守りを必要とする「疑い」が490件(同116件増)と大幅に増加。 相談経路では、警察の1151件(同393件増)が最も多く、近隣・知人の314件(同31件増)と合わせて全体の8割近くを占めた。 同センターは本年度、児童福祉司を4人、児童心理司を2人増員。 法律的判断を伴う児童虐待に対応するため、児童福祉法務専門官(弁護士)も年度内に配置する予定という。

次の

小6女児を追い返した神戸児童相談所「グループわ」の男性職員は誰?理由についても!

神戸 市 児童 相談 所

あなたの子育て応援します 子育ては楽しいことばかりではありませんよね。 子どもの育て方が分からなかったり、不安を感じたらご連絡下さい。 神戸市こども家庭センター 神戸市児童相談所 こどもに関するさまざまな問題について相談に応じます。 電話相談のほか、面接や訪問相談も行っています。 電話 078-382-2525(平日8時45分から17時30分)• 児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いち・はや・く)」(全国共通・無料) 神戸真生塾子ども家庭支援センター 毎日24時間対応 電話 078-341-6492 児童家庭支援センター しらゆり 毎日24時間対応 電話 078-594-7785 児童家庭支援センター おるおるステーション 毎日24時間対応 電話 078-371-4351 すこやかテレホン0145 平日の10時00分から12時00分、13時00分から16時00分 心理専門のカウンセラーがご相談に応じます。 電話 078-382-0145 各区こども家庭支援室 子どもや家庭に関する相談に応じます。 乳幼児やおかあさんの健康の相談を中心に幅広く相談に応じます。 保育所や児童手当など子育て支援の窓口です。 子育て支援窓口一覧 東灘区 電話 078-856-8080 灘区 電話 078-843-7035 中央区 電話 078-232-0415 兵庫区 電話 078-512-2525 北区 電話 078-595-4150 北神担当 電話 078-981-1748 長田区 電話 078-521-0415 須磨区 電話 078-731-8080 北須磨支所 電話 078-793-8080 垂水区 電話 078-705-1150 西区 電話 078-929-4150 ふれあい育児相談室 住吉公園保育所 電話 078-851-4148 子育て電話相談 私立保育園連盟 電話 078-360-6464 西区子育て夢センターあゆみ あゆみ幼児園 電話 078-996-1500 須磨区子育て支援センター 北須磨保育園 電話 078-792-7879 子どもの人権110番 神戸地方法務局人権擁護委員 電話 0120-007-110 子育てを応援する窓口等 ファミリーサポートセンター 「子育てを応援してほしい人」と「子育ての応援をしたい人」を会員登録します。 保育所や幼稚園への送迎や緊急時の子どもの預かりなどで利用 有料 できます。 働くお母さんの支援だけでなく、お母さんのリフレッシュも応援します。 電話 078-335-6100 子育てリフレッシュステイ あなたのご家族が病気や出産などでお困りになったときや、ボランティア活動に参加したり、リフレッシュしたいときにお近くの児童養護施設、乳児院、母子生活支援施設で、スタッフがお子さんのお世話をいたします。 神戸市 こども家庭局 こども家庭支援課 電話 078-322-5211.

次の

兵庫県/こども家庭センター(児童相談所)

神戸 市 児童 相談 所

Contents• 報道について! 報道については神戸新聞NEXTで報道されています。 報道内容は以下の通りになります。 神戸市中央区東川崎町1の市こども家庭センター(児童相談所)で当直業務を請け負うNPO法人の男性職員が、真夜中に助けを求めて訪れた小学6年の女児に対して「警察に相談しなさい」と伝えて追い返していたことが18日、同センターへの取材で分かった。 女児はその後、交番に保護された。 センターが夜間・休日の対応を委託しているNPO法人「社会還元センターグループわ」(同市北区)の男性職員。 女児は10日午前3時すぎ、一人で同センターを訪れた。 インターホンを押して「家庭でもめ事があり、親から家を追い出された」と説明したが、男性職員は画面越しに「警察に相談しなさい」と対応。 女児は約30分後、生田署の交番を訪れて保護された。 センターのマニュアルでは、夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。 女児はその後一時保護され、センターは今回のケースを虐待と判断した。 センターの聞き取りに対し、男性職員は「インターホン越しで比較的年齢が高いように見えた。 発言からも緊急性が感じられなかった」などと説明したという。 センターは「不適切な対応だった」と謝罪。 男性を指導した上、同法人に対しても、マニュアルに沿った対応の徹底を要請したという。 yahoo. 女児は 家庭でもめ事があり、親から家を追い出されたと言ったのにも関わらずこのような対応をされ非常につらい思いをしてしまったと思います。 神戸市の児相、小6女児追い返す 未明に来訪も「警察に行って」(産経新聞) — 野球垢 IxGIsWmkRAxeqlC 女子児童を追い返した理由は? 女児児童を追い返した理由ですが、説明では以下のような事が言われています。 インターホン越しで比較的年齢が高いように見えた。 発言からも緊急性が感じられなかった このような理由としています。 時間は午前3時です。 仮に比較的若く見えたと言っていますが、20歳を超えているように見えたのでしょうか? だとしても午前3時に女性が助けを求めていて緊急性がないとはさすがに思えないですよね。 警察に行くよう指示したとしても、一緒に同行したり、施設に入れ警察が来るのを一緒に末などの対応が必要だったのではないでしょうか。 追記 高校生に見え、話の内容も深刻そうには思えなかった」と話しているという。 高校生だったとすれば午前3時はあり得ない時間です。 やはり保護する必要はあった事になります。 ネットでも同様の事が言われています。 処分はどうなるのか? 男性職員の処分ですが、センターは「極めて不適切な行為だった」と言ってるだけで特に具体的な事は言われていませんでした。 時間を考えれば保護は当然ですし、その後の調べで 虐待ありと判断されていて保護の対象となっています。 親に追い出されたと説明している女児ですので当然の対応だと思います。 もう少ししっかりと話しを聞くべきだと思いますし、年齢も自己判断で高校生ぐらいと判断するのは危険です。 【高校生でも異常な時間ですが】 マニュアルが公表されています。 センターのマニュアルでは、 夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。 このようにマニュアルも無視していた事になります。 万が一女児が事件に巻き込まれたらどのように責任を取るつもりだったのか疑問です。 Twitterでは批判? 午前3時に訪問されて緊急性がないと判断とか… 神戸終わってるわ。

次の